スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「AMA-LUR」の巻-バスクってどこでしょう?
グルメ友(多いな!)、Mちゃんの最近の一押しのお店、スペイン/バスク料理「AMA-LUA(アマルール)」に友達4名で出かけてきました。前回のシチリアの風から、今回はバスクの風をお届けします。


アルマール1



ちなみに・・・
バスク料理とは、スペインとフランスの間に居住するバスク人の間で作られ発展してきた料理である。それには、肉と魚の炭火焼き、マルミタコ、子羊の煮込み料理、タラ料理、トロサの豆料理、レケイティオ産のパプリカ、ドノスティアのピンチョス、イディアサバル産の羊乳のチーズ、チャコリ・ワイン、およびギプスコア県のシードルが含まれる。
Wikipediaより

スペイン料理なんだけど、フレンチみたいな深みのある料理なのでしょうか。ともかく期待膨らみます。シェフはバスク料理界の神様、ルイス・イリサールに料理を教わり、スベロアのイラリオ・アルベライツ氏に師事。6年間に渡りスペイン・バスク地方にて修行。エル・ポニエンテ代表小西も認める優秀な料理人である--とのこと。「エルポニエンテ」もご無沙汰です。


私のグルメ友達らは舌も肥えているけれど、ちゃんと自分でもお料理をする偉い人々でありますので、シェフとすぐお知り合いになり料理のヒントを教えてもらうようです。その辺、見習わないとね。Mちゃんはシェフに借りたバスク料理の本を返していました。


アルマール2 アルマール3


チャコリでまずは乾杯。Mちゃんが今回はオーダーしたものをちゃんとメモってくれたので紹介しておきます。

・たこと水なすのマリネ
・オマール海老と赤ピーマンのサラダ
・チョリソーのシードル煮
・スペイン産塩ダラのコロッケ ナバーラ産ピキージョピーマンのソースチピロネス
・(小イカ)の墨煮 バスク風
・イワシのリエットのピキージョピーマン詰め
・牛頬肉の赤ワイン煮 スベロア風
・鶏の土鍋炊き込みご飯


もう1皿くらいあったような気が・・・かなり食べました!私のお気に入りは水茄子のマリネ。茄子の旨みが凝縮しています。小イカの墨煮もリピート間違いないわ。チョリソーのシードル煮はとても新鮮なお味でした。食べたことがないものってまだまだまだまだあるんですよね。長生きしたいとはあんまり思っていませんが、もう少し生きていててもいいかも(笑)。


アルマール4


こちらが、「これを食べてくれなくっちゃ!」とMちゃん推しの「牛頬肉の赤ワイン煮」。ナイフを使わなくてもほろほろと崩れます。これ1品でワインとパンとでゆっくり味わってもいいくらい。


堂島で、駅からちょこっとだけ歩きますけど、いい場所にあります。メニューも全然食べ切れていないので再訪間違いないかしら。Mちゃんはじめ、ご一緒してくれる友人たちにも感謝です。その日の服装が4人中3人まで同じセレクトショップかぶり。ファッション談義もまた楽しです。


PS.
お隣のテーブルのグループに翻訳者友達を発見!数年ぶりの再会で感激でした。






スポンサーサイト
【2013/07/29 10:00 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
副会長就任です!
夏は本当に辛い・・・。でも、8月頭に第一弾(笑)の夏休みを4,5日いただく予定なので何とか仕事の前倒しをと頑張っています。それなのにその間、終日のセミナー2本、食事会3本と固まってしまい体調管理に苦慮しています。


さらに、先日、マンションの役員選挙がありまして、というか籤なのですけど、見事副会長の座を引き当ててしまいました。1回役員をこなせばもう7,8年は回ってこないはずなのでこの1年間はつつがなくこなしていこうと思います。

日曜日に顔合わせ含めた第1回理事会がありまして参加してきました。総勢6名、そのうち女性は私含めて2人だけ。もう一人の女性も旦那様が単身赴任中というのっぴきならない理由があります。やっぱりこういう場は男性の方が向いているのかしら、よその旦那様たちは協力的でいいなぁと思っていたところ・・・配られた役員名簿を見ると、男性の名前が並んでいる中に女性の名前は私のみ!実はその名簿の初稿を見て、なぜか会社名となっておりましたので「名前に直してくださいね」とお願いしていたはずなのです。夫の名前と念押ししておけばよかったものの、私の名前を書かれるとは。フェミニズムの観点から男女どちらでもいいとは思いますけど。


