スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
小林製薬ヒフミド-目当てはこっち
ジム友のS嬢とおしゃべりしながらジムの洗面台で身だしなみ中、ふとスパバッグに目が止まる。しかしS嬢、さすがに美意識が高い。最新のナノドライヤーも持参だ。ジムのドライヤーも一応イオン式なはずなのに。

「そのバッグ、可愛いね。ローラアシュレイっぽいけど、最近流行りの雑誌の付録?」

と聞くと、そうではないという。そして教えてもらったのが「小林製薬 ヒフミド」のトライアルセット980円なり。

なんとスパバッグ以外に、送料無料で10日間くらい使えそうな基礎化粧品がセットになっているのだ。楽天ポイントもつく。すかさず注文した。


ヒフミド


ちゃんと宅配便で届いたよ。目当てのスパバッグはさすがにペラペラ感はあるものの、中も3つに分かれていてジム用品入れにするにはベストである。シャンプー類と化粧品類が分けて収納できる。

さて、ヒフミドの方はまだ試していない。小林製薬の割に(笑)定価の商品は割と強気の値段設定である。ただ、1品からでも送料無料だし、トライアルを試してみて納得がいけばメディカルコスメだし、「アットコスメ」での評価はまずまず高い。

10月から心機一転、新たなバッグでサウナに行こう。お揃いさんが見つかるだろうか。


スポンサーサイト
【2011/09/30 10:01 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
わらしべ長者
とは違いますが・・・

セールで買ったノワの服が大きすぎたので、友人のIちゃんのケリーに譲ることにしました。

そのお返しに、小さすぎたから・・・と冬物のコートをいただきました。


Iちゃん服1


あと数百グラムでも太ったら入らなくなるわ。ベスト体重をキープしましょう(飼い主もね!)。


Iちゃん服2
(黒には赤が似合うわ、やっぱり)


でも本音を言うと、身長/体重ともにもう少しほしいところです(でした)(飼い主もね!)。小さいのは可愛いけれど、いざ飼い始めてみると骨折リスクやスタミナが気になってきます。成長期はとうに過ぎてしまいましたが。

ただいま、ちょうど2歳と1ヶ月。人間ならば娘盛りの頃かしら。



【2011/09/29 12:36 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
鳥取旅行記(IV)-骨を埋めるならば
「境港」はゲゲゲの鬼太郎の故郷でもありますが、日本界屈指の漁港でもあります。

海育ちの私は、体内のDNAに組み込まれているかのように海と魚が大好きです。ホテルの中の居酒屋があのレベルであれば、街中のレストランはいかばかりか。肉食派のだんなさんもこの旅行ばかりは肉ではなく魚を食べまくりました。

といっても高級料亭を巡ったわけではありません。地元民も愛する「市場食堂」やその辺の定食屋。その中でも驚いたのが、ホテルの方がお勧めしてくださった「回転寿司 北海道」です。

11時40分前に行ったところ、11時半の開店でありながら、既に行列は20人待ち。期待が膨らみます。チェーンの回転寿司といえど侮るなかれ。境港直送のその日のお勧めがずらりと並んでいます。


北海道 回転寿司
(米子なのになぜに北海道?)

お腹一杯になりそうなシジミ汁でスタート。取れたての白ばい、アジ、中トロ(でかっ)。ウニはこぼれおちんくらいに大盛りです。

旅の締めは「境港水産物直売センター」でのお土産の購入。

鳥取18

天然ハマチ1本1500円のところをさらにまた「1000円でいいよっ」というお兄さん。もちろん3枚におろしてもらいます(笑)。箱いっぱいの甘エビも1500円を1000円で。お決まりのモズクを1kg。日本海で一番美味しい魚だというノドグロの干物、etc・・・。帰りはだんなさんの実家に寄らせてもらうつもりなのでどんどん買いこみました。

「米子に転勤で住むとしたらどう?」という京太郎さんのようなセリフに、

はるみと違って「百貨店もないようなところは嫌!」(米子の方々、暴言すみません)

と旅の最初は答えた私だったけれど、海岸を散歩し、美味しい海の幸に舌鼓を打つ毎日もいいなぁという想いが湧きあがっています。出会った人々はみんな親切でした。翻訳は基本どこでもできる仕事ですし。

さて、次はどこの漁港を旅しましょうか。


【2011/09/28 09:11 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ミナミの夜は・・・
日頃は滅多に訪れないミナミの夜。やっぱ濃いわ。松竹座はかに道楽の斜め前、道頓堀川のすぐそばにある。

松竹座から出た御堂筋沿いでだんなさんの車を待っていると、ミニスカにヘルメット?ミニスカポリスばりの格好で若い女の子が音源持参でマイクを持って歌い始める。キャバクラかガールズバーの呼び込みかなぁと思ったけれど、どうも違うようだ。ルックスはアイドル顔負けでものすごくかわいらしいのだが、歌の内容はあやまんJAPAN風味である。30分!も待たされている間、ひとしきり歌い続け、おもむろに挨拶してゴロゴロを引っ張りながらミナミの町に消えていった。とってもシュール。


