スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
WIN-WINって何でしょう
6月30日。2013年上半期が終わりです。土日に仕事をするのは辞めようと思いつつ、金曜日の夜、楽しく帰ってきたら「悪いけどなるべく早く対処してね」の意のコメントと共にファイルがこそっと1件届いておりました。でも、このクライアントは支払いも恐ろしく迅速で(1週間以内)、しかもレートも言い値という、頭を向けて寝られない超良取引先であるため、断ったことは1回もありません。

よって、本日、日曜日もゆるゆると仕事中です。上半期、自分なりにはかなり頑張ったので、下半期はもう少し家族サービスに力を入れたいところです。夫よ、あなたもね! 「本末転倒」は自分に常に言い聞かせている言葉。私にとって仕事は大事な柱であるけれども、一方では生活を楽しむためのお金儲けの道具。実親含め、仕事=趣味=楽しみという人もたくさんいて、それが羨ましくないではないけれど、仕事が生活の半分を超えてはならないと思っています。小金稼ぎ(笑)に振り回されない(振り回されがち)ようにせねば、本末転倒、本末転倒。



6,7年前ほどにほとんど節税目的で法人成りしたところ、予想外にも同業者以外からの仕事上のお誘いを受けることが増えました。いわゆる異業種交流会というものです。物珍しく、たまにお誘いに乗ることもあります。最近は同業者とのおつきあいが少し増えてきてあまり出かけていません。同業者の集まりもコアな話ができて本当に楽しいのですけれど、異業種の集まりもまた刺激を受けるという意味で新鮮で楽しいものです。特に同年代の女性の自営業者に出会うとなんだか嬉しくなります。


お好み焼き若竹
(昨夜は「お好み焼き 若竹」で翻訳者さんたちと。久しぶりのお好み焼き、美味しいよー)


(ここで書くことは私の個人的感想で、特定の会や人々の評価だとか可否だとかを述べるものではありません。批判とは取らないようにお願いします・・・)。


でも、異業種交流会を、主に営業の場(最終的には大多数が営業でしょうが)と捉え、頻繁に様々な会に顔を出し、宣伝をする人も多いことは事実です。フリーランスの世界では当たり前といえば当たり前なのかもしれません。仕事を得るとっかかりとしては良いと思います。デザイナーや物作りの方々であれば作品を見せて自分の力を喧伝することができるでしょう。翻訳はまず無理ですね(悲)。そういう仕事の取り方は百に一も成功しないでしょう。

最近お誘いを受けた会は入会が一業種一人に限定され、その会の中で顧客を紹介し合う形態なようです(世界的にも有名でかなり大きな組織みたいですね)。でも、その会に参加して何度か顔を合わせるうちに人間性だとか、仕事の内容などはだんだんと理解できてくるとは思いますけど、その人の力量を見極めるにはビジネスとしての冷静な目が必要なはずです。それを割り切って評価できるのか、また仮に仕事を依頼もしくは他人に紹介して、予想した結果が得られない場合、その後はどういうスタンスを取るのか、果たしてこれはWin-Winの関係を構築するbestまたはbetterな方法なのかという疑問が沸いているところです。そもそも一業種一人に限定することで、切磋琢磨したり、競争したりする機会が失われるのではないかと想像します。


ちなみに同業者の集まりでは、直接的に「仕事ください/仕事ありませんか」的な話はほとんど出てきませんね。長い期間、一緒にお仕事や勉強をさせていただくうちに、自然と仕事を紹介し会う機会はもちろんあります。そして、これまた当然ながら、同業者が同業者のレベルを見る目は厳しいものです。だからこそ生半可に仕事を紹介し合おうという話にはならないのでしょう。


こういう世界には不案内なもので、いやいや違う、コンセプトのとらえ方が間違っている、というご指摘を受けるかもしれません。今のところがんがん営業をかける予定はなく、勉強しつつ、少しずつステップアップできればいいなという甘いスタンスで仕事しているので、こうしたお誘いには都合があえば物見がてらで見学してみようと思います。

