スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
隠されるほど・・・
電車で女性のスカートの中を盗撮したとして、大阪府警寝屋川署は29日、大阪地裁裁判官の華井俊樹容疑者(27)=大阪府枚方市香里ケ丘4=を府迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で現行犯逮捕した。同署によると「どんな下着をはいているか知りたかった」と容疑を認めているという。
「日経新聞8月31日」


 駅構内のエスカレーターで若い女性のスカート内を盗撮したとして、日本IBM(東京都中央区)の大歳(おおとし)卓麻元社長(63)が東京都迷惑防止条例違反容疑で、警視庁の取り調べを受けていたことが30日、同庁四谷署への取材で分かった。元社長は盗撮を認め「盗撮に興味があった」と話しているという。四谷署は近く書類送検する方針。
(Nikkansports.com)


休憩中、今日のニュースをチェックしていたら、なぜか立て続けに盗撮の記事に行きあたった。地位も知性も女性のスカートの中の魔力には勝てないものなのね。一瞬にしてものすごく大きなものを失ってしまった。


女の子たち、多分さほど色気のないガードル(類)を履いているよ。





スポンサーサイト
【2012/08/31 13:01 】 | 時事社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
フラガールとの夜
残暑厳しく、久しぶりに会う友人たちとビア。9月にはこの暑さ、去ってほしい。


その中のAちゃんは、フラダンスの先生として大阪で何教室もレッスンを担当している。ビアガーデンでも踊っているそうだ。フラガール可愛いよね。


フラガール


この夏は小笠原諸島に向かう船の上でのお仕事があったという。なんと小笠原諸島って東京から25時間もかかるそうだ。小笠原諸島は本当になーんにもないところだけれど、海と自然がとても美しかったという。世界遺産にも登録されたんだよね。


さて、10数年前?は単に習い事としてフラを始めたはずのAちゃんがここまで出世(笑)したいきさつをいろいろ聞かせてもらった。これまでもフラについては聞いていたはずだけど初耳の話も多かった。

中でも驚いたのがマネーの話。そんなにお金がかかるとは。日常のレッスンフィーは言うまでもなく、昔も今も海外(当然ハワイ)でのレッスンとコンペティションは年に3,4回。衣装だなんだにもお金がかかる。その総額は数百万という単位は超えるのだそうだ(怖くて次の単位は聞けなかった)。ソロだけでなくチームもやっており、主婦が多そうだけど、だんなさま他家族のご理解と経済力のバックボーンがなくては成り立たない話だ。Aちゃんは地道に少しづつ回収していくらしい。

しかし、良く考えると、お金がかかるのは別にフラダンスに限った話ではない。お茶、お花、ピアノ、フィギュア、etcetc。何かを極めようとするには思い切った投資が必要だ。一流の物に触れようとすればその対価が要求される。もちろん独学で最低限のお金しかかけず道を究めるスーパーマン(ウーマン)もいるけれど。最近終わったオリンピックの選手であれば世界で戦うためにどれほどの費用を投じたであろうか。


さて、現在本当に役立っているかどうかははなはだ疑問ではあるけれど、英語(学校)関係には私も結構使った気がする。バリバリと(笑)英語を使って国際的な仕事をするという何ともはやな夢を抱いていた私は、大学に行きながら英語学校も通い、卒業後もそこでレッスンを続けた。留学はしなかったけれど、海外には結構行った。今なら様々な安い勉強方法もあるし、もっと効率的なやり方もあったことが分かる。残念ながらスピーチ力は当時の5分の1程度であろう。美術系/音楽系/医学系はいわんやおや、理系であればほぼ院は必須であろうし、教育に投資した人は多いと思う。


翻訳の仕事は必ずしも投資額の多寡が重要ではないと思うけれど、Aちゃんの話を聞いていて思った。人は貧乏しても借金しても、素敵なバッグや車が買えなくても、友達との豪華ランチにお付き合いできなくても、これと思うものに使うお金は使った方がいいね。お金だけでなく時間も。その我慢っていつか生きてくる。それも、できれば人に出してもらったお金はアカン。身銭を切るからこそ覚悟がつく。40代の私から20代、30代の人々に贈る言葉。


仕事への姿勢をちょっと反省した夜である。



【2012/08/31 08:46 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
世にも奇妙な話
ものすごくどうでもいいけど、家庭で起こる不思議なことってない?