村上みな


後で聞くと、彼女は「なにわのスーパーアホドル」こと村上三奈さんというそうだ。行き交う人をそのギリギリのパフォーマンスで釘付けにし、梅田ストリートライブにて10分間で600人を集めるという伝説を作ったという。もしかして私、ラッキーだったのだろうか。


だんなさんの車が現れると、ノワが助手席から顔を出すではないか! 久しぶりに二人でミナミの夜をぶらついて美味しいもの探しをしようと思ったのに・・・。最近私、家庭でおいてきぼり、二の次な気がしている。まぁいいか。連休の日のお留守番は可哀想だもの。気を取り直して、堀江のドッグカフェに向かった。

堀江はお洒落な家具屋やカフェが立ち並ぶ場所で有名で、ワンコ同伴可のお店も多い。勝手にワンコ通りと名付けた道にカフェが2軒と、トリミングサロンなどが並んでいる(他の通りにも犬を連れて入れるカフェが何軒かある)。今回お邪魔したのは「Bacaro BACCAGIO(バーカロ バカージョ)」。犬用のメニューはないが、お水を可愛いお皿で用意してくれる(テラスのみOK)。

これからの季節が1年で1番好き。テラスに吹く夜風に当たりつつ飲むワインは最高だ。このチェーン店は食事も結構本格的で美味しく、サラダ、ボロネーゼ、生ウニいっぱいのオムレツ等々をアテに夜を楽しんだ。隣の席はダックス君2匹。夜も更けてきたというのに、結構人が通り過ぎ、犬連れの人も少なくない。

堀江、何だか住みたくなってきたよ。繁華街にも自転車で行けそうだ。仕事場兼遊び用のワンルームでよいから。


次回は別のドッグカフェを訪れる予定。



【2011/09/26 08:51 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(0) | トラックバック(0) |
9月大歌舞伎-お帰りなさいませ
鳥取旅行記はひとまず後回し。連休真ん中は楽しみにしていた歌舞伎見物。ミーハーな私は、騒動後の海老蔵を見たかったせいもある。海老蔵が大阪にやってくるのは確か2,3年ぶりだろう。


9月大歌舞伎


<演目>
一、猿之助四十八撰の内 華果西遊記(かかさいゆうき)
二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
三、幸助餅(こうすけもち)



成田屋、歌舞伎十八番の演目「勧進帳」父子揃っての登場だ。私のすぐ横で「成田屋っ!」の掛け声がかかる。團十郎さん、ちょっとお疲れかなぁ。声に張りがない気がする。僭越ながら海老蔵さんはどうも元気が空回りというか一本調子であんまり好きな演技ではないのだけれど、やっぱり華はあると思う。あの睨みがあらゆる所で全開で、ぐっと来るのである。マオさんとの間にあの眼を受け継いだ跡取りができるかしら(笑)。

「勧進帳」ももちろんよいけれど、私は「華果西遊記」のようなエンターテイメント性あふれる華やかな舞台が好き。手品あり曲芸あり。そして衣装が素晴らしい。蜘蛛女の金と黒の着物は、まるでファッションショーのように目を奪われる。レディーガガに見せてあげたいわ。私は衣装好きなので、どうも演技よりも着物に注目してしまう。日本人の美意識やセンスの繊細さと大胆さに改めて感動する。

海老蔵さんは今回の出演料全額を震災基金に寄付するという。私のチケット代も少しお役に立てたか。


実は腰が今一つまだ本調子でないのと、3幕4時間超は疲れるので2幕で松竹座を後にした。並んだ良席が1枚しか入手できなかったので、おひとりさま観劇。

でも、だんなさんがお迎えに来てくれるというのでここからはミナミの夜へ→



【2011/09/26 08:49 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(2) | トラックバック(0) |
鳥取旅行記(III)-ノワ、鬼太郎と出会ふ
NHKの朝ドラマ「ゲゲゲの女房」も見ていなかった私は、こんなブームが起こっていたことは全く知らなかったのです。一応、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげる氏の故郷、境港に「水木しげるロード」なるものが存在していることは何となく記憶していたので、ちょっと行ってみようと提案しました。

多分、鬼太郎や目玉おやじ、一反木綿などのオブジェが並んでいる通りなのだろうと想像し、お気に入りの妖怪、猫娘を激写しようと思った次第です。

ところが、閑散とした港を通り過ぎ、一歩鬼太郎ロードに足を踏み入れたところ、何ということでしょう、この台風の真ん中だというのに、家族連れで通りは祭りのように賑わっているではありませんか。

あの出雲大社の駐車場が無料であった一方、水木しげるロードに隣接する民家の庭らしき駐車場は1回500円を徴収されます。このブームのおかげでいい収入源ができましたね。町おこしとしては大成功の部類でしょう。

オブジェを撮影して終わるつもりが、生鬼太郎と生猫娘が登場しました。猫娘と2ショットで撮影しようと思いましたが、さすがにいい歳のマダムと猫娘では・・・(笑)


鳥取7 鳥取10


代わりにノワと鬼太郎で。妖怪屋敷やら妖怪饅頭やら、妖怪だらけで子供たちは十分に楽しめると思います。


さて、次回は鳥取美味しいもの編で締めくくります。

【2011/09/22 09:59 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(4) | トラックバック(0) |
鳥取旅行記(II)-ノワ、神様にお祈りす
台風の隙間を縫って、2日目は奇跡的に強い日差しで汗ばむほどの天気となりました。

