スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
TASPO始まります
みなさま、ご存知とは思いますが、taspo(タスポ)(成人識別ICカード)、大阪にもじわじわ近づきつつあります。

一応、taspoとは、Wikiより、

2001年よりたばこ業界が中心となり自主的に取り組んでいる、未成年者の喫煙防止の更なる強化を目的とした施策のひとつ。taspo対応成人識別たばこ自動販売機でたばこを購入するには、taspoによる成人識別が必要となる。

taspo発行のための申込み手続きは、通常、たばこ店の店頭等に置かれた申込書に必要事項を記入し、運転免許証、各種健康保険証、住民基本台帳カード、各種年金手帳、各種福祉手帳、外国人登録証明書のいずれか一点のコピー、または住民票(写し)と顔写真(縦45mm×横35mm・パスポートサイズ))を添えて、日本たばこ協会に郵送する。日本たばこ協会による審査(成人であること、二重発行でないことなど)後、約2週間で本人の住所に配達記録郵便で郵送される。


ヘビーと言えるかどうかは微妙ですが(1日1箱)、スモーカーのだんなさんも申込書を持ち帰ってきました。身分証明書のコピーもさておき、顔写真も撮らねばならず、これ結構面倒臭いです。申込書もまだテーブルの上に放りっぱなしです。

私自身はスモーカーではないので、どうでもいいっちゃどうでもいい(よくないか)気もしますが、喫煙者に対する包囲網はどんどん狭まっている感じです。アメリカ旅行のときは、喫煙場所を探すのに大変で、機内でも空港でもイライラしてるのが目に見えるので、だんなさんと米国旅行することは当分ないでしょう。ハワイは遠く遠く遠ざかってしまいました。

海外とは言わなくても、国内でも泊まりたいホテルを見つけても喫煙者お断りの客室だったりして、喫煙者とのお出かけは割と厄介です。劇場やレストランでも喫煙席や喫煙場所につき合わされるのも面倒。私はとっくに伏流煙でスモーカーになっているのかも。肺ガンだった父も禁煙には失敗しました(笑)。

「煙嫌い」の方々には本当にご迷惑、返す言葉もないのですが、ICカードまで持ち歩かなければならず、肩身の狭い喫煙者には身内のせいか同情の念もいささか禁じえません。

ただ、taspoを持たずとも、多分スモーカーの人はコンビニ等でカートン買いしてるので、自販機で買う機会はさほどないように思います。問題の中高生は誰かにカートン買いさせるか、taspoを何らかの方法で必ず手に入れるでしょう。ニコ中が、そんな理由でハイ、禁煙とはうまくいかないはず。

タバコ代も馬鹿にならず「禁煙しようよ~」と言いたいところですが、それに匹敵する私の酒代。晩酌やめろといわれればきっとストレスで胃に孔が開きます。将来、お酒自販機もtaspoでなければビールも買えない時代となるのでしょうか。これは困るかもマジで。

ぷかぷかタバコをふかすヤツ VS 大声で話す酔っ払い

カフェで隣にきたら、さてどっちがより嫌な客でしょう?



A:たとえシャネルのスーツが(持ってないけど)ヤニ臭くなっても、私は後者が嫌。あ、自分は酒癖悪いです(笑)。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
スポンサーサイト
【2008/04/30 09:32 】 | 時事社会 |
海に住所があったなら
昨日の話ではないけれど、家電の進歩はすさまじい。エコエコと言いつつ、地球のためにもこれでいいのかという気にもさせられる。大画面テレビはブランドさえ問わなければ40インチ超えを10万円切る値段で手に入れられるのだ。我が家はTVラックのスペース上30インチ以上は入らないのでTV買い替え熱は何とか収まっている。友人の家で見た50何インチかなんかはすごかった。まさにお家シネマ。老後はこれかな~(笑)。

で、GW中、3本お仕事抱えてる。今のとこ決定イベントは飲み会くらい?いずれにせよ府内から出る予定なし。翻訳者なんて世間に逆行する生き物だ--って言いたいところだが、yukabellさんはバリで休暇中。

引越しのため、住民票の手続に出かけた。ついでに本籍も変えることにした。現住所は結婚時から住み慣れた場所なので愛着がないでもないが、とくに思い入れはないので残す必要はない。

14年前のことだ。結婚届(っていうんだっけ?)やら何やらで市役所に訪れたとき、住民票の場所と本籍とを一緒にした。結婚前のお互いの住所は当然、違うわけだし、新たな本籍地を覚えるのも面倒臭いので1つでいいやと適当に選んだ。皇居にしたり、虎キチであれば甲子園にしたり、というのは噂に聞いたことがある。

ちなみに、本籍地とは、戸籍が保管されている市区町村のことで、明治4年に制定された日本で全国統一様式の戸籍法では、本籍地は実際の居住地で、現在でいう住民票のような役割も果たしていたらしい。しかし、明治31年に新しく定められた戸籍法で、日本国内ならどこでもよいことに変更された。

つまり、日本国内の住所ならどこでもよく、その場所に、住んだことがなくても、住む予定がなくても、他人が住んでいる場所でもどこでもいいわけで、じゃ本籍地ってどういう意味があるのさと思ってしまう。

ところが、ところがだ。この「本籍地」っていうものがちょっとした問題になった。義父がどういうことだといちゃもんをつけてきたのだ。生まれ育った我が家(だんなさんの実家)を本籍地にするのが筋だというのである。義父自身は決して意地悪な人ではないので、面と向かって私には強く命令してこなかったが、だんなさんは叱責された。義父は古くからの自民党員のお役人さんという根っからのコンサバなお方である。本籍地を義兄家族も同居する彼実家にすることが家族のつながりを大事にするということらしい。

