スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
朝はここから-マルチミネラルビタミン
最近、街で流行るもの、エコにロハスにマクロビオティック。

女優と農業を両立させている工藤夕貴さんに高木美保さん。「相棒」では右京さんの元妻役、高樹沙耶さん。モデルでも女優でも華やかなる生活の一方で、ある日ネイチャーに目覚める人は多い。

シティ派(笑)というわけではないけれど、私の場合、どうもどれも徹底できそうにない。それでもさすがに歳とともにジャンクなフードも生活も少しは避けようという気になってきた。ポテトチップ一袋とコークなんていう夕食でもピカピカ&ピチピチだった青春時代は遠い昔。

あんまり食欲のない朝は、野菜ジュースにお酢か豆乳とフルーツ。それとサプリを飲んでいる。以前はビタミンBやらCやら鉄やらを別々に飲んでいたが、面倒くさがりの私にはやっぱり負担だった。




★ニューサイエンス 【マルチミネラルビタミン】★


それで、一気に済ませられるマルチビタミン派に転向したのだが、最近のお気に入りはこのニューサイエンスのマルチミネラルビタミン。7000円超と少々お高く思えるが、1日3カプセル飲んで3ヶ月もつ。今なら上記サイトだとポイント10倍!だし。送料も無料。

これを選んだのは、天然素材100%だということ。
【原材料】
ブロッコリ、カボチャ、ローズヒップ、ビール酵母、アセロラ、グレープフルーツ種子、スピルリナ、ヤシ油、ヒマワリ種子、赤カブ、アルファルファ、キャベツ、緑藻類、ケルプ、からし菜、カボチャ種子、タマネギ、オーツ、サゴヤシ、牡蠣、HPMC(カプセル)

カプセルまでちゃんと植物性だ。

これに変えてまだ間がないので効果のほどは不明だけれど、他のマルチビタミンに比べて、目の疲れに効くというビタミンAがめちゃ多い。マグネシウムと葉酸も入ってる。基本ビタミンとミネラルをすべてカバーし、100%オーガニックってなかなか心そそられないか。

もちろん日頃の食生活が1番大事なわけだが、「時間こそ金なり」のSOHOにとってはサプリは安心の源の1つなのだ。

PS.残念ながら難なのはカプセルがえらくでかいこと。喉に詰まりそうで飲み込みづらく、ちょっとオエっとなる。でもカプセルなので徐々に溶けていくので何とか大丈夫。


スポンサーサイト
【2009/06/30 16:46 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
出張とオカンとダルと
最初に言っておくが私は妄想派だ。

やっぱ夏は嫌い。昨日は張り切ってホットヨガを受けたはいいが、恐ろしいがまでの発汗で酸欠だか貧血だかの症状が出て、休憩後慌てて家に帰った。水分をガブガブ取ったけれど案の定、偏頭痛に襲われる。ホットヨガと頭痛でググってみれば大量に出てくる。やっぱ冷静に考えると変だもん。40度越えのスタジオの中でポージングなんて。朝起きても軽い頭痛がそのまま残ってる、勘弁してよ。夏季の間はしばしホットヨガは中止かしらん。

だんなさんはやっと昨日の夜出張から帰ってきた。お土産の沖縄産焼酎も開けずじまい。一人の夜は日頃はそうでもなくても体調が悪かったりすると少しナーバスになる。隣の部屋がないのになぜか寝室で壁を叩く音がする。外のアルコープの扉が誰か帰ってきたかのようにカシャンと開く音がする。窓は閉めたはずなのにカーテンがゆらゆらと揺れる。家中のドアや窓を施錠して回り、やっと息をつく。侵入者がいれば防犯センサが作動して通報されるはずなんだが。

帰ってきて涙目で訴えると、
「風だろ?気温差が激しいから家鳴りかな?」と軽く一蹴される。多分そう。
「寝室はミタかもしれないな」。それならいいか。



友達が去年次男から誕生日にロールケーキを贈られて涙ぐんだら、長男が「そんなことが嬉しいんか。俺も次はそれくらいのことしたるで」と言ったらしい。長男の部屋を留守中に掃除していたら綺麗にラッピングされたプレゼントを発見したそうだ。誕生日を前にもしかして?とワクワクドキドキしているとのこと(いずれもイケメン)。

「今日のその髪型、素敵だね」とさらりと褒めてくれるトヨエツのような、小林薫のような、渋くて色っぽい大人の愛人のことを同年代の友人からのろけられたら、いい加減にしときなさいと諭しながらきっと心の中でチェと嫉妬するだろう。でも今の私は、上記のような息子の話はその10倍くらい羨ましさで血が逆流する(笑)。

我が家には私のエア息子「ダル」が存在する。凹んだときや疲れたときはエアダルが声をかけてくれる。
「おかん、しんどいんか?肩でも揉んでやろうか」
「おかんの飯はやっぱ世界一やな」
「俺、おかんみたいな人じゃないと結婚せえへん」

と言ってくれる。もちろん私の一人二役である。エアだから実在しないけど、その代わり反抗もしないし、嫁姑問題も発生しない。
(注:特にダルビッシュファンではなく、石川遼くんでもよいが、やっぱり何となくダルがピンとくる)。

哀れに思うのか(笑)、たまにだんなさんが、
「俺、おかんのために頑張るからな」と偽ダルを演じてくれるが、所詮偽物なのですぐ飽きて似非ダルだと白状する。

そんな可愛い息子がいたらだんなさんの出張なんか目でもないのだろうか。水入らず♪と心浮き立つのだろうか。だんなさんは、ジーンズから半ケツ出して母親をババァと呼ぶような息子がいないだけましと水を差す。でもいいの妄想だから。

【2009/06/29 11:58 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
フレンチレストラン「CALLA」の巻-プチ熱中症
「久しぶり~、元気?」。どこの業界も同じだろうが最近はめっちゃ暇という旅行業界の友達からのメールが入って急遽梅田でランチ。翻訳業界は私の周りでは少しずつ持ち直してきた感がある。今週末も仕事続き。私のメインの製造業はやっぱ日本の基幹産業だと思う。頑張って復興の一翼を担いたい(嘘、嘘。そこそこ稼ぎたい)。

場所は北新地の外れのフレンチレストラン「CALLA(カラー)」。レストランウェディングにも使われる店で、そのせいかガラス張りで真っ白な壁が何ともお洒落。

カーラ

ランチは1000円、1500円、3500円のコースがあり、このお値段でも結構本格的なフレンチが出てくる。私は1000円にしたけど正解かも。1500円にした彼の方はボリューム満点。お値打ちすぎるって。ちなみに1000円で、サラダ+ビシソワーズ+メイン(サーモンのグリルorタンシチュー)+デザート+パン+アイスコーヒー。