出雲の国(神の国)に行ったならば、「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」のおられる「出雲大社」に是非とも行かねばなりません。

「だいこくさま」と申せば、出雲の神さま、出雲の神さまといえば「縁結びの神さま」と申しますが、この「縁結び」ということは、単に男女の仲を結ぶことだけでなく、人間が立派に生長するように、社会が明るく楽しいものであるように、すべてのものが幸福であるようにと、お互いの発展のためのつながりが結ばれることです。だいこくさまが「福の神」と慕われ、すべての人々から広く深く信仰をおうけになっているのも、この「むすび」の御霊力(みちから)、いいかえれば、愛情を私たちに限りなく、そそいで下さる神さまであるからです。
(出雲大社HPより抜粋)

脇汗(笑)をしたたらせつつ出雲大社に一歩入ると、木々のマイナスイオンで一瞬のうちに爽やかな気分になります。神社にはマイナスイオンというだけでは説明のつかない不思議な気配が満ち満ちています。今流行りの言葉で言うならばパワースポットでしょうか。


鳥取4


出雲大社はワンコOKと聞いたので、広い境内でノワもその恩恵を得させていただきます。そろそろ素敵な彼氏か♂友達でも作りたいでしょう。


鳥取3 鳥取2


良く分からないまま、牛と馬の頭を皆がなでていたので私もなでておきました。だから馬と牛の頭はつやつやと光り輝いています。いい顔だー。後で調べてみると、これは子宝を授かる安産の神馬とのこと。まあいいか(笑)。

縁結びもよいけれど、健康を願うお守りを買いました。ここの縁結びのお守りは自分で買うよりも人から貰った方がご利益があると聞きます。婚活中の方々のために買っておけばよかったかしら。


鳥取6


歩き回って疲れた後はやっぱり出雲そば。おぜんざいも実は出雲が発祥の地だそうです。本当でしょうか。2段くらいなら軽くぺろり。3段以上をお勧めします。友人らにも出雲そばをお土産として買いました。

今年は姪に付き合って京都の「LOVE注入、縁結びスポット巡り」もしたし、出雲の神様にもお参りしました。年内には伊勢神宮に行きたいなぁと密かに考えています。神社仏閣に今更ながら目覚めつつある私です。父は亡くなる数年前から少しだけお遍路参りを始めました。日本人とはそういうものなのかもしれません。


さて、次はうってかわって新しい観光スポットへ→




【2011/09/21 09:20 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
鳥取旅行記(I)-ノワ、温泉を満喫す
久しぶりの「ノワと旅する」シリーズを何回かに分けて書こうと思います。今回の旅の行き先は鳥取。西日本はまだまだ伊豆や箱根など東日本と比べてワンコと同室で泊まれる旅館やホテルが少ないです。その中で、旦那さんが見つけてきたホテルがコチラ。

「ベイサイドスクエア皆生ホテル」

部屋付き温泉のある「デラックス&オーシャンビュー&スパ」のお部屋にしました。ビーチは目の前! しかしながらお部屋にバルコニーがないのが1点減点です。


鳥取13


チェックインを済ませると、ワンコ棟に向かいます。この正面のドアの向こうは一般客向けの棟で、そこから向こうに犬は入れません。でも逆にこちらはみな犬連れなので安心して廊下を歩けます。各室からキャンキャンという声が漏れてきます。友達はできるかな。


鳥取17


ベッドの脇にケージが1つ。そこにトイレを作ってやると、ちゃんととことこと自分で歩いてトイレに入っていきました。2歳ともなるとお利口さん。



鳥取12


残念ながら、キャンセルした前回ほどではないものの、今回も台風が迫ってきています。1日目の皆生温泉。日本海は次第に荒れ始めています。ドライブで疲れてしまい、到着した日は海岸沿いをお散歩し、食事はホテルの和食レストランにしました。これが意外と当たり!海の幸がさすがに美味しいです。


鳥取11 鳥取14


お腹が膨れた後、私は展望風呂や露天風呂のある大浴場へGO。だんなさんとノワは水入らずで部屋風呂。皆生のお湯はナトリウム・カルシウム塩化物泉で、湧出量は毎分4456.5リットル豊富な湯量を誇ります。源泉数は19カ所。源泉温度は27~83℃と高温で、主な効能は神経痛、リウマチ、慢性皮膚病、慢性婦人病などです。確かにこのプンと香る塩(ナトリウム)加減が健康にも美容にも効きそうです。毎日入るとつるつるになるのになぁ。

「ほ~、疲れが取れるワン」

と言っているかどうかは定かではなし・・・


珍しく観光スポットを精力的に回りましたので、次回はそのご紹介を。当分お付き合いください。


【2011/09/20 09:16 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
DNAの謎
時折思うのだが、人間の大まかな寿命は、事故等でもない限り、日々の生活習慣や行動には実は左右されず、生まれたときから元々のDNAで決まっているのではなかろうか。それに似た学説を読んだことがある。