私も何度か電話で催促されたが、
「へぇ~、そういうものなんですか~、知りませんでしたぁ。また、機会があれば変えましょうか~。私も忙しくって、へへ」
などとわざとバカっぽい口調ではぐらかしていたところ、そのうち諦めて(or忘れて)くださった。それ以外でも気の効かない世間知らず嫁と扱われているようで何かとありがたい(笑)。当のだんなさんはいつものとおり「ほっとけ」の姿勢である。

真面目に答えると、私は自分の実家ならいざ知らず、彼の実家を本籍地とする意思は全くない。なんなら夫婦別姓でもいいところを彼の姓に合わせているのだから、その点では○○家を立派に尊重していると思っていただきたい。もちろんだんなさんに対する愛情だとか尊重だとかいう気持ちは存在するし、縁あって親戚となった義家族他一族郎党を大事に思う気持ちも持っているが、妥協したくないことは妥協したくない。意固地な女と思われようが。

いったい世の趨勢は?--と久しぶりに本籍騒動を思い出した春。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/29 11:18 】 | つれづれ |
最新シロモノ事情
引越しって途方もなく散財気分になる。昨日は○○電機に突撃した。家電はこのところヨドバシONLYだったが、ちょっと趣向を変えてみた。

お目当てはリビング用の新しいエアコン。今までのリビングよりも多少広くなったこともあり、この際、自動お掃除してくれる最新のものが欲しかったせいだ。ポイントで、なぜか炊飯器をGETした。IE式の厚釜でもしかしたらもう少し美味しいご飯が炊けるかもしれない。

家電売り場は魔物だ。女性ばかりではなく男性も虜にする場所だ。長居をするには危険が多すぎる。日頃の行いがいいせいか(笑)、10年過ぎれば家電はどんどんドミノ倒しのように壊れていくのがお決まりのようだが、新婚の14年前に買い揃えた家電がなかなかつぶれないのが我が家である。考えてみると、PCを除けばブラウン管のTVを買い換えたくらいしか思いつかない。密かに壊れないか(笑)と望んでたりもする冷蔵庫もきっちり仕事をしてくれてる。

シロモノ家電の最新事情を追いかけてないので、あまり詳しくはないが、それでも欲しいものがいくつもある。ルックスだけでも素敵だ。新居にふさわしい。

1.冷蔵庫
ラップなしでも野菜が新鮮冷蔵。勝手に氷機能が欲しい(今や当たり前か。うちは未だにパキパキ割っておりまする)。

2.サイクロン掃除機
紙パックなしで済む軽量かつ高パワー機種。掃除のモチベをあげるため。ダイソンはやっぱり重かった。

3.ドラム式洗濯機
軽い腰痛持ちの私にとっては取り出し口が前にあるのがありがたい。乾燥機も欲しいよぉ。カワックで大丈夫なのだろうか。洗濯層クリーナで掃除はしているが、分解掃除しなくて本当に大丈夫?溜まってるかもしれないカビがいささか不安。

だんなさんもウキウキ掃除機を試用している。ああ、ウォーターオーブン「ヘルシオ」も欲しい。
「携帯、新機種に変えたいんだけど・・・」って。
それは私もだよっ。

家具を買い足す今後の出費を考えて、結局エアコン&炊飯器だけで○○電機をあとにした。

どこまで大物出費が続くねん(ふぅ)。

よって、世はゴールデンウィークというものを満喫しているらしいが、私はこうしてPC前、だんなさんは東京出張である(悲)。どうも、時間帯からしても、日頃ここを訪れてくれている方々は仕事場で覗いてくださっているようだ(見つからないようにね)。よって、ブログも急に過疎気味。さもありなん。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/28 09:54 】 | つれづれ |
エコそうじ始まる!
冷戦が不思議な効果をもたらした。嘘ではない。

ちなみに喧嘩中、だんなさんが
「自分が飲んだものくらい片付けられないかなぁ、だらしないよな」
とテーブル上にあったビール缶数缶を眺めて嫌味。

確かにそう、片付けようよ自分。でも、今の話のポイントはそこにないじゃん。後ろ斜め45度くらいから責められた気分。それは違反です、君。

しかし、実は超負けず嫌いの私。B型の特徴の1つにあった「勝てない勝負はいたしません」の言葉どおり、負けたくないから勝負には滅多に出ない、変形負けず嫌い(笑)なのである。そのせいかどうか、上記の言葉に相当カチンと来た私は、月曜日から1箇所ずつお掃除開始した(一気に全部やると思うと疲れるから)。洗面所、お手洗いなどの水周りから、昨日はついに禁断の場所、レンジ周りに手をつけた。ちゃんと日頃からケアしろよという突っ込みがどこからか聞こえてくる。

実はお掃除GOODS自体は好きなのだ。そして、今更、今更かよという言葉がこれもどこからか聞こえてくるのだが、エコ、ROHASのブームとともに着実にファンを増やしているであろう「エコそうじ」に目覚めた。とりあえず、重曹とビネガー(酢)は既に購入済みだったりする。さらに、さすが翻訳者にありがちな本から入るタイプ、早速以下の本をアマゾンでポチし、中身をチェックした。

