スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「ブルー・ジャスミン」
水曜日のレディースデイ。映画観に行かない?と友人に誘われた。アカデミー賞授賞式をライブで観て以来(ケイト・ブランシェットが主演女優賞を受賞)、ずっと観てみたかった映画。仕事も勉強も詰まっていたけれど即承諾。


『ブルージャスミン』(Blue Jasmine)は、ウディ・アレン監督・脚本による2013年のアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ映画(英語版)である。裕福なマンハッタンのソーシャライトが貧しい生活へと落ちていく物語である。アメリカ合衆国では2013年7月26日にニューヨークとロサンゼルスで限定公開された。批評家からは『欲望という名の電車』と比較された


以下、ちょっとネタバレ含むのでご注意。




私は「アニーホール」をはじめとする初期の名作よりも最近の「マッチポイント」や「それでも恋するバルセロナ」などの方が好き。今回の「ブルー・ジャスミン」もとても気に入った。あらすじだけを追っていくと、まさに「欲望という名の電車」の現代版なのだけれど、何だか笑えてさほど重たくないのがさすがである。

ケイト・ブランシェットの演技は言うまでもなく、脇を固める俳優陣も素晴らしい。現在と、何かをきっかけにフラッシュバックする過去との画面の切換が重層構造となっていて絶妙である。

日本でもアメリカでもそして世界の多数の国々でもいまだ普遍的なテーマ。結局女性のアイデンティティって結婚する相手で大きく左右されるのか。セレブの妻になれば一発逆転。妹の付き合う労働者階級の男はloserと言ってのけられる。その浅はかさは他人事と見下せなくて、SMSや雑誌等様々な媒体を通じて、ごく一般人でもセレブ感を自己プロデュースできる現代ならなおのこと。でも、金がなくても愛があるから幸せなのか、といえばもちろんそうでもなく妹は既婚者男に騙される。

ジャスミンは新たなセレブ男性と知り合い、「インテリアコーディネーター」を名乗る。この選択もとても絶妙。アメリカでもこういうクリエイティブ系のカタカナ仕事は女性の憧れなのだろうか(トランスレーターはどう?(笑))

他にも男性目線からなどいろんな見方ができる映画だと思う。

身の丈を知り、他人に振り回されず、等身大に生きよ、と言うのは簡単だけど難しい。登場人物が人生に翻弄されていつものようにドタバタ劇を演じるウディ・アレンらしい映画だった。


スポンサーサイト
【2014/05/30 09:43 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
私の一番
今日は興が乗ったのであと1本。晩は急遽映画に出かけることが決まったので後でレビューも書かねば(誰も待ってない)。本当は週末のセミナーのために予習をしておかねばならないのだけれど、どうも楽しいことが優先してしまう。まだまだ修行が足りないのである。


先日、「行列のできる相談所」で紹介されていた写真集「ムーとたすく」。





フレンチブルドッグのムーがくらすおうちに、“たすく" というなまえの男の子がうまれました。
ふたりは出会ったときからずっといっしょ。
兄弟のように走ったり、ケンカをしたり、眠ったり、テレビを見たり。
毎日変化するいっぴきとひとり、ムーとたすくの様子を
おかあさんであるAyasakaiさんがあたたかな目線でおさめたフォトブック。

●ムー 5歳
フレンチブルドッグ。たべることがすき。
●たすく 3歳
でんしゃにむちゅう。4がつからようちえん。
●Ayasakai/ムーとたすくのおかあさん
飼い犬のフレンチブルドッグムーさんと、息子のたすくくんの写真を
写真投稿サイト「Instagram(インスタグラム)」にアップし たところ、
世界中で瞬く間に話題をよび、現在のフォロワー数は36万人に。



