スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
どうして首が長いのか-モディリアーニの秘密
暑い暑い。こんなときはありがたや在宅稼業。怖いのは電気代。

よって引きこもりになりがちな今日この頃。せめて犬でもいれば散歩に出かけるだろうが猫ではそうもいかない。本当はリードをつけて近くの公園に出かけたい。可愛くって噂になるだろう(←大バカ)。だが、姉が買っている猫は実際にリードをつけて庭を散歩できる。ドライブも平気でうらやましい。

それで、出かけたいのはやまやまなのだがその1歩が出ない。逆にそこが在宅稼業の欠点でもある。出かけたい先の一つが、今、中の島の国立国際美術館でやっている「モディリアーニ展2008」。このところ日経ではこのモディリアーニ展の特集を組んでいて(他の紙もかな?引っ越しを機に朝日はやめたので分らない。休養中のモヨコさんの唯一の連載「オチビサン」だけが未練)、さほどモディリアーニが好きでもない私だがやっぱり心惹かれる。

中の島に来る前は六本木の新国立美術館でやっていたそうだから、関東在住の皆さんも足を運んだ方は多かろう。 「なぜ首が長いか、目に瞳がないのかというこれまでの疑問は、この展覧会で解決します」と監修者のマルク・レステリーニさんは語る。確かに、モディリアーニの代表作の人物たちはみな一様に首が長い。ますます興味が惹かれる。

彼の人生とオーバーラップしてなんとなく退廃と悲哀のにじむ作風は、夢二愛する日本人の好むところかもしれない。若いころから結核に苦しみ、酒と女に明け暮れて35歳の生涯をとじた彼の人生は、アンディ・ガルシア主演で「モディリアーニ・真実の愛」という映画にもなっている。8月7、8日はこの映画も同館で上映される。半券があれば先着順で無料で観られる。

同展のオフィシャルサイトで「モディリアーニ待受」をダウンロードし、チケット売り場で見せれば100円の割引が得られる。日曜日は有料だが安価で託児サービスもやっているから小さなお子様連れでも大丈夫だ。

久しぶりに名画鑑賞後、ロイヤルホテルでティーorスパーキングでもいただきつつ優雅な昼間を楽しみたいというのが今のささやかなる(本当にささやかだ)願望。まず目の前の仕事を早く1本片付けよう。

注:同展は9月15日までなのでまだまだ大丈夫です。夏休みは学生が多いかな?
スポンサーサイト
【2008/07/31 09:12 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(2) | トラックバック(0) |
蛙さんお願いします
起床して、オレンジ1個食べて、青汁か野菜ジュースを飲んで、一息つく。カフェオレを入れて、PCの前に座り、おもむろにブログを書き始める。相も変らぬ毎日の習慣だ。

それが引っ越ししてちょっと変化があった。新聞を取りに1階まで降りるついでに(真剣にだるい。起きぬけのひどい顔を住民に見られるおそれもある)、玄関先から植物たちに水をやる習慣が加わった。

じょうろ

このじょうろは霧吹きもついているので、葉水をあげるにも便利だ。しかし、ジョウロって名前も形も可愛くないか。おしなべてガーデニンググッズには心惹かれるインテリアグッズが多い。

先日、室内のソングオブジャマイカが枯れて朽ち落ちる夢を見た。まさか正夢ではあるまいな。私は潜在意識も含め気になっていることがすぐに夢に出る。よっぽど自分の魔の手を恐れているのかもしれない。

しかし、ネットをググってみても観葉植物の水やりのタイミングは難しい。「乾いたらたっぷり」って、土中が乾いたかどうかはどうすれば分るよ。園芸センターの人は水をやりすぎるのが1番いけないと言っていたが、からからに乾かせちゃうのも可哀そうだし怖い。そこでこんなものを買ってみた。

「カエルの水やりチェッカー」

カエルの水やり

ポトスの真ん中に挿してある、変な顔のカエルに気づくだろうか(蛙マニアのヒサミンさま、これはマジで可愛くない(笑))。蛙の根元から出ている棒を差し込むと、針がDRY MOIST WETの間を振れて、土が今どんな状態なのかを教えてくれるのだ。ガーデニング王国イギリス、アメリカで数百万本売れている大ベストセラー商品だという触れ込みだ。

早速注文して使っているが、昨日たっぷり水をやったのにDRYに触れたり、場所によって湿度が大きく異なったり、どうも信頼性に欠ける感もあるが、とりあえずカエル頼みというわけだ。

それはさておき、けっこう植物を育てるのは楽しいかもしれない。一応「今日も元気か~。可愛いね~」などと声かけをして可愛がっているつもりである。ジョウロを手に、カフェエプロンをつけて、家事をしている私の姿を想像できるだろうか。結構まったり主婦っぽく見えて新鮮だと思う(笑)。

プランターでハーブでも育てますか。
【2008/07/30 09:11 】 | お買物 | コメント(6) | トラックバック(0) |
悔しいです!
はい、ザブングルの顔を思いうかべて。

誰にでも無駄使いの経験はあるだろう。あの時なぜあんなことを・・・あの時なぜあんなものを・・・今になって思うと不思議だ。

最近の話で言うと、無駄使いとは少しずれるが、財テク(?)関連。本来マンションを買う予定ではなかったので、一昨年はちょっとまとまって投資まがいのことをやった。有り金の日本円はドルとユーロと株に化けた。ご存じのとおり、ユーロを除けばドルも日本株もこの1年で急降下した。株は死守したが、ドルは資金繰りに換金せざるを得ず、損しまくった。株も塩漬けにして何とか持ちこたえるしかない。お金を増やそうとして減らす。そのまま持っていれば増えはせずとも現状維持だったはずが、何と皮肉な行為。だが、世の中には数千万、数億と損害を被った人間も数多くいるだろう。その人々にとっては鼻で笑われる額なのだが。