重曹生活


重曹生活のススメ重曹生活のススメ
(2004/12)
岩尾 明子

商品詳細を見る


重曹水に五徳を漬け置きし(本当は重曹水でごとごと煮るともっとよい)、その間、レンジやそこらに重曹を振りまきまわる。綺麗に拭ききったガラス等にビネガー水をかけて回る。エコそうじ、意外と楽しいじゃん♪重曹、追加注文しないと足りそうにない。そうそう、放っておいたエッセンシャルオイルはけっこうあるし、これで香りつきビネガー水を作ろう。

普段は褒め魔のだんなさん、褒めて伸ばすタイプだが、今回はまだ完全に機嫌が直ってないので、ピカピカ光るレンジに言及してくれない(悔)。でも負けたくない(何に?)。今日は冷蔵庫の中身を全部取り出して、重曹とビネガーで磨こう。

こういう私を少しはけなげと思ってくれないか(笑)。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/25 10:06 】 | つれづれ |
アニータ再来?
昨日辺りからニュースで大騒ぎになっている10億円横領事件。

茨城県国民健康保険団体連合会(水戸市)に勤務する男性主任(34)が、約3年間にわたって同連合会が保管する保険料約10億円を着服していたことが22日分かった。同連合会は、主任を業務上横領などの疑いで県警に刑事告訴する方針だ。

同連合会によると、主任は今年3月までの5年間、会計課に所属し、市町村が集めた保険料を医療機関に診療報酬として支払う業務などを担当していた。05年ごろから上司の印鑑を無断で使用し、保険料が入金されている連合会の銀行口座から、1回あたり現金約300万円を窓口で度々引き出したという。1日に1千万円近く引き出していることもあり、着服総額は約10億円に上るという。

asahi.com(http://www.asahi.com/national/update/0422/TKY200804220038.html)から。

もうびっくりだ。同じくお金を扱う、たとえば銀行では、ご存知のように複数のチェック体制があるし、こうした事件を防ぐために異動も頻繁にある。それでも行員の不祥事は絶えないのだから、たった1人で通帳も印鑑も勝手に使用して、しかも決算期には自分で帳簿を改ざんして内部で監査していたというからずさんにも程がある。本当、茨城県民ではないが、どれだけ保険料を納めさせられていることか。こうした団体は氷山の一角に過ぎないと想像すると鳥肌ものだ。

次長とかいう上司は「毎日20通ほどの通帳をチェックするのは時間的に上司も無理ですから・・・」とインタビューに答えていたが、おいっ(怒)。残業せえよ、残業。本当に世のサラリーマン(繁忙自営業者含む)の現状をみせてやりたし。

(あ、ちなみに報告。昨日だんなさんは多分1時頃の帰宅だったと思うので、私は先に寝てて冷戦は続行中か否か分りません。朝も会わずじまいでしたが(ダラ嫁故)何となく既に機嫌は直ってる空気です)。

3年間で10億、大雑把に計算すれば1年で3億3000万、1ヶ月で2700万、1週間で700万くらいを使い続けていく計算になる。競艇に行くのは土日だろうから両日費やしても2日で700万。これはなかなか使いでがあると思うのはギャンブル素人の考えだろうか。競艇場では「おぼっちゃまくん」(笑)と名づけられた噂の人物だったようだ。

ギャンブル大好きの父親を持つと(自転車、船、馬)分るように、ギャンブルの臭いを会社はさておき、家庭で消すことは多分不可能だ。根っからのファンなら情報収集には怠りなく、その手の新聞やら何やらが増えていく。我が家の場合は、父と仲良くなったお気に入りの選手たちが客にもなってくれるという一応好循環(?)も生んでいたので一種の投資と言えなくもなかったのだが。

だから、奥さんも絶対に気づかなかったわけがない。10億だって全部すってしまうほどバカではないだろうから勝つことももちろんあれば、軍資金として口座に移しておくこともあったろう。実際に、競艇で勝って手にした数千万円は妻に渡した、と話しているという。 「うちのパパ、競艇の天才♪」という天然の女でない限り、怖くて聞けなかったのか、これ幸いと思ったのか、は知らないけれど、薄々おかしいと思ったはずだ。万一それでなくても、ギャンブルで数百万、数千万を動かす一介の公務員なんて旦那に持つのは怖い~。

日本版アニータ??


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/24 09:12 】 | 時事社会 |
三日目突入でございます
良いか悪いかは抜きにして、我が家ではあまり喧嘩が起きない。ちょっとした言い争い?くらいはやってるのかもしれないが、物が飛ぶなどはもちろん、怒号が飛び交うなどといった、the「喧嘩」はあまり記憶がない。

その理由に、だんなさんの沸点の高さがある。会社では知らないが、相当のことがあっても機嫌を損ねたりしない。心が広いというより「ヌカに釘」という言葉がまさに当てはまるように、私が不満や文句を言ったところでまともに相手にされないのだ。それもどうかと思うが、家族全員B型でテンションが上がったり下がったりの家庭で育った身からすると穏やかな家庭って悪くない。「大きな声を出す男」が何よりも苦手な私にはありがたい。それに、意外と(?)私も争いごとが嫌いなので、不穏な空気になりかければ流すたちだ。

しかし、彼の怒り方は意外とたちが悪い。大抵私が勢いに乗って言い過ぎ、ついには地雷を踏んでしまうぎてしまうことが原因だろう。大いに反省の余地有り。でも、踏んでも大丈夫な死んじゃってる地雷のこともあれば、日頃は地雷出ないのに期間限定で地雷化していることもあり、長年付き合っても地雷の正体を正確に見抜けなかったりする。いや地雷と分っていてもつい口にしたくなる、口にしなければならないと思うことってあるではないか。