というのも梅田から全日空ホテル近くにあるこの店まで炎天下を10分ほど歩いたおかげで、夏にめっぽう弱い私は軽い日射病になりそう。一方、店の中はキンキンに冷えていて震え上がる。汗腺が劣化?しているのか最近はなかなか汗をかかず、熱が身体の中にこもっているような妙なノボセ感に悩まされている(あ、これぞまさにプレ更年期っていうんじゃねーの(笑))。化粧が剥げないのはよいけれど、汗かきたいよ。

1歳になったくらいの息子の写真を見せられてほのぼの。水を向けたらやっぱり出てくるね。前はそこでミタで自慢返しをしていたけれど今は無理なので姪の子供を見せて逆襲する。

今日もまだ夏バテ続行中。6月だというのに先が不安だわ。だんなさんは今日からTOKIOに出張。都心の夏も暑いのかねぇ。


【2009/06/26 10:53 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
猫肌恋しい日
ミタがいなくなって1ヶ月以上が過ぎた。日頃は淋しいと意識することも減った。時折念入りに掃除すると、いまだにふわっとミタの毛の塊が現れる。さすがにヒゲを見つけることはなくなったが。

あれ以来、猫を引き取ってはくれないか、という依頼を何度かいただいた。成猫ともなるとなかなか引き取り手は現れるまい。行き場を失いかけた猫のことを思うと心は痛むが、今のところどうもその気になれない。たぶんだんなさんも同じような気持でいる気がする。声をかけて下さる人は、もちろん自分や知人が困っているのだと思うし、私の気持を引き立てようと好意で言ってくれているのだと想像する。

シティペーパーのような小さな新聞、通りかかるペットショップ、様々なNPOやボランティア団体のHP--飼い主を求めてじっと待っているであろう猫の姿を見ると、たまに衝動的に手を差し伸べたくなる。何万匹?何十万匹?の中のほんの1匹でも、愛情を一身に注がれ、安全に平和に長生きできる猫を作り出すのも少しは功徳になるんじゃないかとも思う。

「猫が心に開けた穴は猫でしか塞ぐことができない」という言葉を聞く。それも確かに至言だろう。

ただ、私は猫好きを自認していたけれども(いや本当に犬よりも圧倒的に猫好きなんだけれども)、やたらめったら猫が好きな訳ではないのかもしれない。「赤ちゃんが大好きなの~」という女性は多いが、本当にどんな赤ちゃんでも可愛くてたまらないのだろうか。

愛らしい子猫は写真で見るだけでもキュンとなる。世の中にこんなに可愛い生き物が存在するのだろうかと心が温かくなる。でも、やっぱり違うのだ。駄目なのだ。私が欲しいのはミタであって、どんなに愛らしい、人懐っこい、性格の良い、高級な猫であっても、それはミタではないのだ。

もちろん飼っているうちに情が湧き、何物にも代えがたい存在になるのだろうということは分かっているが、そういう意味では私は無類の猫好きではない。誤解を恐れず言えば、猫のいない生活も十分平気で、快適さや自由も一面で謳歌している。

その一方で、ある日、ふっと段ボール箱に入ったミタを見つけたように、運命の出会いがあるんじゃないかとも思っている。一瞬にしてビビビと心に何かが触れる出会いがあるんじゃないかと。本屋で偶然に手を伸ばした先に相手の手もあったというような(そんなベタな出会いが漫画の世界以外にあるのか)。そういう機会が訪れれば訪れるでいいし、訪れなければ訪れないでいい。

パートナーを亡くした、彼氏と別れた、そんな人々も、人肌恋しく淋しさを紛らわすために誰でもそばにいてほしいというわけではなかろう。自分には神様が決めた自分の相手、魂のパートナーがきっと用意されている。それは動物でも人間でも。40を過ぎても、そんなロマンチックなことを想うKYOKOなのだ。

【2009/06/24 09:46 】 | 家族 | コメント(9) | トラックバック(0) |
たこ焼きの恋
在阪15年。何度もたこ焼きパーティに誘われた。その私がたこ焼きパーティを主催するようになったとは感慨深い。週末はこじんまりと4名で我が家でたこパ。

takoyaki2.jpg  

たこ焼きとは夫婦二人で焼いても全然楽しくない。蛸は嫌やからウィンナー焼きなら食べるなどという旦那を持ったならばなおさらだ。ましてや一人焼き肉や一人鍋はまだしも一人たこ焼きは駄目だろう。与太話に花を咲かせながら、くるくると焼き上げていくのがたこ焼きの醍醐味だ。そのBGMがないとたこ焼きのおいしさは半減する。

偉そうに言ってみてもたこ焼き検定(1~5級)があるとしたら私はまだ4級にすら進級できていない。まずネタ作りは常に人任せ。今回は蛸と竹輪を切って下拵えしたから少し進歩。Mちゃんが来るのを待ってネタを仕込んでもらう。

たこ焼き粉にマヨネーズを投入。コクが出て、油も入っているので焼き上がりが綺麗になるという。牛乳と卵にホンダシを入れてよく混ぜた後に水を投入。卵を入れると固まりやすくなるのでネタはしとしとの水っぽいくらいがよろしい。素人の場合、ついお好み焼きのように粘着性のあるネタを作ってしまう。これが失敗の元で、外がカリカリ、内がユルユルの絶妙なコントラストが生まれない。

ネタのスープの中に、蛸、竹輪、コーン、小海老をすかさず投入。チーズやキムチも美味し。あおさ(青のり)を用意していたが、
「青のりはお好み焼き!たこ焼きにはかけへんの。まだまだやね」
と関西ネイティブから駄目出しを受ける。

いまだに可愛い真ん丸なたこ焼きは焼けない。自主トレ後、訓練すべきだが、ついついビールが美味しく、話に盛り上がるうちに名人たちが焼き上げてしまうので一向に腕が上がらない。



「東男に京女」とはよく聞くセリフだが、転勤で大阪にやってきた東男。

「小腹空かへん?」と友達以上、恋人未満の女の子の部屋にあがらせてもらう。

「あかん、ろくなもの冷蔵庫にないわ。たこ焼きでもええ?」
そして、女の子、手際よくネタを混ぜてたこ焼き器に流し込む。

「あれ、意外と難しいんだね。形にならないよ」

「不器用やな~、ほら直したる」と彼女、崩れたたこ焼きを真ん丸に簡単に修正してみせる。

「うまいな!熱っっ」

「ほら~、気をつけて食べへんと火傷するで


東男の心にもポッと火が灯らないだろうか。
(注:倖田來未嬢ではなく大塚愛ちゃんを連想のこと。もう少し大人が希望なら黒谷友香嬢でどうぞ)。

今回集まってくれた中の婚活中?の面々にもたこ焼き器を囲むほんわかした恋が訪れんことを祈りつつ私も大阪のオカンとしての修業を積むことを約束する。


【2009/06/22 09:10 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
BATH & MUSIC
お風呂が好きだ!

