スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
アラフィフからの--
年齢が行くと似合わなくなるもの--たくさんありますね(悲)。

ピタTにスキニージーンズ、細い太いの問題ではなく、サイズが入ったとしても、若々しい張りのある肉体があるからこそ似合うスタイルです。派手なキャラクター物。その逆で地味すぎる色合い。膝上のスカート。流行ど真ん中のスタイル。ロングの巻き髪(伸ばしていた髪をついに8cmカットしました)。

もちろん好きな物を持って、好きな服を身につけることは精神的にも良いことで、芸能人でもなければその是非を評価されるべきではないでしょう。個性を貫くことは素敵です。でも、個人的には、似合ってこなくなったなぁ・・・と思うものはなるべく断捨離し始めています(似合っていると思うものが錯覚という場合もあり)。


しかし、その一方で、しっくりくるようになってきたアイテムもちゃんと存在します。若いときはその存在感に負けていたもの。たとえばサングラス。眩しいからという理由もあるのですが、最近日中の外出に必須になりかけているサングラスは、若い女性よりも貫禄が出てきたおばさまの方が似合う人が多く思えます。ジュエリーもそうかも。

そして、最近ヘビロテしているクロコダイルバッグもその一つ。

最初に手に入れたクロコの黒。

「何だかおばさん臭いわ」と、使い方に困って箪笥の奥に眠っていましたが、久しぶりに出してみると思った以上に活躍の頻度が高いです。


クロコ4

きちんとした場所には当然のこと、デザインのせいか仕事の場やカジュアルなお出かけにも割と浮きません。ケリーやバーキンタイプも嫌いではないのですけど、日頃の服装のテイストからはこの形の方がしっくりきます。

クロ3


今年になって思いきってクロコを一つ増やしました。お揃いの財布もあったのでついでに購入。

クロ2

クロコ1

少しばかりの「清水の舞台」の心境。でもバッグは文字通り一生物と言ってもいいですかね。大きすぎもせず小さすぎもせず、これまたオンオフに使いやすいデザインと色かと思います。


クロコ6


クロコダイルは着物にも合わせやすく、傷も目立ちにくいので、長く使えるバッグです。真っ赤で美しく模様が入っているものを探し中です。そのうち出会えるといいな。



スポンサーサイト
【2015/05/29 11:51 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
盛り上がるネタは・・・
熱は下がったものの咳がなかなか治まりません。どこぞのおっさんのような声です。風邪を引いたときも最後まで咳が抜けきらず、この冬は完治まで結局1ヶ月以上かかりました。やっぱり弱いところが狙い撃ちされます。今週末は、母のことで「KYOKOを励ます会」(と勝手に命名)をご無沙汰中の友人たちが開催してくれる予定です。ですから、何が何でも快方に向かうよう養生しようと思います。


ちなみに夫は「快食、快眠、快便」をモットーとしており、頸椎ヘルニアと歯医者を除けば病院にかかった記憶がもう何年、もしかして十数年?もありません。風邪を引きかけてもほぼ1日で治し、ノロウィルスですら、私に移した後は半日でけろっとしていました。特に体力作りに励んでいるわけでもなく、ご存じのように睡眠時間も平日は5,6時間程度の毎日残業サラリーマンです。さすがに年齢のせいか半休、有給含め休暇は随分消化するようにはなりましたが。これはDNAの差もありましょうが、ストレスを溜め込まないマイペースマイウェイの性格も大きな要因でしょう。ここだけは、意外にうじうじ悩む小心者の私にとっては羨ましい限りです。

来月の食事会のお誘いを受け、日程調整に入っていたところ、同年代故か「最近体調が○○で云々」と会う前から健康話に花が咲きます。実際に会っても一番盛り上がるのが健康(病気)ネタかもしれません。つい最近までは恋愛話を過ぎ、仕事ネタや美容ネタが話の中心だったはずですが。

でも、同年代の人々の中でも特に元気なはずのジム友たちとご飯を食べたり、サウナで話したりしても、一番話し込んでしまうのが健康ネタなのですよね。場所柄、スポーツに絡んだ腰や脚などの故障などが混じるものの、いくら元気でも以前と同じようにはいかないようです。