さて、午後のお仕事に入りますね。



スポンサーサイト
【2013/06/30 12:55 】 | お仕事・お勉強 | コメント(2) | トラックバック(0) |
井戸の中から
神様はいるのか、月末までの納期のシリーズ物が,蓋を開けてみると重複部分が多くて予定よりも順調に進んでいます。そこで勉強時間を増やせばいいものの、なぜか夜更かし癖がついて、午前中はだらだらと過ごす毎日。

年甲斐もなく映画の「モテキ」(遅っ!)を観て面白かったので、ドラマの「モテキ」一挙放送をまさに一挙観しつつ、睡眠不足に拍車がかかっています。森山未來くんはロンドンブーツの敦似ですね。角度によっては瓜二つです。若手俳優の中では、今までにあまりいなかった顔立ちというかキャラ立ちで、コアなファンがいることを想像させます。



話変わって、例の「ミズトラの会」で秋のITセミナーの企画進行中です。今回は某有名翻訳者のTRADOS講座と翻訳ソフトの「対訳君」講座の二本立てで、時間と日程の都合がつけば、TASK管理/翻訳者のスケジュール管理をITアプリと絡めて企画するつもりです。IT翻訳者ならずとも、PCの使いこなし術は今や翻訳者には欠かせない要素でしょう。「言葉」ってファジーなものだから「機械」とは相容れなくって--、昔ながらにじっくりと一文一文に向かい合いたくって--という気持ちがないではありません。でも、作家ですら、原稿用紙に万年筆という人は少数派ではないでしょうか。効率化によるスピードアップに限らず、訳抜けや表記ゆれをなくすという校正機能が実現されることもPCツール活用の大きなメリットです。


偉そうに言ってますが、ご存じの通り完全なアナログ派です。アナログ派だからこそ、得るものが人より多くお得なのです。自分のやりたいことを企画して人を巻き込み実行する、まさに公私混同を地で行っています(笑)。


セミナーをこのように細々と企画したり、また様々なセミナーに参加させていただいたりして,ますます思うことは,翻訳ってそれ自体が独立した業界ではないということ(当たり前すぎるくらい当たり前のことですね)。翻訳を発注してくれるクライアントは、本当に多種多様、多岐にわたっています。「英語(or多言語)」という括りで考えたらさらに広く。

そのため、仕事の速度も量も質も、向上させるには、翻訳テクニックを学ぶだけでは不十分かもしれないなと感じています。翻訳を必要とする新たなマーケット、翻訳に限らない新たなディジタルツール、そんなものにも、仕事の合間に目を向ける余裕が出てくればいいなと思っています。いやいやもしかして翻訳以外にも? 先が比較的短かくなってきた私なのですけれど、これは私だけでなく、実は当「○○家」のテーマなのかもしれません。

「井の中の蛙」のような生活を日々送っているけれど、気持ちまでが「井の中の蛙」に染まってしまわないように、異業種の友達や、同業種のフレッシュな仲間から、新たな刺激を受け取っていきたいです。




【2013/06/27 14:51 】 | お仕事・お勉強 | コメント(6) | トラックバック(0) |
GLOSSY BOX (2013年6月度)
もうとっくにご存じの方も多いと思いますけど、最近になって「GLOSSY BOX」を継続購入しています。

*GLOSSY BOXとは
店頭でサンプルを無料でお配りしているブランド様も多々あると思います。しかしながら、知らなかったブランドのカウンターに行く機会がない方や、行ってみても様々な製品がある中どれを使えば良いかわからないという方も多くいらっしゃいます。それは時間がないためだったり、化粧品の情報があまりにも多いため、自分が必要とする情報を見つけることができなかったり、理由も人によって異なるかと存じます。また、「これまで高い商品を買ってみたけれども、使ってみたら自分に合わなかった」という経験はございませんか? 私たちGLOSSYBOXは、私たちが選び抜いたプロダクトを直接お試しいただいて、本当に自分に合う商品に出会っていただきたいと考えています。


フリーランスになってから,アフター5に百貨店をぶらつくことも圧倒的に減り、新たなコスメ等を試す機会が減ってしまいました。職業柄、メイクに関してはノーメイクか薄めのメイクが多いのですけど、コロンやボディケア用品等、集める(使うんじゃなくて?笑)のは昔から好きです。でも最近は上記の理由から研究心が失われつつあります。