遠足の前に熱を出す子供。試験の前に風邪をひく学生。よく聞く話。若い頃はそんなことはなかったが、最近になってその気持ちが分かる。ちょっと前になるが高知のUTOCO(ウトコ)ホテルへの旅行記を覚えていらっしゃる人がおられるだろうか。私は飛行機恐怖症が完治しないまま、高知への旅にチャレンジし、滞在中のホテルでは口腔内に巨大なデキモノが発生し、一睡もできず泣きながら帰途についたのである。

*知らないわという人のために

高知滞在中のある夜。いきなり歯茎にウズラ卵大の腫れが生じる。何とか行きつけの歯科医に連絡を取り、急遽空港からその足で飛び込んだ。急性膿瘍か何かで、電気メスで切り開いたところ、血と膿で口中があふれた。思い出すのも怖い出来事である。


疲れがたまるとわるさをする歯を一本抱えている私は、それ以来、旅行前には歯のことが非常に気にかかるようになった。あれが海外旅行の間だったらどんな惨事になっていただろう。

明日から旅行、近場とはいえ、念のため、歯科医院での3カ月おきの定期検診を少し早めて行っておくことにした。検診では特に問題は見られず、クリーニングと歯石取りを済ませておいた。だが、ホッとしたのもつかの間。水曜日くらいからなぜかシクシクと歯が痛む。手持ちのロキソニンと抗生物質を飲み、現時点ではやや収まっているが、どうも嫌な予感がする。

そう、歯の弱い私は、歯の手入れには結構気を使っている方だと思う。歯ブラシや歯磨き粉、その他のツールも相当持っているし試している。歯垢の染め出し液もちゃんと常備しているので、たまにちゃんと磨けているかもチェックする。基本的に歯の位置に合わせて2本か3本の歯ブラシと、歯間ブラシ。←これについてはまた今度紹介したい。

先日、だんなさんが歯がちょっと気になるというので、なだめすかし、何とか歯医者に行かせた。しかし、どうして世の中の多くの夫は病院に行かないのだろう。私の周りだけかもしれないが、結構それに苦労している奥様が多いように思う。子供ではないので無理強いできないのが歯がゆい。

ともかく、2年以上!歯医者に行っていなかったという彼曰く「特に問題はない。ただ、かぶせ物が古くなっているからやり変えた方がいいかも」と言われたらしい。なぜだ。2年も歯医者に行かず、歯磨きの時間も私の3分いや4分の1以下であろう彼なのに。アイスクリームとお菓子が大好物な彼なのに。

犬や猫は同じ兄弟姉妹でありながら、頑丈さに大きく差が出る。適当に人間の残飯をやっていた猫が20年くらい生き、手造りの食事で大切に大切に育てていてもすぐに病気になる猫もいる。人間もそうだ。睡眠不足で偏った食生活でめちゃくちゃな生活を送っていると見えるのに、日々の生活を謳歌している頑健な人々がいる。嘘か誠かあのイチローは大の野菜嫌いで野菜は食べないというし、サッカーの中田も同じようなことを聞いた。かと言えば、毎日早起きしてジョギングという素晴らしいスポーツマンがある日、急死したりする。

そんなとき、DNAだなぁと実感するわけである。

明日、台風も来ず、歯痛も治まり、無事夏休みをリベンジできますように。



【2011/09/16 10:22 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
CMの威力
私は今まで犬派でもなくベア派でもなかったのだが(猫派)、友達の付けている熊のストラップがあまりに可愛いことに気が付いた。これは洗剤メーカー、ファーファのキャラクターなのだという。

そして、YOU TUBEで人気が沸騰しているというファーファのCMも教えてもらった。





何、可愛すぎる。最近、香り付きの洗濯洗剤が大流行りだ。外人のお隣さんがやってくる編(ボールドのタッチでPon!。この外国人モデルも非常にキュート)。同窓会に洗濯洗剤の香り付きで登場する編(レノアハピネス香れば~♪ 普通は香水に凝るでしょ)、などなどのCMが記憶に残る。ファーファはドバイの香りがいいよ、と教えてもらい、いそいそと行きつけのスーパーに出かけてきた。

すこぶる単純。でも、台所洗剤や洗濯洗剤は今までに様々な物を使ってきたが、オーガニック等にこだわらない限り、実はさほど落ちも効果も変わらないんじゃないかなというのが正直な感想だ。こうした製品は1番CMに左右されがちだと思う。サブリミナル効果というか、TVで何度も何度も進められるうち何だかその商品を手にとってしまう。値段も悩むほど高くなく、化粧品のようにその有効性を調べるほどでもない。私のように、たとえば肌の敏感な赤ちゃんや、男子高校球児や、油汚れの気になる仕事の旦那様を家族に持たない家庭であれば、なかなか落ちない汚れって発生しないものだ。言ってしまえば、雰囲気買いのようなもの。ある意味、失格主婦である。

話を戻すと、当該スーパーにはファーファ商品は皆無であった。意外と今まで全く気付かなかった、何となくアタックNEO派だった私。ダウニーも何種類もあるのにね。お客様用紙に書けば入荷してもらえるのだろうか。