少し淋しいことに、溌剌とした若さに溢れていた友達が次第に老いに侵食されていきます。もちろん同じように自分もいろいろな点で毎日のように老化を実感させられます。でもそれを互いに率直に打ち明け合って笑い飛ばせることで、誰もが同じなんだと納得し、安心できます。おばちゃんたち、おばあちゃんたちが病気ネタで、けっして明るい話題でもないのに随分楽しそうなのはそのせいかもしれません。

しんどい、痛い、面倒くさい・・・の一方で、

楽しみたい、始めたい、(自分比で)綺麗になりたい・・・と夢を持つ。

私も、そして周りのアラフィフも、この両輪があるからこそ人間臭くバランスが取れているのかもしれません。



【2015/05/27 09:17 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
扁桃炎は辛い・・・
扁桃腺がよく腫れる人はいらっしゃいますかね。小さい頃はよく腫らして苦しんだものですが、久しぶりにこの週末にあの苦しみが再来しました。

いがいがするな~と思っていたら、みるみるうちに吐き気と悪寒。この初夏にユニクロのフリースを出してきてくるまる始末です。熱もあっという間に38℃超え。平熱がいつも35℃代と低いので3℃上昇はかなりこたえます。病院に行く気力も無くて、ひたすらオレンジジュースで水分とビタミンを補給して汗をかくことに徹しました。

私の白血球、ウィルスを追い出すのに頑張っています。薬に頼らず、自分の身体の免疫機能が頑張っている様子は、何だか不思議と感動?します。

翌日(早い!)は元通り35℃代に復活。嘔吐もあって食欲もなく食べてない割に体重がほとんど変わりません。でも健康第一ですね。遅まきながら買ってきた小林製薬の「ハレナース」がなかなかいい感じです。イソジンでのうがいもかかさず行っているせいで、少しずつ腫れも治まってきたようです。


この季節、昼間は真夏日で、つい薄着で眠ってしまい、夜は冷え込んで体調を崩しがちです。濡れマスクや加湿器で喉を労りながら寝ることにしましょう。皆さんも季節の変わり目、お気を付けて。

【2015/05/25 09:17 】 | つれづれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
メメント・モリ
2015年はちょっと仕事をセーブしようかとも思ったが、ここまで結構飛ばしている。5月は家庭の諸事情もあり、それとシンクロしてか仕事量も減ってきたので、今度こそゆっくりしようかと思いきや、また依頼が立て込んできた。アーリーリタイヤ(もしくは半リタイヤ)を狙っているため、今が最後の踏ん張り時かも、となかなかワークの配分を減らせない。


さて、2013年、一時は心肺停止となってから復活した中村うさぎさんの新刊を見つけたので早速読んでみた。臨死体験や闘病などについてはほとんど書かれていないので、「死からの生還」というタイトルは内容と解離している。




著書の中で、うさぎさんが「メメント・モリ」について語っている。

メメント・モリ(memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。「死を記憶せよ」などと訳され、芸術作品のモチーフとして広く使われる。

古代ローマでは、「将軍が凱旋のパレードを行なった際に使われた」と伝えられる。将軍の後ろに立つ使用人は、「将軍は今日絶頂にあるが、明日はそうであるかわからない」ということを思い起こさせる役目を担当していた。そこで、使用人は「メメント・モリ」と言うことによって、それを思い起こさせていた。

ただし、古代ではあまり広くは使われなかった。当時、「メメント・モリ」の趣旨は carpe diem(今を楽しめ)ということで、「食べ、飲め、そして陽気になろう。我々は明日死ぬから」というアドバイスであった。ホラティウスの詩には「Nunc est bibendum, nunc pede libero pulsanda tellus.」(今は飲むときだ、今は気ままに踊るときだ)とある。

Wikipediaより


私は死にかけた体験はないが、身内の死もあってか「死を記憶せよ」とこの警句は何となく身近に感じ始めている。だから、生き方が変わったかと言えば、上記のていだから相変わらずである。それでも、会いたいと思う人には会い、買いたいと思うものは買い(笑)、言っておきたいと思うことは言い、をなるべく実行に移したいと思う。この年齢ならば少々は無理しても死ぬほどのことはなかろう。

面の皮が厚くなってきて、失敗や恥や批判等がさほど気にならなくなってくるのは、歳を取ることの良い点のひとつだろうか。LINEの一行に胸を痛める10代や20代のようなナイーブさは大分と失われた。体力を除けば(これが大きいのだけど・・・)、精神的にも経済的にも時間的にも実現できることが一番多いのは、逆に今なのかもしれない。