今朝、だんなさんが、

「7時14分だよ」

と言うので、そろそろ起きるかなと思ってベッドの脇の時計を見たら確かに7時14分だった。そのままちょっとごろごろして7時半頃洗面所に向かった。彼は私が寝ているときはいつも起こしたりしないので(駄目嫁)、

「どうして時間教えたの?」

と聞いたら、へ?何も言ってないけど、と答えるではないか。顔つきからして本当のようだ。誰!? 私に話しかけた人!?


洗濯機の中からだんなさんのソックスが片方だけ消える。落としたのかと思って家中探しても見つからない。洗濯機や洗濯かごの裏にもない。もちろん外で脱いだりしない。


妖精かな。



【2012/08/29 10:43 】 | つれづれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
憧れの人たち
毎月届くのを楽しみにして、お風呂の中でじっくり読んで(眺めて)いる雑誌がある(マイクロサウナいいよー、雑誌がシナシナにならないのだ)。それが「クロワッサンプレミアム」

「読むと、50代がもっと美しくなる新雑誌」がキャッチコピーだそうだからちょっとだけターゲットは上。でも、専属のモデルさんもゲストもコラムニスト(島田順子さん)も私のツボにぴったりと合って、こういう50代になれたらいいな、こんな洋服が買えたらいいな、と読むたびに思う。いずれもハードルが高くって、その1部しか真似できないのだけれど。


今月の表紙は、昔から憧れの人だった秋吉久美子さん。ルックスは勿論のこと、書く文章も趣味も彼女らしいスタイルを確立していて大好きなのだ。


クロワッサンプレミアム2 クロワッサンプレミアム1


最近ショートにしたらしく、それがまた素敵。今結構近い髪型をしているので真似っこさせてもらいたい。ハイライトの入れ方も秋らしいね。


ところで今、ジムでプラチナローラ「ReFa(リファ)」の試用キャンペーンをやっており、あのRefaに新モデルが出て、みな興味津々なのである。





24900円...高い...。でも確かに吸いつき具合はすごい。楽天等で低価なものがあるけれど、ものすごく偽造品が多く、お風呂で使っていたら剥げてきた(正規品は大丈夫)というケースが多いとエステシャンに聞いた。


「KYOちゃん、買ったら?」
「いやいや、○○ちゃん買ってみ?」


と牽制し合っている(笑)。もしももしももしも購入した折には体験記を書かせていただく。


そして、イメージモデルの賀来千香子さんも数ヶ月前にクロワッサンプレミアムで表紙を飾った。同じく憧れる素敵な方である。そこにいるだけで華のある人。



クロワッサンプレミアム3


輝く(笑)50代を目指そう、内から外からね。



【2012/08/29 09:59 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
翻訳者としての資質
先週はお勉強週間。午前と午後1日中かかるセミナー2日間に参加してきました。おかげで只今仕事中。フルタイムで出勤している方にとっては時間帯も内容も日常どころか日常よりも楽なのでしょうが、在宅仕事に慣れてしまった身体にはなかなか厳しいものでした(汗)。朝、電車に乗って時間通りに決められた場所に行く--ただそれだけのことがプレッシャーとなり、前の晩は晩酌も控え(笑)早めに寝るという気の遣いよう。フリーランスのつけですね。


セミナーや勉強会に出席すると、必ず目から鱗の情報が手に入ります。何年、何十年やっていてもまだ自分が初歩的なミスを犯していることに気づかされます。先生がおっしゃっていたように、翻訳って奥が深いどころか底なし沼。学ぶことに限界がありません。だからこそマンネリ化して単調な仕事の繰り返しに慣れきってしまうこともないのですが。大半の仕事がそうかもしれないのですけれど。そして、同業者との情報交換はフリーランスにとっては特に重要です。1人社長、1人秘書、1人営業ウーマンのKYOKOですから。


