スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
十月花形歌舞伎「GOEMON」の巻
今回の観劇はまたも千秋楽。「十月花形歌舞伎GOEMON」です。

『GOEMON 石川五右衛門』(水口一夫作・演出)は、平成23(2011)年11月、徳島県の大塚国際美術館「システィーナ歌舞伎」の第三回公演で初演された作品です。

誰もが知っている稀代の大泥棒・石川五右衛門が、実はスペインの宣教師の血をひく赤毛のハーフで、フラメンコも踊れるという奇想天外な設定が話題を呼び、平成25(2013)年2月には舞台装置を一新して大阪松竹座で上演。そして、ご好評を受け、今秋の「十月花形歌舞伎」で、早くも待望の再演が実現しました。

五右衛門を演じるのは、初演からすっかりお馴染みの片岡愛之助。五右衛門の父、カルデロン役に、本公演が歌舞伎初出演となる今井翼を迎え、和と洋が巧みに交錯する大胆な演出と、二度の宙乗りで、客席を席巻する、みどころたっぷりの新たな『GOEMON』にご期待ください。


GOEMON.jpg


実は「GOEMON」は2回目。古典歌舞伎が好きなのですが、この新作にはすっかり魅せられています。今年は「BURN THE FLOOR」に引き続き、今井翼君のダンスをまた見ることになりました。ジャニーズで歌舞伎に出演したのは多分彼が初めてでしょう。

このGOEMONは和と洋、歌舞伎とフラメンコの折衷がテーマです。中村 壱太郎演じる出雲の阿国の踊りが日本舞踊から次第にフラメンコに移行していく様が圧巻です。片岡愛之助演じる石川五右衛門の空を飛ぶ演出も見事です。エッジの効いた台本かと思います。

「半沢直樹」で話題を集めた愛之助さんですが、やっぱり彼の真骨頂は歌舞伎の芝居でしょう。今井翼君と並んだ様子は顔の大きさのあまりの違いに驚いたものの(笑)、歌舞伎の舞台ではイケメンの男の子よりも歌舞伎役者が数段輝いて見えるのです。

私は宝塚は未体験。土地柄はまっている友達も割といるので、いつかデビューしたいと思っています。歌舞伎と宝塚が共通しているのは異性を演じるところ。宝塚の男役が女性の憧れをすべて具現するのと同じように、歌舞伎の女形はルックス、仕草、心情、すべてが日本女性の可愛らしさや美しさといった魅力を余すところなく伝えてくれます。ややsexが中性化しつつある現代において男が男、女が女として役を全うする--そこが私にとっては最大の魅力です。

さて次はどの舞台に・・・。


スポンサーサイト
【2014/10/29 09:13 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
十人十色
先月、Mの会で東京から先生をお招きし、英文ライティングのセミナーを開催しました。そのときの模様は「教える、学ぶ、ということ」という記事で簡単にアップしています。

その際、議論が白熱し、結局お題の4問のうち2問しかちゃんと進むことができませんでした(ところで、セミナーでディスカッションできるのが内輪の会の良いところかと思います。セミナーに出かけていっても恥ずかしくて質問や発言ができないことは多いですよね)。

折角なので自分たちが宿題として訳していった文をもう一度ブラッシュアップできないかという流れになり、週末、セミナー続編を開催しました。参加者17名、勉強会スタイルは初めての試みです。


英検対策勉強会

和訳でも英訳でも、これといった文はいつまで経ってもなかなか書けません。毎日の仕事ではその中でもできる限りいいものを仕上げようとは思いますが、推敲に推敲を重ねることが必ずしも最善だとは限りません。仕事は勉強とは違うので、ミスを最小限に抑えつつ、その上でスピードが要求されます。30点と90点を繰り返す天才肌よりは毎回80点を取る優等生が好まれるように思います(あくまで比喩で2割のミスが許されるという意味ではありません)。そのため、ときにはこのようにきっちりと時間をかけて訳文を練り上げる機会が必要かもしれません。

