スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ON? OVER? ABOVE?
今年も残り後1ヶ月です。繁忙期というのは特にない業界のように思えますが、それでもやっぱり年末は稼ぎ時です。依頼がかなり立て込んできました。

今年は少し頑張って様々なセミナーに参加したり、主宰したりする機会がありました。勉強会もまずまずの割合で参加しました。仕事に追われる中でもインプットはとても大事です。インプットそのものの内容だけでなく、ご一緒する先生や同業者の方々からモチベーションを注入されます。「翻訳者よ、街へ出よ」の精神も忘れずにいたいです。


ということで、この週末、金土と2日間にわたり午前午後にわたるセミナーに行ってきました。K先生の「翻訳者によくある間違いのリライト」と「前置詞特集」の2本です。ただ座っているだけなのに脳が酸欠になったかのように2日目の最後はふらふらです。会社員とは違って自分の好きなようにスケジュールをアレンジできるフリーランス故か、通学に加え、拘束という状態に疲れるのかもしれません。
(友達の翻訳者M嬢が運動不足解消のため?市内に事務所を借りたと聞きました。街への通勤も少し憧れます。私の希望はお昼にノワと散歩できるように靱公園近くが良いなぁ)。

前置詞はいつまで経っても私の不得意分野です。ほんの短い1wordでありながら、前置詞は様々な情報を内在するとともに表現できる有用な言葉です。上手く使いこなせばより簡潔で正確な英語が書ける重要な言葉でもあります。日本語で言えば「てにをは」に対応するのでしょうか。一見ルールに則れば簡単なように思えて、実際に使おうと思うと迷いが生まれてきます。たとえば、日本語で「に」について考えてみます。

朝9時起きる → get up at 9 a.m.
絵を掛ける → hang a picture on the wall
コーヒークリームを入れる → take cream in my coffee
水を氷変える → convert water into ice
橋を架ける → build a bridge over the river

おなじ「に」でも様々な前置詞が使えます(状況に応じて「に」にあたる前置詞はもっとあります)。もちろん実際の原稿ではこのような単純な例ばかりでなく、判断に迷う例が頻出し、前置詞のミスから裁判に至ったケースさえあります。前置詞だけでも6時間、それでも資料を網羅することができませんでした。

ネイティブなら迷うことなく適切な前置詞がすらりと出てくるところが、そこまでなかなか自分のものにできていません。でも、このような機会に系統立てて勉強しておくと少しは自信を持って使うことができそうです。私は英文科卒なので多少は文法や言語学について勉強する機会がありましたが、所詮数十年前の大学教育に過ぎません。そして言語は時と共に変化していく生き物です。常に最新の日本語と英語にたくさん触れておく必要があるかと思います。


K先生とは久々の再会。今回はランチもご一緒できて個人的にお話しできました。年齢もキャリアも大大先輩なのですが、お会いすると気さくに声を掛けていただきホッとします。全国を飛び回り、ご自身の勉強も欠かさない、心身共にタフなその姿勢に何よりも刺激を受けます。


今年は年末にミズトラの会で医薬セミナーを開催します。それが今年最後の勉強会になる予定です。来年も自分にとってよい仕事ができますように。



スポンサーサイト
【2014/11/30 08:38 】 | お仕事・お勉強 | コメント(2) | トラックバック(0) |
三連休の収穫は・・・
三連休は、夫の靴とパンツ探しにお付き合いでりんくうと三田のアウトレットを制覇。それでもピンとくる品が見つからないということで、阪急メンズ館と阪神もはしご。結局今回はあきらめて再度セールに備えるということで帰途につきました。

私は買い物即決派、2つで迷ったら2つとも買います主義ですが、彼はほぼ完全に満足がいくまで探し続け、2つで迷ったら頭を冷静にするため出直す主義です。夫婦でバランスが取れているといえば取れているのでしょうか。私自身は自分のものだけでなく人の洋服の買い物に付き合うのも割と好きなので、そうこう言いつつ楽しい二日間でした。

でも、私は洋服に限ってはアウトレット、あんまり好きじゃないのです。どうも売れ残り感が強いというか・・・。それよりは百貨店やよく行くショップのプレセール等でじっくり選ぶ方が好きかも。それより先に断捨離を進めねばなりません(苦笑)。