そのため、少々の動機づけを理由に、GLOSSY BOXを届けてもらうことにしました。6月度はできれば夏向けコロンが入っているといいなぁ・・・。

と思いつつ、本日届いた商品はこちら。


glossy box201306(2) glossy box201306


今回は、夏に向けての脚を中心にした商品のようです。まだペディキュアを施していなかったので、RED系ラメのネイルは嬉しいです。でも脚用のファンデーションはトライアルでなく現品ですけど使うかどうか・・・。後は化粧品の1日分の試供品とミストウォーター。

今月の戦利品(送料込み1500円)は,私にとっては今ひとつかなという印象ですが、「ペディキュアしなくちゃ」と思わせてくれたのはありがたいのでしょうか?

今年いっぱいくらいは試してみるつもりです。またレポしますね。




【2013/06/25 10:01 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
CAT VS DOG❤
実家レポ第2弾です。

姉夫婦が敷地内同居を始めることになり、このたびやっと新居が完成しました。実家の母宅には柴犬のシュンがいるのですけど、姉宅は猫屋敷。新居にはちゃんと猫部屋も完備です。黒白のニャンコと長毛種のニャンコに加えて,昨年末から2匹が新入りとして入りました。

コンビニ前に捨てられていた4匹の子猫。最初に姉が1匹連れ帰ったものの、あと1匹は引き取り手が見つからず、コンビニオーナーさんが保健所に・・・と言ったところ、そちらも引き取ることになりました(たぶん,そう申し出ることを見透かされていたのでは?)。捨て猫は駄目ですよー。


ミタが死んで以来、猫のお腹に顔を埋めてモフモフすることから遠ざかっているので、とても楽しみにしていたのですけれど、写真の通り、怖がってふ~~と威嚇されてしまいました。残念。やっぱり何日か泊まり込んで心を開いてもらわなきゃ駄目なのかな。



CAT1.jpg CAT2.jpg


完璧な猫派であった私も、ノワを飼い始めて以来、どうも犬族に影響されているようで、猫のツンデレさ加減に少しがっくりしています。ノワは目を離せば知らないおじさんの膝に乗っているような(枯れ専です)犬なので、心を開くも何もないというわけで。


自分の胸にまっすぐ飛び込んでくる天真爛漫な可愛子ちゃん。

自分にだけ心を許してくれるミステリアスな小悪魔ちゃん。



どちらにも心惹かれる私ではありますが。


CAT3.jpg
(私には抱っこさせてもらえません)。


ねえ、どうかしらね、ノワ。猫とも仲良くしてくれるかしら。


201306ノワ



【2013/06/23 12:52 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ミドル世代が思うこと
コンフェデ杯は地球の裏側だから始まりが深夜。忙しいけど世界のトップの試合だからやっぱり見ておかなくっちゃと思う一方で、相変わらず仕事も押し押し。でも、細切れでもちゃんと睡眠を取って、ジムで軽く運動して、栄養に気を配って、できる限り体調管理に気をつけています。若いときなら勢いで押し切れるのですけれど、もう無理は利きません。


世界代表の試合は内容も格段に素晴らしく、わくわくの毎日です。そして、試合自体だけでなく、面白いのはトップレベルのアスリートが語る言葉。試合前や試合後のコメントや、特集番組、特集雑誌などで選手が漏らす言葉には一流ならではの含蓄があります。サッカーという世界だけでなく、人生全般に参考になるような言葉。


イタリア・セリエAで活躍中の長友選手。高校時代は無名選手で、大学時代はヘルニア発症でベンチ入りすらできず、スタンドで太鼓を叩いていた--そんな日々を過ごす中でも、実は世界一になるという夢を抱き続けていたのだそうです。

本田選手も言っています。メッシやロナウドのような天才選手が世界一になるなら普通。でも、この僕がワールドカップで世界一のストライカーになったらどうですか?世界中の子供たちに夢を与えられると思いませんか?