残念ながら内容についてはここで紹介することができません。ただ、脱線話で先生がおっしゃったことに大きくうなづいたので書いておきます。


翻訳者としての資質に欠ける人の3条件があるそうです(もちろん、何事にも多く例外があります)。

1.高齢であること

2.高学歴であること

3.男性であること


ちなみに先生は3条件をすべて満たしています(笑)。


この言葉はおそらくある種の皮肉か逆説であり、本来は、高年齢であることは多くの知識や経験を備えていることにつながり、高学歴であることは、高い知識と教養を身につけ、それに伴った優れた職歴を有していることにつながり、男性であることは、論理的な思考が得意であり、社会経験が豊富であることにつながる、という傾向があるように思います。本来ならば、この条件は優れた翻訳者の条件であってもおかしくはありません。


では、なぜこれらが翻訳者の資質に欠けた人の条件に挙げられたかというと、この業界(特に技術分野)に属する男性は、最初から翻訳者を目指したという人よりも、定年後や転職後のメーカーの技術者や研究者が多くを占めます。そうした人々の社会人経験は翻訳には大きく貢献するものの、実務の上では言葉を操る繊細な文系的センスも必要とされるため、新たな思考回路を開拓するという意味で、初心者としてのスタートラインにつかなければならない部分もあります。

自分も含め、脳はだんだんと固くなります。若い人には到底かないません。高齢者は新たな知識を吸収し、それを弾力的に応用することが難しいのです。ある一定の地位にいた高齢者、高学歴な人はなおさらそれを受け入れ、若造や女の子に教えを請い、謙虚に間違いを認め、矯正していくことが難しいのかもしれません。ほら、皆さんの周りでも1人や2人はすぐに思いつくでしょう。

翻訳という仕事は研究職ではなく、サービス職に近いものなので、クライアントと自分との間の妥協点を模索しつつ、いかに柔軟にbetterな成果物を提供するかという能力も問われます。肥大したプライドを抱えた人にとっては最初は屈辱の連続となるでしょう(実際、この仕事ならちょっと勉強すればできるだろうと思って安易に足を踏み入れたなら、そのプライドはずたずたに引き裂かれるでしょう)。



繰り返しますけれど、例外はたくさんいます。ただ、尊敬する高齢/高学歴の優れた男性翻訳者の多くは謙虚で、信念を持ちつつも、人の意見に耳を傾ける柔軟性を持っているように思います。


あ、1はさておき(中年だからOK?)、2,3には当てはまらない私の翻訳者としての資質はどうでしょう。とりあえず「几帳面さに欠ける」という最大の欠点を治したいものです。



【2012/08/26 11:44 】 | お仕事・お勉強 | コメント(8) | トラックバック(0) |
ゲリラ豪雨&雷
何? 何なん?


お昼寝から飛び起きた。






最近、大阪は雷多すぎやね。


【2012/08/23 16:11 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
おばちゃんが独り言を言う理由
10年来の友達の名字を失念し、ア行の欄からつぶやいてやっと思い出した。いくら名字を言う機会がほとんどないとはいえ困った。こんなことはしょっちゅうだ。

TVで柴田理恵さんが、「どうしておばちゃんは独り言を言うのか」という問いに答えていた。

「言ってないと忘れるのよ!」


確かに。スーパーでも、えっと、今日はカレーを作る予定だから、ジャガイモと、牛肉と、ブロッコリーと・・・、などとぶつぶつ呟いてしまう昨今(笑)。これは別に世にアピールしたいがためではなく買い忘れを防ぐ手段なのである。メモ書きすればよいのだろうがそれも面倒。

家の中でも、仕事部屋からいざリビングに来て、はて何をするんだったのかと呆然とすることがある。そのときも「爪切り、爪切り~」などとつぶやきながら行けばいい。もうかなりヤバい。


4、5年ほど前、あまりに頭痛が頻発し、脳のCTを撮ってもらった。脳腫瘍も心配だけど、脳の委縮も心配だった。結果、むしろ普通の人よりも詰まっている?というようなことを言われ安心した。でも、4、5前だから既に委縮しかけているかもしれない。