これには実は理由がありまして、なぜかこの自宅マンションは100%私名義なのです。管理人さんや管理会社の方々ももしかして私を内縁の夫を住まわせる独身者と思っていたのかしら?(笑) 確か資金は半々で出し合ったような淡い記憶がありますが、

「ああ、もうKYOちゃんの名義でいいんじゃない?」

とさらりと言われて、まあそうおっしゃるのならと名義を決めたような気がします。後で税理士さんに話したところ「そんな太っ腹な・・・」と驚かれていたので、もしかするとレアなケースなのでしょうか。よくよく考えてみれば、税法上も共有名義の方が何かとメリットがあったのかもという気もします。法人名義というやり方もあったかもしれませんが、簡単に仕事を辞められなくなりそうで(笑)却下しました。それはさておき、彼は金融関係の職についている割りに財産や金銭についてかなり無頓着である不思議な人です。ある日、


「この家のものは全部君にあげるから~」

とスーツケース1個で身軽に出て行く火野正平(?)のようなことをしでかすのではないかという懸念もあります。いやいや他人になると突然金の亡者へと変身することも当然あるのかもしれません。


話を戻すと、あるとき突然おっさんが出てきて不審に思われるのもなんなので、主人もいますと自己紹介では言っておきました。理事会は面倒くさいことは確かですが、普段少し気になっていたことが、この数年間理事会で話し合われてはいるようなものの全く進展が見られていないため、その辺を確認&提案することができ、面白い経験でもあります。暮らしやすい環境にし、かつコストダウンすることは、自分たちの財産の価値を高めることなので、この1年はその一助ができればなと思っています。


社長(秘書、経理、営業全て兼任)、副会長、家長(と家で呼ばれています)の三大役職を担う1年です。ぼちぼちいきましょう。




【2013/07/25 10:31 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
翻訳の視点
夏の買い物ネタも書きたいのだが、今日は週末に参加した定例の勉強会のお話。熱心に参加した時期もあれば、体調を崩し数年お休みした時期もあるけれど長年にわたり参加している勉強会。その間、経年変化(笑)により代替わりもあって、参加メンバーも変遷している。それがまたいい刺激になっているように思う。

どの業界でも同様だと想像するが、ご存じMの会も同じく、有志による会は本当にお得。たとえば翻訳を習おう、仕事にしようと思った場合、OJTとして学ぶ機会がなければ、ふつうは本などで独学するか、通学/通信教育を受けるか、の二通りしかないだろう。しかし、前者は比較的安価にすむ割に手間がかかり、遠回りだったりする。最近ではネットでいろんな情報を得られるけれど、一人で貴重な情報をできるだけ多く得ようとするのはやはり大変である。後者は当然ながらかなりの費用がかかる。そして、もう一つの欠点が、講師の影響を受けすぎてしまう点である。そのためには、様々なセミナーに出たり、学校に通ったりして広範な視点を身につけるのがよいが、ますますお金が出ていく羽目になる。


そこで戻るのが勉強会である。まあ、勉強会と言ってもメンバーが大事で、初心者や門外漢ばかりではメリットが少なく(ただし、それはそれでモチベーションを高め合うというメリットもある)、このメンバー選びが重要になってくる。様々なレベルにあり、様々な環境下にあり、自分の立ち位置においてアウトプットする能力/意欲がある人々を集めるということが、必須であると同時にとても難しいし、時間もかかる。でも、それが実現できたときには独学や学校では学べない貴重なことがたくさん学べるのである、ほぼ只で。

フリーランスの私は日頃、疑問に思っていることや、提案してみたいことがあってもそれを話す相手がいない。納期がある以上、独断で判断しなければならない。いくらSNSが発達したといえど、セキュリティや何やらの理由から、どんな疑問でも簡単にネット上にアップできるわけでもなく、ディスカッションにも限界がある。



いつものごとく前置きがまた長くなってしまった。


もうお気づきのこととは思うけれど、私が携わっている翻訳の分野は「特許翻訳」と「ビジネス全般」である。以前2足のわらじ時代、フリーでの仕事の比率は後者が9割を占めていたけれど今はその比率が逆転した。今後、どういう分野をやっていこうという野望(笑)のようなものはあるが、その話はまた別の機会に。そして上記の勉強会は「特許翻訳」をテーマとしている。

今回の勉強会では

「どんな翻訳がいい翻訳なのか」

という根源的なテーマについてまた考えさせられた。


特許翻訳には、「発明者」(発明するメーカー/クライアント)、「特許(法律)事務所」(発明を特許にすべく諸手続をするところ)、「特許庁」(発明が特許に値するかどうかを審査するところ)、「翻訳者」(発明を英語/日本語になおすところ)、非常にざっくりといえばこれだけの関係者が関わっている。