そうすると、数年に1回、頻度が高い時期は1年に2度くらい、マジで彼を怒らせてしまう。だからと言って怒鳴るわけではない。ただひたすら口を聞かなくなるのだ。そこまでいくともうお手上げだ。

「ごめんね」と謝ってみても、
「別に怒ってませんよ」と返される(どう見ても怒ってるじゃん)
「謝ってるけど反省はしてないんでしょ」(半分当ってないでもないのでむかつく)

可愛く甘えてみても(笑)、かえってウザイようで逆効果。経験上そう分っているので、よって、我が家の喧嘩は必ず冷戦に突入する。事務的な話はするものの、家庭内はものすごく冷ややかだ。ミタも少々様子が違うぞと感ずいている。起床は元々別だし、夜は元々帰りが遅いので、1日1,2時間のことだが。そうしてご機嫌が戻るのを待つわけだ。

実は上記のような喧嘩、本日で3日目に突入している。1週間くらい経てばさすがに直るだろう。

ランチで少しばかりTさん(男性)にぐちったら、「男って、感情を爆発させるのが公私共にみっともないと思って育っているところがあるからね。特に女性相手ではね。内にこもった怒りを消化するのに時間がかかるんじゃないかなぁ」というような感じでフォローしてくれた。そういうもん?と納得しつつ疑問を持ちつつ、ちょっと愚痴って発散させていただいた(感謝)。

しかし、喧嘩にもいいところがある。うちの場合、お互いへの突っ込みどころをなくそうとするためか、家庭内の仕事に逆に勤しむのだ。この私もピカピカにシンクを磨いたりする。だんなさんもきちっとゴミ処理や整頓を始める。したがって、家の中が少しずつ綺麗になっていくのだ。これは姉と同じで、喧嘩中は彼女もそんなときは家事放棄ではなく、家事全般に燃えまくるらしい。腹が立ったとき、夜中に鍋を磨くという主婦は割と多いようだが、何となくその気持ちは分る。

平和な時期もこの気持ちが持続すればよいのだが。世の中はうまくいかないもんだ。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/23 09:41 】 | 家族 |
汗とカルマを流しきる
週3回はスポーツジムに通うようにしている。週3どころか週5ってこともある。すごい!腹筋ワレワレなどと思われると怖いので、最初に言っておくがお風呂とサウナだけで終わることもけっこうある。筋トレは元々そんなに好きじゃないし、がんがん走る系のレッスンも体力の衰えか、そんなに受けていない。よって、けっこう肉肉しかったりする。

まぁ、この年代くらいから、激しすぎる運動は「活性酸素」を溜めすぎてかえって老ける気がする。ジムのインストラクターさんたちは、サロンで焼いてるせいもあるが、素晴らしい肉体美の一方で割と老けた方が多いのもそのせいかとあくまで勝手に思っている。大人の女としては、ある程度の肉付きが合った方が皺のためにも(笑)いいんじゃない?などと言い訳に逃げている。

そこで、このところはまりつつあるのがヨガ系レッスン。ダンスやってた昔を思い出し、180度開脚、胸床付けよ今一度。柔軟性を取り戻すためだ。

ところで、ヨガには、72の流派(道門)があるとも、「無門」(無数)とも言われている。
ざっと挙げただけでも、
・ハタ・ヨガ 
・クンダリーニ・ヨガ
・ラージャ・ヨガ
・アイアンガー・ヨガ
・ハリウッド・ヨガ
・パワー・ヨガ
・アシュタンガ・ヨガ
・マントラ・ヨガ
・カルマ・ヨガ
・ホット・ヨガ
etc.etc

もう何が何だか分らない。ちなみに、カルマ・ヨガとは、「無私の行為のヨーガ。行為の中にエゴをはさまないで、ただ自分の義務を行なうことを説くヨーガ。また、行為の結果や報酬を求めないで行為することの重要性を説くヨーガ」らしいので私に1番必要なのではなかろうか(笑)。私が昨日受けたヨガは基本中の基本のハタ・ヨガらしい。

そんなところまで届きませ~ん、と嘆きつつ、かかとを眉間に当てる(!)先生を感嘆の目で見つめる。たまに参加する朝のレッスンは高年齢者のベテランが多く、クネクネと皆様手足が伸びる。私も十数年後はああなれるだろうか。気温40℃以上、湿度60%という環境の中で行われるホットヨガ。これもたまに受けているが、そろそろ拷問の季節に入りそうだ。

これ以外にもピラティスレッスンもある。最近は、タイ式ヨガ「ルーシーダットン」というクラスも始まった。 タイの山奥で修行を積む仙人が、全身を癒すために 編み出した「仙人体操」とも言われるエクササイズだ。 これがなかなか深いストレッチができて気持ちいい。

本当に何が何だか分らないが、とりあえず、瞑想の時間が増えた。先生曰く「心と身体を眺める時間」


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

【2008/04/22 09:14 】 | 美容・健康・おしゃれ |
とりあえずアラフォー論
なんと4時過ぎから眠れない・・・前日に9時間寝たせいか(笑)。ブログでも書こ。

何だか最近アラフォー、アラフォーと世がうるさい。見てないけどドラマまでできた。結婚年齢も初産年齢も年々じりじり上がっているためだろうか(いや、デキ婚など早い人は早い。2極化現象かもしれない)。