ちなみにファーファはネット上の下記のオンラインショップで購入可能である。



洗濯ばさみにものすごく心惹かれる。ノワの洋服など、これに干してあげれば可愛すぎて腰が砕けるだろう(爆)。




おなじみ「あったらいいな」の小林製薬は開発費用の10倍という広告宣伝費を投じているという。まさにね。



【2011/09/14 10:04 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
願い事をしよう
「満月に願い事をすると、願いがかなう」

などという乙女(笑)な発想を密かに隠し持つ私。



ある夜の雲


昨日の7時。マンション前にて不思議な雲に月が覆われているのに気づいてパチリ。実はよくあることなのかしら。


今日はね、満月だよ。



【2011/09/12 10:16 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
7cmヒールでも走れるか-By RegetA
さて、週末は近場だけど旅行だ。今度は台風も来ないよね。体調を整えて楽しむのだ。車で行く予定だが、頑張って歩こうとも思うので、初めてコンフォートシューズ(Comfort Shoes)なるものを買うことにした。

*足の健康を考慮して作られた履き心地のよい靴。外反母趾(ぼし)など、足のトラブルが急増していることを背景に注目されている。

コンフォートシューズは昨今のブームに乗り、様々なメーカーから販売されている。できれば安価で、しかも5cm以上のヒールのものを条件とした。

そこで、口コミで人気を集めているリゲッタを試してみることにした



このリゲッタは日本人の高本やすおさんというデザイナーが2005年に立ち上げたブランドである。GETA(下駄)をRe:(もう一度)『 Re:下駄 』で『 リゲッタ 』が名前の由来。前回、微々たる日本押しというネタを挙げたとおり、良い国産メーカーは応援したい。

『歴史ではヨーロッパの靴メーカーには勝てませんが、コンフォートサンダルに関しては世界一だと自負しています。』

『全ての女性の足にピッタリの履き物を作るのはどんなに技術があっても残念ながら不可能です。しかし私の技術であれば95%の女性を満足させる事が出来ると思っています。』


と氏は言う。大きく出たね。楽天やアマゾンでのレビューもすこぶる高い。初ブランドの靴をネットで買うのは避けているが、返品交換可能で、お手頃プライスでもあったため、ショップでの試し履きなしでのトライである。



リゲッタ2

うーん。お洒落度にはやはり欠けるか、丸い足がますます丸い(苦笑)。KYOKO、珍しく、ほっこりさん。高級感はないが(見るからに合皮っぽい)、バレーシューズっぽい可愛らしさはある。

リゲッタ1

とりあえず、30分、ノワの散歩で試してみた。レビューにある通り、クロスの紐の部分がくいこんでやや痛い。これは履き馴らしているうちに伸びそうに思う。23cmの私は幅広なので今回Mサイズを選んだ。薄手のソックスやストッキングではやや大きめ。かかと浅めの靴に慣れてないせいか脱げそうな感覚があるので、付いていたアジャスタを装着する。これは黒ならば黒のものを付属させてほしい。白なので目立って格好悪い。脱がなければ分からないというものの、ここマイナスポイントだ。一方、柔らかなソールは確かに歩きやすく、言われるように独特のローリング感がある。この1足、散歩用に履きつぶしてみて問題なければ色チも購入するかも。ゴールドが欲しい。


今回、候補に挙げたコンフォートシューズには、「アラヴォン・バイ・ニューバランス」もある。こちらは阪急百貨店に入っていたので見に行ったが、品揃えがあまり豊富でなく、思ったタイプのものが見つからなかったので諦めた。値段もちょっとお高め。

アラヴォン

でも、こちらのハイヒールなどは、クラシックが流行る今年のファッションには最適ではなかろうか。あのニューバランス製作の靴なので期待が持てそう。


SATCのキャリーのようにマロノの靴なんて履けないけれど、お洒落心も健康もどっちも捨てたくないお年頃なのだ。



【2011/09/12 08:47 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
微々たる日本押し
最近民放TVはニュースかスポーツ、決まったドラマくらいしか見ていない。ケーブルテレビやWOWOWで撮りためた番組や映画を観ていくだけで時間が足りなくなるからだ。そのニュースやスポーツまでがすごいんだよ!とネットでは盛り上がっているようだが。今話題の韓流ごり押し騒動だ。そのため、韓流だらけだと言われてもピンとこなかった。

昨日久しぶりにジムに行って、歩きながらジムに備え付けられている雑誌をいつものように何冊か流し読みをしていた。ジムにおいてある雑誌は仕方ないのかどうも20代からアラサー向けのものが多い。昨日も「CLASSY」を手に取り、里子ちゃん可愛いなぁなどとページをめくっていた。最近のファッション雑誌によくある「OL31日着回し」特集(こんな毎日キマッテいるOLさんは都会には存在するのか!)を見ていたところ、「今夜は韓流DVD」という文句が。これも韓流押しなのかしらん、と思っていると、モデルのOLさんはコーディネーターのような仕事をしているらしく、韓国のアイドルグループの何たらを担当することになり、そこから一気に韓国モードに入る。そして最終ページにはその何たらも全員登場した。また、これもお馴染みの美容ページでは、「少女時代のような美脚を作るには」とある。