今回の課題はおそらく何かの記事から抜き出した1or2パラグラフの課題4問でしたので、前後関係等が読み取れないなど様々な問題点がありました。したがって、人により解釈が揺れ、出来上がった文章も実に多彩でした。本当に勉強になりました。ただ同然でたくさんの人に教えを請うことができるなんて嬉しすぎます。

たとえば「スマートキーを使って、家のドアに触れなくても鍵を開けられます」(内容変えています)という一見ごく変哲のない文があったとします。しかし、その記事が、「スマートキー」の発明に関わる特許文書なのか、スマートキーの広告文なのか、企業のHPの一記事なのか、何かの製品マニュアルの中の一説明であるのか、それに応じて文章構成も、使う単語も変化します。キーを主語にして製品に焦点を当てることも、使用者を主語にしてユーザーに焦点を当てることも可能です。「確認する」という単語一つとってもascertain, confirm, check, verify, approve...などがざっと浮かびますが、辞書に載っている「確認」から発想転換して、時には全く違う単語が適正かもしれません。こんな話は、翻訳者の皆様にとっては釈迦に説法ですね。

ネイティブでない私にとっては英語のイメージを自分の頭の中に叩き込むことが至難の業です。日本語を操るように言葉とイメージが直結しないのです。英文を読む(聞く)量がまるで足りていないことは実感しているのですけど・・・。まあ、残された時間は長くもないけれど決して短くもないので、そのうち進歩することもあるでしょう。バイリンガルは認知症が少ないと聞きましたので(笑)惚け防止のためにも勉強したいと思っています。


アンテノール

3時のお茶うけはアンテノールの「黒トリュフのチーズケーキ」とエクレア。会員の方々の差し入れの焼き菓子。黒トリュフ、前から気になっていたので阪神で仕入れてきました。黒トリュフ・・・さすがにあのお値段では風味がよく分かりませんでした。でも美味し。どんなときでも女子会ノリは大事にしたいのです。


【2014/10/27 09:34 】 | お仕事・お勉強 | コメント(0) | トラックバック(0) |
お願いサンタさん
アバウトな割に完璧主義者である部分もあって、何もかも手に入れたい、何もかも上手くやりたいというほとんど不可能なことを夢見てしまい、必然的に頭を打たれ、もしかして本当に大事なものを手放したのではないかという焦燥と恐れに駆られる。

「何かを得た代わりに何かを失った」と考えるのは止めて、
「何かを失ったからこそ得られたものがある」ことに感謝したいと思う。


さて、意味不明なつぶやきはこの辺にして、少し前に翻訳者らの間で話題になった「セイコーインスツル株式会社が電子辞書ビジネスから撤退する」という発表。もちろん皆さんと同様、大ショックである。

kyokoPC.jpg


以前も紹介したと思うが、只今のPC環境はトリプル(左:メーラー、中央:原稿と辞書、右:検索サイト等)。中央はワイドスクリーンで左右も結構大きな画面なので十分スペースは確保できたと思っていたものの、それでも慣れてくると贅沢になってくる。手元に小さなスクリーンをプラスしてそれをメーラー用にして、 クアドラプル(quadruple)もありかなと思っている。

Pasorama.jpg





話を戻すと、辞書は一括検索ツールのLogophileと上記のセイコーのPASORAMA、デイファイラーシリーズ「DF-X10001」をPCにつないで併用中。デイファイラーに搭載の180万語辞典のCDがなぜかどこかに消えてしまって、買い直すとすれば10万円弱!してしまう。それだけでも、デイファイラーが壊れてしまったらどうしよう・・・とセイコーさんの電子辞書ビジネス撤退がショックなのである。やっぱりCDもさらに買い足して少しずつ充実させていくべきかとも思う。しかし、まだお持ちでない同業者の方々はとりあえず今のうちに買っておかれるのがよいのではなかろうか。冬用コートの新調を1枚我慢しても商売道具は大切である(私は我慢できないけど)。

ちなみにデイファイラーはWindows7の64bitと相性が悪いとしてネットでもいろんな人がインストールの苦労を語っているが、私の場合はさほどでもなかった。だが、デバイスが認識されず、USBの抜き差しやUpdateなどを繰り返して30分程度格闘した覚えがある。そして、ちょっと安定性が悪いようで、PCから取り外すと、またつないだときにPASORAMAモードに戻らなかったりして面倒なのでつなぎっぱなしにしている。