10数年前「29歳のクリスマス」というドラマが一世を風靡した。「仕事も恋愛もスムーズにいかない20代最後の年を、諦めずに精一杯前向きに生きる」がテーマらしい。時代も一巡して、同じような内容が10歳上にシフトしている。このときの山口智子は、まさにピークの輝きだった(この頃は松下由樹も抜群のスタイルだ)。このままセーブしつつも女優を続けていれば、今まさにアラフォーの神として引っ張りだこだったろう。松下由樹はいい感じで独自の路線を歩んでいる。

別に40代になったからと言って大きな差はない--と、思っていたが、意外とそうでもない気もする。30代は良くも悪くもまだ女の子気分が抜けないとこがある(ずーずーしいがお許しを)。服装も行動も20代女子と対抗できるというか、大きな違いがないと(自分では)思っている。みゃは♪きゃは♪というノリが場合によっては許されないでもない。特に30代前半くらいは。

でもさすがに40代ともなると、周りの同世代の友人は中高生の子持ち。下手すれば大学生だったりする。よく考えれば、いや考えるまでもなく、私も立派な母親世代なわけだ。否応なく大人の女を意識せざるを得ない。そして、周りからもそうした対応を受ける。「媚び」でどうにかなるという浅はかな期待を持たなくなった。もちろん30代でもそう理解はしていても、ある種のステージからはなかなか降りられないものだ。

では、次のステージに移るとしても、40代のロールモデルはけっこう難しい。誰かになりたいというわけではないが、憧れるような女性もぱっとは思いつかない。で、いつも言うのがソフィー・マルソーだ。人種からして遠すぎる・・・どうも最近、試行錯誤気味だ。

美容院に行って、悩んだが、もう少し今の前下がりボブを維持することにした。オーナーは割とモード系が得意なようで、友人は左右が極端に違うアンシンメトリーボブにしている。思い切った髪型は先の楽しみにおいておいて、とりあえずつまらないのでいつもの赤茶に黒の束を何箇所か入れてもらった。本当は大幅に脱色した金髪紛いもやってみたいけれど、この細髪では無理だろう。

「ちょい悪」は男性限定なのだろうか。女性で言うなら杉本彩などか。ニキータはあっという間に消えてしまったが、日本ではやはり「ちょい悪」ではなく黒き瞳型「素敵マダム」が王道か。ふと思ったが、ちょい悪オヤジの横にぴったりはまるのは若い女の子だ。ちなみに、日本人の素敵な「ちょい悪」オヤジにはなかなかお目にかかれない。どちらかというと「良紳士」が好みである。よって、一般的にはうまく住み分けができているのかもしれない。じゃ、ちょい悪女なら若いメンズ(笑)でもはべらせないことには形になるまい。これまた大きなハードルだ。

1つ言えるのは「ほっこり」ファッションだけは似合わない。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/21 07:43 】 | つれづれ |
顔は日本猫系です
世の中には猫派と犬派がいる。いやどっちも好きだけど、という派ももちろんいるだろうが、やっぱりペットとしてどちらを選びたいか、どちらにより興味を惹かれるかという嗜好はあろう。

言うまでもなく、私は猫派である。昔からすぐその辺から猫を拾ってくる子供だった。完全なる犬派の父が子犬を買って来てもほとんど興味がわかなかった。今も実家の柴犬シュンとはほとんど他人同士だ(笑)。今のマンションはペット可なので、ほとんどの家庭で犬を飼っている(猫は出てこないので付き合いのない家は分らない)。回覧板やなんかで住民が我が家を訪れる際、抱かれてやってくる犬は全部愛らしい。友人ちのトイプードルはヌイグルミそのものだ。飼い主には従順、他人の私にもパフパフとじゃれついてくる犬の可愛さは分らぬでもない。

しかしだ、しかし。やっぱり猫が好き。

で、結婚するなら猫好き男、と条件をつけていたわけではないが、犬大好き男ならちと辛いなぁと思っていた。ご主人様--とあのすがるような犬の目つきが実は苦手なのだ。加えて、散歩がだるいのもある(笑)。実家のシュンは父が亡くなった後は私の母命で、母親の手下のように常に付き従っている。いや、違うよ、自由気ままなマイウェイドッグもいるよと反論されたいであろうが、あれを見てるとちょっと重い。小型犬だとしたら何だか、仕事を終えて家に帰ると、「ご飯とお風呂どっちにする♪」「今日はお買物に行ったの♪」「ねえねえ」などとニコニコしながらどこまでも付きまとってくる若妻のようだ。可愛くてたまんない一方でいささかうざい(すみません偏見です)。

世の中、犬好き男は多い。芸能人だって犬飼いは山のように見つかる。でも、積極的な猫好き男は結構少ない。もしかすると何となく女々しくみえそうで、隠れ猫ファンとなっているのだろうか。そんななか私が出合った中でだんなさんは希少な猫男で、学生時代も子猫を拾って一時育ててた。母親と思われたらしく耳たぶをちゅうちゅう吸われていつも耳が痛かったらしい。実家に帰るとシュンをいじっているから本当は犬も好きらしいけど。コンビニなどに行っても、なぜか彼の方に猫が寄り付く。マタタビ系体臭の持ち主か。

だから、芸能人でも猫を飼っていると聞くと、何となく好きになってしまうから不思議だ。SMAPではしいて言えば稲垣吾郎派かなぁと思っていたら、ロシアンブルーとアメショを飼っていると聞いた。キムタクはどこから見ても犬派な男だ(よってやっぱ嫌い(笑))。好きな爆笑問題の2人も愛猫家で有名。