そして、雑誌を「anan」に変えた。しかし、この雑誌は本当に迷走しているな。以前はとがったお洒落の代名詞のような雑誌であったが、今や男性ヌード(笑)でしか話題を呼ばない。そこでは数ページにわたり、「韓国男子にモテるには」という特集が組まれていた。日本男児の他では、イタリア男子が好きな私には無用な情報である。だが、内容は面白いので、知人の韓国男子に真偽を確かめてみたい気もする。


実際、私の周りにはジャニオタ、嵐オタ、エグザイルファンが存在するが、韓流ファンはいない。いや、東方●●やBIG●●●●(伏字にする必要もないのだけれど、一気にアクセス数が増えるので申し訳ないので伏字にしておく。ということは彼らはすごい人気なのか)のファンはいるが、韓国ドラマや韓国アイドル全般にはまっているわけではないと思う。アメリカのロックバンドの誰誰が好き、と同じようなことだ。実家の母親も姉一家もまるでその辺に興味を示さない。韓流ははたして局地的にすごい人気を呼んでいるのか、それとも言われるようにごり押しなのか、そもそもこのごり押し騒動の根源的な問題点はどこにあるのか、--そういったことは勉強不足であり、様々な問題をはらんでいるため、ここでは触れずにおく。

ただ「がんばろう日本、がんばろう東北」のフレーズは震災半年を経て既に風化が始まろうとしているように思える。どうせなら、東北の食べ物のコレが旬!だとか、人気急上昇の日本の若手バンドたちだとか、知られざる日本の名品だとか、そういう日本押しでブームを作り上げてほしい。それが復興や景気上げにつながるなら言うことはない。

しかし、そんなことではきっと儲かる人たちが少ないのだろう。本当に役立つのかどうか分からないけれど、震災以来、私はなるべく国産をと意識するようになった。美容面ではオーガニックにはまりかけていたが、日本製品で模索中。うちでは日本酒や国産ワインを愛飲。もちろん食物は国産品を極力選ぶ。微々たる日本押し。でも、ちょっと買物が楽しくなるよ。



【2011/09/09 09:34 】 | 時事社会 | コメント(4) | トラックバック(0) |
THE FIRST CUSTOMER-お客第一号
今年の夏は何とか乗り切ったと思いきや、外出先で久しぶりに立ち上がれないほどの疲労感に襲われた。手足から力が抜け、冷や汗が流れ、目がかすむ。何とも恐ろしく聞こえるが、検査しても異常がどこにも見つからないのだな、なぜか。以前はこれをパニック発作だと思っていたが、どうもその典型的な症状とは違う気がする。ひどい貧血がこんな感じかと思うけれど、いつ検査しても血は濃い方なんだよね(苦笑)。ただ血糖値が低いから低血糖症かなと勝手に自分で考えている。前駆症状が今一つつかみきれないので怖い。少し座って休み、何とか家まで戻る。凹むなぁ。でもドンマイ。愚痴吐きの独り言なので無視してどうぞ。



拙ブログにコメントをよくいただく「みにゃたろう」こと、ナニワOLのMIWAさまの趣味はアクセサリー造りである。今まで、私も幾度となくピアス他を作ってもらった。ついに、Mちゃんのその腕が見込まれ、MIW2(ミウミウ)の名前で店頭に並ぶことになった。

MIW2.jpg
(お写真お借りしました)


それを聞きつけ、早速ショップに出向いてきた。

MUMU1.jpg MIUMIU.jpg
(焼いたつもりもないのに小麦色)

手持ちのアクセサリーは圧倒的にゴールド系が多い。ヴィヴィアン・タム好きの私はどうしてもこうしたオリエンタルな趣きのものに惹かれるのだ。M嬢は華やかなエキゾチックフェイスの美女であるが、私も別の路線のオリエンタルフェイスである(と思っている)。まあ日本人も東洋人なのだがニュアンスは伝わるだろうか。だからちょっと嗜好が通じ合う部分もあるように感じる。M嬢は否定するかもしれないけど(笑)。


秋ワンピ 秋ワンピ2
(お写真お借りしました)


ピアスを覗きに行ったはずがピアスに合う、入荷したばかりの民族調のビジュー付きワンピースを発見する。右の色を強く勧められたが、左のブルー系の方を選んでしまう。黒ベース、やっぱり落ち着くんだな。今の季節ならトレンカだけでもいいし、もうちょっと寒くなってきたらタートルやカットソーを下に着て、スーパースキニーかロングブーツと合わせたい。



友情と仕事、公と私の割り振りって、皆さんもご承知のように割と難しい。私は結構お客の立場で店員と親しくなるたちである。相手は賢い方々なので、なあなあにならずにとても良い関係が築けている。だが、一般論で言えば、仕事と友達を絡めるのは危険だ。こんな仕事をしていると、英語の書類や手紙など「適当でいいから、ちょっちょっと書いてくれない?」と頼まれることが時にある。翻訳者だからこの程度お茶の子さいさいだろうと思われる(一流翻訳者ならそうだと思う)。仲のいい友達であれば、時間さえあれば、確かにそれくらいのことはやってあげようと思う。そんなときはもちろんお金など取らない。でも大抵の場合、そのようなことを依頼してくるのはさほど付き合いが深くない人だったりするわけだけど(笑)。