充電もあまり続かないという噂があり持ち運びには向かないのかもしれない。そこで今、携帯用に「カシオ・エクスワード」がとっても気になっている。英語辞書はデイファイラーの方が充実度が高いが、「理化学版」「医薬版」(おそらく5、6万円)なら持っていない辞書も含まれている。英語学習にも良さそうだ。こちらを愛用中の翻訳者さん/通訳さんはおられないだろうか。




いずれにせよ、本と辞書は紛れもなく必要経費なので、あまりケチケチしても仕方がない。日頃経費がさほどかからない仕事なのでどんどん投資すべきかと思うが、ついつい物欲が他の物に向かうのである。サンタさんにお願いしたい(笑)。


【2014/10/23 08:14 】 | お仕事・お勉強 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ほっと一息
カナダのロッキー山脈の麓で作られる「ロッキーマウンテンソープ」、昔ながらの工法によりすべてハンドメイドで作られる100%ナチュラルなソープとして女子のカナダ土産の定番だそうです。詰め合わせをカナダ帰りのお友達からいただきました。

body butter


石鹸はまだ使っていませんが、フットバター、かさつき始めたこの季節、毎日使っています。スティック状で手につけなくてもヌリヌリできるので便利です。乾燥に悩むカナダ人用ということで保湿力は抜群だし、香りも甘くて癒やされます。楽天やアマゾンなどにも入っておらず、日本人向け購入サイトもないので注文しづらいところが難ですが、まとめ買いしてもいいかも。


201410ネイル1


指は細くも長くもなりませんけど(涙)、数年お休み後、再度サロンに定期的に通い始め、爪は元気になってきたように思います。ハンドクリームは朝塗って、水仕事して塗って、ジムでお風呂の後塗って、夜寝る前にはオイルも塗って、顔なんかよりもちゃんとケアしています(顔はかなりいいかげん)。首と手足に歳は隠せないと申します。手入れをしても年相応は否めませんが、逆剥け、かさかさ、荒れた手にはいくら綺麗なネイルを施しても逆効果で、不潔感だけが増幅する気がします。

ジェルネイルをお休みしたくなったり止めたりしたくなったりしてもケアには通いたいです。ネイリストのAちゃんが今度認定講師という資格試験を受けるそうでそのモデルを探していたため、指先が美しそうな友達二人を紹介しました(でも実際には皺や指の形などよりも爪の形が重視され、スクエアで大きく癖のない美しい爪を持つ人は少ないそうです。友人はほっそりしている分、少し爪が小さいみたいです)。

モデルに推薦した友達のネイルケアに付き添い、ケアは大切だなぁと再度実感しました。甘皮をプロに処理してもらうだけでも随分指先の印象が変わります。アメリカなどでは日本のデコラティブなネイルよりもケアが主流だそうです。


その脚で美容院に行き久しぶりにパーマ。いずれも常連の特権なのか、ほぼ貸しきりで施術中やその後ものんびりと美容談義や営業(笑)談義。私にとってはこの「遊び」の時間が大事です。バタバタした生活の中で余裕を見つけられる場所をこれからも見つけていきたいと思います。


【2014/10/20 11:20 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ファントム」-もう一つのオペラ座の怪人
芸術の秋、今回は梅芸で「ファントム」の観劇です。

アンドリュー・ロイド=ウェバー版「オペラ座の怪人」とは違う魅力のコピット&イェストンのコンビによる、“もうひとつの”「ファントム」。 当初、ブロードウェイでの上演を目指して製作中のところ、一足先にロンドンでアンドルー・ロイド=ウェバー版が大ヒットして早々とブロードウェイ上演が決定してしまったため、スポンサーのほとんどが離れ、資金面の問題で上演を断念したという当初の経緯があります。原作はガストン・ルルーの「オペラ座の怪人」ですが話の展開も結末も異なります。





前回までは大沢たかおさんが主人公のエリックを演じていましたが今回からは城田優くん。城田さんのミュージカルでの評価は高く前から見てみたいなぁと思っていたためやっと実現しました。では舞台の感想を少しばかり。


