スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「その女アレックス」
今日は本棚の記事。通っている美容院のオーナー男性も小説好きでいろいろと情報交換している。彼はマンガもゲームもサッカーも詳しくて、それもまた美容院に通う楽しさの一つである。この本はまだ積ん読状態らしい。


その女アレックス (文春文庫)
ピエール ルメートル
文藝春秋 (2014-09-02)
売り上げランキング: 865




おまえが死ぬのを見たい――男はそう言って女を監禁した。檻に幽閉され、衰弱した女は死を目前に脱出を図るが……。ここまでは序章にすぎない。孤独な女の壮絶な秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、慟哭と驚愕へと突進する。

「この作品を読み終えた人々は、プロットについて語る際に他の作品以上に慎重になる。それはネタバレを恐れてというよりも、自分が何かこれまでとは違う読書体験をしたと感じ、その体験の機会を他の読者から奪ってはならないと思うからのようだ」(「訳者あとがき」より)。



宝島社ムック「このミステリーがすごい!2015」の海外部門第1位
「週刊文春ミステリーベスト10」海外部門第1位
『ハヤカワ ミステリマガジン』「ミステリが読みたい!」海外編第1位
「IN☆POCKET文庫翻訳ミステリー・ベスト10」第1位、
英国の「英国推理作家協会 インターナショナル・ダガー賞」
フランスの「リーヴル・ド・ポッシュ読書賞」を受賞。


6冠を制し話題の海外ミステリ「この女アレックス」、遅まきながらやっと読破した。最近、日本の小説ばかり読んでいたが、このところまた海外の小説やミステリへの興味が戻ってきた。読みたい本も溜まっており時間が本当に足りない(参考書や専門書も溜まっているのだけれど全く触手が動かないのが辛い・・・)。

さて感想。本紹介にあるように「未曾有の読書体験」、「衝撃の大どんでん返し」というのとはちょっと違う。ラストの謎解き?もミステリ慣れした方には予想できないという程でもない。プロット自体はさほど凝ったものではない。

しかしながら、この小説の新しいところは構成だと思う。ネタバレできないので詳しくは語れないが、途中で視点が大転換し、それが不自然ではなく益々興味を誘い、読者を飽きさせない。ただ文章はまだ生硬な部分も目につき、そこがちょっと残念な気もするけれど、フランスらしいエスプリの効かせ方は嫌いではない。そして登場人物もキャラ付けも生きている。ミステリは登場人物(刑事/探偵)の魅力に大きく依存する(私はやっぱり古典のポアロ、マープル、金田一耕助が好き!)。カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズもの、もう少し読んでみたい。

「ミレニアム」などちょっとグロっぽいものは苦手、という人以外にはやっぱりお勧めである。


スポンサーサイト
【2015/01/29 10:04 】 | 本棚 | コメント(2) | トラックバック(0) |
仕事運は吉?
早いもので今年も1ヶ月が過ぎようとしており、残すはあと11ヶ月です。3倍送りのように恐ろしいスピードで時が過ぎていきます。毎日が充実しているせいね♫とポジティブに考えたいと思います(笑)。


珍しく年末年始をがっつりと10日間ほどお休みした反動か、初詣のお神籤は末吉だったものの、仕事始めの5日早々から依頼が舞い込み、1月度のスケジュールは結構早く埋まってしまいました。2015年度の仕事関連では嬉しいことが既に2つ。

★昨年夏頃種蒔きしておいたクライアントから突然連絡が入りました。恐ろしいことにトライアル無しでのいきなりの本仕事依頼です。最初の仕事で実力が試されると思うので念入りに仕上げたいと思います。とはいうもののとりたてて特別なこともするつもりはありません。ものすごく調査にも時間をかけて(自分なりに)完全なものを提出した場合、今後依頼が続くとして大きな落差を生みたくないからです(手抜きをしていい加減なものを出すという意味ではありません)。

仕事と趣味の差の一つはコスパをどれだけ意識するかだと前々から思っています。趣味であれば手間や時間を度外視して最善の成果物を実現することが第一目標となるでしょう。でも、これを生業とするのであれば、ある一定の区切りを自分の中で明確につけねばなりません。その区切りは個人個人持っていらっしゃることでしょう。