そんな悩みを抱える同業者がいればちょっと朗報。NY TIMESでこんな記事を見つけた。「The Bilingal Advantage」(残念ながら英語です)。日常的に2ヶ国語を使う人はアルツハイマーを発症しにくいという内容。バイリンガルというにはおこがましいけど、とりあえずは常に2ヶ国語に触れている。


最近物忘れがなぁ、と考えている人は語学の勉強をしてみればいかがだろうか。脳の今まであまり使わなかった場所が活性化されるかもしれないよ。



【2012/08/23 09:07 】 | つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
国破れて山河在り
お風呂から上がってふとテレビをつけたら、プロゴルファーの尾崎健夫さんと女優の坂口良子さんの結婚式の模様を放映していた。ふーんと何となくそのまま見ていると、尾崎三兄弟(20代や30代そこそこの人は知らないかも)がお祝いの歌を歌い始めた。二男と三男の歌うゆずの「栄光の架け橋」がものすごく上手いのだ。

そして、みんなに乗せられて長男のジャンボ尾崎さんも歌を披露することになった。私はゴルフはあまり興味がないので「ジャンボカット」(分かる?)くらいしかジャンボ尾崎氏に関する知識がないのだが、これまた弟たちをしのぐ素晴らしい歌唱力である。


ちなみに「ぴったんこカンカン」で特集されたこの日の結婚式は、全く関係ない私まで泣いてしまう(結婚式には弱いのだ)芸能人の公開結婚式には稀に見る素敵な式だった。酸いも甘いも嚙み分けた新郎新婦の大人な人柄、家族の絆、素朴でほのぼのとした故郷の式場、最後の良子さんの娘さんの杏里さんの両親にあてた手紙--泣かせどころ満点なのである。思いもかけずいいものを観せていただいた。


ジャンボ氏の歌ったのは五木ひろし氏の「山河」(作詞小椋桂、作曲堀内武雄)という曲だった。詩、曲共に素晴らしい曲だったので皆様にも紹介したい。松山千春氏の「空と大地の間で」を思わせるような壮大な歌だ。







五木ひろし氏の歌唱力は国宝級だ。また、小椋氏の訥々とした歌い方もいいし、堀内氏の歌もぐっとくる。この曲に限っては堀内氏が一番しっくりくるように思う。大ヒットしてもおかしくないと思うけど。


しかし、演歌にこのように心惹かれるとは、私もいい年代になったものだ(笑)。一つ言うと、大震災を経て、美しい日本の自然が失われることの恐れと喪失感や、故郷や家族への郷愁みたいなものが、この歌からインスパイアされるのかもしれない。


「国破れて山河在り」というが、今の日本はちょっと違う。



A-nation.jpg


PS.同じ歌でも週末、だんなさんは夏フェスの「A-nation」へ。チケットがあるからと誘われたけど私はパス。予想通り、若い子たちの中でかなり浮いた存在だったようだ。まさかEXILEが好きだったとは(笑)。



【2012/08/20 09:34 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
ひらめきのストーン
今年ももう半分以上が過ぎた。こうしてお盆休みも休まず、キーボードをカタカタと打ち鳴らしている。翻訳とは、頭脳労働というよりも肉体労働に近いと思うことが多々ある。でも、同業者のY嬢がブログで語っているように、何年も前にした仕事や勉強、もしくは何年にもわたる積み重ねが、ある日、ふっと現在の仕事につながって目が開かされる瞬間がある(抽象的な表現で分かりにくいと思うけど)。ものすごく大袈裟に言えば、ヘレンケラーの「Water!」みたいなこと。それが苦しさをちょっと和らげる。


頑張っているね、と自分へのご褒美(笑)に一目惚れしたリングを購入した。ある若い時期、宝飾品にはまってリングも続けて購入したことがある。でも、いつしかそんなものへのこだわりが亡くなってvivian westwoodの三連リングを何年もつけ続けていた。それが今、また「石」が気になり始めたところである。以前とは違って、安価でも自分の気持ちにびびっと来る石(高級で価値の高い石はやっぱり綺麗。でも等身大の自分にはしっくりこない)。