ヒロインのクリスティーヌを演じたのは、舞台に立つこともミュージカルも初めてだという山下リオちゃん。この方、「あまちゃん」出演で有名らしいのですけど、あまちゃんは見ておりませんでしたので・・・。。歌は思ったよりもずっと良かったですが演技や身のこなしは力が入りきっていてガチガチ。でも堂々とヒロインを演じきっていました。今後、様々な分野で人気が期待できる女優さんだと思います。

脇を固めるのはマルシアと吉田栄作さん(我々世代には懐かしい!)ら、舞台俳優ではないので少々がっかり感もありましたが無難にこなしていました。吉田栄作さん歌えるのです(笑)。

そして主演の城田優くん。ご存じのようにファントムは生まれながらに陰と闇を背負って生きてきた人間なので、今ひとつキャラクター的には合っていないかもしれません。でも、繊細さと葛藤を演じきろうとしている熱意はひしひしと伝わってきました。身長もあり甘いルックスと伸びやかな歌声。何よりも舞台俳優に必要な「華」を持ち合わせています。「エリザベート」のトート役で話題になったそうで、見逃したのが残念です。


舞台終わりの挨拶、元々人気俳優なのですごい歓声が上がります。この一体感がやはりライブの良さです。千秋楽とあって途中で感極まって話せなくなった城田くん。そこまでの経験もなく、あの若さで座長を勤め上げる中、ものすごい緊張とストレスにさらされてきたんだろうとこちらも鼻の奥がつんとしました。だからこそこの経験が彼をもっと引き上げてくれると思います。

今月は同じく千秋楽の舞台があと一つ。年末年始もチケット取りに邁進したいです。




【2014/10/16 07:37 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
「トラットリア・コメ・ラ・マンマ」にて密会の巻
台風一過です。昨日は食糧を買い込んでビデオ三昧でした。「ウォーキングデッド」どんどん消化しています。


先日、東京からA先生来阪の折にお食事を誘っていただき、生徒さんの一人のSちゃんと3人でディナーを共にしました。場所は西中島「トラットリア コメ・ラ・マンマ」。先生が行きつけにしているイタリアンとのこと。東京のお客人に新たなお店を紹介してもらうのも変ですが、新大阪って特別な用事でもないと降り立たない場所なのです。

「コメラマンマ」(母ちゃんみたい)という店名にぴったりの素朴な感じのイタリアンです。まずはシャンパンで乾杯。コース料理を写メに収めてご紹介したいところですけど、今回は遠慮しました。新大阪辺りはこの不景気の折、梅田界隈から引っ越した会社で働いている友達も含め、数人の友達が通勤している場所です。取引先の1つも近くにありビジネス街でもあるのです。新幹線直結なので出張には最適のロケーションですね。


で、写真なしの地味なアップになってしまったので、会食の感想を少しばかり--。

治験翻訳の重鎮A先生(もうどなたかお分かりでしょう)に、いつものMの会でセミナーを開いていただけないかとお頼みしたのが今回の会食のきっかけです。私自身は医薬翻訳にさほど馴染みがないので、Sちゃんを中心に医薬翻訳者のメンバーさんたちに内容や仕切りを大方お任せして、当日は欠席してもいいかなぁと思っていたのですが、この食事会を終え、その気持ちに少しばかり変化がありました。


業界関係者であればご存じの通り、翻訳にも様々な分野があり、出版/映像翻訳を除く実務翻訳ではビジネス翻訳、特許翻訳、IT翻訳、法務翻訳、金融翻訳、そして今「旬」の医薬翻訳くらいが主だったところでしょうか。もちろんいずれとも決めがたい重複するような仕事も多々発生するのですが、一般的には棲み分けがなされています。専門知識は言うまでもなく、各分野毎に特有のルールのようなものがあります。そのため、別分野に手を広げることは至難の業、少なくとも4,5年は必要、下手すれば10年くらいはかかるのではないかと個人的には考えていました。実際のところ、今に至っても長年続けている分野に精通しているとはとても言えず、アップアップしながら毎日の仕事に取り組んでいるのが現実です。