お風呂派には2種類あって、身体の隅から隅まで念入りに洗うのが好きなピカピカタイプと、浴槽に浸かってのんびりするのが好きなノビノビタイプとがあるように思う。もちろんどっちも好きなタイプもあり。だんなさんはどっちかというと前者。ジムにもこの手の女性は多く、シャワーブースから30分はゆうに出てこない。石鹸に凝ってぶくぶく泡立てる楽しみもあれば、グッズを購入して角質とりつつ磨き上げるのもまた一興。最近私も石鹸に目覚め始めた(遅い?)。

でも基本的には私は後者。ジムでは、お風呂につかって体を温め、サウナで汗を出し、冷水シャワーで熱した身体を冷やし、またまたお風呂のジャグジーで全身を緩ませる。友人がいればそのまま世間話をうだうだ何十分も続けている。このところ自分の中で、ジムはスポクラの側面と銭湯の側面が拮抗してきた。たぶん銭湯の割合が歳とともに増えてくるはず(笑)。

自宅のお風呂ももっと楽しみたいと防水CDプレーヤを楽天で探していてこれを見つけ早速注文した。



★AV-J179PW ツインバード 防水CDプレーヤー ★


CD Player.jpg

小自慢させてもらっていいだろうか。我が家のお風呂は一応サウナ付きだ。しかもミストサウナ(スプラッシュ)バージョンの他に、読書しても本がふやけないナノミスト(マイクロミスト)バージョンもある。本や雑誌を読むのすらお疲れなときや、エステ代りに蒸気を当てたい時は前者を選択するが何となく手持ち無沙汰。でも音楽があれば平気だよね。Sちゃんが録ってくれたKaty Perryが想像以上に気に入って昨晩はお風呂でHot N Cold。

この商品、音質はお値段通りだが使い始めてまだ2日間だけどやっぱり便利。防水だからお風呂はもちろんキッチンでも安心して使えるし、充電式なのでどこでも持って歩ける。

TVを見ながらでも仕事ができる特技を持つ私だが、真面目に仕事に取り組む時は、邦人の曲は聴かない。歌詞が何となく邪魔だから。もっと集中したい時は英語も邪魔になる。1番多いのは意外にもクラシック。ベタだけどピアノ曲が好き。さらにベタだけどショパンが好き。今日の仕事の御供はフジ子ヘミングの「ラ・カンパネラ」。


【2009/06/19 08:55 】 | お買物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
二世つれづれ
最近は政界も芸能界も世襲だ二世だの話題でかまびすしい。

政界では、地盤・看板・鞄の3つのバンとやらで二世(or三世、四世)以外を探す方が難しいくらいだ。ということはやっぱりそれだけオイシイ商売なのであろうか。俳優の小泉Jr.も今時にない妙に品のいい美形度が目につくが、政界に打って出ようとする小泉Jr.もそれに少し今っぽさを加えたイケメンで、小泉首相、女性のルックスには厳しかったのだなぁ(笑)と実感する。私は孝太郎派かしら、どちらかと言えば。

弔い選挙だなんだと上記の3つを守るためには手段を選ばないのだから、そりゃあ儲かる商売には違いない。それにタイゾー君ではないけれど、赤坂の料亭には行きたいもん。ファーストで海外視察も行きたいもん。いったん中に入ってみれば、おつむの出来不出来は周りがカバーしてくれそうで、出世するには誰につくのが1番か人を観る力と根回しの社交力があればどうにかなりそうだ。もちろんその他大勢でも十分だろう。でも、えええとびっくりするような発言をする人でも、平気で東大なんか出ちゃってるわけだから、ある種の能力に秀でた人もやっぱり多いのか。鳩山兄弟は両方東大、兄は首席で法学部卒業だもんね。かといって政治家になりたいわけでは全くないが。

でも政界に負けず劣らずオイシそうなのが芸能界。某中村氏は「芸能界はオイシイところ」と自ら公言して息子を同じ俳優の道に入れたものね(失敗してしまったがきっとまた浮かぶ瀬もあれ)。常日頃賢い人だと思っているビートたけしだって娘を一時期は歌手にしてしまった。最近では、サンマや石橋貴明の娘が大プッシュされている。いいよなぁ。彼女ら以上の実力とルックスをもってしてもオーディション落ちまくりの女の子たちは毎夜歯噛みしていることだろう。かといって芸能人にになりたいわけでは全くないが。

でも、その分風当たりも強い。「父(母)の名前を隠して応募しました」は常套句だけれど、そんなわきゃーない。親を圧倒的に超える二世ってやっぱり難しい。今で言うなら宇多田ヒカルくらいしか思いつかない。サスペンスの王船越栄一郎、香川照之、森山直太郎、ドラゴンアッシュの降谷くんなんかはまあまあいいところか。リアルでも辛いのに、日本全国から母親の方がずっと美しいし華もあると言われるのは凹みそう。

意外といそうで少ないのがスポーツ界。kazuさまの言うように、スポーツ界こそその素晴らしい遺伝子を残すために野球選手やサッカー選手は女子アナやモデルなんかとは結婚せずにスポーツ女子を選ぶべきなのだ。谷君はその点えらい(笑)。あ、やり投げの選手のルーマニア人を娶ったハンマー投げの室伏父もえらい。

BIGな二世がいない、また出ないとされているのがお笑い界だそうだ。笑いのセンスというものは本当に高等で、3つのバンも遺伝子もなかなかその本領を発揮しないのかもしれない。

【2009/06/17 09:26 】 | つれづれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
中国4000年の歴史とアルボース
週末は高級四川中華!を友人ら5人でいただく。

地鶏の冷製葱と生姜のソース
芝海老のチリソース煮込み
季節野菜のあっさり炒め
海の幸入りとろみスープ
イベリコ豚の酢豚
変わり餅揚げギョーザ
フカヒレと海老入りギョーザ
新鮮果物入り杏仁豆腐
フレッシュマンゴープリン

etc,etcをいただく。

本格中華は火加減やら調味料やらの都合で自宅ではとても無理だ。いや、フレンチも無理じゃねーの、というか本格料理はどれも無理じゃねーの(笑)。ともかく中華は人数を集めてちょこちょこつまむのが楽しく、一人フレンチはありとしても一人中華はなしだよね。

しかし、和食もそうだが、中華は中国4000年の歴史を背負っているだけあって奥深し。単なる野菜炒めにしか見えない青梗菜やブロッコリーの炒め物が、鶏がらスープか何なのか野菜に味が染みわたっていて噛み締めると塩味の向こうでぎゅっとエキスが口の中に広がる。

餃子と言えば王将ちっくな焼き餃子がつい頭に浮かぶが、中華の餃子は水餃子か蒸したものが定番だろう。透明で白い皮のむこうに海老らしき紅がちょっと透けている。噛むと隙間からふかひれがぴゅっと飛び出す。

エビチリソースなんてケチャップに豆板醤と砂糖と塩を混ぜとけばいいんだろとアバウトな感覚でしかなかったが、本物のチリソースはケチャップ味なんか一向にしない。ふかふかの蒸しパン?のようなものにソースを染み込ませて食すもあら楽し。