猫派の男は「自分に従順な女より、勝手気ままな女を愛する」という我田引水の偏見を信じる私。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/18 09:50 】 | つれづれ |
言葉が通じる相手
羞恥心、羞恥心~♪昨日から鼻歌が止まらない。何となくこの歌が大ヒットしてる理由が分からないでもない。とりあえずカラオケではめちゃ歌いやすいのではなかろうか。

朝から高嶋政伸、いや高島政宏、どっち?兄それとも弟?訳分からない。とりあえず「姉さん・・・」の「ホテル」で主役を勤めた方である。その婚約会見をぼうっと見ていた。交際1週間でプロポーズって言ってるけど、共演した半年前くらいから友人関係で遊んだりしてたそうだから、森三中のようにまさに電撃ってほどでもないんじゃないか。

でも、恋って盲目だなぁと画面を見てて痛感する(相手のみおんさんが嫌なやつだという意味ではない)。恋愛中の人の話を聞いたり、ブログを読んだりしてると、「あ、それをそう取りますか?」とはたでは思うのだが、ラブラブオーラを相手にかぶせてて、何もかもが、素敵♪に見えるようなのだ。実に羨ましい、いやほほえましい。

「初めて言葉が完全に通じる相手に出合った」(うろ覚えでこんな感じ)とある人がブログに書いていたのを見て、一瞬、血反吐を吐くか(笑)と思うくらい羨ましくてクラクラした。こんな人、生きてきて出会ったことがない。

「言葉が通じる相手」って意外といないものだ。普通に自分の気持ちを話してて(or書いてて)、自らのコミュニケーション能力不全を棚に上げて言うが、「ああ、全然意図が伝わってない・・・」と思うことがある。相手の頭が悪いわけではない。むしろ、社会的には高い位置にいたり、素晴らしい学歴・職歴を持ってたりして、キレる人と称してもいいくらいだ。なのに、私の言葉の表面、つまり字義だけをすくって、その下にあるニュアンスなんかには気づかないらしい。もちろん、大した比喩なんか使ってるわけでもない。だが、これもお互い様で、向こうは向こうで話の通じない女だなとか、まともに相手するにはつまんねぇ女だなとか思ってこっちに相対しているのかもしれない。

そこをツーカーで話が通じちゃう、しかも恋愛感情まで発生しちゃう相手なんて実際にいたりするもんなんだ。当たり前か。そう言えば、知人は初めて彼に会ったとき、話が止まらなくて喫茶店をハシゴして7,8時間しゃべりっぱなしだったという。その後結婚して10年以上経っても仲良しで毎晩会話がはずんだのだと。ちなみにこの夫婦、結局離婚して、彼女は即再婚、即妊娠の運命をたどる。

私の過去の恋愛に限って言えば、「言葉が通じる相手」というより「肌が通じる相手」(下ネタにあらず)が多い。言い換えれば、空気感が合う感じ、ますます分かりにくい。これも勝手な感想で、自分が肌合いが合うと思ってるだけである。だから自分が話してることもばっちり伝わってるとつい思い込み、全く理解されていなかったことがわかって、リアルに地団駄踏んだりしてしまう。それでも、まいいかとちょっとカタコトの外国人同士の恋愛みたいな状態に突入してしまうのだ。言葉が通じる相手もたまに出ては来るが、そうした相手は私にとっては何だか嫌味なヤツが多い。

半分くらいしか分かってないかもね、と思って話すのが意外と楽。こんなの駄目でしょうか。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/17 09:36 】 | つれづれ |
ぷいぷい♪-美味かもんDAY
行きたくてうずうずしてた美容院。先週、休み明け1番に入れて!とようやく予約が取れて、うきうきと出かけたら閉まってる。嘘!何で?と慌ててカラリストのお姉さんにメールをする(仲良しなので直アド入手済み)と「第3火曜日ですよ(笑)」とすかさず返信が。休み明け1番って水曜日のことだったのね・・・しかし、潰れたか!と思った私は鬼ですわ。しかし、美容業界のお休みはなぜ月曜と第3火曜なんだろ。

こんなときはどうも仕事モードにスイッチオンできない。もちろん家事モードにも、引越し準備モードにも。3か月分たまった帳簿用書類整理モードにも。やることは山ほどあると知りつつも、その足で阪急百貨店に向かいます。

ちょうど今、阪急では「ちちんぷいぷい」2000回放送記念として「ちちんぷいぷい物産展」を開催中。私はぷいぷい派ではなく(ミヤネ派でもない)、しいて言えば関テレドラマ再放送派ですが、物産展には興味有り。

今日のぷいぷい日替わり弁当は、桂ざこばと「中国料理樹樹」のコラボで、広島の牡蠣を使った中華風牡蠣ごはん♪これは即買い決定でしょう。樹樹は苦楽園の名店ですが、ここはまだ行ったことなし。オーナーシェフの 李 通發さんは、「ちちんぷいぷい」で角さんと一緒に家庭で作れる本格中国料理を実演生放送しています。苦楽園・・・いいところだ。

おみやに「割烹石和川」のお茶漬け。石和川は新地の有名店。私は天麩羅懐石の「天味 石和川」がお気に入りです。ランチならお手頃なので天麩羅派の方は是非。

からすみを薄切りにして、しょうゆを塗って、香ばしく焼きました。お茶をかけると、風味がいっそう。
火取りからすみ茶漬
(1袋、13g×2)945円
焼あなご茶漬
(1袋、12g×2)840円