そして、全関係者にとって「特許を取得すること」が最終的な目標であることには変わりないのだけれど、クライアント側にとってはそれをいかに低コストで実現するかも大きな目標である。そこに至るプロセスや駆け引きもまた、特許事務所毎にいろいろな考え方やテクニックがある。そして、「明細書」(発明を文章にしたもの)を翻訳する翻訳者の考え方やテクニックもまた特許取得にはある程度の影響をもたらすものであることは想像に難くない。折角特許取得に至ったとしても、後日、特許訴訟が起こされ、それが翻訳の文言に関わる事例もある。


勉強会では、参加者の発注(メーカー)側、事務所内翻訳者側、フリーランス翻訳者側、という視点から、それをどう摺り合わせていくかを話し合うことができた。有名事務所や有名講師でも、英語表現に関わる考えは実は結構異なる。また、恐ろしいことに、特許を審査する国や地域、審査官自身によっても、法律も違えば嗜好も異なってくる。それに応じて臨機応変に翻訳も変えていかねばならない。

技術屋からではなく文系の英語畑から入った人間は、理系の実務文書を書く際につい「美しい英語/日本語」にこだわりがちになるが、特許翻訳では上記の観点や法律的な観点を勘案し「権利範囲の広い特許を取得できる/誤解のない、突っ込みどころのない文章」を書くように心がけねばならない。これが広報/宣伝系のビジネス文書となるとまた「一般消費者」という関係者が加わってくるので話が大きく変わってくる。きっとITや医薬なんかでも同じようにいろいろな観点があるのであろうと想像する。


一介のフリー翻訳者にそこまで求められるか否かは抜きにして、様々な視点を自分の中の選択肢として揃えておくことは大切だと思う。


ご同業者にとっては何を今更という実に当たり前のことを書いてみた。何年やっていても常に揺れている未熟者である(笑)。


勉強会参加者絶賛募集中♫



【2013/07/21 12:14 】 | お仕事・お勉強 | コメント(0) | トラックバック(0) |
夏の涼
困ったときは「たねや」って決めてます。

今年の暑中お見舞いはたねやの水羊羹と寒天。母の好物でもあります。

たねや寒天

たねや水羊羹
(HPよりお写真お借りしました)

この秋は、滋賀在住のお友達が滋賀水郷ツアーを計画してくれるみたい! たねや本店も、「日牟禮ヴィレッジ」も行ってみたかったのです(HP観てみてください、本当に素敵)。


最近、滋賀が気になるスポットとして急上昇。竜王アウトレットも完成しましたね。


【2013/07/19 13:23 】 | お買物 | コメント(7) | トラックバック(0) |
物欲は日本を救う
三連休も終わってしまいました。気持ちは次の夏休みに・・・。

今回のお休みの最後はSALEに出かけたい、ついでにグランフロントも探索したい、というお友達のK嬢のリクエストにお応えして出かけてきました。


エノテカ2


エノテカのカフェがグランフロントに入ったのです。まずはその「カフェ&バー エノテカミレ」からエンジン補給。シャンパン、赤/白ワイン(50ml/100ml)でお勧め10種くらいの中からグラスでいただけます。エノテカ店内でボトルを購入し、約1000円プラスで持ち込みも可。さすがにスタートですので、シャンパンと赤ワイン1杯ずつで我慢しました(笑)。携帯電池切れでお食事の写真が撮れなかったのが実に残念ですけど、おつまみプレート(結構充実)、キッシュ、ロールキャベツ等も本格的でなかなか美味でした。簡単に済ませたい人はランチセットもあります。


お互いまだまだ素面です~。

Kさんがお気に入りだというお店がグランフロントにも何軒も入ったというので紹介してもらいました。3連休、食べ物屋はいっぱいですけど、セレクト系のショップは意外とゆっくり買い物できます。あんまり収益上がっていないかも・・・。ここから(約1時)なんとお茶もせずにノンストップで5時間歩きづめ。「疲れた」が口癖になりつつあった私ですが、体力が続くのがSHOPPINGの魔力です。グランフロントのレストラン以外のショップはほぼ制覇したかも。

このところ、洋服や小物等の買い物は一人か旦那さんと一緒が続いていました。でも世の旦那様と同様、「どっちが似合う~」と聞いても、

「どっち(で)もいいんじゃない」の一言でほぼ終わり(自分の買い物ならものすごく吟味して、人の意見を細かく聞き出す割に)