コンビニで売っている100~200円程度の杏仁豆腐やマンゴープリンは杏仁豆腐とマンゴープリンと称する資格なし。口の中で溶けていく本物の杏仁の香りと食感。これはマンゴープリンじゃない、マンゴーそのものだ!と叫び出したくなるような濃厚さ。

たまにはラーメン屋と王将以外の中華に行こうよ、だんなさん。

ちなみに、中華とイタリアンに出かける時は白い服は危険だ。注意して注意して食べたつもりが、胸元に小さくピッとオレンジの飛沫。もちろん洗剤でも漂白剤でも取れにくいこんなときの裏技を教えてもらった。

小学校の頃、水場に必ず設置してあった緑色の石鹸液をご存じだろうか。大人になって私はめっきり使わなくなったが、業務用として使用している会社も多そうだ。あの石鹸が強力にそういった汚れを落とすらしい。「あれ使ってると雑巾もいつも真っ白だよ」と友人。ベランダの掃除の後は薄汚れたままの雑巾も復活するのだろうか。

実はあの石鹸は「アルボース(商品名)」というらしい。私を含め5名中3名は初耳。残り2名は常識だと主張する。絆創膏をバンドエイド、トイレ用洗剤をサンポールと呼ぶくらい普通のことで、学校でもアルボースで手を洗いなさいと言われていたという。いや石鹸って呼んでたし。地方の問題かと思ったら、根っからの大阪&京都人の間でも意見が分かれた。皆さんはご存じだろうか、「アルボース」。

話が完全に脇道に逸れた。今度は中華10人くらい無理やりかき集めてメニューを制覇してみたい。フカヒレもアワビも坦々麺も食い逃した。胃、結構小さく、1日に何度にも分けて食べる鶏型女なのである。


【2009/06/15 09:08 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
私ってルーズかしら
自分の考えが常識と思いこむのは危険。いや自分が良識派などとはみじんも思ってないのだけれど、人と話すと世の中っていろんな人がいるなぁと思わせられる。「あ、そういうもんなの?」と目から鱗だったりもする。結婚などしてみれば、嘘ぉ、嘘ぉの連続だ。

誰にでも自分のこだわりポイントやルーズポイントがあるわけで、私はご存じのとおり全般的に実にアバウトな人間だ。金銭面で言えば、さほど浪費家という自覚はなく、借金やローンのリボ払いなんかは嫌い、入ってくる以上のお金を使うのはまずないタイプ。堅実じゃんと思いきや、結構大まか。着なくなった洋服などはネットオークションに出せば意外と高く売れるとよく勧められるが、売れようが売れまいがその手配が面倒。やり取りのトラブルなんかも巻き込まれたくない。それなら最悪捨てるか、もらってくれる人があればあげちゃう方がずっと気分がいい。

たまに洋服も通販で買うことがあるがイメージと違ったり、サイズが予想と違ったりと失敗もある。楽天オタのお洒落さんたちはそんなときはさくっと返品しているようだ。私はそういうのが何だか悪い気がして(店側にもそれを購入するかもしれない次のお客さんにも)返品はしない。ただ面倒だというのも理由だけれど。

だんなさんもそのタイプに近く、ふらふらと週末にDIYショップなどに行って家庭用品など購入してくるが、寸法を測っていかないのでサイズや仕様が違ったりする。
「レシートあれば交換してもらえるよ、行っておいでよ」
と言っても、
「まあ、置いとけばいいじゃん」
と交換せずに新しい商品を買ってくる。バカバカしい。そのため意味のない電球なんかが戸棚に入ってる。

と、ものすごくいい加減な夫婦なのだ。それに加えてだんなさんは時間にも超ルーズ。毎朝会社に出かけて、人とアポ取って社会生活を全うしているのが不思議でたまらない。結婚前のデートでは最長5時間!待たされ(遠距離恋愛だったので新幹線代を使った手前、帰ることができなかった。しかも携帯のない時代)、30分程度は遅刻と思っていないような人で、それは今もあんまり変わっていない。

その代りに身繕いに関してはきっちり派で、自分の洋服は下着やTシャツなんか以外は全部自分で洗濯しアイロンをかける。クローゼットの中も季節毎にきちんと整理されている。お風呂も下手すれば、湯船に浸かっているわけでもないのに1時間くらい出てこない。どこを磨いているのだか。

「KYOちゃんはルーズだから~」
としょっちゅう戒められるが、こっちも言いたい。
「お前もな」

確かに片づけられない女KYOKOはその点いたって適当なことは言うまでもない。しかし、時間には意外とこだわる。締切は前職を含め、約20年よっぽどの理由を除き落としたことはなく片手で足りる。人との約束はほぼ絶対だと思っていた。体調を崩していた時はドタキャンするのが怖くて約束すらできなくなった。これは「不安の先読み」と言ってますます症状を悪化させるだけなので、最近は「遅刻上等」「ドタキャン上等」と(心の中で)言い聞かせてあえてアバウトに人と会えるようになった。

でも、仲良しの美容師さんやらサロン経営者さんやらに、最近の若い子(出たか、このフレーズw)はアポや予約が実に適当だと聞かされた。先日も美容院に行っていて、えらく店が空いているので理由を聞くと、当日に2件のドタキャンがあったという。そのうち1人に電話をかけたら
「今、京都に遊びに来てるんです~♪予約って今日でした?」
と言われ脱力。割と多いらしい、この手の「とりあえず予約」の客。

「信じられへんね」と答えたけど、そういう人々はサロンの予約などは優先順位の下の方なのだろうか。でも、店側にとっては大げさに言うと死活問題。その時間で別のお客さんを取れたはずだもの。だけど、上記の人々はその他の点ではすごくきっちりしてて、シンクには水滴なし(笑)、無駄なしのしっかりさんかもしれない。

そして、実にありがちだが、どの点でもルーズさのない完璧/潔癖/鋭敏/理想の女性or男性が、なぜか他人の心に対してだけは鈍感で驚くことがある。逆にものすごくいい加減で自己中そうな男性or女性が信じられないような細やかな配慮をしてくれることもある。

不思議だわ、人間って。
【2009/06/12 09:55 】 | つれづれ | コメント(8) | トラックバック(0) |
新地→阪急=危険なコース
昨日はN様と久々に邂逅し、新地(またか)「イタリア料理デリス」でランチ。御堂筋の方から入ってすぐざんす。新地は夜はちょっと・・・と思う店も昼はリーズナブルなのでお試し気分でトライしてみるにはちょうどいいのだ。年齢層も比較的高いのでゆっくりおしゃべりできる。

限定10名様のデリスランチに間に合う。サラダとパン(お代わり可)の後に10種類以上はあるであろう前菜がプレートに乗っている。それとデザート&ドリンクで1000円ぽっきり。ヘルシーだしそこそこお腹も膨れる。Nちゃんは1600円のコースにしたがパスタもメインのお肉も結構なボリュームで、毎日は辛いだろうがたまに優雅にランチを楽しむならお得だわ~。お客も大雨の割に意外と多く、私たちがいる間に2回転した。昼の新地ランチはまだまだ開拓の余地ありだ。