でも言うほど悔しくて歯嚙みをするほどではない。ま、財テクなんてこんなもんだという諦めもある(決して余裕があるからじゃないよ!)。

ところが、現実には小さな失態が、もうキリキリするほど悔しい。週末、買い物してご飯を食べて、疲れ果てたまま閉店間際のスーパーに駆け込んだ。まとめ買いの私たちはその日もレジ袋3,4袋分くらい買いこんだ。その前の買い物分もある。あまりに疲れていたんだろう。詰め込み台(?)を去る時、振り返って指差し点呼(笑)を欠かさないだんなさんがそれを忘れていた。私は言うまでもなく適当だ。

昨日(昨日かいっ)、お風呂上りに「泡盛買ってたんだった♪」とウキウキ冷蔵庫を開くと、泡盛がない。よくよく調べると、ソーダやらアイスコーヒーやらマンゴー酢やら飲み物関係がすっぽりない。飲み物を詰めた袋だけ置いてきてしまったようだ。1日経って気づくところが馬鹿すぎるのだが、悔しくて真剣に泣きそうになった(3000円弱の損)。

だんなさんは引っ越し騒ぎの中で、クリーニングに出そうと溜めていたシャツ5枚入りの紙袋を誤って捨てた。今年の新作もあったらしい。これも20回くらい繰り返して嘆いてた。

こういう全く意味のない無駄ほど悔しいことはあろうか。思い出すと次々出てきそうで今日はここでおしまい。
【2008/07/29 08:53 】 | つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
魔性の女
またもやアラフォーをターゲットに「四つの嘘」というドラマが始まっているらしい。夜9時って早すぎてどうもゆっくりドラマを見る時間ではない。どうして11時はドラマタイムではなくニュースタイムなのだろう。

主演の永作博美ってどうも好きになれない女優の1人。確かに若くって、透明感もあって、演技もうまいのかもしれないが、友達にするには一癖あってさりげに敬遠したいタイプ(いや向こうが拒否するか)。

その永作博美、「魔性の女」と喩えられることが多い。ちなみに、「魔性の女」の前段が「小悪魔」であって、小悪魔→魔性の女の順に女度が上がっていくと勝手にとらえている。

魔性の女と言えば、藤あやこやら葉月 里緒菜やら荻野目慶子(こっちが姉だよね)やら、男の人生をぼろぼろにしちゃう、果てには自殺に追い込むくらいの勢いのある、とりあえずはフェロモンむんむんの超絶美女を想像したいところだけれど、一般社会では意外と永作タイプの方が魔性の女マジックを振りまきまくる。セクシー美女や正統派美女、可愛さの交るエビちゃんタイプなんかは小悪魔止まりだったりする。

学生&社会人時代を通じて周りに女性が多かったせいか、小悪魔らも何人か見てきた。ただ、雑誌などを見て「小悪魔ファッション、小悪魔メイク♪ウフ」と小悪魔を自称する大多数の女性たちはごくごく普通の可愛い女の子だ。男を振り回す、いや男の方が勝手に振り回される小悪魔ではなく、年齢にかかわらず、純な少女魂を心の奥底に秘めている女の子なのだ。

でもやっぱり「魔性の女」は存在する。私の知るその中の1人も、外見的にはそれほどぱっと目を引くわけでもない(失礼)、ま、永作似と言えないこともない。そして、服装も流行を追うわけでなく、微妙な垢抜けなさが残る感じ(意外とここ大事)。ところがこれが恐ろしいほどモテまくるのだ。それもなぜか目が血走るくらい相手が夢中になる。若く血気盛ん(笑)な若者のみならず、分別のついたおじ様やら、体調を崩して行った先のお医者様やら、エエっと思う相手も彼女の魔の手にはまり込む。

かといって特に彼女がテクニックを駆使しているようにも見えない。女の私から見れば、そこはかとなく匂ってくるミステリアスさくらいか。

しかし、当の彼女は、計算高くその中で条件的に最も良いと思われる男性を選ぶわけではない。それどころかいわゆるダメンズにも平気で手を出す。ああもったいない。また、自慢もしなけりゃ謙遜もしない。ストーカーまがいの身の危険ももちろん体験するし、「無駄モテ」だとあっさり言ってのける。彼女はだんなさんに紹介したことがないが、機会があれば試してみたかった。少々マニアックな女性の趣味を持つ彼にも彼女の魔性の魅力は伝わるのであろうか。

私は4人の中では圧倒的に高島玲子だがな。
【2008/07/28 09:30 】 | つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
お昼寝百景
引っ越しから2週間。「ここはどこ?」と探検しまくってソファの中(マジで隙間から中にもぐりこんだ)に隠れ住んだミタもすっかり慣れた。

なぜか吐き癖も止まり、1度も吐いていない。爪とぎも不思議なことに止んでいる。新しい爪とぎも用意して一応各部屋に準備しているが見向きもしない。ヘタレに見えて意外と大物?!それか主人と同様、新居がすっかり気に入ったのか。