今回買ったのはラブラドライトのリング。


ラブラドライトリング1

ラブラドル長石(ラブラドルちょうせき、labradorite、ラブラドライト)は、曹灰長石(そうかいちょうせき)とも呼ばれる斜長石の一種。宝石ではなく準貴石としてラブラドライトという名前で販売されている。光をあてるとイリデッセンスという特有の虹色の輝きを示す。この現象は遊色効果であり、ラブラドル長石のものは特にラブラドル効果、又はラブラドレッセンスと呼ばれる。
(by Wikipedia)



スピリチュアル系にはあんまり興味はないのだけれど、この石の効果を調べてみた。


ねたみ、嫉妬、憎しみ、失望、うつ状態などのマイナスな感情を吸収し、平常心を保たせ、自分を素直に表現できるようにしてくれる。ストレスや悪いエネルギーからの要因で起こる精神的な損傷に対して効果的で、精神を安定させ、調和、温かさ、癒しを与え、心身を回復させる。ラブラドライトはひらめきの石と言われ、想像力や創造力、直感力を高め、インスピレーションを与え、深く眠った魂レベルでの意識、記憶を目覚めさせ、潜在能力を引き出して才能を開花するので、クリエイティブな仕事をする人、芸術家、デザイナーなどにお勧め。


ラブラドライトリング2


うん、翻訳者にはお勧めの石かも(笑)。ラブラドライトは光や見る角度によって色や輝きが異なり、またその輝きや表情は1つとして同じ物がないためにコレクターも多いのだという。このリングは見つめていると深い海のような色。すごく気に入っている今のネイルとの相性もいい。


さて、もう一仕事。



【2012/08/17 11:59 】 | お買物 | コメント(2) | トラックバック(0) |
男ですいません
翻訳会社って昔はちゃんとお盆休みを取っていた気がする(うろ覚え)。でも、このお盆期間中、ちらほら依頼のメールや電話が入ったり、ファックスが届いたりする。つまり、翻訳会社だけでなく元クライアントも仕事をしているようだ。不況の影響だろうか。実家はサービス業、自分も製造業関係の仕事に就いたことがないので、何となくお盆休みと言われてもピンと来ず、街に出て閉まっているお店などを見たり、閑散とした電車に乗ったりして、あ、世間は夏休みなんだなと思う。

我が家は結婚以来、なぜだか夏休みは9月と決めていて今年もその予定。したがって、ちまちまと旅行費用の足しにこうしてPCに向かっている。休みでもないのに少し休み気分が伝染し、ノルマがなかなか進まないのが痛いところ。休憩中に溜まりに溜まったドラマを1本ずつ消化しているせいもある。


さて、休憩中のつぶやき。ふと思いついたことをお隣の同僚に吐き出せるのが会社員生活の(多分)最大のメリットの1つ。その時だけはOLやりたいーと感じる。


どこがどうとは説明しがたいけど、生理的に嫌だと思う人や物やことってあるよね。それが一般的に人気だったりすると、期せずして相手の気分を害することになるので怖い。だからブログには好きなことやものや人は書くけど、嫌いなことや物や人って書きづらい(レビューは別)。でも今日はちょっと毒吐き。サザンの桑田さんが何だか嫌い。「風の中のナウシカ」5分観て飽きる。。それとこのCM。







このシリーズ、キャッチコピーは「男はサイテーでサイコーだ」「男ですいません」。このCMにはちょくちょく遭遇して、そのたびに気持ち悪っと言ってしまう(シリーズのどの作品でもそうで、上記のは割とましな方)。なんでだろう。女の子たちが集まって女子会ノリではしゃぐ逆パターンなら平気な気もする(か?)。缶コーヒーを飲むのは男性が圧倒的に多い気がするので、メインターゲットはちょうどここに出てくる男性たちだろう。男性らは、このCMを観て「そうそう、あるある、男ってバカなんだよね~♪(でも男ってイイ)」って共感するのだろうか。もしくは女性らは「男って可愛い~♪」と萌えるのだろうか。