そして2時間弱ランチを楽しみ、多忙なバリキャリ兼主婦Nちゃんを解放した後は、外出用のファンデが切れたなぁ、新商品試してみるかなと阪急百貨店へGO。ちなみに普段遣いは前にも紹介したMISSHAミシャのBBクリーム。



★ミシャBBクリームUV★


「美的」で大高先生がプチプラ優秀コスメとして挙げていた一品。イエベの私はこの23番が白浮きせずにしっくりくる。なんせSPF40超というのがすごい。値段も嬉しく薄付けが好きな私はお全然減らないよ。

でもいくら良いと言っても「お値段以上~ニトリ♪」という感は否めない。薄ければカバー力なし、厚ければBBにありがちなマット感が出すぎる。日常使いなら何の問題もないけれど。

それで、アットコスメのリキッドファンデ部門でも常に上位をキープ、お粉も愛用中であるゲランを訪れてみた。

ゲラン.jpg

話題のパリュールパーリーとパリュールアクアとを顔の左右半分ずつで試してもらう。高い=高レベル!という先入観念を抜きにしてもココのファンデはやっぱりいい。若いうちはまだピンと来ないのだが、40過ぎると基礎化粧品も含め、ゲランの良さが分かってくる。ファンデを試しに行ったはずがクレンジングミルクのあまりの気持ちよさについお買い上げしそうになった。しかも初めて当たったBAさんのファンデテクが素晴らしく、素早い割に細かいシミがあっという間に消える。

「これくらいのシミ、コンシーラーなんか必要ありません」
とぶったぎられ、自分なりのリキッドファンデの塗り方にどんどん駄目出しされた。

多くの人が指摘しているようにゲランのファンデで難しいのは色選びで、7,8色の中でしっくりいく色を見つけるのが厄介だ。だから最初は楽天で買うのはやめておいた方がいいかも(笑)。最初はじっくりとカウンターで選んでもらい、そのまま1日過ごしてみること。



★ゲラン パリュールパーリーリクイドファンデーション★


といいつつ、サイトを紹介。残念ながらパーリーは売り切れたが、ここのショップは特にタイムセールがご覧のように激安なのだ。メルマガ会員になっておくといち早くお知らせが届く。このパーリーも定価約7700円(高っ)が約3500円(半額以下っ)。色さえ把握しておけば次回からはネットで購入可。

阪急では試供品、No.1しかもらえなかった。ちなみに私は32がよさそうだ。念のため、この試供品を使ってみてジムに行ってみて汗の具合も見たうえで気に入れば、もう1度カウンターで最終チェックして購入予定。そうそう、アクアの方が艶っぽさは出るけど、崩れは少々早い。保湿を重視するならアクアかも。

しかし、危険だわ。魔の阪急2階。ゆめゆめ用事もないのに近寄るなかれ。



【2009/06/11 09:37 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
どこでも拭き拭き
最近いろんなところで目にし、耳にするスポンジクロスなるもの。台拭きよりも使い勝手がいいの~?ということで送料無料の2枚セットなら失敗も許せるかとこれを買い求めてみました。



TVが盲目のピアニストの話題でもちきりの中、タイミングよくというか何というか音符柄であります。この柄に惚れたのも購入の理由の1つ。キッチンや水周りに色を持ち込みたくなく、邪魔にならずに可愛い柄を探していて見つけました。これはドイツ製ですが、北欧はじめ欧州はこの手のキッチン用品が充実しておりますね。


★北欧から?いえウィーンから直輸入 便利なキッチン用ワイプ 吸水スポンジクロス2枚セット バッハコンチェルト&フィンランディア★


ひとつはキッチンの台拭き。入居時にコンロからIHに変えました(さすが掃除嫌い!)。それでも料理をした後、ささっと拭いておかないと焦げが残ります。「洗い物をした後はきちんと水を切っておくこと」とだんなさんからご注意をしばしば受けます(細かいな~AB型は)。

もうひとつは洗面所のふきん。ダスキンレディさんに聞きましたが、使った後、特に蛇口などはさっと水を拭き取っておくことが水垢を溜めずに美しく洗面スペースを維持するコツだそうです。そんなの当たり前じゃんと皆さまは思われるでしょうが、忙しい折にはついつい放りっぱなしになってしまいます。だんなさんなぜかこっちは水散らしまくりの犬族。

スポンジクロス2.jpg スポンジクロス1.jpg

乾いている時はパリパリで烏賊みたいにひっくり返ります(笑)。硬いので少々使いづらい気もしますが、吸水性は抜群で乾くのも早いので臭いも防止でき清潔さを保てます。活躍するようでしたら次回はキャッツ柄♪


【2009/06/10 18:25 】 | お買物 | コメント(2) | トラックバック(0) |
今夏グリーン作戦(未だ構想中)
お友達のブログを見たり、実際にお宅を訪問したりすると、季節柄もあって素敵な木々や草花に出会う。当たり前のことだが、人間も生き物の一種で、地球の一部であって、本来なら自然と共存して生きていくのが自然の姿だ。自然な状態から逸脱した生活を続けていると、知らず知らずのうちに心身バランスも崩れることもあるだろう。視力だって低下の一方だ。街中に住んでいるとそんなことをついつい忘れてしまう。

かといって、ガーデニングには全く自信がない。緑を愛するマイミクの1人、Mちゃんは「根気」が大事、失敗の繰り返しだとアドバイスしてくれた。

私の家を訪れた人は「ホテルみたい」とよく言う。決して癒し感あふれる華やかなリゾートホテルや、モダンでスタイリッシュなシティホテルを念頭に置いての発言ではない。何だか殺風景で、変に生活感のない(だんなさんは物を増やすのが嫌い)感じをオブラートに包んで行ってくださっているのだと思う。モダンは私の目指すところではあるが(一応ね)、温かみも添えてみたく、緑の必要性も実感するようになった。

今のところ、引っ越し時に買いそろえた観葉植物は、元気すぎるくらい成長している(ソングオブジャマイカはやっぱ良い感じ~)。だが、どうもセコい私は、枯らす危険性が少なかろうと最近流行りのサボテンを採り入れたくなってきた。で、窓辺にこれを1個。




★モダンサボテン スイングスタイル★


サボテン2.jpg

丁寧に梱包してくれて翌日にはもう到着。白壁、黒とガラスのダイニングにはなかなかマッチしているのではないかと自画自賛(笑)。実はアルコープに緑コーナーを作りたいという野望も抱いているKYOKOなのである。

【2009/06/09 11:16 】 | お買物 | コメント(2) | トラックバック(0) |
茨木美味しいもの探訪
週の初めの月曜日からこんな優雅な過ごし方していいのか!と世のOL嬢や年中忙しい兼業主婦などから頭をはたかれそうな快晴の初夏のお昼。S嬢からちょっとしたお願いを受け、ついでにランチに繰り出した。