皆様が心配するように、観葉植物にもいたずらをしない。花が飾れないのよ~と嘆く世の中のネコ飼いは多いけれど、花瓶の花にも興味を示さないのがうちのミタだ。きちっと叱れば2度と仕事部屋の机にも上らない。良く言えばお利口さん、悪く言えば好奇心に欠けた猫。もしかして自分を猫ならぬ第3の住民、人間だと思い込んでるのかもしれない。

いくつかお気に入りの寝場所も確保した。

1.リビングのソファ
前からのお気に入り。爪の跡で革はボロボロ(泣)。
ミタリビング

2.リビングのカウンターボード
日光が燦燦と当たるここは新たな絶好お昼寝ポイントだ。オブジェを飾ろうと思っていたが、ミタに明け渡すことにした。
ミタリビング2
完全に後ろ姿はメタボオヤジ。もしくはツチノコ。

3.仕事部屋のベッド
私が仕事中は大抵ついてきて、ここでお休み。まるでストーカー。もちろんPCの前にいる今もココ。さすがに暑いのかベッドからやや飛び出している。寝相悪いぜ!
ミタ書斎  ミタ書斎2

本当、皆がせこせこと働く我が家の中で、食べて、寝て、遊んで、食べて、寝て、・・・の繰り返しの1匹(1人)だ。今度生まれ変わるならば猫だろう、猫。友達はもうちょっと欲しいけど。
【2008/07/25 09:20 】 | 家族 | コメント(8) | トラックバック(0) |
女優肌とはこのことか
いやいやデジタルTVって本当に奇麗だな。これは想像以上だった。すいません、旧居はいまだアナログでしたのよ~。

最近っていうか昨今、「女優ファンデ」や「女優ミラー」など、女優○○と銘打った商品が目につくが、確かにこのデジタル画面になってから女優も毛穴&シミ&皴消しに一生懸命だと思う。これだけの画質じゃアラが見えて当然だ。しかし、さすがプロのメーキャップアーティストと照明さんの技か、TVに出演する女優は当然、タレントや女子アナの肌の綺麗さにも恐れ入る。

実は私も宣伝に踊らされ、しかも推薦者は山田美保子(笑)(この人を見るとどうも中型犬を思い出す)、女優ご用達とかいうファンデを購入したことがある。結果はリアルな私をご存じの方にとっては自明であろう。デパートのカウンタでお化粧してもらった時も自分の肌の仕上がりにびっくりするが、女優肌も一瞬の結晶のような儚ききらめきで、夏のお出かけには5分ももたない。

話が大きくずれた。言いたかったのはデジタル画像になってますますTVが楽しくなったことだ。と言っても私が見てるのは大抵ケーブルチャンネル。昼はBGM代わりにミュージックTVかけっぱなし。これで意外と最新和洋PVにも強かったりする。

でも何といっても大好きなのが海外ドラマだ。「SATC」はMY GREATEST HITSのベスト3に入ることは間違いなしのドラマである。これが何度見ても飽きない。だんなさんはお付き合いで一応シーズン全部見てくれたような気がするが(ビックの声がいいらしい)、家に帰ると私が再再再・・・放送をいまだに観ているのに呆れている。だが、恋に友情に仕事に家族にファッションにインテリアに--どんな視点からも楽しめるドラマって他にあるか?キャリーはもちろん好きだけれど、シーズンが進むごとにサマンサに感情移入することが増えてきた。サマンサの年下彼は、ラテン民族好きな私には珍しくズキュン(古っ)とくる。映画も楽しみだ。

「デスパ」も「HOUSE」も「プリズンブレイク」も好きだけれどなぜかシーズン1で止まったまま。「グレイズアナトミー」はどうにかついていっている。そして今は毎日の夜の楽しみで「LOST」を1話ずつ楽しんでいる(遅すぎないか!)。CVではやっと今週でシーズン3が終わる。引っ張られてるなぁと思いつつもこれだけは続きが気になって仕方ない。ちなみに私はソーヤ派だ。

意外にも遊びに来た姉もスカパー加入の海外ドラマ派だった。彼女は「コールドケース」などの事件物が好き。

ああ、日本のドラマからはちょっと離れてる気がする。今期も何一つ見ていない。とりあえず「CHANGE」の最終回だけ観てみた(なんだこれ)。
【2008/07/24 10:03 】 | 映画・お芝居・TV | コメント(6) | トラックバック(0) |
アホ夫婦!
7月のネイルは大好きな紫のラメ。なんせ毎日キーボードを打っているものだから爪は嫌でも目に入る。もったいないが結構満足の日々。

ネイル(紫ラメ)

それはいいとして余計な出費はさすがにそろそろやめようと決意している私と当然旦那さん。そんな中、二人ともdocomoの機種変してしまった。毎月の引き落とし報告書がdocomoから届いたので何気にチェックしてみると・・・

ええっ、先月の2倍弱!!(ちなみにファミ割で私の法人口座から2人分まとめて落ちている)

旦那さんにも問いただしてみると「別にメールも通話も増やしてないけど?」と言う。よくよく内訳を見ればパケット代が急増している。

「サイトとか見まくったんじゃない?」
「いや、無料サイトっていう天気やニュースしか覗いてないし」
「それにパケット通信料がかかってるのかも」

やばい。自分も振り返れば、機種変して着メロ変えようと無料ダウンロードできる着うたサイトを探し回ったではないか。もしかして、とドコモのHPで今月の中途明細を調べれば既にパケ代、万越えだ。

急遽ドコモショップに行ってお兄さんに聞いてみると、無料サイトって言ってもパケ代はもちろんかかるし、トップページから次に進むと利用料を取られる仕組みらしい。着うたフルなんてダウンロードしたらパケ代はデータ量に比例されるらしいから数千円になるという(この説明あやふやなんで正確じゃないかも)。