【2015/05/22 08:44 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
2つのイベント
先週は目出度いのかどうなのか判然としませんが誕生日でした。また1年歳を重ねられたのだからお目出度いのには違いないでしょうか。

shotani2.jpg

地味にジムへ行って、いつものメンバーにおめでとうと言ってもらって週一の筋トレレッスンを終えました。筋肉つかない割に年々苦しくなっていくこのレッスン。かといって止めてしまえば元の木阿弥なのでなんとか続けています。

夜遅くだんなさんが買って帰ってくれたのが「ケーキハウスショウタニ」のケーキとプリン。レッスンの意味がありません!


shotani1.jpg


シヨウタニはプリンも美味しいけれどやっぱり一押しは和風クッキーですね。初めていただいたときから、ホロホロほどける食感のファンになりました。ケーキよりもクッキーがよかったなぁ(笑)。


週末は四十九日でした。お墓に納骨を済ませた後、内輪でお食事会でした。いける口だった母親の分まで、冷酒好きの姪っ子と私で美味しくいただきました。よく冷えた竹が旨みを際立たせ、クイクイ進んでしまうのが日本酒の怖さです。翌日は勿論の二日酔。


四十九日1


人が亡くなった後は喪失の淋しさにかまけてはいられず、葬式/法事などの催事に加えて様々な手続きが目白押しです。公共料金等の口座変更だけでも結構面倒なものです。そして、第1回相続会議?もついでにおこなってきました。どこぞの紅茶王のように莫大な遺産があるわけではないのですが、戸籍謄本や印鑑登録を何通も取り寄せ、とりあえずの書類だけでも十数枚サインしてきました。というのも、相続云々の前に、相続財産の内容を知るだけでも相続人全員の署名捺印が必要となるのです。個人情報が重要視される今、どの金融機関もますますその辺が厳しくなっているのでしょうか。

現金に関しては、母は昔の人に似合わず、箪笥預金や簡単な定期預金は比較的少なく、孫やひ孫まで被保険者とした生命保険などの保険に加入していた他、有価証券や投資信託などにも分散させており、ドル建て、ユーロ建てなども含め、解約タイミングや分割方法も専門家に相談を仰がないとさっぱりです。

義兄含め、姉とは良好な関係を保ってきたので骨肉の争い(怖)にはならないはずです。そんな中でもお金とは不思議で大きな存在で、皆の思惑がぴったりと合うということはないものです。金額の多寡にかかわらず、いざとなってみるとお金は気持ちを少し揺るがせます。我が家は義兄が家業を継いでいるのでその辺も少し厄介です。そして、姉が、将来を見据えて、妹よりも自分の娘たちや孫のことを最優先させたいと考えるのは当たり前でしょう。

結末はここに書くことはできませんが、皆が今まで通り仲良く、それなりに納得のいく相続ができればと思っています。そのためには母との生前の話し合いが重要だったのかもしれません。私も早めにエンディングノートらしきものを書いておくべきかも。人は死ぬ時期が分からないから難しいです。でも、だからこそ平然と毎日を生きていられるのですけど。


【2015/05/18 09:08 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
SHOPPINGの醍醐味
本blogで書いてしまったせいで、思いがけず多くの方々からお香典等いただき、ありがたく受け取らせていただいています(FBに書かなくてよかった・・・)。もちろんあえて香典ではなくメッセージをくださった方々にも大感謝です。

そのおかげ?といいますか、ささやかなお返しを百貨店に買いに行く機会ができて喜んでいます。多くの女性には共感してもらえると思いますが、親しい相手に小さなプレゼントを選ぶことには特別な楽しさがあります。小学生時代のお誕生日会からの刷り込みなのかもしれません。そして、自分だと使い切れなかったり、ちょっと逡巡してしまったりするものが堂々(笑)と買えるわけです。今回も大抵おまけに自分用に買い足しています。


きっと誰もが好きなロクシタン。期間限定のハンドクリームが出ていたのですかさず購入。ハンドクリームは山のようにあるので自分にはSPF25のヴァーベナのボディローション。サンケアというだけでなく香りが最高です。

母の日にロクシタンを訪れたら隣で好青年が、

「抹茶っぽい匂いだったと思います・・・」

店員さん「こちらでしょうか?」

「あ、この香りです」


お母さんへのプレゼントですね、きっと。いい子育てをしています。ちなみにあとですごく気になって調べてみたのですが人気だったグリーンティソリッドパフュームは廃番になっています。一体どの香りだったのか、確認すればよかったです・・・。