客観的に見ると、よくできたCMなんじゃないかとも思う。でもイガイガした感じが残るんだよね、なぜか。と思っていたら、知人(男性)がブログでこのCMを絶賛していた。ほらやっぱりリアルで嫌いなものを吐き出すのは危険。




【2012/08/16 17:31 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
指先に滝 (summer waterfall)
夏も終盤戦。オリンピックも終わったし、朝型に早く戻さないと。我が家はお盆休みとは無縁で通常通り営業中。きっと今頃優雅に夏季休暇中の翻訳者さんの代わりにどんどん引き受けたよ(涙)。


これも初めての挑戦で涼しげなホワイトのネイル。パールホワイトのグラデーションに左手の親指と右手の薬指にランダムですべて白色の大小スワロをあしらった。


2012ホワイトネイル


イメージは夏の日の滝。



【2012/08/13 10:29 】 | 今日の着せ替え | コメント(0) | トラックバック(0) |
ジョーの再来
淋しいがオリンピックも終わりに近づいてきた。

サッカー好きのだんなさんは早めに帰り、連日4時に目覚ましをかけ、サッカー観戦に勤しんでいるが、私は30分くらいお付き合いして大抵は半分くらい眠りこんでいる。彼の影響から、そしてバッジオに出会ってからサッカーを好きになったわけだけど、そう思うと、根っからのサッカーファンではないのかもしれない。というか、男子は試合が始まる前の鬼気迫る気迫から(笑)韓国に勝てる気がしなかったせいでもある。


一方、だんなさんが早めに仮眠をとっている間、興奮した試合がある。格闘技好きだった父親のそばで小さなころから観ていたボクシング。どちらかと言えば、この熱の方がずっと長く熱く自分の血の中には流れている気がする。特に好きなのはライトよりもヘビー級。ボクシング男子ミドル級(竹原慎二さんがここね)の村田諒太選手は準決勝まで進んでいた。このクラスでアジア人が活躍するのは、私の記憶でも珍しいことだ。おまけにイケメンである。


明日のジョー


憧れてやまなかったジョー(山Pは意外と実写では近かった)。ちなみにジョーはバンタム級(亀田興毅君がここね)である。

おっちゃんよ…
このさいはっきりとことわっておくが バンタムというところはな
バンタムというところはあの力石徹が命をすててまで おれとの男の勝負のためにフェザーからおりてきた場所なんだ
それでなくてもリミットぎりぎりだったっていうのに―さらに一段おりてきてくれたんだぜ
いまのおれの減量苦なんぞ比じゃねえ
それこそ地獄の底をのたうちまわる苦しみだったろう
ちょっとくらいつらいからってサヨナラできるかよ
生涯の敵―生涯の友との古戦場バンタムによ


有名な最後のセリフは皆様ご存知だろう。

燃えたよ・・・
まっ白に・・・燃えつきた
まっ白な灰に・・・


村田選手の試合でも、1人で「打て、打ちこめ、そこだ! そこだ!!」と低い声が出る。外から見ればかなり危ない光景である。これがサッカーだと「きゃ~」と可愛い嬌声(笑)になるのだが。


4時に起きて日韓戦を観ただんなさんに言う。第3ラウンドで大逆転を果たした村田選手の試合の方がどれほど観る価値があったことかと。



「ジョーっぽかったよ!」と言っても反応が薄いので、「ジョーに熱中しなかったん?」と聞くと、いや僕が好きだったのはコレだと。


ど根性ガエル


ああ、だからKYOKOちゃんが好きなのね。



【2012/08/11 13:48 】 | 時事社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
いろんな花火たち
デジカメの花火写真届く。


2012花火4   2012花火5


花火ってどうしていろんな色や形ができるんだろう。


2012花火6


しだれ柳みたいなこれ好き。


2012花火7  2012花火8


ペパーミントグリーンの花火って爽やかだね。


今も目に焼き付いてる。




【2012/08/10 09:03 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
スペインを食しつつ
花火の日がやってくると、夏もピークだなという気がする。暑い暑い、やってられないわ、早く秋が来ないかと毎日祈っているけれど、この日は別。道には浴衣姿のお嬢さんの姿がたくさん見える。日本の夏っていいなと実感する。今年は6名で花火をアテにパーティ。