そしてすぐに、
「ちょっとたばこ吸ってきてもいい?」
「お茶飲んでくるから、その間見てなよ」



こういう言葉にテンション下げられていたのが、買い物好きの女友達ならどうでしょう。

「このバッグならこういうシチュエーションで使えるよ」
「サングラスはこの形じゃなくって、こっちが似合う」
etcetc

とどんどん役立つ意見をあげてくれます。一人や店員もいいけど、人の意見って聞きたいものですよね。それにさらに楽しいのが人の買い物のお手伝い。自分の懐が痛まないせいか(笑)さらにテンションが上がります。友達がいい買い物をして、さらに綺麗に、さらに魅力的になるのは、見ているこちらがワクワクするものです。SHOPPINGの楽しさが2倍、3倍に広がります。



エノテカ4 エノテカ3


阪神/阪急とさらに流れ、打ち上げは阪急デパ地下イートインのワインと突き出しで締め。ここはエノテカよりもぐんとリーズナブルにワインがいただけます。フロアで総菜を買って温めてもらえます。総菜といえど、結構本格的なイタリアンが楽しめます。友達の娘さんとの夏欧州旅行の計画を聞き羨ましさに身もだえし、最近のノワの話をしてペット馬鹿全開し、シミ/皺/美白の情報を聞き出し盛り上がり--。夏の疲れをひととき吹き飛ばしました。


夏帽子2 夏帽子1


戦利品や気になったお店は少しずつ紹介しますね。今日は一つだけ。ヘレンカミンスキーが出しているサンバイザーっぽい鍔の夏用帽子を探していましたが、ヘレンの数分の1のお値段で購入できました。頭の大きさも後ろで調節でき、鍔の広さも十分なので顔の日焼けが防げます。今年何着か買ったマキシでお散歩楽しめそうです。



ではまた。


【2013/07/17 09:48 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
夏の冷おかず♪
え?滅多にない料理ネタです(苦笑)。

でも、主婦として、仕事に追われていないときは一応ちゃんと自炊しています(週末外食多いですけど)。おうちご飯も大好きです。


実は今まで「クックパッド」のお世話になったことがなくて、今回初めてそのレシピにチャレンジしてみました(遅っ遅っ)。料理は本か雑誌かTVかで見たものを適当にアレンジして作るのが主。だからといって料理がうまいわけではもちろんなく、きちんと分量を量ったり、その通りに下ごしらえしたりするのが面倒なだけなんですよね。

でも、今回、この暑い夏を乗り切るために、とFBでお友達のAさんがクックパッドのレシピを紹介しており、それがあまりに美味しそうだったので、レシピを見ながら真似っこ料理。ありがとう、150万レシピって。世間の皆様、どれだけクックパッド好き~。

それが、「なすとミョウガの小さなおかず」


茄子2


薬味大好きで、買ってあったミョウガをレシピの倍以上にざくざくと投入。もちろんショウガもざくざく投入。

茄子1


茄子だけでは淋しいのでシシトウも加えてみました。熱々もいけるのかもしれませんが、冷おかずとして、上のたれに漬け込んで数時間冷蔵庫で味を染みこませます。冷たい刺激と、じゅわ~と味がしみ出す茄子の食感が、暑い夏でも食欲を沸き立たせてくれます。やっぱりミョウガ好き!

今回、私は手抜きしてめんつゆ(笑)を使用しましたが、お酢を使ってもさらに爽やかな味になったかもしれません。次回はそうしてみましょう。


胡瓜


お酢を使わなかったのは、胡瓜とジャコの酢の物をもう一品作ったせいでもあります。これに冷蔵庫にあった赤ジソのふりかけと白ごまをぱらぱら振りかけます。本来なら大好きなわかめと合わせたいところですが、だんなさんが海藻苦手なので抜きました。色味が地味だからプチトマトを入れてもいいかも。


これにビタミンB1たっぷりな豚肉の生姜焼きを合わせて、夏ばて防止の昨晩のメニューでした。

夏ばて防止メニューを開拓し、9月まで何とか生き延びていきましょう。Aちゃん他、また簡単(ここ大事)で美味しいレシピ紹介してくださいね。






【2013/07/12 10:34 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
夏のチェック柄
今回のネイル、非常に気に入っている。ネイリストのAちゃんのセンスを信頼しているのでいつも気に入っているのだけれど、特に。