いつもお世話になっていて、美味しい物と綺麗な物が大好きな年下のお友達、小学生の男の子のママでもあるネイリストのAちゃん。

「フレブルが飼いたいな~」

とフレンチブルドッグのサイトをいくつかお気に入りのサイトに入れていたのを思い出した。きっとこのフォトブックを届けたら、その気持ちに拍車がかかると思うのだ。フレブルと男の子って恐ろしいほどのナイスマッチング。ムーもたすく君も可愛すぎる。

amazonから届いたので、ちょっと渡しに行ってきますね~。


201405ノワ2 201405ノワ1


一緒に寝るベッドが大好き! ついはしゃぎすぎていつもこんな格好になってしまう。新調した夏布団も気持ちいいね。

はいはい、貴方が一番可愛いよ。



【2014/05/28 11:27 】 | 本棚 | コメント(0) | トラックバック(0) |
私の春の味
とっても気持ちのいい季節。お料理上手の奥様からお手製のきゃらぶきをいただいた。

きゃらぶき

「田舎に帰って取ってきたの」

という言葉通り、旬のものを食べられる喜び。

実母が収穫していつも作ってくれるきゃらぶきも絶品だけど、彼女のレシピも同じく絶品。私の母のは酢が少し効いて甘酸っぱい味だが、彼女のは山椒が効いた大人の味。


だんなさんは口をつけてくれなかった。

大人の味覚がまだできあがっていないのだ(笑)。

こちらをアテに米焼酎で昨夜は一杯。



【2014/05/28 11:12 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
様々な「愛」の形
「白いリボン」のときから何となく気になってはいたが、WOWOWでハネケ特集が組まれたのもあって、数ヶ月かけてミヒャエル・ハネケ監督の作品を何本も観た。

ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke, 1942年3月23日 - )は、オーストリアの映画監督・脚本家。ウィーン在住。カンヌ国際映画祭に6度出品され、パルム・ドール2回、グランプリ1回、監督賞1回を受賞している。

後味が「悪い」ことで有名なこの監督。「深イイ~」ではなく「深エエ~」(笑)という感じだろうか。




ピアノ教師と年下の生徒、その愛憎を激しく切なく描いた作品。
観るものの感情を極限状態に追い込み、愛の不毛を問いかける衝撃作。


本作品もその期待を裏切らず(?)、もう何とも言えぬ後味の悪さである。

彼はあるインタビューで
「どこの国よりもまず日本でこそ理解されるに違いないと思います」
と語っている。

その理由が何となく分かる気がする。

カンヌ国際映画祭で、最高賞にあたるパルムドール、アカデミー外国映画賞に輝いた「愛・アムール」--ついにハネケが暖かい夫婦の愛を描いたのか、と思ったら、さにあらずどんでん返し(ネタバレなのでやめておく)。





パリ都心部の風格あるアパルトマンに暮らす音楽家の老夫妻。満ち足りた夫婦の日々は、ある日妻の発病で突如暗転する。 「二度と病院に戻さないで」妻の切なる願いを聞き入れ、夫は自宅でともに暮らすことを決意。不自由な体に苦悩しながらも、誇りを失わず、これまで通りの暮らしを毅然と貫くアンヌ。それを支えるジョルジュ。しかし、アンヌの病状は確実に悪化し心身は徐々に常の状態から遠ざかっていった。現実との狭間で次第に二人は家族からも世の中からも孤立していく。ふたりきりになったジョルジュとアンヌ。ある日、夫はうつろな意識の妻に向かって、懐かしい日々の思い出を語り出す――。


ハネケと音楽、一つのテーマなのかもしれない(ところで音楽家が出てくる映画は大抵どれも好き。ほっとする感動物もたくさんあるので今度紹介したいと思う)。


どうしてだか癖になってしまう監督である。私はフランソワ・オゾン監督の映画がものすごく好きで、全く異なった作風のようにも思えるが、何だかどこか似た香りもする。

華やかなハリウッドの映画は観ていて予定調和で感動するし、気分も上がるのだけれど、恋愛を含め人と人との関係性って、考えるように運ぶものではなく、もっと不可思議で曖昧で謎めいている。「これからどうなるの?」、「なぜそうなったの?」、「どうしたらよかったの?」--ラストのクレジットが流れても、その答えが判然とせず、そして様々な解釈ができるような作品が欧州映画には多い。