こんなふうに偉そうに書いてみてもこの1回で依頼が途絶えてしまうかもしれません。長いお付き合いのクライアントになればいいのですけれど。初デートと同様、ドキドキ。今週が納期です。


★長いお付き合いのクライアントから「出来上がりベース」から「原文ベース」に支払いのカウント方法を変えるという連絡がありました。慣れ親しんだ方法を変えるのはちょっと抵抗があったのですが、これでほぼカウント方法が統一され、業界の動向ともマッチするということでよい選択かと思います。

嬉しい誤算として、私の場合、出来上がりベースのときよりも原文ベースの方がけっこうお得になっています。日頃心がけている3C(Correct, Clear, Concise)が少し芽を出してきたのでしょうか(嬉)。


もう一つ、軸にしたいと思っているサイドビジネス(?)の出だしも好調です。自分の直感を信じ、思いついたことはすぐ実行に移す2015年にしたいとは思っていますが、何事も調子に乗るときに足元をすくわれがちです。ときに立ち止まって軌道修正を図ることも大事かと。いずれにせよ、この時期、新年会で様々な年代や立場の人々からインスパイアされることがよいきっかけになっています。

PS.
もう1つ書き忘れていました。二足のわらじ時代も含めこの仕事を始めて20年以上になりますが、年末にクライアントに初めて「今後のお付き合いはいたしません」という旨の絶縁状(笑)を出しました。ちなみにフェイドアウトはふんだんに経験があります。価格面を除けば、とてもお付き合いしやすい取引先だったので、今考えてもとても残念です。しかしながら、いかんせん仕事ですので料金は重大です。1年ほどお付き合いすれば見直ししていただけるかとつい取引を開始してしまいましたが、価格改訂の見込みはなさそうで(しかも増税時の見直しもなく内税)、やっと年末に踏ん切りがつきました。

そこそこコンスタントにご依頼していただいていたので、その分収入減となります。でも長い目で見ればマイナスになることは間違いありません。「捨てる神あれば拾う神あり」で、新規クライアントがその穴を埋めてくれることを願っています。新年早々それが実現したとすれば美味しすぎる話で、そんなにうまくはいかないでしょう。

ただ仕事に限らず「腐れ縁」は早々に切ることが鉄則ですね。情が移って逃れられなくなる前にサヨナラする勇気を今後も持ちたいものです。



【2015/01/26 10:20 】 | お仕事・お勉強 | コメント(2) | トラックバック(0) |
鍋をつついて考えた
ワイン講座の新年会はなぜか寄せ鍋と日本酒。飲んべえの集まりなので結局は何でもアリ。

2015ワイン講座新年会


話は飛ぶが、三船美佳ちゃんと高橋ジョージさんの離婚騒動。芸能界における、年の差婚、自他共に認めるおしどり夫婦等々、ちょっと危ない要素が重なっていたので大丈夫かな?と勝手ながら何となく思っていた。不思議なことに、男性側が新しい女性(通常はより若い)を作るという展開を除けば、離婚を持ちかけられた男性は「なぜ?どうして?」とそれまで危機感を覚えていなかったように見える場合が多い。

周りを見渡しても、離婚は女性側が申し出て、経緯からしてどちらかというと男性側に未練があるように思う。私が女性側の立場から聞くことが多いから偏見が入っているのだろうか。ともあれ芸能界ともなると女性も魅力的な人物であろうし、経済力にも問題がなかろうから、わざわざ我慢せずに離婚を切り出すのは予測できる流れだろう。報じられている内容が真実に近いとすれば、美佳さんが何をされようが言われようが自分を愛し続け、自分のそばに居続けるはずだと思える根拠は何だろう。


と言いつつもきっと高橋ジョージは数年も経てば再婚しているはずだ。離婚経験者の女性の友人知人達は「もう結婚はいいわ」とボーイフレンド程度を作るか、娘や息子との生活を楽しむか、女友達との交流に勤しむか、というタイプが多いけれど、多くの男性はやっぱり再婚がしたいらしい。新年会でも数年前に奥様を亡くした男性が、後添えさんを探して婚活中だがなかなか上手くいかないと嘆いていた。