向かったのはJR茨木駅から歩いて数分、えっこんなところにフレンチレストランが!という驚きの穴場にあるのが「フォン・ド・タナハシ」。知ってる人は知っている(当たり前)、家庭的でいてでも絶品の本格的なフレンチを食べさせてくれる店だ。ご存じ、お近くの「ジャマン」が(お値段的に)敷居の高いときはこちらがお勧め。

ランチコースはスープとパスタとお魚orお肉と食後のデザート&飲み物で2100円、お魚もお肉もつけて3000円というお得なプライス。野菜にこだわっていて産地直送の素材を駆使したフレンチが味わえる。この日もサツマイモを使った冷製スープが夏に相応しく涼しく喉を通る。メインももちろん美味しいのだけれど、いつも感心するのがデザートだ。この日はトヨノカ苺を使ったシャーベットで、濃厚な苺をそのまま食しているような味わい。普通のアイスが食べられなくなっちゃうじゃん。

これまた茨木の知られざる和菓子の名店、「風月庵南坊」のみどり姫をS嬢からいただく。

みどり姫

噂によると、某有名デザイナーも大のお気に入りで何箱も買い占めるという。抹茶と餡と生クリームの素晴らしいコラボ。甘い、苦い、甘いと口の中でいろんな味がミックスする。お取り寄せで人気なのが分かるわ~。

今頃は、Sちゃんの旦那様はキタの高層ビルの一角でお仕事に励み中、私のだんなさんはミナミのビルの一角で奮闘中のはず。フレンチがお得プライスなどと言ってはみたが、おそらく今日の彼らのランチは野口様でお釣りが来よう。

「おかげさま、おかげさま」と手を合わせ、今日の晩御飯は一品多めにつけてみた。ランチの話を聞き一瞬苦々しげな顔をしたようなしなかったような、まあ妻がご機嫌いいのは家庭の安寧の1番の基本ですから。



【2009/06/09 09:45 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(4) | トラックバック(0) |
籠の中のマウス
アメリカンアイドル来週決勝だ~。アメリカではとっくに結果は判明しているのだろうがネタばれはご勘弁。昨日のベスト2の発表を見ていたら、全米チャートをブッチギリで独走中、マドンナも絶賛一押し中のケイティ・ペリーがゲストに出ていた

--なんて紹介しても私はごく最近まで彼女の存在を知らなかったのだけれども。実はインフル騒ぎの真っただ中、友人のSさまが来日中のケイティ・ペリーの心斎橋クアトロでのライブを誘ってくださったのだ(しかし、ヘビメタからポップスまで守備範囲広いな)。それをインフルかかったら嫌だしな~、久々の夜ライブだしな~と断ってしまったのだ。

いや、ビジュアルもパフォーマンスもなかなかいいじゃん!可愛いわ!ライブ楽しかっただろうな、ちと後悔。勇気出していけばよかった。

このところご無沙汰の友人にも会う機会が増えてきた、というか増やしている。最近ちょっとパニ話から遠ざかっているのでちょっとご報告。最近会った友達も心配してくれていたし。ブログを読んだくださってる方々はお気づきだと思うが、電車はほぼOKとなった。エアロビクス系のレッスンにも無理しない範囲で出ている。お食事の誘いもあまり躊躇なく受けられるようになった。

もちろんパニが見事完治してしまったわけではない。実のところ、これがパニかどうかなのかも疑心暗鬼な部分もまだ自分の中にはあるのだ。単に早い更年期障害じゃねーの、単に自律神経失調症(この定義がこれまたアバウト)じゃねーのって気もする。

電車はほぼ平気だけれど、自分で車を運転しようとすると、冷や汗が一気に流れ、全身の力が抜けそうになる。すわ発作?という気もするけど、高所恐怖症や蛇恐怖症や閉所恐怖症の人間など山ほどいるし、その一種とすれば実はどうってことのない話なのかもしれない。ジムで走っていて、心拍数が上がると、時にあの嫌なゾワゾワ感が襲ってきて怖くなる。いやそれも単に乳酸がたまって疲れただけのことじゃないかと言われたらまさにその通りだ。

映画館の真ん中の席もお芝居もまだ怖い。あんまり親しくない人と待ち合わせするのも、飲んで電車に乗るのもやっぱり怖い。バカバカしい話だが、十数年来の友人でさえ長話をしている間に、何かのきっかけで緊張が起こり、変な頭重感と悪心が迫ってくる。そのままふっと意識が遠のきそうになる。胸が詰まって物が食べられなくなる。恋をした女子高生かっつーの。

きっとPDになったことがない人は今一つ理解できないだろう。経験者ならあの感覚かとピンとくるだろう。でもそれは何の病気だって一緒で、他人の心はもちろん身体の感覚なんて理解しようもないのだ。喘息持ちの友人も、メニエール持ちの友人も、ヘルニア持ちの友人も、みんなそれぞれ辛くって、でも一方で明るく毎日を過ごしているのだ。私の場合、すべて気のせいだ(実際本当に大半は脳のせいだ)と笑い飛ばせるまでにはちょっと時間がかかった。笑い飛ばせないときも当然ある。人に甘えればいいのだと思うときも、人に甘えているから駄目なのだと思うときもある。私って弱いとも思ったり、いやいや案外強いとも思ったりする。

だんなさんは私を、「籠の中でくるくる走ってるねずみみたい」という。「一生懸命なのに前へ進まず空回りして疲れてる」と。「でも、それも可愛いんじゃない」(爆)と。

パニも私の個性の1つなのだと少し開き直りつつある。いつもと同様、何のことやらという結論で、長文にお付き合いいただき感謝である(携帯の方は特に)。


【2009/06/08 09:37 】 | パニック障害 | コメント(4) | トラックバック(0) |
「アメリ」-アメリ気分でウィメンズトーク
金曜日の昼間は「美」?友4人で新地のカフェ「アメリ」でランチ。

四ツ橋筋をアバンザの横で入ってちょっと行くと、雑然とした新地の街中になぜか庭付きのカフェがふっと現れる。あのAmelieが立ち寄りそうなお店というのがコンセプトらしい。私たちが最後に滑り込み、さすがに女子女子女子で店内はいっぱいだ。いかにも女の子が喜びそうな店構えとメニューのオンパレード。私も女のはしくれだからやっぱり心浮き立つ。

ここではガレットが有名らしいけど(ガレットランチって珍しいよね。本日のガレットは牛肉と牛蒡)、私は鶏肉のショートパスタを注文。パンは食べ放題なのだ。ちゃんとオリーブオイルも2種類、塩胡椒も揃ってる。ふかふかのフォカチャにかぶりつく。

ガレット

さて、メンバーは、私が美の教えを乞う師ら面々-。いつもアップしている素晴らしきネイルの作り手ネイリストのMさま(サロン開設準備中)、箕面のアイラッシュサロン「Salon de Lazo(サロン・ド・ラソ)」のオーナーのゴージャスアイリストかおるんちゃん、京都のエステサロン「Renee Bee(レニビー)」のオーナーの麗しのアラフォー友レニビーちゃん-(宣伝しとくね!)-である。