おいおい携帯買い換えるとき説明してよ~。っていうかこれ常識(笑)?彼は「詐欺かよ~。さすが元電電公社、態度がでかすぎる。いつかdocomoはやめてauにしてやる」と息巻いている。パケほーだいに入るほど携帯派ではないのでこれからはiモードには極力接続しないつもり。せっかくお互いに最新機種に変更したのに宝の持ち腐れじゃん。

それでなくても電話代高いっ。10年越えのdocomoユーザの私だが、孫さんにもっと頑張ってもらってdocomoを蹴落としてほしいと思ってる今日この頃。
【2008/07/23 09:19 】 | つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
ジャングルクルーズ?
旧居の片づけ&掃除を終え(発つ鳥跡を濁さず!)、ついに引っ越しが完了した気分だ。

姉の滞在中、様々な買い物に付き合ってもらったが、1番大きいのが緑。実家はけっこうなガーデナーたちの集まり。父は趣味は違うが、盆栽、日本庭園マニア。姉も植物大好きだ。私は「魔の手」と呼ばれる植物枯らせ女だったが、折角の新居、白い家具には緑も映えようってことで2人でここに出掛けてきた。

「ユニバーサル園芸」

「キレイな空気 美しい自然」都会で味わう事の出来ない田畑と山に囲まれた園芸店!というキャッチコピーの園芸店を茨木郊外に見つけた。売り場面積2000m2平米。観葉植物・草花苗・鉢花・花木・果樹苗・園芸資材等を販売しており、特に観葉植物は、大きなサイズからミニ観葉まで豊富な在庫量で他店を圧倒している。

2時間!姉と店員さんのアドバイスを聞きつつ歩き回り、以下の観葉植物をゲットした。花木選び意外と楽しい。

1.玄関先のポトス
ポトス

2.リビングのパキラ
実はこれは税理士さんからの転居祝いの贈り物。1番陽のあたるリビングの真ん中に置いた。事務所の皆様もやっぱりお茶に招かねば。
パキラ

3.リビングのメイン、ソングオブジャマイカソングオブインディアのコラボ
姉のお気に入りのドラセナだ。葉は披針形で、濃緑色地に白黄色の斑が筋状に入っている。葉の色彩が鮮明なのはソングオブインディアの方。どちらの色目か悩んでいたら、店員さんが小さめのインディアを見つけてジャマイカの裾に寄せ植えしてくださった。明淡のコントラストがなかなか素敵だ(自画自賛)。

4.カウンターキッチンのアンセリウム
少し赤も入れて見たかったので咲いているアンセリウムの鉢をゲット。

ソングオブジャマイカ アンスリウム

鉢もすべて白を選んで植え替えてもらい、鉢代も込めて驚くなかれ。これで2万強だ。通常のお花屋さんならばドラセナだけで2、3万取られても不思議でないと思う。姉も自宅用に車に積み込んで持ち帰っていた。カフェも併設しており、ガーデナーの方々なら半日は優に楽しめるんじゃなかろうか。

あとはこれらを枯らさないことだ。素晴らしい実家のお庭を披露してくださったyukebellさんのアドバイスもお聞きしたし。

追記:
忘れてた!どうだ画像が奇麗だろう(嬉)。しょこたんと同じ最新機種のアクオス携帯をついに購入した。520万画素である。これからどんどん画像が入るかも~。
【2008/07/22 09:07 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 | コメント(8) | トラックバック(0) |
2度あることは5度はある
引っ越し話ばかりで自分でも飽き飽き。お家関連の買い物ネタもまだまだ溜まっているけど、連休始まりでちょっと時事(?)ネタでも。

ニュースが流れた途端に当然書きたかったモナちゃんネタ。すっかり旬も過ぎた感はあるにせよ、やっぱここは押さえておかなきゃ(笑)。

モナちゃんと言えば、元々はABC朝日出身なので、「ムーブ」やら「おはよう朝日です(おは朝)」などの関西ローカル番組ではお馴染みの顔。だから家庭の事情(家族の介護?)とやらで退社して数ヶ月後、いきなり東京キー局で華々しく復活した時は、関係者ならずとも一般ピープルでも仰天したと思う。同じように、ABCから「スーパーモーニング」の司会者に大抜擢された赤江珠緒アナもいるが、こちらはいくら張っても男の影が全く出てこないという清廉潔白/品行方正な我らがたまちゃんなのだ。女の色香を利用するのは否定はしないが、もろ刃の剣。ウマいことやったと思っても落とし穴にはまる。痴情絡みでなくとも陥りがちなパターンだ。

最近、一部では、ラブホに行っても何もしないことを「モナる」というらしいが(本当~?)、どっちかと言えば、懲りずに同じ失敗を繰り返すことも「モナる」と言えるかも。

まぁ、私はモナちゃん、好きでも嫌いでもないのでミセスとして世で言うほど毛嫌いするつもりはないのだが、こういうタイプの女性はいるね。奥様にとっては脅威の、特別あちらの欲求が強いお方。ノルウェイの森ならぬノルウェイの血というか。同じハーフでも滝クリが銀座クラブのナンバー1なら、モナ嬢は新宿キャバのナンバー1。もちろん人の好き好きでどちらが上というわけではない。高根の花というよりも「俺、もしかして迫られてる?」と大きな隙をちゃんと作り出してくれるのであろう。二岡ごときは軽く手の平で転がされちゃう。モナ嬢、はたして食ったか、食われたか。