2012花火1


エアコンの効いた部屋の中から(笑)観る花火は格別。みんながいろんなものを作ったり買ったりして持ち寄ってくれてテーブルの上は食べ物でいっぱい。これはまだ一部。

S嬢の力作チリコンカンをトルティーヤで包んで食べる、ビールに合うわ!(写メ取り忘れ)。ちょっと贅沢してビールはハートランドとエビス。


2012花火3

最近のお気に入りは「ヴァルデパブロ・サングリア」。サングリアを作るのは面倒だけどこれなら簡単。ロックでもソーダ割りでも美味しくって、そんなに甘くなく、7.5度のこれはあんまりお酒に強くない女性にもお勧めし易いのでこのところ常備している。当然チリコンカンにも合うし、これがスイーツにも合うんだな。


忘れてた。この日の主役は花火だった。PLの花火が実家から見える知人に言わせると、ここの花火は子供だましだそうだ。でもこのサイズが私には何となくちょうどいい。


2012花火2
(向かいのマンションは屋上開放してる)


写メだとこの程度。でも、リアルに見るともって迫力があって綺麗なのだ。S嬢が持ってきたデジカメの望遠で素晴らしいショットが撮れているはずなので期待。キティちゃんの花火を見逃したのが返す返すも残念。


あと何度、こうして花火を観る機会が持てるだろう。花火だけは皆でワイワイと騒ぎながら愛でるのが良い(二人でしっとりというのも良いが今はちょっと卒業)。いつも静かなご夫婦二人のお隣さんからも、小さな子供たちの「たーまーやー」という声が聞こえてくる。


後は残暑を耐えるのみ、2012年夏。



【2012/08/09 09:45 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
SIMPLE & TASTY-夜食のお供
ラーメンってそれほどの大好物というわけではない。特に最近人気の豚骨系やこってりタイプのラーメンは苦手。胸やけしてしまうんだなぁ(悲)。ただ、焼ソバと同様、ときどき無性に食べたくなるのである。好きなのはすっきり透明な鶏ガラスープで麺細め。なかなかこれといったお店には出会わなかった。

でも、友達に連れていってもらった「麺や 紡」(この日の日記を参照)はほとんど私の好みにどんぴしゃだった。悲しいのは、ついに土日の営業も止めて平日の昼間の数時間だけしか開いていないこと。こだわり派のオーナーなのだ。しかも、開店前から数十分から1時間以上も戸外で並ばねばならないと思うと、真夏には到底無理な話。

「紡」の鶏ガラスープ、久々に飲み干したいと思っていたら、某通販サイトで比内地鶏の美味しいラーメンが手に入ると教えられた。それが「林泉堂」の楽天市場店である。



楽天ならばポイントも十分溜まっている。とりあえずサマーセール中の定番ラーメンを注文した。


 
(送料込みでこのお値段!)


美味しいメンマとチャーシューも用意し、だんなさんが(笑)週末に作ってくれた。


「うそ、本当に美味しい!」

「旨いんじゃない?6食1000円?」



さすがに「紡」や他のリアル店舗の名店とまではいかないまでも、私にとってはその辺のラーメン屋よりもずっと美味しい。ゆで時間5分と書いてあったが、ちょっと柔らかすぎたので3分半~4分程度で良さそう。塩ベースのスープは美味だけど、ちょっと辛めなので薄め方に注意。乾麺だから保存が効くので、非常食用に坦坦麺何かと一緒にリピしておこうと思う。


これで急なラーメン舌にも対応できる。夜のラーメンは実に危険なんだけどね。





【2012/08/06 09:29 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
きっとどこかで
昨日、DELLのパソコンのアップについてTaka様よりコメントをいただいた(こちらでお返事しますね)。