くふくふ。

北摂住民には欠かせないスイーツ店「ムッシュマキノ」がぷいぷい用にロールケーキを作っています。苺はちょっと・・・の私なのでこれはパス。

帰りに毎月恒例フランスワインジャストプライスバーゲンでシャブリを1本、2,000円ぽっきりです。

他いろいろご紹介したいのですが、申し訳ございません。ぷいぷい物産展は昨日で閉幕でございました。

でも、連休前には「北海道物産展」が始まるよ~。今度はどなたかご一緒しませんか。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/16 10:11 】 | 旅行・グルメ・いろんなお店 |
聖徳太子とは言わねども
暇を見つけて家具を覗いたりと実に遅々たる歩みを続けているお引越し。ゴールは8月と定めた??(笑)。バルコニーから花火が一望できるロケーションが一応ご自慢だ。お互い土日、しかも今はどちらかぐらいしか一緒に出かける暇もないので、なかなかスピードはアップしない。

家具を入れる前にプチリフォームも計画しており、その打ち合わせもある(そのことについては後日レポ)。カタログやパンフだけが集まり始め、私が1人妄想を膨らませている。資金が潤沢にあれば楽しいばかりなのだが、もちろんそんなわけないので文字通り妄想。

さて、一昔前「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が一世を風靡した。

男脳、女脳をテーマにした本で「女は歯を磨きながらでも歩き回ったり、いろいろなことを話したりできるのに、男にはこれができない。なんでだろう?」など真偽は別としてなかなか興味深い。

当然私は地図が読めない(笑)。どこかへ行くとき、行きはまだいいとしても、帰りが分からない。だんなさんは頭の中でくるっと地図をひっくり返せという。そんな器用な。ナビをすれば、上下右左としか言えない。「右斜め上」などと言っていつも馬鹿にされる。「北西、南東、etc.」と言わなければならないらしい。それが彼には非常に不思議なようで、ドライブに出かけるたび、「京都はどっち?」「自宅はどの方向?」と指差し確認を求められる。そんなの知るかっ。

ちなみに、海外旅行ではこの手の人間はとても便利。私は大きな建物や看板でしか道を覚えないが、彼はまずその街の地図をじっと眺める。そして東西南北を確認し、方向を頭に叩き込む、というか地図を眺めているうちに方向が脳の中に勝手にインプットされていくらしい。そして、犬のようにおもむろに歩き始める。私は半径300mがテリトリーのまさに猫派。

しかし、当のだんなさんはやっぱり男脳のようだ。夜中帰ってきたのをやっとつかまえていろんなパンフを見せ、これはどう?などと意見を求めてみたり、話しかけたりするのだが、TVを観ててほとんど耳に入っていない。それが別に難しい討論番組でもなく、たかがスポーツニュースだったりするのだ。

「一緒に2つのことはできないよ~」って、TVを観つつ、パンフを眺め、妻の話に耳を傾ける程度のことじゃないか。私はそれをしながら時にはカタカタとキーを打ち込んだりしてるというのに。「え、何か言った?」って、ずっと丁寧に説明した後で返されると力が抜ける。かの聖徳太子は1度に10人の話を聞き分けたという男脳とは真逆のお方。

筋金入りの「ながら族」の私は、食事をしながら、TVを観つつ、音楽もかけて、原稿の仕上がりをチェックするなど日常茶飯事とも言える。遠い昔、受験勉強もこんな感じだった。

そんなこんなでいまだ完成遠い新居である。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/15 09:20 】 | つれづれ |
「TRIP OF LOVE」-アジア初のトライアウト
週末は招待券を頂き、友人を誘ってシアターBRAVAで「TRIP OF LOVE」を観劇。

本公演前のトライアウト公演です。ちなみにトライアウト公演とは、ニューヨーク・ブロードウェイで上演する前に、観客の反応を見るために行う「地方公演」のこと。その反応を見ながら最終段階の手直しをし、開幕前の製作過程を見られます。

大阪(アジア)初のトライアウト公演が実現されたのは、プロデューサの出口最一氏が奈良出身だと言うのもその理由の1つかも。彼は、ブロードウェイでロングラン中のあの「ブルーマングループ」のプロデューサーでもあります。

さて、この「TRIP OF LOVE」の内容はというと、全編英語ですが、60’sの名曲ばかりを集めた歌のみで進行します。本場ブロードウェイの一流ダンサーと、日本人ダンサーとのコラボ。日本人では久しぶりに鳥居かおりさんを拝見し、40を過ぎたであろう彼女のダンスと美貌に感心いたしました。約250着ものオリジナルコスチュームは、トミー賞デザイナー、グレッグ・バーンズが手がけます。確かに60’sらしいサイケなコスチュームの連続。そして、見どころ(聴きどころ)は、オーケストラ・バンドによるライブ演奏です。幕が下りた後、最前列に行ってバンドメンバーに手を振ってきました(笑)。誘ったRちゃんはバンドウーマンなので興味津々。

ちょっとここからは辛口。さて、これがブロードウェイで大ヒットするかどうかは極めて微妙。米人にとってはさほど脈略のない筋立てでも、懐かしの懐メロ歌謡ショーのようにノリノリになれるのか。時間も2時間弱というミュージカルにしては物足りない時間で、あっという間にエンディング。これからダンスも歌もどんどん入れ替えて完成させていくにしても、10000円というチケ代を投じるには今ひとつと言えるかもしれません。これならヅカの方がエンタメとしては上だよ~。「WE WILL ROCK YOU」がもう一回見たいよ~。本当にこれでブロードウェイに持っていくのか、そしてブロードウェイで何回くらい公演されるのかが目下の注目です(笑)。