しかし、友達の間でもビジネスとして仕事をせねばならないこともある。第三者までが絡む仕事として成立する取引であれば、責任を持った原稿(製品)を納品する責任と義務がある。Win-Winってとっても大事だと思うけれど、ちゃんとした線引きも同じくらい大事なのだ。「お金と友情」はいつの世も実にsensitiveなテーマだ。だから、この人は!と思う人くらいしか友達相手には滅多と仕事はしない。友達だったら面倒なので大概は割り切ってサービスにしちゃう。ひるがえって、友達だからではなく仕事の内容を評価されて依頼を受けたい。以前に「恋愛と仕事を絡めるな」と忠告されたことがある。これは格言だと思う。


そんなことを書いていたら、あ、私、もう簡単にMちゃんに作って♪と頼めないかもという不安も出てきた。プロに一足踏み入れたのだものね。贔屓目に見なくても、M嬢の作品は価格に比べてパフォーマンスが勝っている。ファンが増えればいいなと後ろの方から応援している。


【2011/09/07 09:21 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
小さなおじさん
週末は世界陸上を見て、サッカー男女を見て、「ルーキーズ」(笑)を最後まで見て、スポーツ三昧となった。よく考えると、旅行が順延となってよかったのかもしれない。私はさておき、だんなさんは夜は、大浴場ではなくTVの前に釘付けとなったはずだ。
(ちなみに「ルーキーズ」の中で一番の演技力を発揮したのは小出恵介君だと思う。彼の演技が最も自然であった。)



ある朝、寝ぼけてコンタクトレンズを入れた。洗面所からキッチンまで歩き(その間約2m)、何だか視界がぼやけていることに気付いた。右目にコンタクトレンズが入っていないのだ。慌てて洗面所に帰ってみるも、シンクにレンズが落ちていない。シンク中を捜し回り、パジャマもすべて脱いでレンズが付いていないのを入念に確かめ、歩いた2mの間の床を文字通りはいつくばって、舐めるように2時間ほど捜査した。

ない。魔法のように消え失せてしまった。

考えられるのは私の後をついてきたノワがペロッと飲み込んでしまったことくらいだ。食い意地の張った奴はお菓子の包み紙すら飲み込むことがあるのだ。

ソフトのワンデイはまだまだ残っているけれど、最近は1日中つけていても目にはりつかず、目薬なしでドライアイを解決できたこのハードコンタクトがお気に入りなのだ。(この時点で)旅行前だからどうしてもハードも持っていきたい。9月いっぱいはまだ1年間の保証期限内で1万数千円する(高!)レンズが5千円で再購入可能であるので、涙を飲んでコンタクトショップに出かけた。

ショップでさらに涙を飲んでスペア1組も追加で購入した。計算すれば、ワンデイか2weekを購入し続ける場合といつかは採算が取れる日が来るはずと自分を納得させる。しかし、一瞬で5千円が消えた悲しみよ。


家に帰って、気を取りなおして、レンズ分を取り戻すために仕事を始めることにする。その前に、顔を洗おうと洗面所の前に立つ。すると、

シンクにレンズが落ちている。ちゃんとメガネをかけて2時間探し回ったはずのシンクに。

芸能人たちの中には、キャラ作りのためか「小さいおじさん」が見えるというひとがちょくちょくいる。


身長3cmから10cmくらいの、「おじさん」の姿をした妖精?「ちっちゃいおじさん」「小さいおやじ」などと呼称されることもある。妖精が小人という大きさであるのは、世界的にも共通するが「おじさん」という性別・年齢であることや、「サラリーマン風」であったり「ジャージ姿」として出現する根拠は不明。

小さいおじさん


小さなおじさんの存在を信じそうになった朝であった。



【2011/09/05 09:25 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
この海は!
大阪、降りそうで降らない不気味な天気。

ホテル、キャンセルせずに強行突破すればよかったかなぁ、それならば今頃お風呂とマッサージ三昧、と少々未練がなかったわけでもないが、「皆生温泉 松月」さんのHPのビーチライブカメラを見て、やっぱり中止が正解と分かった。ロケーション的には似たようなものである。この旅館も海を眺めながらの露天風呂というコンセプトがまさにヒットなのだが、残念ながらノワを同行できないのだ。

海が目の前の実家が気になり、ネットで調べたら、避難勧告が出ていた。慌てて電話してみると、

「重要書類くらいは高台に移しておこうかしらと思ってたところ」

とのんびりした母親の声。さすが海の女だわ。高潮など何遍出会ったことだろう。しかし、大震災でも油断して流された人が多数出たのだから(あちらは津波だけれども)、ご近所さんと避難しなさいよ、それか高台(お客様用のゲストハウスが高台にある)に上りなさいよ、と注意しておいた。ついでに姉にも様子を見に行くように電話しておいた。

米子に向かうにもどうせ高速が通行止めとなっているので無理だったかもしれない。しかし、荒れる日本海もちょっとだけ眺めたかった気もする。

ノワ飛ぶ

いやー、飛ばされるー。
(下手!下手過ぎ!)