私の友人にもこうした恋愛体質とでもいうのか、非常にガードが低く、すぐに男に惚れちゃう行動派の女の子がいる。最近、結婚式場まで押さえておきながら破談となり、さすがにかなり落ち込んでいるだろうと様子をうかがうと、別れてから10日も経たないうちに新たなターゲットを見つけ、早速メルアドもゲットしていた。ハンターだ。

断言してもいい。いくら一時反省やら後悔やらしても、生まれもった色情というものはなかなか抜けるものではない。その段になると、やっぱり雰囲気でいくとこまでいっちゃうのだろう、モナちゃん。報道など硬い番組狙いはもうやめて、ビッグな男を踏み台に違うフィールドで新たな出発を目指してもらいたいものだ。ま、心配しなくとも拾う神は絶対に出てくる。

でもいいよなぁ、恋多き女。来世は生まれ変わってみたい。
【2008/07/19 21:32 】 | 時事社会 | コメント(6) | トラックバック(0) |
ダイブの恐怖
3人子持ちの引っ越し好き、マンション(大小)も戸建(大小)も経験ありの潔癖&収納好きの半専業主婦の姉がやってきた。

姉を伴う怒涛のDIYショップやその他のショップ巡りでの買い物記録はまた別の日のブログに。ただ驚異的に物が納まっていくことだけは報告しておく。私が家事苦手な女というのはさておいても、年期を重ねた主婦の才能というものはすごいもんだ。恐れ入った。

まだ受験生の娘を持つ彼女は夜中の高速を運転して早々に帰っていった(深夜12時すぎればお得)。彼女曰く「止まったら死ぬ」らしい。行動力という遺伝子を吸い取られて残った妹が私なのだ。瞬発力のみで生きている。

そうして、一段落つきそうでつかなそうで、でも体力は別として、気持ちの部分では私も落ち着いてきた。困ったのは王子ミタである。

まだ自分の縄張りを把握できないようで、1日中ウニャウニャと部屋中を探検して回っている。心配したけれど、猫好きな姉には即効懐き(驚)、膝の上でなでられて喉を鳴らすまでになった。ダスキンさんや工事屋さんには当然姿は見せない。でも、これなら友達を呼んでもご挨拶くらいはできるようになるかも。夜は自分の寝場所が今一つしっくりいかないみたいだ。よって私も睡眠不足。

引っ越し前までは、ちょっと広くなったベランダで日光浴兼ねお昼寝をさせてあげようと考えていた。たぶん大感激するだろうと。ところがベランダに出て、ポンと手すり?部分に飛び乗るのを見て肝が冷えた。一応金属の手すりもコンクリート上に出ているが、隙間も当然あれば、飛び越えることも可能だ。猫だって馬鹿じゃないから下を見て自分から飛び出すことはなかろうが、誤って足を滑らせ落ちることもあるようなきもする。

うちはタワーマンションほどではないが2桁の上層階。落ちたらいくら猫でも即死だろう。上層階に住む人々は一体猫をどうしているのだろう。特にタワマンの住民など。お外に出たいと目を輝かせている様子を見ると可哀そうな気もするが、今のところはベランダ封印。

さて、そろそろ仕事も再開せねば。
【2008/07/17 10:20 】 | つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
変身!?お掃除女
当分、お家日記が続くか~? 所帯じみた話題ばかりで辟易されるかも(笑)。

前にも書いたように、入居前に全室、一応半永久と言われるフロアコーティングをかけ、今のとこ当然ながらフローリングはピカピカ。ところがご存じのとおり、剛毛野郎のミタがあらゆるところに毛をまき散らしつつ徘徊す。おまけに、床は最も塵が目立ちやすいとされる濃いこげ茶。

「片づけられない女」を廃業して「奇麗好き女」に変わることを誓った(ウソだろ!)手前、毎日、お掃除せねばと思っている(当然か)。今まではクイックルワイパーにお任せだったが、ちょっと頼りないかもとここにお電話してみた。

ダスキンモップ


そうそうこのモップでお馴染み「ダスキン」さんである。電話したら早速営業の女性がカタログやら品物やらを持って飛んできた。

ダスキンモップは以前から気になっていたけれど使ったことがない。今ならハンディモップ(棚の上とかパソコンの上とかに使える拡張式のモップね)も一緒に4週間お試しできるそうだ。あと、懸案の掃除機。サイクロンの新型掃除機もモップと込みなら400円位でレンタルできるという。モップ→掃除機でフローリングはバッチリか?

旦那さんの部屋をミタと共有としたところ「臭いよ」と苦情が出たため、どうしようと懸案中だったが、強力脱臭機もダスキンで取り扱っていることが分かった。これも1か月無料で貸してくれるらしい。

月々数千円の出費は、買ってしまうよりもったいないという意見も聞く。クイックルで十分だよと思わぬでもない。だが、お取り換え時期がノルマのようになって元を取らねばとお掃除にリキが入る気もする。とりあえず1か月いろいろ使ってみて決めてみたい。

営業さんからお掃除のコツも伝授してもらった。でも実行しなきゃコツもどうしようもないのだな。既に洗面所の水垢の気配に泣くKYOKOである(濡れたら乾いたタオルで即拭く。これ鉄則)。