くだんの彼は財産家のようだから「生活の面倒を見てください」という希望を前面に出してやってくるのにちょっと引く点もあるらしい。昨今の事件のように殺されても怖い。気が合って生活の保障をするのにやぶさかではないが、そこの確認からお付き合いが始まるのはやはり抵抗があるのだろう。私の知人にも素敵な50代、60代シングルはいるのだけれど、そちらはまだ仕事をしてちゃんと自立しているので、逆に「今さらまた家事全般の要求をされても嫌だわ~」と結婚には消極的な意見である。
(例の事件では、逮捕されたC子さんの条件は、別居婚、年収は1000万以上等々という強気な条件付けでありながら相手が次々現れるのである。年金はさておき、高齢者には退職金や不動産などの多額の不労所得を保有している人が本当に多いと思う)。

若い世代の婚活もいろいろあるように、これから益々増えるであろう中高年の婚活もマッチングが難しい。いや若い世代以上に様々な背景や思惑が絡み合って、素敵な第2の人生を新たなパートナーと歩み始めることは奇跡的な出来事なのだろうか。はて、自分であれば・・・。



【2015/01/21 10:24 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
これぞ王道
ネイルをチェンジしました。王道フレンチです。最近、前にも書いたようにネイリストのAちゃんが検定試験に向けて、フレンチの練習に励んでいるのを見てフレンチの美しさに改めて開眼しています。

ちなみにその試験のフレンチはジェルではなくマニキュアです。つまり、何度でも直せるジェルとは違って一筆書きのように完璧なラインを描かねばならないということです。不器用な私は10年経っても無理でしょう。今回はできるだけナチュラルな仕上がりでとのリクエストに合わせて、ベースの淡いピンクと白。普通ならばベースの上に白を重ねるのでしょうが、重ねることなく別々に色付けし、ほとんど凹凸のないく、マニキュアに近い薄さを実現してくれました。この面倒な一手間を惜しまないところが、私がAちゃんのサロンを信頼している理由の一つです。


ginzatanaka1 ginzatanaka6.jpg


今回、シンプルなネイルを注文した理由は・・・以前にお話しした婚約指輪のリフォームが完成したためです。1ヶ月かかりついに完成しました。結婚20周年の記念も兼ね、リフォームに付き合い、代金を出してくれただんなさんに、できるだけダイヤの指輪が引き立つような形で見てもらいたかったというのが本音です(意外にも、私、こういうところ結構気を遣うのです。というか自己満足と言われればそれまでですけど)。満足の出来上がりです。指を除く(笑)、指輪とネイルの美しさが。


ginzatanaka5


リフォームをお願いいしたGINZA TANAKAさんが、白の革のジュエリーボックスをプレゼントしてくれました。元々持っていたジュエリーボックスと寝室のドレッサー等もすべて白なので、そのまま使えて嬉しいです。


ginzatanaka3 ginzatanaka4

DIAMONDS ARE A GIRL'S BEST FRIEND、「紳士は金髪がお好き」の中の有名な曲ですね。オマージュしたマドンナもニコールキッドマンも好きですが、やっぱり本家本元ののマリリン・モンローを超えることはできません。




【2015/01/19 09:08 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
母は強し
トイプー飼いの友達から嬉しい知らせが届きました。

妊活中のWANちゃんが交配に成功して、予定日の3日前に元気な子供を4匹も出産しました。

あんちゃん2


このWANちゃん、ノワとあまり変わらないちびっ子で、でも帝王切開にも至らず無事出産できました。少し前にあったばかりなのに4児のママ、大きく差を付けられました(笑)。

まだ産まれる気配がないとして病院から連れ帰っていたところ、突然産気づいて家族全員で取り上げたそうです。お湯を沸かして、綺麗なタオルを集めて、そして友達自らハサミでへその緒をカットし、糸で結んだとのこと!とても私にはそんな勇気がありません・・・。犬も人間も母は強しです。