実生活もいつも台本通りにいかないし、答えもなかなか見つからない。だからハネケ作品に惹かれるのかもしれない。



【2014/05/26 09:21 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
初夏のフレンチ
朝、お気に入りblogを久しぶりに巡回。「翻訳者もblogを書こう」という趣旨の記事を見つけて中身に同感。その一方で、拙ブログを読んだクライアントに是非仕事を依頼してみたいと思わせるようなファクターはあまりに少なく、逆に「こんな翻訳者には頼みたくないなぁ・・・」と思うようなファクターだらけであることに改めて気づく。

仕事と勉強(ネタ少なし)とプライベートがごっちゃになっているのもその一つ。たまにいうけれど、このブログは朝のウォーミングアップを兼ねて15~20分程度の時間しかかけず校正もほとんどしていないので誤字脱字、文法の誤り、等々探せばキリがない。でも改めて時間をかければ、趣旨一貫し、論旨が明確で、人に感銘を与えるようなブログが書けるかといえばそれも覚束ない。先日友達と話していて気がついたことだが、私は考えたり思ったりしたことを頭でまとめて文章に起こすというよりは、考えたり思ったりしながら、ほぼ同時にタイピングしているということだ(もちろん話の中身による)。このような駄文であればほぼそれに近い。一種の職業病かもしれない。まあそのスピードだけはプロと言えなくもないのだろうか。

ウォーミングアップと書いたが、それともう一つ。文章を書くことは一種のデトックスや発散効果をもたらす。イラッとしたこと、楽しかったこと、様々な出来事を文章に綴ると、嫌なことは何だか少しばかり解決したような気分になり、嬉しかったことは思い出して晴れやかな気分になる。自分の気持ちを吐き出すことで冷静になれる効果もある。だからこそ、文字や文法や営業(笑)やそんなことにとらわれずに駄文を書き連ねてみたいのだ。ちょっとtwitterのLong Versionのような勢い任せのところもある。
(仕事の時はもう少しキチンとした文章を書きますという言い訳ですね。みっともないですが)

まあ備忘録という他に、フリーランス、中年女性、夫婦と犬のDINKS家庭の一例をちょっとだけ紹介したいという自己顕示欲も実はあるのだろうとは思うが。


ということで、強引にプライベートを追加。

「女の人って何でネイルが好きなの?」がホンマデッカTVのテーマに。

ええ、一番気分が上がるから。皆様が言われるとおり。
無機質なキーボードと、請求書作りのための電卓。


201405ネイル2 201405ネイル1


珍しくオレンジで初夏の大人フレンチ仕様。
こういう色というイメージを、混ぜ合わせて瞬時に作り上げてくれるAちゃんのカラーセンスにいつも感心。


【2014/05/21 09:15 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
昼下がりの贅沢
1年365日中、ワインに限らず360日は晩酌を欠かさない私です(休肝日を作らねば!)。これだけ実践を積んでいるのですから、少しはお勉強もした方が良いのではとワイン講座を受けようと思い立ちました。このブドウ種が好きというくらいでいつも適当に選んでおります。

ソムリエを目指すわけでなく、単に基本を学びたいということで関西一円のワイン講座を探したところ、灯台下暗しの言葉通り、地元の市が主宰する半年間のワイン講座を発見しました。さらに素晴らしいことにワイン講座とカクテル講座が交互に開かれるというのです。カクテルは昔から習ってみたいと思っていました。シェーカーを振るのは夢です。

ということで、真っ昼間から第1回のワイン講座に出かけて参りました。ドキドキ。

定員は20名。酒好きの可愛い主婦友できるかしら、と密かに期待していたところ、メンバーは大半がリタイア族の男性に同じく同世代の女性たち。皆様、常連のようでお仲間には入れるかしらと不安になりました。

ところが懸念は飲み始めるとすぐに吹っ飛び、講師の話はどこへやら(講師は私と同年代の男性です)

「講座というより飲み会なんだよね~」

とお隣のおじさまが教えてくださったとおり、次々と講師直々にオススメワインを開けてくださいます。ありえないでしょ、この量。カクテルはさらに飲むそうなのでウコン必須かも。