今日もダスキンさんと、超潔癖女の姉が実家からわざわざ我が家を訪問。性根を叩きなおされる予感(涙)。
【2008/07/15 08:51 】 | つれづれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
仕事部屋の風景
ご無沙汰でございます。怒涛の引っ越し作業を終え、新居での生活はじまりました。とはいうものの段ボール箱がまだ積まれ、旧居の掃除も終わっていません(汗)。マイペースでアップしていきますので、お付き合いよろしくお願いいたします。

最初に完成させたのが、私の仕事部屋。

下2枚が荷物の入る前、PCのみ設定完了の図であります(壁紙はバッジオ♪)。

これが一目惚れしたカーテンでございます。クラシカルな椅子(オーバルバックやデコ調)がカッティングされたポリ系素材でシルク生地にアタッチされた生地をシェードに。それに角度によってパープルに色変わりするオレンジのスイスのタフタレースを合わせています。

書斎カーテン2書斎カーテン1


で、完成後のデスク周りはこんな感じです。

書斎カーテン3


翻訳者の私にとっては三種の神器のご紹介。
1.PC:
当然ですね、はい。DELLの20インチワイド。22インチ超も考えましたが、あまり大きすぎるのもかえって目が疲れるかもしれません。ワイドなのでデュアルウインドウにせずとも2画面並べられます。

2.スキャナ:

ScanSnap、これ優れものです。フラットヘッドで1枚ずつスキャンしていた日々が夢のよう。4,50枚楽にセットでき、すごいスピードでスキャンしていきます。大量書類もこれであっという間に電子化できます。

3.キーボード:

鬼打ちのセリさまにもご紹介したREALFORCE。タッチのフィーリングが私には絶妙です。固いキーは腱鞘炎の原因ですわよ、皆様。少々高くでもキーボードは純正よりも良いものをお勧めします。

椅子は今のところアニマル柄を張ってもらった昔のもの(早く買い替えたいっ)。見えないけどサイドデスクにはプリンター。目をよーく凝らしていただければ、スナフキン、ムーミン、ミーの人形がライト下にご覧いただけます。こんな感じですわ、yumiさま。

他の機器や本、そして他のカーテン(笑)もおいおいアップしてみたいです。

ではこれからもどうぞよろしく!


【2008/07/14 09:46 】 | お仕事・お勉強 | コメント(10) | トラックバック(0) |
謎のストラップ
しばしのお別れと書いてはみたものの、引越し準備に飽きたのでちょこっと経過報告~?なお、コメント欄はお返事するのが遅れそうなのでもう少し閉じさせてもらいます(拍手でも押してくだされば嬉し(笑))。

仕事はペースダウンしたものの、ちゃんと続けてます。偉い!というか、小銭稼ぎというか、用事を一方的に押し付けられないためのバリアというか。しかし、Cさまの会社内大型引越しをバリバリ進めている様子をブログで拝見すると、自分が駄目人間と思えるのは当然でしょうか・・・

皆さんも経験あるでしょうが、試験の前に机を片付けたくなったり、何の気なしに手に取った漫画を読みふけってしまったり--気忙しいときこそ逃げ道を作りがちです。手紙類どうしようかなぁと悩みつつ、つい中をチェックして時間が通り過ぎます。

さて、だんなさんは相変わらず出張&残業で、全く荷物が片付いていません。金曜日に有給を取り一気にやっつける模様。ちょっとは手伝ってあげようと古いバッグを点検していました。何年も前に私がプレゼントしたトートを発見。持ち手が壊れたまま放置してあったので、もう捨てた方がいいだろうか・・・と何の気なしに中身をのぞくと、内ポケットのファスナーにキラキラ光るストラップを発見。

「M  K」(注:彼ののイニシャルは変えてます)。裏にはご丁寧に作った日の日付(ちなみに8年前のクリスマス)までが刻印されてます。こんな超甘甘なストラップをプレゼントした覚えは全くありません。考えられるのは、

1.やっぱり私が血迷ってプレゼントした。
2.何かの拍子に2人でペアを買った。(もちろん片割れはどこにもない)
3.彼が勝手に作った。(←気持ち悪いだろ)
4.知人が奥さん(私)とのために彼にプレゼントした。
5.彼の恋人がプレゼントした。(偶然にもカナちゃんなどのKちゃん)

記憶の細部の大半が抜け落ちてる私であれば1か、もしくは5の可能性も捨てがたし。5であれば、目立たないところとはいえ、わざわざこんなストラップをつけておくかなぁという疑問も。まぁ真相を確かめるというほどの話でもないのでそのまま放置しておくつもりですが・・・。相変わらず面倒くさいのは避けるタチです。

これ以上彼の私物に手をつけるとワラワラと変な物が出てきそうで(笑)、今日の引越し準備はここまでとします(早っ!)。

また、時期未定でブログアップするかも。
【2008/07/09 10:30 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
しばしのお別れ
一気に夏、大阪の夏、梅雨はどこに消えた~?