その後も母乳とミルクですくすくと育っているようです。こんな光景を見ると、ノワにも一回くらい出産を経験させたかった気もしますが、わずか2.3kg(今朝計量)の身体に出産を強いることに少しばかり腰が引けてしまいました。しかし、個人的な意見ですけど、子猫や子犬ほど可愛い生き物も滅多といませんね。眼福です。


*実は猫の子供は取り上げたことがあるのです。実家で飼っていた猫、1時間弱かけて私のベッドの上で5匹の子供を産み落としました。今回のワンコと違ってネズミみたいに小さな子供達でした。すべての子供達の引取先を無事探し出しましたが、その子孫達は今どこでどうしているのでしょう。母猫も産み落としたそのときからしっかり母親となって、子供に乳をやり育て始めます。


【2015/01/16 09:26 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
病床の友へ
お正月明け早々、友達が脚の骨を折って長期入院をするという知らせを聞いた。子供も二人、家業の自営業を旦那様と一緒に切り盛りしている。自分の身体も心配だろうが、子供や家業のことが随分と気になるだろう。手術も控えているので直接のお見舞いは落ち着いてからとした。

ただ内臓や脳などにはほぼ外傷はないらしいので日にち薬が癒やしてくれると思う。まだ若いから元通り元気になる日も近いだろう。世の中に無駄なことはないので入院生活から何かを得られるはずだ。

とはいうものの不安だし、とっても退屈だと思うので、旦那様に本を託すことにした。私ならば、凝った欧州ミステリや、文章も楽しめる京極夏彦の「姑獲鳥の夏」や、なかなか前へ進めないトーマス・マンの「魔の山」のようなぶ厚い本を持ち込むだろうけど、友達は日頃本は読まないタイプだ。

気に入ってくれるかどうか心配だけど、私も好きな画集と写真集を送ることにした。






午前中絵と詩を描き、午後随筆を口述筆記してでき上がったのが、この『鈴の鳴る道』です。詩画のほとんどは、「百万人の福音」(いのちのことば社)に毎月載せていたものです。一部描きなおしたものもあります。朝日新聞群馬版に載せたものを、新たに描きなおしたものもあります。花を中心に描きましたが、風景や動物もいくつか入れました。私には花も豚も風景も、同じように美しく見えるのです。

鈴の鳴る道


「鈴の鳴る道」ってどういう意味なのかは是非本を読んでもらいたい。骨折で入院中の人間に、頸髄損傷で車椅子生活の画家の画集を送るのも何なのだが、彼の絵、そして言葉は素直に心に響く。




美しい風景は大自然の中だけでなく、見上げた空に、日の光の中に、そして降り注ぐ雨の中にもある。天候や季節を表す豊かな日本語を300点余りの写真とともにまとめたフォトミュージアム。光琳社出版1992年刊の新装版。

空の名前


同じく日頃本を読まないうちのだんなさんもこれなら嬉しいなぁと言ってくれた。四季がある日本って本当に美しい国だと実感できる。空をゆっくり眺める暇なんてなかっただろう忙しい日々から一転、繊細な季節の移り変わりを静かに感じ取る時間も一生の中で必要なのだと思ってもらえればいいのだけれど。

人間、健康に越したことはない。でも死ぬほどではない不調なら神の恩寵だと思うことが時にある。早くよくなって、また一緒に笑いながら美味しいものを食べたいな。


【2015/01/13 09:00 】 | 本棚 | コメント(2) | トラックバック(0) |
商売繁盛で笹持ってこい♫
1月の三連休は恒例の「十日戎」です。

1月10日および、その前後の9日、11日におこなわれる戎社「えべっさん」。商売繁盛の神様ですから、商売している人にとっては初詣よりももしかしたら気合いが入るかも。私も「商売繁盛で笹持ってこい」の言葉通り、去年の笹と宝船を持って氏神様に今年も参ってきました。マグロにもしっかりお金を貼り付けました。


2014笹
(昨年のノワと笹の図)


えびす様のご利益か、昨年度は順調に仕事をいただくことができました。お別れすることになったクライアントもいますが、前向きな別離(笑)です。これについてはまた別の機会に。