①シャンパーニュブリュットトラディション
②ガーヴィDOCGヴィニャイオーリ
③マコンヴィラージュ・フルール・ダズネィ
④サンセールロゼ
⑤バサゴイテゥ・クリアンサ
⑥ムーラナヴァン・ヴィエイユ・ヴィーニュ
⑦アモンティリャード
⑧クローンポート


シャンパンから始まり、この8本をしっかり飲み比べ。多分合わせると1本くらい飲んでますね。このワイン講座は大人気で、私は初回のため入れたのですがリピーターは予約待ちだそうです。大半の人々が続けて参加しています。この8本に合わせてオードブルとパスタが用意されており、どう考えても安すぎです!ありがとう、わが町。市民税を払い続けていた甲斐がありました(笑)。入れなくなるので宣伝しないでと頼まれました。

この私が若手で、なんと「お嬢さん」と呼ばれて(みのもんたですか)皆さんに親切にしていただきました。そしてとても同い年とは思えない同じく初参加の美人妻とも親しくなり早速一緒に飲む約束を取り付けました。2時間の講座だけでは飽き足らず、皆さんでアフターのお茶会にも参加しました。

実は年配の方々のお仲間になるのはかえって嬉しいんですよね。人生経験を積んだ人の蘊蓄には奥深いものがあります。ワイン好きの年配男性は比較的海外渡航や海外滞在の経験がある人が多く、職業柄興味深いお話を数々伺いました。同じテーブルには元エンジニアや研究者の方がいて、仕事で分からないことがあればいつでも聞いてね、と言ってくださいました。ありがたいことでございます。裏オフ会も開催され、ワイナリーだけでなく酒蔵ツアーも開催されるとのこと。人脈の広さはもとより、腰が軽いのは実は60代以降なんですかね。

偶然同じジムに通っている奥様にも出会い、なんとシャンソン歌手であることを知り、コンサートにお誘いいただきました。リタイア年代でもこうして人生を謳歌している先輩方とお近づきになれることは、日頃一人で仕事をしている私にとっては大事な刺激です。人生の後半第2ラウンドの過ごし方のヒントになります。


さすがに昼のお酒は回ります。でもこれぞフリーランスの醍醐味。次回のカクテル講座が今から楽しみでたまりません。


PS.撮影禁止なのです、残念!
【2014/05/19 19:34 】 | つれづれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
同業者へのオススメ小説
またまた久しぶりの本棚更新です。時間表示を見てくだされば分かるように、実は最近早起きに目覚めまして(まだ1週間ですけど)、これから朝ホンの予定です。いつまで続くかしら。




家の中は綿埃だらけで、洗濯物も溜まりに溜まり、生え際に出てきた白髪をヘナで染める時間もなく、もう疲労で朦朧として生きているのに母は死なない。若い女と同棲している夫がいて、その夫とのことを考えねばならないのに、母は死なない。ママ、いったいいつになったら死んでくれるの?親の介護、姉妹の確執…離婚を迷う女は一人旅へ。




水村美苗さんの小説は上記の「本格小説」しか読んだことがないのですが、確かに寡作になるわ・・・と思わせられる重厚な内容です(上下巻で結構な量です)。ただ、難解というのではなく、小説の世界観に引き込まれたら一気に読み進められる勢いをはらんでいます。

今回読んだ「母の遺産」も同様、筆者の日本語力が遺憾なく発揮されています。ただ古臭いといえば言えなくもなく、両作品を通じてもっと魅力的な人間描写があればさらに面白くなるのにと思わないわけでもありません。毒親、介護の話は全く縁のない話でもないので読んでいるうちに段々暗くなってきます(汗)。

驚いたのが主人公の職業というか副業が翻訳であること、これはそう珍しくもないのですが、分野が特許翻訳であることです。特許翻訳者が出てくる小説なんて初めて読みました。その辺は作者も別に詳しそうではないので詳細には描かれておりません。