そう思うと、世界はいうまでもなく、日本有数の翻訳者になろうなどとは思っておらず、プロと認められる程度の本物の実力を身につけたいという私の目標などささいなものでしょう?努力次第でもうほぼ可能だと言っていいんじゃないですか(笑)。

せめて10年前からちゃんと勉強を積んでおけば良かった--とは業種問わず、周りの40代、50代の女友達たちが言う台詞。なぜかこの世代になると勉強したい意欲が高まるようです。まさにその通りです。やはり、20代、30代は、恋愛やらデートやら旅行やら、既婚者であればこれに加えて育児やらでいっぱいいっぱいです。体力もまだ有り余っており、余暇を勉強に充てるなどもったいないと趣味や遊びに費やすのはこれはもう自然の摂理でしょう。煩悩は簡単には静まってはくれません(私だけ?)。逆ならば、あー、若いとき遊んでおけば良かったと思うはずなので、それはそれでいいという気もします。


そして、何となく子供の手が離れ、出歩くだけの体力がなくなってくる頃、勉強したいなぁと思えてくるのかもしれません。残りの人生が短くなってきたという焦りもあるのでしょう。ただありがたいことにサッカーなどの体力勝負の世界と異なり、翻訳はまだ伸びしろがある世界です。尊敬する先生方は60代、70代、さらには80代でも活躍しています。


ほら、一流の翻訳者になるなんて意外と楽な道のりかもしれませんよ(笑)。「宣言効果」という言葉が某所で流行っているようなので、私も吹かしてみました。


PS.でも当然「宣言」だけでは駄目なので努力もしなければなりません。とりあえずコンフェデが終わったら、朝勉に再チャレンジしましょうか。



【2013/06/18 15:01 】 | お仕事・お勉強 | コメント(4) | トラックバック(0) |
「ジャマン」の巻--マダムな夜
週末は久しぶりに「ジャマン」でディナー。この1週間(月末まで続くけど)がしがし残業して、キーボード叩きまくってるので、これくらいの贅沢しても罰は当たらないのである。


皆様もご存じなように「ジャマン」はリッツの副料理長だった秋田シェフが独立して開いたお店である(ついでにいうと、上のカフェもリッツの元パティシエさんのお店)。なんと茨木でラ・ベの何分の1か(笑)のお値段でフルコースがいただけるのだからお得すぎ。1ヶ月以上前から予約して、今回は10名で訪れた。ランチタイムも北摂マダムたちで常に満席なのだ。


ジャマン7 ジャマン6


雑多な駅前の通りの一角だけパリの風情。


ジャマン5 ジャマン4



前菜の後は二層仕立てのヴィシソワーズ。激暑の一日もすっかり忘れてしまうほど爽やかな色合いとお味。かき混ぜてしまうのがもったいなさ過ぎる。舌平目も絶品。

でも、ここに来たならばフォアグラを食べなくっちゃ!


ジャマン3 ジャマン2


フォアグラもステーキもそれほど好物ではないのだけれど、ジャマンのフォアグラステーキは別。トリュフソルトをお好みで振りかけていただく。



ジャマン1


デザートは撮らなかったけど2種。


これだけ食べても胃にもたれないのが不思議。フレンチは重たすぎて最後のデザートはパスしてしまうことが多い私なのだが、シャンパンと白/赤ワインで最後まで美味しく完走。あのざっくばらんな大らかなシェフの手から、こんなに繊細で芸術的なお皿が生まれてくるのだから、人間とは複雑なものなのだ。

もうすぐに次の予約が入れたくなった。ちゃんと名簿に書き込んでおいてもらえると、次回の予約の際は同じものが被らないように配慮してくれる。ソムリエさんがお料理とそろえて出してくれたワインは、赤白ともCOTE-ROTIEのローヌ。どうして私がローヌ好きだってことをご存じなの(嬉)。プロの仕事を目の前にすると、自分の身が引き締まる。


またどなたかご一緒していただけませんか? メッセでも直でもお誘い待ってます♬


PS.今回は20~40代と幅広いメンバーの同業者会。勉強会等で会うことが多いのでカジュアルな格好を見慣れているけれど、ドレスアップした皆様も素敵だった。翻訳者、美女率高し(笑)。このところ、もちろん私だけではなく全般的に仕事量が激増しているらしい。アベノミクスやってきた? この1週間も数本断って、コーディネータさんも困っていた。仕事を仲間内でうまく流すシステムはできないか、そんなこともおいおい考えてみたい。