最近気になっているのが蜂蜜です。「HACCI」は蜂蜜コスメとして注目を浴びていますね。アットコスメでもかなり高評価です。今回は阪急地下で食用のテーブルハニーとドリンクのセットにしました。ここの店員さんは皆ルックスも非常に可愛らしいだけでなく、接客態度が素晴らしいです。こうした店員さんに出会えることが百貨店に足が向く大きな理由の1つです。


ハッチ


味見もさせてくれるので自分好みの蜂蜜を探してください。


そして「レオナール」のシルクのハンカチ。私にはレオナールを着こなせるほどの貫禄はいまだついていませんが、レオナールのハンカチがしっくりくるマダームな女性にこちらを。「世界で最も美しいプリント地」という言葉に偽りはありません。


美味しい、綺麗、可愛い、そんなものたちを見たときのパッと華やぐ女性の顔が好きです。私が男に生まれていたら結構モテていたと思います。


【2015/05/13 08:23 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「GARDEN TERRACE LION 」の巻--時には学生気分で
「立命館大阪いばらきキャンパス」がこの4月からオープンしています。

ritumei3.jpg


キャンパスは近隣市民にも開放されており、敷地の一部は公園として毎日ママや子供たちで溢れています。少子化が進む今、産官学連携の取り組みは今後益々発展していくでしょう。大学もただ黙って生徒を待つ時代ではなくなっていますね。


早速GW中にキャンパス内の[ガーデンテラスライオン」に友人たちと偵察に出かけてきました。人出は多いだろうと想像し早めに出かけたものの1時間待ち。併設のスタバで時間つぶししました。

ritumei1.jpg


お客は学生よりは近隣住民の方が多そうです。値段は妥当ですけど、飲み物などを含めたらランチで2000円くらいになるので学生には少しばかり贅沢なのかもしれません。

銀座ライオン3


フォーやタイ風グリーンカレーなど、そそられるメニューもありましたが、やっぱり最初は一押しのローストビーフで。サラダとパンは食べ放題です。パンはおそらく焼き立てではなく少々期待外れかな?サラダバーはごく普通です。

銀座ライオン4

でも、看板メニューのローストビーフはランチカットの100gでも食べ応えがあって満足しました。200gまで設定できます。今度はだんなさんとサーロインステーキを試してみましょう。


夜はアラカルトの他に宴会コースも揃っています。個室もあるのでちょっとした飲み会にも活用できそうです。宴会コースに追加できる飲み放題コースは2000円で、飲み物の中にヱビスビールが5、6種類ほど入っておりお値打ちかと思います。エビスの黒生、ハーフ&ハーフが好きです。テラス席でプチビアホール感覚を味わうのもいいかも。


手持ちの仕事をすべて吐き出し、今日もオフです♫ 今期のワイン会が初日で、午後からはご無沙汰のメンバーと久しぶりにがっつりと飲めるのが楽しみです。貧乏性は一時忘れ、今週は消費側に回る予定です(笑)。



【2015/05/11 09:25 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2015年GW(II)-東へ南へ!
GW、なんと珍しくお弁当作りに勤しみました(写メは遠慮しておきます(笑))。

お弁当となれば景色のいい爽やかな場所ということで琵琶湖を目指しましたが、高速の恐るべき渋滞に巻きこまれ、滋賀まで到達するのが4、5時間はかかりそうな雲行き。

ということで行き先を急遽「比叡山延暦寺」に変更しました。1994年にユネスコ世界文化遺産に登録された比叡山、それ以降訪れていません。

「世の中に山てふ山は多かれど、山とは比叡の御山をぞいふ」


比叡山1


比叡山からは琵琶湖が眼下に見渡せ、京都の街並みも一望できます。さすがの世界遺産です。

比叡山2


しかし、500ヘクタールの境内、広いですね~。


そして、東西移動に懲りて、2回目のお出かけは南北移動にチェンジ。いざ「和歌山マリーナシティ」へ。子供たちがいればポルトヨーロッパで遊び倒すのもよいですが、私たち中年夫婦は海を見ながら、芝生にお弁当を広げてくつろぎます。中心部は家族連れで満杯なものの、ホテル周辺やハーバーはカップルがちらほら通り過ぎるくらいで、喧噪から離れ、意外なほど静かに過ごせます。海風をお供に文庫本読みつつシャブリが1本空きました。それなら万博公園でいいのではないかというツッコミはなしとして--海が好きなんです!