さて、水村美苗さんのことを少し紹介しておきます。

東京都生まれ。母は八木義徳に師事して、78歳で初の自伝的小説『高台にある家』を上梓した水村節子(1922-2008)。父親の仕事の関係で12歳の時に渡米。ボストン美術学校(en)、イェール大学フランス文学専攻、イェール大学大学院仏文科博士課程修了。ポール・ド・マンの教えを受ける。プリンストン大学講師、ミシガン大学客員助教授、スタンフォード大学客員教授として、日本近代文学を教える。

この経歴は小説の中にも見て取ることができ、職業柄、下記の「日本語が滅びるとき」も読んでみようと思います。




そしてついでにもう1冊、紹介します。





彼女たちを「違う世界」へ連れて行ってくれる魔法、それは――
『スタッキング可能』でわたしたちが〈洗脳〉されている「社会」の「不確定さ・不安定さ」と「個人」の「代替可能性」をシニカルに描いた松田青子が贈る、待望の第2作品集。

第二作となる短編小説集『英子の森』に収録された6編にも、普段の生活で見過ごされがちな違和感が満載。表題作「英子の森」では、“英語を使った仕事”に憧れるフリーター女性の仕事遍歴とそこに潜む問題点をあぶり出した。


こちらは最近様々な雑誌で取り上げられている松田青子さんの短編集です。女性ファッション誌などでも紹介されているところを見ると、「英語」に絡んだ仕事のあれこれという主題については世代を問わず女性の心を引きつけるものがあるのかもしれません。私は未読ですが、書評やレビューを見るだけでもかなり気になっています。このブログを読んでくださっている人々の中には翻訳者が多数いると想像するので、もしかしたらこちらも「日本語が・・・」ももうお読みになっているかもしれませんね。


お風呂の中での数十分と就寝前の数十分(寝付き悪いんです)、読書タイムは継続中。今後も少しずつ紹介していく予定です。


【2014/05/15 07:35 】 | 本棚 | コメント(0) | トラックバック(0) |
踊り出さずにいられない
週末は改装後お初のフェスティバルホールでの[バーンザフロア」に出かけてきました。


バーンザフロア


皆様もご存じですよね。約2時間をほぼノンストップで踊り続ける衝撃のショー。ダンスと言ってもまるで映画のようにストーリーを感じさせる構成が見事です。「踊り出さずにいられない」のキャッチコピー通り、ラストはオールスタンディングで観客の身体が揺れます。今回あまり良い席ではなかったのでやや消化不良ですが、舞台に近い良席だとダンサーが間近まで来て踊ってくれます。ダンサーほど造形的に優れた人々がいるでしょうか。肉体の魅力がダダ漏れです(笑)。ダンスも見事なのですが、それとともに2人の男女の歌手も素晴らしいです。歌とバンドだけでも聴く価値があるかも。


そして、もう一つの見所がJAPAN GUESTの今井翼君。翼君がスペインに渡ってフラメンコの修行を積んだことは知っており、その踊りも見たことがあるのですが、このプロダンサーの中で太刀打ちできるのか、見劣りしないのか実は不安に思っていました。でもその懸念も何のその、もちろん技術レベルの違いはあるものの、さすがジャニーズでならした華は観客の心をぐっとつかんだようです。


私はタッキー&翼のイメージしかなかったのですけど、よくここまで身体を作り上げ頑張ったなと思うと、息子を見るような気持ちがこみあげ(笑)何だかファンになってしまいました。タキツバのコンサートをこなしつつ、海外を周りダンスの腕に磨きをかけたとのこと。ジャニーズの若い男の子たちに見習って欲しいですね。


興奮冷めやらぬまま、中之島まで来たのでまたもや「ドノスティア」に寄りました。フォアグラのピンチョスを食べたくて--。


フェスティバルホールもそれ以外の劇場も見たいお芝居やコンサートがこの夏からも目白押しです。



【2014/05/12 06:59 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
感謝を込めて
GWにはとうとう帰省できませんでした。その割に仕事も大して進まず、明けたら明けたで新規の仕事が数本舞い込み、貧乏暇なしといったところです。


母の日にはベタにお花を贈りました。物はその人の趣味もあるし、結局は消え物がいいのかなぁと思います。お店に飾ってもらい、お客様方の目も楽しませることができればなお結構です。娘からなの、とさりげなくアピールできますし(笑)。