結局、収穫はこの子だけ。赤と黒がものすごく似合うのです(馬鹿)。


201411nowa2.jpg 201411nowa.jpg


フードが可愛くてフリースも暖かそう。早速今日から散歩のお供です。子供服と同様、犬服もこんなに生地が少ないのにいいお値段がします。それでもついつい買ってあげたくなる気持ちは共通するところかもしれません。


これだけだと私があまりにつまらないので一日はネイルサロンでゆっくり。

201411ネイル2 201411ネイル1


写メでは色が綺麗に出ませんね。最近流行のグレーです。グレーに細~い蛍光イエローでラインを入れています。細フレンチはマイブームになりそうな予感です。グレーはどんな格好にもあまり邪魔にならず、鮮やかな黄色でカジュアル感が出ます。セーターとジーンズといったごくラフな格好にはまるのではないでしょうか。


怒濤の1ヶ月余りが始まります。体調を崩さないように今年の最後まで走り抜けたいと思います。


【2014/11/25 09:16 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今冬のお気に入り
久しぶりに今日の着せ替え。

このシーズン、いつものことながら物欲が増してしまいます。洋服は十分あるだろと思いつつも、ついつい「ディノス」から送られてきたカタログを見ていたら、ツボにはまった商品があり、ポチってしまいました。

通販での洋服選びは危険ですけど、ディノスはモデルさんが美しく、つい心惹かれてしまうのです。そのために、到着して着てみたら何となく違う!ということにも(汗)。


2ディノスセーター1 ディノスセーター1


写真ではピンクっぽく写っていますが実際にはもう少し臙脂寄りです。大好きな色です。顔映りも割と良いのではないかと思います。選んだポイントは裾に向かって広がるAライン。ケーブルニットには珍しいですよね。イタリアのデザインらしい遊び心があります。


2ディノススカート1 ディノススカート1


年末年始はお出かけの機会も多いのでスカートの出番も増えてきます。かなり張りがあるタフタで、ふわっと広がるフレアですけど、腰回りのボリュームがちょうどよく膨張からは救われています。シックに着こなせそうです。あんまり女性っぽくなりすぎるのは自分らしくない気がするので辛口のショートブーツやブーティと合わせるつもり。このところブーティの旬が続いていますね。私のようなちびっ子には嬉しい流行です。


上のコーディネートのどちらにも登場させているのがロエベのアマソナ(ブラック/28です)。

アマソナ


このようにカジュアル/エレガントいずれの場でも使いやすく、マチが結構大きいのでお財布も化粧品もしっかり収納できる点がポイント高いです。でもショルダーの2wayで使える、もう少し小さなアマソナ23の存在にも物欲を刺激され困っています。


また気が向けば「着せ替え」アップしたいです♫



【2014/11/20 12:16 】 | 今日の着せ替え | コメント(0) | トラックバック(0) |
愛するMY TOWN
市から「乳がん/子宮癌」検診のお知らせをいただいていたが、なかなか重い腰が上がらず1年以上放りっぱなしだった。そんな話をしたら友達のHちゃんが

「保健センターに予約入れとくから○月○日は大丈夫?」と。

OKと返事をしたら、一緒に行こうと予約を入れて私の順番まで確保してくれたのだ。身内でもないのにこんなマメな人もいるのである。人脈の広さはこういう性格から生まれるのであろうと爪の垢を煎じて飲むつもり。もしもこれで乳がんが初期のうちに発見されたら一生大事にしなくてはならない人である。

そして、無事マンモグラフィーを受けてきた。クーポン出したら只で済んだ!失神するほど痛いだとか、マンモを恐れる女性は多いが私は割と楽な方で、素直に胸がつぶれてくれる(笑)。胃カメラに比べたら百倍好きな検査かもしれない。


粛々と検査を終え、お茶でもしようと近くのお店に。

「珈琲専門店NAKAO」。茨木市の中でも最古の喫茶店ではなかろうか。マスターのお勧めでバリスタイルの珈琲をチョイスする。時代をトリップしたようなアンティーク調のお店の中でゆっくりと時間が過ぎていく。日頃はネスカフェのドルチェグスト等で適当に済ませている珈琲だけど、こうした挽きたての珈琲はやはり味も違えば、心も変わる。