和歌山マリーナ3


私とノワが日光浴中、彼も買い物や散歩を楽しんだようです。黒潮市場でいろいろ買い込んできてくれました。お弁当よりも和歌山ラーメンとお寿司の方がよかったかしら。


和歌山マリーナ1


夜はこどもの日の特別イベントで花火大会。素晴らしい花火を思いがけず楽しむことができました。関西内でもまだ訪れたいところがいっぱい。5月は半分くらい休みたいです(笑)。





【2015/05/08 13:57 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
2015年GW(I)-妹が欲しい?
GW近場ばかりでしたが、かなり満喫しました。備忘録代わりに記録しておきたいことが溜まっているので少しずつアップ。


仕事は1件をゆるゆると仕上げるくらいであとはオフ。年始めの忙しさも一段落して5月はのびのびと過ごせそうです。それはそれでちょっと焦ったりもするのですが、メリハリは大事ですね。スーパーサラリーマン(?)だった夫もGWは完全オフ。半休有給も結構消化し、次第に社畜からシフトしているように見えます。私もなだらかになだらかに仕事をセーブしていき、家族との時間を増やして、周りも定年を迎える頃、もしくはそれより少し早めにリタイアの道へソフトランディングできればと考えています。まあそれもそれで退屈で呆けそうなので5分の1~4分の1程度の仕事量に抑えるのが理想でしょうか。ご存じの通り、そうはうまくいきませんね。


GWに備えてネイルチェンジ。最近はマイピンクブームです。


201504nail4


指輪とシンクロさせた、私曰く「額縁ネイル」。最外枠をゴールドの球、その内枠をシルバーの球で縁取っています。1個1個ピンセットで置いていくAちゃんの顔がいささか引きつっていたように思えます(笑)。

「数えるのが大変なので・・・」

ということで計4本で目算300個ということにしました。テンション上がります。

201504nai5


最初の予定は、新しくトイプードルを家族に迎えたM嬢のお宅訪問。


kiki.jpg
(キキちゃんの写真何度トライしても横向き)


生後4ヶ月に満たないキキちゃんならお友達になれるだろうとノワも同伴したのですが、「ワン!」とキキちゃんに機先を制せられたところから後はいつものように追い回され、ノワ全戦全敗記録続いています。

このところ周りで子犬を迎える家庭が増え、ノワではなく私にとって犬友拡大中です。ノワも今夏で5歳。老犬になるまでにたくさん一緒のお出かけの機会を作ってあげたいと思います。



【2015/05/07 08:35 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ホテルニューアワジ夢泉景」の巻-大鳥居と酒蔵と
「イングランドの丘」に行って一遊びしたいところでしたが、完全に体力不足。行き先を「おのころ島神社」に変えました。

古事記・日本書紀によれば神代の昔国土創世の時、二神は天の浮橋にお立ちになり、天の沼矛を持って海原をかき回すに、その矛より滴る潮がおのずと凝り固まって島となる、これがおのころ島。二神はこの島に降り立たれ、八尋殿(やひろでん)を建て 先ず淡路島を造り次々と大八洲(おおやしま)を拓かれたと記されています。当神社には伊弉諾命・伊弉冉命の二神がお祀りされており、縁結び、安産の神として知られています。また、この二神は天照大御神様の親神様です。昭和57年3月に建立された、高さ21.7mの朱塗りの大鳥居が目を引きます。

おのころ1

大鳥居が目印です。

おのころ3


身重の姪も一緒だったので当然ながら安産祈願を。赤の縄と白の縄を男女で持つと縁がさらに深まります(これから探す人は一人でも大丈夫)。

次は「千年一酒造」、130年以上の歴史を持つ由緒ある酒蔵です。

sennen3.jpg


sennen1.jpg


いつも姉にぴったりとついて回っていた甘えん坊の三女の姪。もう大学生になって東京で一人暮らし。日本酒を買って帰りたいという彼女のリクエストです。時の流れが感慨深いわ~。こうして一緒にお酒を楽しめる日が来るなんて。

あと2ヶ月で次女の子供が産まれます。人が死ぬ一方で人が生まれ--そのリフレインが世界を作っています。




【2015/05/01 08:47 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。