【2013/06/16 13:44 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
やっぱり海が好き
実家が最高な理由のもう1つはロケーション。普段は街っ子の私だけれど、余生はこんな暮らしもいいかも。


「最高の離婚」の中でおのまちは

「富士山を見て育った人間は心が大らかなんだよ」

と言った。さらに私は言いたい。

「海を見て育った人間は心が大らかなんだよ」

山育ちのだんなさんから即座に反論されるけど。


SEA5.jpg


目覚めたらそこは海。姉の家のベランダからの風景。週末には釣り客が竿を並べる。



SEA1.jpg SEA2.jpg


朝のお散歩に行こうよ! 

釣りの最中のおじさんたちに愛想を振りまきながら、近くに海岸まで海風を浴びつつ早歩き。


朝のビーチは独り占め。小学生の頃、毎日毎日泳いでた。


「KYOちゃん! 気持ちいいね!」


夏は泳ぎの練習しようか。



【2013/06/12 09:48 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
永遠の味
タイトなスケジュールはまだまだ続くけど、週末はちょっとした骨休めに実家に帰ってきた。お正月以来だな。


やっぱり実家は最高なのである。その理由はいろいろとあるけれど、本日は食べ物の話から。


飲食業を営んでいるわけではないけれど、母は商売の流れから調理師免許も取得している。海育ちだからもちろん魚なんて楽々さばける。その技を伝授してもらえばいいとは重々承知しているが、やっぱり食べる専門になってしまう。


特別な食材や高級な食材を使っているわけでもないのに、母親の作るご飯がこんなに美味しいってどういうわけだろう。調味料なんて目分量だし、火加減だってちゃんと見ていない。でも、母親の出す味は全然再現できない。たぶん、他人が食べたら単なる素朴な家庭料理だと思うに違いないけれど、私にとってはどんな和食屋にも負けない。


「お昼はちらし寿司を作ってあげるね」



ちらし寿司


て言って、ちゃちゃっとお豆さん入りのちらし寿司を作ってくれた。黒豆とお酢が混じるから綺麗なピンク色になるのだ。家の裏に密生して生えているゼンマイのらっきょう酢漬けは何杯でもご飯が進む。



梅酒 アロエ酒


2年物の梅酒と、アロエ酒(ウィスキーではない)をお土産に持たせてくれた。アロエは身体にいいから毎晩1杯ずつのんで寝るといいよと言う。平日禁酒中だけどこれなら許されるだろう。


本来ならとっくに私が母親の味を確立している年齢である。恥ずかしながら、帰省するといまだにこうやって母親が、新しいレシピを見つけたら振る舞ってくれ、懐かしの味をタッパーに入れて持たせてくれる。これで、頑張ってまた仕事に励もう。


母親ってなんてありがたい存在なんだろう。


ママである家族、友達、いや全国の母親に言いたい。ありがとうって。




【2013/06/10 11:11 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
どっちもどっち
仕事ってどうしてばらけてきてくれないんだろう。

大半の翻訳者がどうかは分からないが、私の場合下手すると、1年のうち最低月収は最高月収の半分以下だったりする。何年やってても季節等による仕事の波が見えなくって(強いて言えば連休やお正月やお盆前の依頼が多い)、ランダムに依頼が入る。一応有り難いことには、低空飛行がずっと続くことはそうなく、低空飛行の翌日は急激な上昇となることが多い。突然機首を上げなくちゃならないものだから、その度にぐらぐらしてしまう。


★仕事がなくて困るとき

★仕事が来すぎて困るとき



この真ん中をずっと維持できれば言うことはない。もちろんそんなわけにはいかない。前者はただ焦り、いつまで経っても慣れることがない。じゃ後者がいいかというと、これまた心臓がばくばくするような緊張感との戦いである。仕事を断るにも勇気とテクニックとが必要で、私なりの基準は持っている(これはまた別の機会に)。


私が所属しているご存じMの会のFACEBOOKページで両者のお悩みがトピックとして挙げられた。後者は私が挙げたのだけど(笑)。賢者の皆様から有益なアドバイスや意見が大量に届いた。そのままは紹介できないので、ゆっくりと自分なりにまとめて記事にできればいいなと思う。FBに登録するとこんな特典があるよ。