去年も夏の到来とともに、原因不明の眩暈や頭痛や倦怠感に長々と悩まされた。ようやく復活と思いきや、この数日間の暑さで嫌な予感がちょっとしている。少し歩くとフラっと来る。

元々、低血圧、胃弱、痩せすぎの人は夏ばてになりやすい体質らしい。3番目の痩せすぎはないとして、ばりばりの低血圧と胃弱気味の私には、夏は鬼門の季節だ。

しかし、今はそうは言ってもいられない。来週末はついに、ついに引越し本番である。3ヶ月も2重生活を続け、さすがに家賃がもったいないことに気が付いた(笑)。いやいや無駄使いの極地だということは重々承知のうえだが、スロースターターにもほどがある旦那さんのせいでこうなった。

よって、疲れを出さぬよう、頑張り過ぎないを合言葉に、明日からラストスパートに入る。とは言っても、7月いっぱいはこちらも借りているので、いざとなったら細かい物は車で取りに来ればいいやなどとも思っているが。可哀想だけど、来週後半はミタもホテル暮らし。

さすがに15年間近くも住んでみれば、このマンションも「都」とは到底思えないけれど、何となく愛着もある。さすがに住んでいる間はちょっと書きにくかった「旧・翻訳者つれづれ日記」のシリーズ、「マンション変人記」のパートIIIもそのうち書いてみたい。いろんな人々が来ては去っていったなぁ。新居ではどんな出会いがあることだろう。

ということで、暮らしも仕事も落ち着くまでこのブログもしばしのお休みをいただく。愛読者(笑)の方がもしもいらっしゃったら、再開時まで拙ブログ、忘れずにいていただけるとありがたい。新居での再開時に向け、いろんなネタを温めておくつもりである。

I’ll be back ! 

PS.コメント欄は閉じておきます。でも、その間もみなさんのブログにはお邪魔してコメントを残すかも。
【2008/07/06 16:58 】 | つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
イチロー? or イチロー妻?
調子に乗って再びミタ登場。お腹かなりヤバイ。

ミタと一緒2


同窓会に行って再度実感したのは、世の中の女性、大抵の人がどちらの部分も併せ持つとしても、あえて安易に分類するとすれば、イチロー女にイチロー妻女に分かれることだ。つまり「才能ある(ない場合もある)主」と「主をフォローしサポートする従」とだ。

私はもちろんイチロー女だ。言うまでもないが才能はない。でも、バッターボックスに立つイチローを応援するよりは、バットを取り上げて自分でバッターボックスに立ちたい。毎日同じようなカレーを作る自信もないし(笑)。

もちろん、奥さんにするならイチロー妻女がいいという男性は多かろう。学生時代から既に彼のためにお弁当を作った、マフラーを編んだ、etc、尽くし型のジャーマネはやっぱり地道に人気があった。社会人になっても、例外はあるといえ、さっさと売れていく。

「主」と「従」と便宜上書いてはみたものの、実は従の奥さんが男を掌で転がして、外での戦いに送り出しているのかもしれず、実質的な「主」と「従」は逆という場合も多い。サッチーと野村監督、落合妻と落合を見よ。意外とイチロー女の方が世渡りベタと言われる所以だ。

しかし、30代を超えてから、イチロー女の良さも引き立ってきたように思う。ぱりぃちゃんが紹介してくれた例ではないが、社会の荒波?にもまれて頑張っている女性が、後ろで支える可愛い年下彼(旦那)をGETすることは珍しくない。

いずれも楽しくもあり、また辛くもある。イチローのいないイチロー妻や、イチロー妻のいないイチローはいわんやおや。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/07/04 09:26 】 | つれづれ | コメント(15) | トラックバック(0) |
DAIGOは意外と30代
けっこう好き。


ああ気ぜわしい。仕事したり、パッキングしたり、ラジバンダリ(笑)。

だんなさんはまたもやプチ出張中なので、ミタと水入らず。きちんと座って一緒にTVを視聴。

ミタと一緒


がらりと話変わってドリカムの中村さん29歳の年の差婚かぁ。女の子にとっては、父親と同世代の人と結婚するってわけだ。ちとびっくり。案の定、ドリカムならぬロリカムと言われてる。

しかし、これが男女逆なら、こんな言われようじゃすまないだろう。50歳と20歳。うーん、なかなか思いつかないが、大竹しのぶと小池徹平なんてカップルだったらどうだ(あ、意外と似合う)。小栗旬と阿川泰子(割とイケるんじゃない?)。

フランス人女性にでも生まれていたら、30歳ほど下の男性と腕を組んで、「息子じゃないわよ、ふふ」と笑ってみせるようなことを人生1度くらいやってみたいかも。どっちかって言うと枯れセンの私ですが。

見た目の若さって結構どうにでもなったりする。特にお金と暇があったりすれば。うわ、若ぁ~と驚く女性も昨今決して少なくない。先日の同窓会で男の子3人いる1個下の後輩、お世辞抜きで高校時代とさほど変わっていない。暗がりじゃ(笑)ギリ20代でもいけそうだ。でも、きっと視力が良かったんだろうなぁ。携帯画面を少々遠ざけて見ている。目や歯や内臓や、いやはや目に見えないところが着実に年を重ねてるんだな、これが。

だから、30歳年の差なんて聞くと、ついていけないよ、おじちゃん(おばちゃん)死んじゃうよ、とつい思ったりする。余計なお世話、精神的なつながりこそが大事なのだ、と反論されるであろう。でも個人的には、やっぱり体力的に無理。その前に既婚者なので一応無理。その前の前に現実的にあり得ないか(笑)。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/07/03 08:58 】 | 時事社会 | コメント(8) | トラックバック(0) |
本当にその価値ありますか?
高けぇよ、高けぇよ。なんでここまで高いんだよ。ショップに入ったはいいが10分ほど悩んで引き返した。けっこう買物はひらめき派?の私にとっては珍しい。

先日、だんなさんが帰ってきて、さりげなさを装うようにブツをテーブルに置いた。ヤラレタ・・・となぜかムカつく。

告白しよう、いつものボケボケ画像を撮っている私の携帯は「902」シリーズだ。意外と思われるかどうか、私は携帯新機種を追いかける趣味は持ってない。ストラップもしごく地味。デコ電とはかけ離れたシンプルさだ。