私は行き当たりばったりの人任せお手入れ派なので、彼女たちのあくなき探求心には頭が下がる。急遽仕事のため来られなくなった管理栄養士のぱりぃ殿には東京でのアンチエイジング学会での新ネタやクリニックでの美容注射のことなど内からの美について語ってもらいたかったのだが、またの機会を待つ。

勤め人だってもちろん情報収集や勉強は欠かせないわけで努力だってしているが、自営業にはそれ以上の意識が必要だ。どこかの組織に属していれば、否が応でも学ばざるを得ないし、逆に学ぼうとしなくても何とかなっちゃったり、そんな暇がなかったりする。でも、ひとたび一国一城の主となれば、自ら新たな技やら人脈やらを得ようというアクションを起こさない限り閉塞してしまう。当然ながら、翻訳者だってそうで、仕事が何とか続いていれば、向上しようという意識が薄れ、自分のやっていることが常識、デフォルトだと錯覚してしまうことがある。引きこもりが似合いそうな商売だけど、一級品の腕を持っていない限り、引きこもっていたら実は取り残されるリスクも大きい職業なのだ。

美の世界も厳しい。他の商売以上に、流行り廃りのサイクルも早いし、どんどん新しい技術が導入される。今の時代のギャルや一般ピープルの美容知識たるや馬鹿にならない。よって、上記の彼女たちも技術習得のための講習会や、新たな商材探しのためのセミナーなんかにもしょっちゅう顔を出し、勉強に余念がないようだ。かおるんちゃんなどは今後のエクステのため、美容師の学校にまで通い始めた。どんだけ元手かかんねん(笑)。

美容の世界の話を聞くのも楽しく、業界違えど意識の持ち方は為になる。みんなその道を究めようとするマニアックたちだもの。前のブログじゃないけど、ぶれない女たち。お客に満足してもらいたいという他愛的な意識は翻訳者には欠けがちで(物書きたちは自意識の強い自愛派がけっこう多いのだ)、彼女らのサービス精神は見習うところが多い。

不況の今、フリーランスが生き残っていくためには、努力と、それでもって「この仕事やっぱり好きなんよね」という情熱とが必要なのだと思う。おまけにそれでママだったりするんだから私は諸手を挙げて降参だ。

あ、4時で昼の部閉店で追い出されるまで、評判のケーキも注文するのを忘れてしゃべりまくってしまった。続きはさらにメンバーを増やして「美塾」を開いてもらおう。これで成果も出たらね~。

P.S.ここで得た情報、少しずつブログでUP予定です。

【2009/06/06 17:28 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(4) | トラックバック(0) |
ぶれない男
最近よく聞く言葉が「ぶれない」だ。民主党の岡田さんなんかによく使われているようだ。

ぶれない男、生き方にぶれがない--なんだか妙に恰好いい。でも「ぶれない」の評価って難しいよね。下手すれば単に頑固で柔軟性がないってことだ。周りにいれば1番手に負えない奴だったりする。その方向性自体が狂っていれば大変な一生になる。

そもそも、「ぶれない」が評価されるためには結果を出さねばならないし長い長い時間がかかる。しょうもないことを延々何十年も続けていても、ぶれないわさすがだわと思われることはなかろう。いくらやっても芽の出ない執筆活動や音楽活動を身内がやっていたとしたら、「たいがいにしなはれ」と諭すだろう。理想を掲げて延々と婚活を続ける兄でもいたら、「現実を見なはれ」と妥協を勧めるだろう。

でも、忌野清志郎の死があれほどまでにクローズアップされた理由の1つは彼がぶれない男だったからだ。彼にとっての音楽は自分の意思や生き方や人生観もろもろを表明する手段であって、売れるための策に逃げなかった。1ロッカーとしての魂にぶれがない。そこのとこが人の共感や憧れを呼ぶのだろう。一時期はアユに完全に追い抜かされた安室ちゃんも、そのぶれない音楽性が今すごく認められている。一方のアユだってライブを見るとやっぱりすごい。ぶれてね~なと思う。

売名やお金のために、様々に自分の身を変える人間はどうも安っぽく見える。芸能界で言えば、グラドルで駄目なら女優、女優でもぱっとしなければ歌手、それでもぱっとしなければママドルやらエコやらヨガやらデザイナーやら何やらかんやらで活路を見出そうとする。それら自体が決して悪いわけではなく、自分が楽しければ他人が口を挟む筋合いはないが、付け焼刃のものを商品に変えようとする姿勢が何だか釈然としない。でも、それもある程度の成功を収めれば「機を見て敏なり」ってことで評価されるのであろうが。

周りを見渡しても、ぶれない人好きだ。何年経っても、いい意味で主義主張や生き方の本質にぶれがない人。人の意見や生き方にけっこう影響されちゃったりする私は、馬鹿っぽくてもさほど評価されなくってもぶれない人に興味を引かれ、ちょっと格好いいと思ったりなんかする。

最近、たのきん時代にファンだったトシちゃんの近況やブログを見て「ああ、この人って変わってないわ(笑)」と思いつつ何となく書いたネタである。

相変わらず苦手なキムタクも20年くらい経って、相変わらず「ちょっっ、待てよぉ」とTVドラマでイケメン枠の一線を張っていれば「ぶれない男」として私もファンになってるかもしれない。

【2009/06/05 09:40 】 | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
親指を鼻の頭に・・・
ドが付くかはどうか微妙だけれどけっこうな近眼であります。視力で言うなら0.03~0.04辺りかなぁと想像します。小学校の視力検査で1番上が見えないのってどうよと不思議に思っていたけれど、今じゃ1番上見えませんなぁ。でも、乱視が入ってなく、コンタクトでも矯正可能なのがありがたいところです。仕事柄かいまだにじわじわと視力は低下しています。下げ止まりはないのかしら。

さて、1ヶ月使い捨てコンタクトを使っているので、いつものようにショップに買いに行って参りました。最近、ジムでレッスンを受けていて自分の顔が見えにくくなっていたと思ったら(いや、自分の姿がくっきりと見えたら見えたで軽いショック、でも直視するのも大事)、やっぱり少し視力が下がっていて、1段階下げるかどうか店員さんと相談していました。

高橋克典を若くした20代中盤辺りのイケメン店員。何やら私の前に新聞記事のようなものを出してきます。そしていくつか問答した後、どうも言いにくそうに口ごもっています。気の毒なのでさっさとこちらから言ってあげました。

「老眼始まりかけてるんですよね」(泣)

安心したかのように「ええ、そうみたいですね」と。

私がいくつに見えたのか分からないけれど、微妙な年頃の婦人に「老眼」と指摘するのはやっぱり気を遣うのでしょうか、それとも「何ですって、私が老眼ですって」とキレる女性もいるのでしょうか(笑)。大丈夫よ私は。でも、近眼ならば老眼は遅い-これはやっぱり迷信でした。店員さんが言うには、近眼の人は老眼が始まったことに気づきにくいだけだそうです。まさに二重苦じゃん。