私は別にDELLファンというわけではないけれど、この10年くらいDELLのPCをリピートし続けている(やっぱりファン?)。Taka様もおっしゃっている通り、この仕事、特にハイスペなマシンは必要ないと思う。特に私はほとんどがWORD原稿で納受品。翻訳ソフトも特に使用していないので、そんなに大した機能を使用しない。だからDELL程度(笑)でも十分なのである。しかし、今後はDELL以外のメーカーにも着目して、研究してみようと思う。

PCはヘビーユーザの我々にとっては消耗品である。Taka様は3年毎の買い替えだそうだが、私もその程度だろうか。よって何よりも選択基準はコスパである。だが、現在のDELLデスクトップは4年くらい使い続けてしまった。特に大きな不都合はないが、さすがにパワーも落ちてきて、買い替え時期という気がしていた。今年度末には経費算入のためにも新マシンに入れ替えたい。Windowsも7に統一したいし。

でも、これって反エコでもったいないなぁと思っていたら、Taka様が「寄付はできないのか」というコメントをいただいた。今まで全くそれについては考えたことがなかった(汗)。そうだよね、家庭用家電でお金を出し手引き取ってもらうのなら、まだまだ現役のDELL、どこかで活躍してほしい。

そこでちょっと調べてみた。ユニセフはどうも中古PCの取扱がなさそうである。その時に見つけたサイトがこちら。「パソ貢献プロジェクト」。ここではカンボジアの子供支援と東北被災地支援を行っている。なんと送料は無料なんだね。

買い替えは年末になりそうなのでまだ検討する時間は十分ある。モニターは結構なお金を出してワイドスクリーンを買ったので使いたいという未練もある。次こそDualかなぁ。おそらくご同業者の皆様は、私より多くのPCをお持ちで、高頻度で買い換えて(あるいは作り変えて)いるのではないかと予想する。いいアドバイスがあれば是非とも!



【2012/08/03 09:18 】 | お仕事・お勉強 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ばさばさに憧れて
まつ毛エクステをやっている人など、20代などの若い女の子を除けば(私の周りでは)ほんの数年前までは少数派だったように思う。最近はジムでもまつエク派も増えてきた気がする。意外と40代主婦でもいるのだね(お風呂でも取れないし、あり得ない長さなので分かる)。

私自身は30代の頃に1年間くらい続けたことがあるけれど、ばしゃばしゃ顔が洗いたいし、うつむき寝も時たまやってしまうため、やがて断念した。プロは否定しても、やっぱり元々濃くて立派な睫毛の人でないと、自睫毛の痛み具合も大きいし、取れる速度も早い。常に綺麗に維持するにはコスパが高すぎかなぁ。

でも、睫毛って結構人の雰囲気を左右する。姪なんかは高校の時から睫毛命(最近の女子中高生はそうだよね)で、化粧品を1つしかしてはいけないとしたら一択でマスカラだという。口紅は大本命。チークだという人も結構多い。私は日焼け止め(BBクリーム)かしら。


姪の結婚式を機に、久しぶりに睫毛熱に火が付いた。上記の理由からエクステよりはやっぱり付け睫毛だろうか。ダイソー等の百均つけまも値段的には魅力だけれど、さすがに我々の年代では痛々しい気もする。光に当たるとピカピカ光るのだ。

そこで私のお勧めは「RMK」のつけまつげ。その中でも特にハーフサイズの4番が使い易い。



RMK アイラッシュ N 04

RMK アイラッシュ N 04
価格:1,365円(税込、送料別)




お値段はフルなら1500円、ハーフなら1300円と百均とは1桁違うが、さすがに自然で根元部分も透明なので付けた感が相殺される。器用な方ではない私でもハーフなら失敗せずにちゃちゃっと付けられる。もちろん1回ではなく何回もリサイクルする(笑)。安い商品が出たときを見計らってまとめ買いしておくといいね。


当然ながら、普段はこんな面倒臭いことしないけれど、気分を変えるには格好のアイテムである。老化とPC凝視で疲れ果てた目元もちょっと生き返る気がする(あくまで自己評価)。男性諸君も電車内でじっとご覧あれ。かなりの女性が装着済みだから。


しかし、上手い人は上手いね。きっと姪は5秒くらいで装着可能だと思う。


【2012/08/01 10:20 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。