ところがA先生は、

「○○さんなら1年くらい勉強したら医薬翻訳に参入できるんじゃないかなぁ」

とおっしゃるのです。もちろんこれは社交辞令にすぎないことは重々承知しています。しかしながら、その一方で、A先生のおっしゃりたいことはとてもよく分かります。A先生他、様々な有名講師や活躍されている翻訳者さんたちと知り合うきっかけが増え、その人たちの多くは

「分野ってそんなに特殊?」
「優れた文章には普遍性がある」


と唱えます。A先生曰く、分野が変われば文法が変わるというのはどういった言語でもあり得ない、つまり、どのような分野であれ、きちんとしたライティング能力を確立しておけば、後は専門知識を積み上げていくだけ(まあこれも大変なのですが)だということです。医薬翻訳への参入はさておき、「Clear」「Concise」「Correct」の3C翻訳を勉強中の私にとっては、目指すべき目標は実は1つなのかもしれません(日本語で言えば「はっきり、くっきり、すっきり」ですかね。通訳の世界でも3Cは基本となります)。翻訳業界も、頑なな古くからの慣習や因習が溶けて、もっとクロスオーバーが進んでいく、またそうあるべきとも思います。

あっという間の3時間。書きたいことはまだまだあるのですけど、本日はこの辺で。



【2014/10/14 10:19 】 | お仕事・お勉強 | コメント(0) | トラックバック(0) |
夫婦でミステリ
今月はいかにも大型案件が多い。3万ワードの仕事を仕上げて少々ヘロヘロ。次も2万超。その合間に税理士さんのところへ久々にお邪魔して中間報告とお喋り。報告自体は10分ほどで終わるのだけれど、

「もう帰るの?急ぐの?」

と雑談を楽しんでくれるので、つい長居してしまう。こういうところが事務所がどんどん発展していく要因の一つなのだなと思う。税理士さんもサービス業だから、どれだけ顧客の気持ちに寄り添ってくれるか、親しみを感じてもらえるかが中核の仕事と同じくらい大切だ。私は心身共にものすごく参ってしまった時期があって、そのときも相談に乗ってもらった。今も翻訳の仕事にとどまらず、実現可能かどうかの夢まで打ち明けたりしている。

「税理士の仕事もいつまでできるか分からないしね。『税理士』という資格自体がなくなってしまうことだってないわけじゃない。優秀なソフトができれば素人でも税務ができるようになるかも」と。

機械翻訳の進歩に戦々恐々としている翻訳者とも共通点がある。これは多くの業界と通じ合う悩みかもしれない。翻訳の仕事のリスクヘッジについては何度か書いたと思うが、翻訳にとどまらず、職業自体も多角化させるというリスクヘッジもある。本業のこの仕事はもちろん大事にして、当分は頑張っていくつもりだけれど、違う収入源の確保についてもアンテナだけは張り巡らせておきたい。


さて、いつものように前置きが長い。読書の秋なので久々に本棚追加。



愛してくれる人たちがいるから、死なないように頑張ろう
急性白血病の宣告を受け仕事も家族も放り出しての緊急入院、抗癌剤治療、骨髄移植。人気ミステリ作家が綴る涙と笑いに満ちた闘病記。




「七人の敵がいる」しか加納朋子さんの作品は読んだことがなかった。図書館で何の気なしに借りた「無菌病棟・・・」がとても素敵な本だったので紹介しておく。さすがミステリ作家らしく、お涙ちょうだいな闘病記ではなく、冷静に、でもユーモラスに闘病の記録が綴られている。温かな彼女の人間性が滲み出た、ほろっとしつつも明るい希望に満ちた内容である。


 


彼女の闘病を支えるご主人がよく登場し、同じく作家という紹介があったので気になって調べてみた。なんとあの貫井徳郎さんであったのだ。重く痛切なテーマがお得意の氏だが、この本に出てくる夫としての貫井氏は小説のイメージとは違ってクールな感じがしない。深い夫婦愛が伝わってきて、温かな気持ちになった。


