スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
二月花形歌舞伎「GOEMON」-GOEMON空を飛ぶ
今年初歌舞伎!松竹座の二月花形歌舞伎「GOEMON」に、オペラ好きで歌舞伎は初めてというMさまとおでかけしてきました。2階最前列の良席が手に入ったのです。

2013二月花形歌舞伎3

GOEMONはいわゆる古典ではなく、ヌーヴェル上方歌舞伎と称された新作歌舞伎です。


大泥棒として有名な石川五右衛門(片岡愛之助)は、スペイン人神父(伊礼彼方)と明智光秀の家臣の娘(上村吉弥)の間に生まれたという設定。歌舞伎の創始者で、新しい踊りを模索していた出雲の阿国(中村壱太郎)と五右衛門が出会い、五右衛門は父の国・スペインの踊り、フラメンコを阿国に伝える。


2013二月花形歌舞伎2 2013二月花形歌舞伎1


最初はフラメンコと歌舞伎ってどうなの?という疑問でいっぱいでした。でも後半からちょん髷や日本髪とフラメンコ、三味線とフラメンコギターが見事にマッチングし一体化して不思議な、でも素晴らしい世界が広がってきます。一歩間違えば笑える大失敗でしょうが、構成演出が絶妙です。

見せ場はもちろんGOEMON、愛之助さんの宙乗り。2階で良かったかも~(ちなみに2階に愛之助さんが走ってくるので1階よりも楽しいかもしれません)。OSKのダンサーの日本舞踊とフラメンコも圧巻です。

これは大当たりだったかも。26日まで松竹座の興業は続きます。昼の部の「新八犬伝」も観たいし、GOEMONはもう1度観るのもありかなと思っています。

オペラも素敵ですけれど、歌舞伎の観客と一体化するエンターテイメント性の魅力もM様に分かってもらえたかなぁと思いつつ、今年もまた何本か観られるよう仕事も頑張っていきたいです。さてさて現実世界の3万wordsのお仕事に戻りましょう。



PS.だんなさまがお風邪だというM様とお別れした後、大阪駅手前の雑踏の中、休日出勤帰りのだんなさんとばったり遭遇しました!すごい偶然じゃありません?もう夕食は食べたというので「家飲み用のワインでも買ってあげようか?」というお言葉に甘えて、閉店間際の大丸でエノテカお勧めの赤白1本ずつを買ってもらいました。いい夜だわ。晩酌しつつ観劇の余韻を楽しんだ1日でありました。



【2013/02/18 08:56 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<顔を見て話すということ | ホーム | 宣伝させてください>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mskyoko.blog45.fc2.com/tb.php/1000-1b72f08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。