「遠近両用コンタクトもあるんですよ、試してごらんになりますか?」

と店員さんが言うので、何個かはめてみました。遠近両用コンタクトというのは酷く高額で普通のコンタクトの3倍近くします。そのため大抵のショップでは只で2週間ほどお試しできるはずです。う~ん、確かに遠くも見えるし、近くに置かれた新聞記事も前より良く見えます。只だというので一応試させてもらうことにしました。

家に帰ってから1日間つけっ放しにしていたところ、ゴロゴロし始め眼が痛い~。おまけに思ったほど遠くも近くもくっきりは見えません。微妙にどっちもピントが合っていない感じ。2日間試して備蓄してあった元のコンタクトに戻したら、やっぱりこっちの方がしっくりきます。

私の場合、老眼はなりかけかなという程度で、夜中に疲れた時なんか文庫本が読みにくくなるくらいだったので遠近両用を使うにはまだ早すぎたのかもしれません。どうしても近くが見難くなるなら、老眼鏡(!!)を購入し、コンタクトの上からかけることにした方が経済的にも労力的にも無難そうです。あんまりその辺格好は気にしないので。したがって、遠近両用さまにはお帰り頂いて、元の使い捨てを矯正して新たに買い求めました。

アラフォーの皆さま、老眼かどうかを試すにはいろいろな方法があるのでしょうが、1つには親指を鼻に当てて人差指の指紋が見えるかどうかお試しください。ワタクシ、ええボケボケです。

私が30そこそこの頃、15歳ほど年上のダンディ(笑)な殿方とお食事する機会がありました。氏はメニューを手にすると、ちょっと眉をひそめてメニューを遠くにかざし、好きな物を頼んでいいよとおっしゃられました。私は遠慮もなく「老眼ですか~、ぷぷ」と指摘してしまったのです。ああ、悪気はなく、本当に若々しい素敵な方だったのでついそのギャップに微笑んでしまったのですが今思うと何て失敬だったことか。

今後、一緒に食事に行った時、私もさりげに少しメニューを遠ざけるようになるかもしれません。心ある方は見て見ぬふりをしてくださいませ。

早速だんなさん(同い年)にも文庫本を突き付けて、どの辺が1番見やすい?と試し、「それ老眼じゃん、老眼だよ、ぷぷ」と言っておきました。やっぱり人間が小さいわKYOKO。

【2009/06/03 09:31 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
2人オフ会 in KOBE(I)--美味しいもの編
春だわ、初夏だわ、5月は凹んだこともあったけど、気を取り直して、御無沙汰している人々とも旧交を温め、いろいろな所に出向くぞと決めた。出不精の私がどこまでやれるかは疑問だけれど。

そこで、前から気になっていたパートIIで話題にする兵庫県立美術館の「ピカソとクレー展」に出かけようと考えた。ところが先般のインフルエンザ騒ぎで同館は1週間閉館。そして最終日の日曜日となった。一人でゆっくりと観て回るのも悪くはないけれど、神戸と言えば、拙ブログのリンク友ひさみんさまが住む街の近くである。ブログではコメントを交わし合い仲良くなった気もするが、1度お会いできないかと思い切って神戸デートをお誘いした。

返事が1週間近く経っても来ない・・・ああ、距離感を見誤ったか・・・と落ち込んでいたら、コメント欄を見逃していたというH嬢からOKの返事をいただいた。しかも、評判のイタリアンレストランを予約していただけるという。

それがココ。「R valentino(アールヴァレンティーノ)」三宮の駅から歩いて数分の所にあるビルの3階。

アールヴァレンティーノ

前菜+パスタorピッツァ+デザート+ドリンクという1番少なめのランチを頼んだがボリューム満点。H嬢と私とでパスタとピッツァを頼んでシェアした。1人前のピッツァだけどLサイズで1人では食べきれないほど。アンチョビの白いピッツァを選んで正解!窯焼きが嬉しいね~。

店を出る頃にもまだ外に人が並んでいた。温かい家庭的な雰囲気の店で、明るいイタリア人がそこらかしこにいて雰囲気を盛り上げてくれる。近くにあったらしょっちゅう通うわ。予約は必須。

H嬢は私と職種は異なるが、同じく自営業さんなので仕事の話もはずむ。ボランティアでやっている日本語教師の話も興味深い。将来、居留外国人の生活ケアなんかのボランティア、実はやってみたいのだ。年代もほぼ同じのDINKSで初対面だというのに深い話もけっこうしたように思う。

Hさんからは素敵な手造りの写真立てもいただいた。MITAの写真を入れてということだろうが少ししんみりとしてしまうので、リビングにポストカードを入れて早速飾らせてもらっている。夏らしくて素敵(自画自賛)。

また今度は大阪にも是非!パートIIに続く。

【2009/06/01 09:04 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(2) | トラックバック(0) |
2人オフ会 in KOBE(II)--美しいもの編
イタリアンレストランから兵庫県立美術館に歩を進める。三宮から次の駅の灘で降りて10分ほど歩く。でも初夏の風が気持ちよくちょうどいいお散歩代わり。

ピカソとクレー展

折角紹介するのに最終日だったので何の役にも立たないかも。さすがに館内は盛況で観て回るのに時間がかかった。ピカソ展と銘打っているがピカソはわずか6点。でも「ひじかけ椅子に座る女」と「ギター」が生で観られた。感動だ。

  生きているということ
  いま生きているということ
  それはミニスカート
  それはプラネタリウム
  それはヨハン・シュトラウス
  それはピカソ
  それはアルプス
  すべての美しいものに出会うということ
  そして
  かくされた悪を注意深くこばむこと

      谷川俊太郎作「生きているということ」

写真立て  三匹の猫
(Hさんからいただいた写真立てに今回の美術展で買ったフランツ・マルクの「3匹の猫」のカードを入れた)

そして、クレーは素晴らしかった。その色彩はまさにファンタジーであり、メルヘンであり、「色彩が私を捕えた。色彩と私は1つになった。私は色彩の画家だ」とクレー自ら語ったとおり虹のような色彩が心を捕える。あの「クレーの天使」らもたくさん観ることができる。

クレーの天使クレーの天使
(2000/10)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る
 
クレーの絵本クレーの絵本
(1995/10)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


子供が書きなぐったような天使の絵だけれども、観ているだけで心が温かくなるような人間味のある天使たち。それに谷川俊太郎が短詩をつけている二重奏。絵と言葉が紡ぐコラボレーション。

  のはらにもうみべにも
  まちかどにもへやのなかにも
  すてきなものがあって

  でもしぬほどすきなものは
  どこにもなくて
  よるをてんしとねむった

  やまにだかれたかった
  そらにとけたかった  
  すなにすいこまれたかった
  ひとのかたちをすてて

  はだかのいのちのながれにそって


クレー

5月の最終日を飾るにふさわしい1日だった。感謝。


【2009/06/01 09:03 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。