そして、その脚でパンを仕入れに「ル・ペトラン」へ。ネイリストのAちゃんの同級生の旦那様が開いたお店だと聞いていて、やっと訪れることができた。


ペトリン


オーナーは名古屋のロブションで修行を積んだと聞いていたとおり、本格的な品揃えである。差し入れもしたくって随分買い込んでしまった。特にイチジクを練り込んだものなどハード系のパンが美味しい。ショウガとクランベリーのカンパーニュ、赤ワインに合いすぎ。ワインといえば赤ワインのカンパーニュもある。水ではなく赤ワインで練った生地に、カシューナッツと赤ワインに漬け込んだドライフルーツを入れて焼いている。季節だから大好きな栗のタルトも見逃せない。

以前は食べるのも飲むのもすぐ梅田。西梅田で働いていたから街っこだったけれど、体力と気力の衰えなのか電車に乗るのも億劫なことが増えてきた。でもその代わりに地元の商店街に対する愛着がわいてきた。この地に根を下ろして本物を提供してくれる店も実は結構多い。一方で大型店舗やチェーン店の勢いに押され、閉じていく店も多い。同じ小さな自営業者の一人として、小さなお店を応援していきたいと思う。


本日は定例のワイン講座。帰りに酔い覚ましにエスプレッソでもいっぱい引っかけて帰ろうか。


【2014/11/17 09:52 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「さん平」の巻--日本酒と人生と
11月に入り、忘年会と名付けた飲み会も既にボチボチ始まっています。最近のお気に入りの店は「さん平」。常連の友達に連れてきてもらったのが最初です。

大将と奥さんの夫婦でやっている和食割烹のお店です。なにせ板前さんが一人なので料理が出てくるまでに時間がかかるのが難点ですが、女友達同士おしゃべりしながらのペースにはぴったりなので女子会にはお勧めです。どの品も一手間かけて仕上げてあるので、単に居酒屋ではすませたくなく、ちょっと美味しいものをいただきたいわという夜に使っています。でも、カウンターもあってちょっと小腹が空いて1杯飲んで帰りたい気分の時もいいかも。

飲み友と一緒だったので、この夜は日本酒オンリー。日本酒の値段が一律なのも嬉しいです。値段で悩まなくてもいいので。1人4杯程度頼み、三人で計10種類ほどの日本酒を楽しみました。一番気に入ったのが純米吟醸の湯川酒造「九郞右衛門」。気のおけない友人と美味しい日本酒は悪酔いしないですね。あ、ワインもそうでしょうか(笑)。



友人の子供達はまだ小学生だったり、受験生の高校生だったり、はたまた結婚したりと様々です。私などは自分の悩みでいっぱいいっぱいですが、子供関連の悩みって自分だけではどうすることもできず難しいものだろうなといつも聞いていてそう思います。もちろんそれ以上に楽しいことや得られることが山ほどあるはずですが。

私の周りでもSNSを卒業する人がちらほら。私はFACEBOOKでの交流はほとんど仕事上の知人・友人関係にとどめ、他の関係の友人にはほぼアカウントを知らせていません。チャット等での連絡や仕事の情報をインプット/アウトプットするのには便利で活用していますが、タイムラインにはあまり目を通していません。というのも私の日常などをアップしても誰も興味が無いだろう、皆さんに読んでもらう時間がどうにも申し訳ないという気分になってしまうからです(元々こういうタイプはFBには向いていないんですね)。必然、他の人々のタイムラインもあまり覗いていません。その分、ブログはとりあえず訪問というハードルを一つ加えているので、邪魔にはならないかなぁと自分なりに納得して綴っています。それでもブログに書く内容は自分の中で段々変化しているようにも思えます。

今も大して利口だとは思っていませんが、それでも昔はずっと馬鹿で、もしも自分の若い頃にFBやブログが存在していれば、おそらく新婚旅行(笑)の模様すらアップして、嬉々としてこれを買った、あそこに行ったとリア充(らしく見えるもの)を炸裂させ、周りから顰蹙を買っていたはずです。今の子供達は成熟していないまま、LINEやこうしたSNSの波に放り込まれ、その中で自分のキャラクタをある種演じねばならず、実はかなりのストレスにさらされているのではないでしょうか。本人達はそれに慣れ、自由に使いこなしているつもりでも、知らなくて済むこと、聞かなくてもよいこと、様々な情報が流れ込んでくる毎日を想像すると、疲れやしないのかな?と勝手に思ってしまいます。