携帯なんてしゃべれてメールが打てたらそれでいいんじゃね~の。単なるツール、家電の1種、アクセサリーじゃあるまいしというのが今までの正直な感想だった。だから、ちょっと油断していると周りの友達からはどんどん世代間較差が拡がっていく。メーカーよ、営業戦略とはいえ、一斉に、しかも次々と新機種を出すのはやめたまえ。

でも、今回は真面目に新機種に買い換えたい。ブログを始めてからというもの写真をアップしたい欲求がどんどん膨らむ一方だ。ミタの可愛さも全国発信したい(相当痛い)。お買物記録もやってみると割と楽しい。「長いよ!」と苦情を寄せられるこの日記も少しは読みやすくなるのではなかろうか(笑)。

「なんで、そんなに買い換えたいの、まだ使えるじゃん。
携帯、携帯って女ってどうして騒ぐかな」とダー。←怒。ショップにいたのは男女半々で、若い男も「この機種、音質がいいんだよ!」と熱弁奮ってたぞ。
「自分だって買ったくせに」
「僕はボタンが壊れたんだって」(本当か?)
「写真が撮りたいんだよ~~」
「写真?何で?」

そうそう、ブログを書いているのは一応秘密なので、なぜそんなに写メにこだわるのかが納得させづらい。とりあえず誕生日プレゼント(1ヶ月以上前だ(笑))に携帯をくれるという言質は確か取ったはずなので家族カードの使用は許可を受けている。

画像と画面の一番美しいのはSH906「アクオス携帯」とP906の「ビエラ携帯」らしい。いずれも500万画素を超える。デザインが可愛いのはシャープの方だ。ところがこれが約6万円。もう少し足せば椅子だって買える。ソファだって新調できるかもしれない。ベッドファブリックだって一新したいところだ。商売道具のPCすら10数万しかしなかった。こんなたかが小さな機械に6万円の価値はあるものか。いや使いこなせば価値はあるのだろう・・・か?

今日も大阪はお天気。散歩がてらdocomoショップに行くべきか否か大きく悩み中。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/07/02 08:52 】 | お買物 | コメント(11) | トラックバック(0) |
同窓会顛末記-宴会編
さて、ファッション編などという前フリまでして今日が本番。

実はこの同窓会、正確に言えば、「○○先生を囲む会」と称して、△△高校のバスケ部OBを7,8代にわたって召集した大規模なパーティなのでした。幹事が私たちの1個先輩で、1番出席者が多かったのも私たちの学年を中心に上下2学年。つまり、ほとんどの人が私と高校時代かぶっているわけです。

しかし、このバスケ部顧問の体育教師であるM先生。はっきり言って私は大嫌いでした。バスケットボールをぶつけられ、罵倒され、今なら「訴えてやる!」とキレてもいいくらいのスパルタ教師。それでいて定番通りの女好き。同窓会でもこっちに来い来いと抱き寄せては2ショットの写真の嵐(私はシラっと眺めてました)。

ところがこのM先生、開会の辞としていきなりのカミングアウト。幹事含め誰も知らないことでした。

「実は私、肺ガンです。来週から入院します。絶対に生きて帰って皆さんの顔をもう1度見たい」と。そして、「73年生きてきて、こんなに幸せな日はありません」と涙ながらに語るではありませんか。

こう言われては、肺ガンで父をなくしたさすがの私もちょいウルッ。ここはどこ?というように「先生、頑張って!」と口々に応援の声が飛び、まるで金八のような感動ドラマの幕開けとなるのであります。いや、大嫌いだったヤツでも元気になって、皆の言うように快気祝いパーティも参加してもいいかなという気持ちになるのが不思議、時の魔力というものでしょうか。お酒もちょうどよく回ってきて、体育会系のノリってやつです。隠れていた体育会系の血が湧き出してくるのです。

さて、先生はさておき、先輩、同級生、後輩、ああ、ここまで来れば3、4歳の差など誤差の範囲内なので(笑)、まさにアラフォーの集団。老け込んで分からなかったりして・・・というのは本当に杞憂でした。受付に現れる面々を見た瞬間からすぐに分かります。○ッコ、○○タ、昔のあだ名が口を付いて出てきます。おそらくものすごい身内の欲目でありましょうが、大部分の仲間が30代前中半でイケるんちゃうの?という若々しさにスレンダーぶり。オ、オレは?(汗)。ま、元気な面々だけがここに来れているのかもしれません。

15、16、17と~という歌がありますが(古っ古っ。ウタダヒカルのママですよ)、この頃には人間の性格って実はもうできあがっているのですね。

歴代キャプテンは教師やらPTAやらでやはり今も人の上に立っています。マネージャーは頼みもしないのにお酌して回る気の効きよう。高校時代から付け文(笑)数知れず、男子校の生徒から下着を盗まれるなど評判のフェロモン女子はクラブのママとして成功しています。平凡な生徒はやっぱり平凡なお母さん(これがいいのだよ!)。うわ意外!意外!と騒ぎ立てるような境遇の人が不思議といません。

旧交を温めるなんてするかなぁとクールな気持ちで出かけましたが、みんなとメルアド交換。同窓会--自分がこんなに楽しめるとは思ってませんでした。次はいつかな~。

すみません、大きな事件もなく、こんなもんでございました。でも面倒だなと悩んでいる人、1度参加してみればいかがでしょう。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/07/01 09:18 】 | つれづれ | コメント(9) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。