201307ネイル

淡いベージュに茶色のチェック。きっちりではなくかすれた感じ。チェック柄は2本で、後は淡いパープルを同じトーンで合わせてみた。チェックって元気なカジュアルというイメージが強いけれど大人っぽく仕上がったように思う。出来上がりを想像しながら、何十種類の色の中から色を選び出していくことも、デザインをああだこうだとすりあわせていくことも楽しい。


「こんな色、入れてみました♫」

とAちゃんが嬉しそうに報告してくれるのが可愛い。一言でピンクと言っても、何十本ものネイルがあり、またそれを混ぜ合わせて思った色を作り上げていく。本当に小さなキャンパスみたい。お洒落というより、その作品を作り上げていく過程を間近で見ていくのが面白かったりする。

こんなお洒落が10代、20代の頃にあったなら、冒険してPOPに遊んだだろうなと想像する。盛りに盛ってるギャルの気持ちも分かる。一方、60代くらいになったら、短く切った真っ赤な爪で可愛いおばあちゃんもいいなと想像する。


ネイルは男性受けが実は結構悪いらしい(今更幅広くモテようなどという意識は全くないのでまあその辺はいいのだが)。料理をする主婦としては、不潔である、清潔感に欠ける、等の理由から特に年配女性にも受けはあまりよろしくないかもしれない。ただ、指にも手にも全く自信の無い私だけど、ほんの少し底上げしてくれる気がしている。お化粧と同じだね。


翻訳という地味~な仕事をしていると、すべてが地味って少し淋しいのだ。洋服や髪型に凝ってみるのもいいが、鏡を見なければ自分で見ることができない。その点、爪はキーボードを叩き続ける限り、常に視界に入ってくる。そんなとき、自分の好きな色が目に飛び込んでくるって意外と小さくない喜びなのだ、私の場合。


ある人にとっては、それは机を飾る花かもしれないし、お気に入りのキャラクターの文房具かもしれない。


なんだろうね。今度皆さんに聞いてみたい。






【2013/07/11 09:07 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
初体験!Eggs'n Things
世の中は今パンケーキが大流行らしく、昨日珍しくミナミのセールに出かけていたのですけれど、どのパンケーキ屋の前にも行列ができていました。心斎橋にはあの、「Eggs'n Things」も関西1号店が出店しています。

「パンケーキ食べたい~」(でも行列に並ぶのは嫌)

としつこく言っていたら、ハワイ土産でお粉をいただきました♪



EGGS THINGS2


なんと簡単に、このミックスに水!を混ぜればよいだけで、卵も牛乳も必要ではありません。

EGGS THINGS


終末のブランチに早速焼いてみました。あんまり甘いのは好きではないので、ホイップクリームの代わりにヨーグルトとブルーベリーを添えて。2度目は少し苦めのマーマレードと。もっちり感が足りないかなぁと思っていたら、生地にヨーグルトを混ぜるといいのだとか。そんなにしつこくない甘さで、ホットケーキよりはクレープに近い軽めの仕上がりです。これがハワイ仕込みのパンケーキなのね、納得。


コチラでもお取り寄せ可能ですが少し高い・・・。送料も結構かかるのでお友達とまとめ買いをするしかないかもしれません。





アマゾンにもありますが、こちらも少し高いかな。次回はグランフロントの「ホノルルコーヒー」でフルーツをたっぷりのせたパンケーキにチャレンジしたいです。

【2013/07/08 09:02 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
GLOSSYBOX-6月度ネイル
前回、6月度のGLOSSYBOXは今ひとつだったなぁと書きましたが、少し訂正。

入っていた「ESTESSIMO TiNS」のネイルカラー(現品)がなかなかの優れものでした。これが1本約1300円なので、ほぼ元が取れたと言えるでしょう。

TiNS Colorの特長
・国産
・トルエンフリー、DBP(フタル酸ジブチル)フリー
・ アロエエキス配合(保湿成分)
・ アボガドエキス配合(エモリエント成分)
・ 爪にやさしいネイルカラー





上のカラーとは少々色味が違いますが、近いものをご参考用に挙げておきます。

2013ペディキュア
(脚画像。見苦しくてすみません)


瓶に入っているときはちょっとギョッとするような色ですけど、ラメの具合がペディキュアにはぴったりです。マットとラメとがセットで販売されており、やはりラメの発色が人気なようです。

これは2度塗りしただけで上にトップコート重ねてます。乾きも早い!


後はモチ具合と爪の状態を見て、他の色も試すかどうか考えますね。





【2013/07/03 09:19 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。