お勉強本も溜まりに溜まっているけれど「みおつくし料理帳」の完結編、話題のミステリ「満願」もすぐ脇に。「ウォーキングデッド」1~4シーズン一挙放送も録画した(知らないうちに1,2シーズンを既に見ている人がいるじゃないか・・・)。1日50時間は必要だ。



【2014/10/08 10:37 】 | 本棚 | コメント(0) | トラックバック(0) |
眠りの底から
先日、記念日で「GINZA TANAKA」でリングを購入しました。アクセサリーはやっぱり嬉しいです。大事に使います。



Disney.jpg


私があと数十歳若かったら、人気のこのディズニーシリーズに飛びついたかもしれません。ミッキー可愛いです。今回はこちらではなく、ずっと目をつけておいたもの。


そのGINZA TANAKAさんから「ダイヤモンドリフォームフェア」のお知らせをいただきました。私の年代ならエンゲージリングは立爪が主流だったと思います。ひっそりと懐かしくジュエリーボックスの奥深くに眠っていました。いくらフォーマルな場でも今は立爪って古臭い気がしてつけづらく勿体ないなと以前から考えていたのですが。

ついでなので今回、エンゲージリングを持ってリフォームの相談に。このキャンペーンではリフォームで不要となったリング枠もいつもより少しお得に下取りしてもらえます。ディリーユースもできるタイプにするか、メレダイヤも加えて華やかにするか、その辺ももう少し考えたく、とりあえず持ち帰ってきました。HP上では見られないサンプルもたくさん見せていただき参考になりました。


ここのお店で出してくださる珈琲には金粉が浮いています。少しバブリー?(笑) 華やかな石たちを見て目の保養。宝石は、若々しい指よりも意外と私のような年輪を重ねた少々味わいのある指に似合ったりするものです。老いの特権かとも思います。




【2014/10/06 09:39 】 | お買物 | コメント(2) | トラックバック(0) |
いつかエルサに
毛先のカットを続けつつ地道に伸ばし続け、どうにかロング(セミロング?)に近づいてきました。


201410ヘア


長さはボブ程度に見えますが、くるりんぱにしてあるので実際はもう少し長いです。ちなみに日本では「くるりんぱ」が普通ですけど、海外ではこれに近いアレンジをギブソンタックと言います。

近々デジタルパーマをあててアレンジしやすくするつもりです。年甲斐もなくアナ雪(エルサ)ヘアを再現したいと考えています。さすがにロングの巻髪ダウンスタイルは痛々しい(汗)かも?と思われるのでまとめ髪を練習するつもりです。


ショートに比べて、カットもカラーもお値段が少し上がり、手入れにもお金がかかるので、経済的にはやや苦しいのですけど、ロングヘアを楽しめるのはそう長くないかなぁと最後のあがきです(そう言いつつ気分次第でボブやショートにばっさりいくかもしれませんけど・・・)。


シャンプーやコンディショナーは相変わらずジプシー中です。試供品もけっこういただくし、ジム友らから様々な製品を勧められ、しかも場所柄、お試しさせてもらえるために、候補はどんどん増えてくるばかりです。





今愛用中なのはこちらの「ロハス」シリーズ。軽いハーブの香りが爽やかで、泡立ちも良く、ドライするとサラサラに仕上がります。私はしっとりしすぎるのが嫌でライトを購入しましたが、ブラックモイストが人気のよう。天然成分「ヘマチン」「コラーゲン」をベースに黒ゴマ・黒砂糖・炭・ゴボウ・ヨモギ・海草・コーヒーを豊富に含み、髪にハリととコシを与え、ヘアカラー・パーマを持続させます--とのこと。この漆黒色がダメージに効きそうですね~。





友人は美容院でこのブラックモイストを勧められて使い始めており、傍目から見ても随分艶が戻ってきているように思います。でも、美容院では買わずにやっぱり楽天やamazon経由で買うのがお得です(笑)。美容院業界では物販の売上げも馬鹿にできず、このように美容院専売品が量販店や通販サイト等に流れるのを極力防ごうとしているようですが、やはり世の常、必ず横流しする業者が現れるのですね。


ヘアケア商品についてはこれからもちょくちょく紹介するつもりです。


【2014/10/03 10:30 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。