そんな相談事?を何個か聞かされ、人間関係を上手に構築し、その一方で自分の自我を確立させることは、何年も何十年経っても難しいものだと思い知ります。日本酒には深い話題が似合うようです。




【2014/11/11 09:12 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
新たなお友達
最近出演していなかったノワ。仕事中はずっと真横で待機です。可愛いけど視線が痛い・・・。

201411ノワ

数ヶ月前からチリチリと妙な音を立てながらも、我が家の電子レンジ頑張っていました。今思うとあれが断末魔のあがきだったのかもしれません。小腹が空いて冷凍ピラフを温めようとしたら、ターンテーブルは回っているものの何分経っても冷たいまま。ついにお陀仏となりました。でも嫁入り道具のSHARPのレンジ、約20年も勤めあげてくれました。日本製の電化製品はやっぱり優秀です。

それ以来、周りの友達にリサーチしたり、ネットで調べたりしてずっと目当てのオーブンレンジを探す毎日でした。帰宅時間が遅いので夕飯はいつも先に作っておいてレンジでチンが定番です。そのためこのところは冷たい夕食で我慢してもらいました。

ヘルシオVS石窯で随分迷っていたはずが、結局選んだのはパナソニックのBISTROです。ヘルシオは焦げ目がつきにくく、ヘルシオも石窯もパンやケーキを焼いたり、凝った料理を作ったりするのでなければ10万クラスの上位機種はかえって使いにくいのでは・・・というヨドバシ店員さんの意見です。ネット上でもBISTROのレビューが平均的に高く、値段も5万強で納まりました。


bistro.jpg


トースター機能がついているのも決め手の一つ。1回ひっくり返す作業が必要ですがトースターを置くスペースが嫌なので助かります。昨日は早速、塩気を少し抜いてふっくらと焼き上がる「ヘルシー」仕上げで塩鯖を焼いてみました。3尾で20分程度、こんがりとイイ感じに焼けています。

 

村上祥子さんのレシピ本と耐熱容器を購入しました。シリコンスチーマーは持っているのですけどあまり活用していません。この手のガラス容器の方が使い勝手が良さそうです。今amazonで値引きされています。


時間が足りない主婦にとって便利な世の中になりましたね~。使いこなせるよう当分試行錯誤してみます。



【2014/11/06 10:40 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「冷え」をとりましょう
11月です。冬の足音が聞こえてきました。防寒対策も少しずつ始めています。

なぜか無くなってしまうものが手袋。電車に置き忘れてしまうのか、どこかのポケットの中かバッグの隅っこで眠っているのか、ともかく片方だけの手袋が所在なさげにいくつか残されています。よそゆきの革の手袋はちゃんとしたお出かけの時だけのためにしまっておき、普段はプチプラで済ませようと決意しました。でも安価といっても侮れないのが最近の商品。

「冷えとり健康法」を推奨しているこちらのお店の商品は、本当に細部までこだわりが見られ、お気に入りの楽天ショップの一つです。




今年もPC操作用と、睡眠用の2組を買い足しました。カラーも揃っているので気分次第で着替えられるようにまとめ買いがお勧めです。ワンポイントのマークが可愛いです。

ハンドウォーマー3 ハンドウォーマー1

以前にも書いたようにネイルサロンに再び通い始めるようになり、手のお手入れに今までよりは気を遣うようになりました。ゴム手袋を嵌めて炊事するという友達らの真似はできませんが、夜は化粧水とクリームで保水と保湿をした後、この手袋を嵌めて寝ています。ピッタリしていて手首まで覆うので脱げてしまうことがありません。


もちろんこのお店の冷えとり靴下も愛用しています。シルクの下着もお勧めです。あんまり厚着が好きではないのでつい薄着をしてしまいます。でも首、手足先、お腹だけは冷やさないようにしましょう。身体が冷えると心まで冷えてしまう、その逆もまた真なり。思い通りのことが進まないときにはまず温めることが一番なのかもしれません。



【2014/11/04 14:55 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。