2015笹


この笹をお返しして、今年も新たな笹を玄関に飾っています。お洒落もなにもあったものではありませんが、家内安全と商売繁盛の方がずっと大事なのでよいのです。

今年は仕事始め早々、去年種まきしておいた新規クライアントが初めてのご依頼のお電話をくれました。もう数ヶ月も経っていたので諦めモードだったのですけど、日々の仕事の合間の営業もやっぱり大事ですね。依頼の内容も、最近自分の中で増えてきて、今後さらに力を入れていきたい医療機器分野でした。イイ感じです♫


箱の向こうの皆様にも福が訪れますように。


【2015/01/11 11:24 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
やっぱり靴はここ
年越し仕事がなくて少々不安になっていたところ、年明け5日から毎日のように依頼が入りアップアップしています。皆さん、お仕事を抱えて仕事始めと同時に吐き出したのですね。仕事が入るのはありがたいことですが、たった9日間でお休みモードが染みついた身体がまだ通常モードに慣れてくれません。


今年は久しぶりに初売りに繰り出しました。だんなさんのビジネスバッグを探す予定でしたが空振り。納得のいくまで探し続ける人なので後数ヶ月はかかるかと。ちなみに、勉強のため、とヴィトンやエルメスなどの一流ブランドも巡り、数十万のビジネスバッグを見て周りました。職人が作る最上級の本物の品を見ることもお互い今後の鞄選びに大切でしょう、まず購入はしませんが(笑)。

お付き合いしたおかげで思いがけず大人のお年玉をもらうことができました♫ 「銀座Kanematsu」のブーツです。ちなみに上記の銀座KanematsuのHPは、バッグと併せたWEBカタログやスタイリストの菊池京子さんのコラムなどとても参考になります。昔からここの靴が好きで10年以上履き続けているパンプスもいくつか。使い続けていると上質な革だということがよく分かります。全国の店舗で修理も扱っており、安心できる国産ブランドです。


Ginzakanemathu2.jpg Ginzakanemathu1.jpg


茶色に見えますが、最近気になっているアッシュグレー。前に紹介した土屋鞄のアッシュグレーのバッグと同じ色目です。今冬のセールの戦利品、ちょこちょこ紹介できればと思います。


【2015/01/09 09:10 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2015年の幕開けは
2015年が明けました。

お仕事依頼がまだ飛び込んでおりませんため冬休み続行中です(汗)。まあそれもよし、英気を養っておきます。

初詣は実家近くの神社へ。学問/芸能の神様なので学生達でいっぱいでした。ただ、この仕事も学業に近く、しっかりとお願いしてきました。大阪に帰ってきて引いたおみくじは「末吉」。

「吹きあれし
あられもいつかおさまりて
軒端にきなく鶯の声」


身の煩いも散り失せ禍毎も無くなり旧の道を守って辛抱おこたらなければ幸福
身に余って家の内も明るく楽しく暮らされます。
信神なさい。

2015おみくじ

おや、あまり悪くないように思われます。末吉ですので上昇あるのみです。

昨年は大吉を引き当てお正月から気分の良いことでしたが、一方ではじくじくした悩みの元が消えず、考え込む時期が随分続きました。他人から見るとさほどのことではないのかもしれないけれど、自分の中では常に重苦しい澱が胸にとどまっているようで苦しい日々でした。それが冬を迎え底を打ち、解決へと向かい始め、ようやく晴れ晴れとした想いが戻ってきました。その代わりか、仕事は非常に順調で、むしろ仕事に逃げ込んだ感もあってか、決算は済んでいませんが会社設立以来最高の売上げとなりそうです。


その逆で、今年は新たに勉強したいこともあり、お互いに抱えていた課題も一段落ついたため家族との娯楽も増やしたいこともあり、収入はぐっと減るような気がします。時の運はバランスだと思うので、何かを優先すれば、何かを犠牲にせざるを得ず、満月のように何もかも欠けないということはないのかもしれません。

昨年の大吉も今年の末吉も何かを象徴しているようにも思えます。今日からまた一日一日積み上げていければいいなぁ。ブログを読んでくださっている方々、今年も宜しくお願いいたします。



【2015/01/05 10:33 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。