ベゴニアアロマ


選んだのは「ベゴニアアロマ」という品種。日当たりのいい場所に置くと、かすかに爽やかな「アロマ」が香ります。ベゴニアでは珍しい芳香のある品種だそうです。



「きんさんぎんさん」のぎんさんの娘4姉妹(上から100歳、96歳、93歳、91歳)の長女さんが100歳を迎えたというニュースをちょうど目にしました。長生きの秘訣はやはり生活習慣だけではなくDNAでしょう。次女さんは早世されたそうですが、姉妹が皆元気で仲良しで長生き、こんな楽しい老後はなかなかないかもしれません。


つい、この間、某業界のある友達に、兄弟姉妹間でのお金のトラブルがいかに多いかを聞かされました。当の本人も姉と絶縁中とのこと。誰もが身内と仲違いしたいなどとは思っていないものの、お金と置かれた環境とは人を変えてしまうようです。それもあって、ちょっとだけ心境の変化があり、暇ができたらそちらも進めたいと思っています(後日ブログに書けたら・・・)。


お礼の電話で久しぶりに母と長話しました。マーケティングにのっかるのも決して悪いことではありません。感謝の気持ちを伝えられるチャンスですから。



【2014/05/10 10:46 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
足元から夏
五月晴れのお天気。ちょっと先走って今年初めてエスパドリーユを出してきました。


gaimo2.jpg


私の好きなブランドはGaimo。

スペインの代表的なエスパドリーユの産地州で1978年に創業したハンドメイドのサンダルメーカー。ジュートを編んだ伝統的な底まわりの技術を継承している。天然素材を使用し、熟練工の手により1点1点ハンドメイドで仕上げたエスパドリーユの代表的ブランドです。エスパドリーユの発案者といわれるCastaner(カスタネール)と肩を並べ,毎年夏の定番アイテムとして販売されています。


なにせおちびなので選ぶのは7cmヒール。こちらはウェッジヒールではありませんがかなり太めのヒールなのでウェッジと同様がしがし歩けます。エスパドリーユならばキャンバス地が可愛いのですけど、足幅があるので私は足に馴染んでくるレザーを選びます。その方が何となく大人っぽい気もしますし。でも、カスタニエールと比べると欧州ブランドの割にゆったりとした造りに思えます。






ローヒールだと、断然こちらの商品が気になっています。ピンクもブルーもゴールドもどれも素敵!オーソドックスなスタイルながら綺麗な差し色がきっと目を引くと思います。





バイカラーのこちらもかなり気になります。


gaimo1.jpg gaimo3.jpg


単純なことに、エスパドリーユを履いただけで、ご近所の公園に欧州のリゾート地の風が(ほんの少しだけ)感じられるような気がするのです。海育ちの私には海が懐かしい季節です。サングラスをかけてお出かけ中、偶然会った友達に、

「イタリアンマダムっぽいやん(笑)」

と言われました。成功なのでしょうか。




【2014/05/07 09:09 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
GWの真ん中は
GWもあと1日。周りが祝日ムードなせいか全く仕事が進みません。ラストスパートをそろそろかけねば・・・


GWはノワの健康チェックの目安の週間。

ノワールちゃんの診察券を持って病院に出かけます。ノワ生後1ヶ月の時からの通院記録をファイルしてとってあります。



201305-1.jpg


ノア1ノア2

我が家の子供になった日のノワ。真っ黒黒助でした。「目がどこにあるの~?」とお散歩中によく話しかけられたものです。


201305-3.jpg


狂犬病とワクチンの注射、フィラリア検査と血液検査を受け、健康そのものとお墨付きをもらいました。ヘルニア騒ぎも何だったのか、全く痛くなさそうですね、脱臼の気配もないですと言ってもらえました。体重も2.5kgとダイエット完全成功を維持しています(飼い主の方はダイエット失敗し続け・・・)。


201305-2.jpg


夏には早いもので5歳になります。あと10回は一緒にGWを迎えられますように。




【2014/05/06 09:24 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。