【2011/09/03 17:15 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
悲しいお知らせ
悲しいことが起こりました・・・。


低血圧と頭痛持ちの人々にとって台風は鬼門です。昨日11時にダウンしたまま眠り込み、起きたのは9時。それだけ寝たにもかかわらず頭がガンガンしています。

だんなさんはというと、休み前のお決まりで仕事が片付かず、昨日は終電に乗れずにホテル泊まりで、帰ってきたのは昼間の11時。

いつも元気なノワまでも少々くたばって、床に突っ伏して眠りこけています。

はたして、○○家の夏休みは大丈夫なのか!?

台風直撃


台風はというと、見事に旅行先の鳥取へと進路を向けています。今回取ったホテルは海岸の目の前。砂浜をノワと走るのだ、海を見ながらお風呂に入るのだ、と楽しみにしていましたが、この嵐の中では、観光も砂浜もとても無理でしょう。ホテルに電話して状況を聞いてみたところ、今回はキャンセル料は結構ですから、と申し出てくださいました。それほど大型な台風なようです。誠に申し訳なく思いますが、この暑い中も頑張って働き続けた二人の夏休みをちゃんと堪能したいと今回の旅行は順延することに家族決定いたしました。大袈裟だけど、楽しみにしてたのだ、本当。

しかし、幸運なことに9月の連休にちょうど1室空いていた部屋(嬉)を早速予約することができました。リベンジできるかしら。


只今、残しておいた最後の仕事に取り組んでおります。秋は遊ぶぞ。

PS.
とりあえず、この週末は大阪もマンションに缶詰になりそうなので、美味しいものを買い込んで、「ルーキーズ」をまとめて見る予定(遅っ、遅っ)。これは私たち世代で言えば「スクールウォーズ」だよね。あのドラマも名作だった。

私は市原隼人氏の出た映画もドラマも今までに見たことがないので適当に言うが、このドラマでは彼の魅力があますところなく発揮されているように思う。柴犬のような顔の青年だ。はまる人ははまるだろう。そして、実は私はなぜか佐藤健くんが好きなのである(笑)。五十嵐隼士くんも、ああ見えて演技派だよなぁと思っている。つまり、原作は読んでいないが、このドラマのキャストは相当好みなのだ。当時このドラマは中年サラリーマンの人気を呼んだという。何となくその理由が分かる。野球って中年のノスタルジーをかきたてられるスポーツなのだ、やっぱり。


皆様も台風に注意して、良き週末を。




【2011/09/02 14:51 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
翻訳者の受難(IV)-成功か?失敗か?
さて、カリスマ(笑)整体士の存在する整体院についに行ってきた。昨日で2回の施術を終えた。院長は出張続きのせいもあり、私は少しお安めのスタッフの施術を受けた。

今までに整体を受けたことは幾度かある。ジムでオステオパシーも受けたことがある。経験上、ジムに併設されている治療師の腕は割と良い。最近の傾向で、私が通っているスポーツクラブチェーンも、整体やマッサージはもちろんのこと、鍼、フェイシャルエステ、痩身エステ(ジムでいいのか?)等々のサロンも利用できる。

ワンストップは便利なもので、そのうちこうした傾向はどんどん進んでいくのではないかと思う。たとえば、今でもあるだろうが、美容院はネイルやエステ、アラフォー世代以降にはジムと美容外科、高齢者には病院とジム、などが一体化していくのではなかろうか。

今回受けた整体は、新たな手技を謳っているものの、受けている側からすればそれほど新しい!と目をむく程のものではなかった。ボキボキ系ではなく、骨よりも筋肉に重点を置き緩やかに調整していく様子はオステオパシーの手技に似ている。

2回終わったところで、しつこいお尻の痛みはあまり変わっていない(泣)。腰がかなり固いということで、お尻の痛みもそこから来ている可能性が高いらしく、腰と背中を重点的に緩ませてもらった。そのせいか、前屈姿勢での太もも裏とお尻の痛みはあるものの、可動域がちょっと広がった。どんなカリスマが出てこようと奇跡のように痛みが消えることはやはりないのだな。そりゃあ、そんなセラピストがいれば、簡単に予約なんて取れるわけがなかろう。スタッフではなく院長だったらどうなのかは多少気になる。

ただ、腰のついでに、肩こりもひどいので、肩と首を10分ほど触ってもらった。忘れていたが、右手も痛くて少し上げにくくなっていたのだった(40肩??)。ところが、腰はさておき、2回の施術で腕はかなり良くなり、ぐるぐる回しても違和感がない。気のせいか肩こりも随分ましになっている。

うーん。

ともかく、人に触られることは(その人の腕が良ければ)ものすごい快感だ。60分の施術の最後には薄ぼんやりと記憶が飛び始めた。このまま整体から全身マッサージに移るコースもあるという。キャバクラで好みの女性に当たったとき、ついつい「延長を」と口走ってしまう男性の心持ちが分かる。

本シリーズ、まだ続くか・・・


PS.明日からやっと遅い夏休み。行先は山陰なのだけれど台風直撃なのか! ますます、夫婦そろって(ノワっちも同行)観光そっちのけで、温泉&酒&マッサージ&爆睡という自堕落コースまっしぐらになりそうな予感。ブログとはしばしのお別れかな。次回は旅行記の予定だワン。


【2011/09/01 13:31 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。