1つ言いたいのは、そのご意見が非常に貴重だと言うだけでなく、悩みは皆ある意味共通なのだというのが分かること。範囲を広げれば、仕事にかかわらず、両者の悩みは生活全般にも当てはまる。

暇だ、何も生産的なことをしていない--そう感じるとき。「暇」というのはよろしくなくて、暇なときほどネガティブなことを考えがちになる。ゆるゆると時間を丁寧に楽しめば良いのだが、諸事情からそれができない。

忙しすぎて、本当にやりたいことができない--そう感じるとき。パニックになって気ばかりが焦る。いらいらしてつい他人にあたりたくなる。

そんなときどうすればいいんだろう、というヒントが見つかる。

ある会員さんは「モモ」の一節を挙げてくれた。
そして、Iちゃんはこういう台詞を紹介してくれた。

「象を一頭たべるにはどうしたらいい? --一度に一口ずつ」



そう、ご想像通り、ただいま仕事に埋もれて変な汗をかいている最中。月末までに仕上げなければならない原稿が5本。


そして、ついでに一つ決意した。365日中360日晩酌を欠かさない私が週末のみ飲酒を決意したのである。とりあえずは6月度はこれでいくつもり。これで夜ホンにも少々チャレンジできる他、さわやかに目覚めて朝ホンにも突入したい。偶然にも節酒を始めた知人は、めちゃくちゃ体調もいいし、お肌も絶好調らしい。栄養を取り入れる前にお酒の分解で肝臓さんが頑張っているからかな。その効果は後日報告。




wine2.jpg


こんなとき、だんなさんの東京土産はワイン。ちょっと奮発したのだそうだ。嬉しいと同時に悔しい。

養命酒


昨晩は禁酒2日目で、夜のテレビのお供は紅茶。ありえへん!という気持ち。あまりにも辛いので眠る前に養命酒(笑)をいただいた。実は結構好きなのだ。


やや、ブログの更新も遅れる見込み。本の紹介も溜まっているし、書きたいネタは温め中なので、よろしければ待っててください。



【2013/06/07 08:24 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
SUMMER STONE
6月だ。夏がやってきた。梅雨も真夏も嫌いだけれど、少しでも楽しく過ごしたい。私の場合、石(STONE)はその一つ。気持ちを少し高めてくれる。

パワーストーン系は興味がないことはないのだが、どちらかというと、これが何に効くとか、何を引き出したいからこれを付ける、というような選び方はあまりしない。あの服に似合いそうだ、あるいは単にすごく綺麗な(好きな)色だ、と思って買い求め、何となくその日のフィーリングで付けている。

若い頃はかえって高級なものが好きで(ほら、バブル入ってるから)、ギラギラ、ドカンとした石を頑張って買っていた。もっと年を取ればそこに戻っていくのかもしれないけれど、今はその端境期なのか、華奢で細かい造りのリーズナブルなアクセサリーに心惹かれる。


友達が作ってくれた珊瑚さざれのピアスが似合う夏。

それに合わせて今年はさざれのロングネックレスを購入した。ラリエットで先端にはゴールドの飾りがついているため、プチダイヤのゴールドペンダントと重ねづけするのに相性がいい。カジュアルだけど、石だけのものよりもモダンな香りがするところが気に入っている。


summer stone1


いろんな石が組み合わさっている、お気に入りのショップ「PAPILLONNER」(パピヨネ)で購入したロングネックレスも登場の機会が増えそうな季節。こちらは石の配色とその間の飾りの配置が絶妙。


summer stone4 summer stone3


1500円だったか、2000円だったかのユニクロのシャツ。ヘビロテで色違いも買っておけば良かったかと後悔。プチプラでも、単なる白シャツやTシャツでも、好きなアクセサリが入るとお洒落した感が自分だけでも(笑)出て満足する。


summer stone2

オフホワイトのマグネサイトの2連ネックレス。今年流行色の黄色にきっと合う。



石、ちょっとずつまた紹介するね。




【2013/06/02 13:56 】 | 今日の着せ替え | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。