それでも、久しぶりの生の舞台はやっぱり楽しかったです。次回は何にしよ。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/14 09:18 】 | 映画・お芝居・TV |
1番大事なお引越し-VistaかXPか
翻訳家に欠かせないもの、もちろんPCだ。

20年前なら、いや10年前でも今の仕事量を今のペースでこなすことは到底できなかったであろう。まさにGOOGLEサマサマで、図書館や書店に出向いていた裏取り作業もネットで大抵が片が付く。そして新しく得た情報はPC内に保管されていく。辞書だってデジタル化されていないものを使う人はごくごく少数であろう。数年前「渡る世間は鬼ばかり」で翻訳家役だった四女(?)か何かが紙辞書をPCの横に積んでいた。しかもしょぼい辞書だ。嘘くさいぃ。

言葉を操る仕事といえばアナログな雰囲気もするが、産業翻訳の場合、翻訳ソフトやマクロの活用などでその前段階(前処理)がけっこう大きなウェイトを占める。出版系はもちろんプレスリリースや広告に近いものはなかなかそうはいかない。その場に即した言葉遣いが必要になる。だが、それ以外、特にIT系だとおそらくTRADOSなどのソフトが必須だろう。私はその真ん中くらいの仕事が多い。

文系理系にかかわらず(いや、やっぱ理系には負けるか)、商売道具ともなるとPC(ハード&ソフト)に凝る人は多い。自作PCの割合も周りでは結構高い。高スペ、静音、低コスト(モノによる)を徹底しようとすれば自作が1番なことは言うまでもない。PCに限らず、周辺機器とその周りの環境も自分に合うように様々なツールを活用している。DIYまがいの仕事も付属する。その手のことが苦手ではないどころか、趣味の一環で嬉々としてやっている人々の様子は羨ましい限りだ。時には、スポーツマンの旦那よりもパソオタの旦那の方がよかったと真剣に思う(笑)。だんなさんは電子系の学部卒、元エンジニア(今もか?)だが、私のPCには全くタッチしてくれない。

引越しに伴って、PCも新しいものに変えるつもりだ。もったいないので今のデスクトップとノート(私&彼)もLANでつないでおく。1番古いデスクトップだけ廃棄処分にする予定。我が家では無線がちょくちょく切れることがあったので安全のため、1つは有線で置いておこうと考えている。

デュアルディスプレーも考えたが、意外と疲れる気もするし、大ディスプレイ(23インチ超)で分割して使った方がよい気もする。メモリは画像&映像はあまりないので1ギガくらいで十分だろうか。

そして、問題はVista VS XP。今まで使っていたソフトとの互換性も考えてXPにしようとは思っていた。VistaはだんなさんのPCに入っているが実は私はまだ使ったことがない。だが、飛び出す?画面にも興味はあるし、今のうちに慣れておいた方がいいのかもと少しは悩んでいた。

そこに紹介された以下の記事。
「ビル・ゲイツ氏が示唆--Vistaに見切りをつけたMS、「Windows 7」登場は来年か」
http://www.atmarkit.co.jp/news/200804/07/windows7.html

やっぱり、バックアップ用に入れている「Acronis True Image」で現在のPC環境を外付けハードを介してそのままお引越しするのが妥当だろうか。もしくはVistaとXPのデュアルブートも考えられないわけではないか。

実はカーテンや家具や洋服や本や、そんなことより1番これが大事なお引越し。マンション指定のプロバイダが現在のプロバイダとうまくマッチするか(アドレスを変えたくないので経由させる)も心配の種。頭が痛いことばかり。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/11 10:17 】 | お仕事・お勉強 |
逆関白宣言
夫婦シリーズをもう少し続けてみる。

この現代にあって、私の身内もだんなさんの身内も、おまけに友達も(単なる知人を除く)離婚した人間が全く身近にいない。杉本彩は「私は離婚家系」と語り、祖母も母も自分も妹も離婚経験者、「先祖代々そうみたいなの~」と言っていた。ま、この場合、DNAというより環境がなせる技なんだろう。ちょっと心理的なハードルが低くなっている。

Aちゃんは「合わせもんは離れもん」(含蓄ある言葉だ)と言うんだから、グチグチ愚痴を周りに言い続けるくらいだったら別れればいいのに、我慢は一種の罪だと漏らしてた。

本当、昔の人間は特に我慢強い。うちの父親は5人兄弟の末っ子で本当にボンボン育ちとはこの人だというような人間だった。我慢がきかなくて欲しいものは手に入れる。注目浴びたがりの派手好きな割に小心者だったりする。お金でも何でも誰かが自分のためにどうにかしてくれると基本的には思ってる。賭け事にも目がない。ただ仕事=趣味(遊び)のようなものだったから仕事が大好きで、裏表だけはない純粋さが美点ではあった。

これに振り回される母親はたまったもんではなかったろう。結婚からしてお見合いでろくに付き合ってもいない相手を断れずに受け入れたのだと思っている。おまけに身体も弱くって、いろんな持病を抱え、すぐに入院。「痛い、痛い」と大騒ぎし、母を毎日病院に呼びつける。大部屋じゃ嫌だ、病院食は嫌だ、といい大人が甘えて結局あっという間に亡くなった。

ところがだ。そんな父親に振り回されて、愚痴も絶えなかった母が「あの人が生きているだけでよかったのに」ともう死去から2年が経とうとするのに鬱々としている。そんなに仲良しだったのか!?と驚きを隠せない。彼女はウェットどころかどちらかと言えばクールな人間だと思ってた。未亡人として今度は自分自身の生き方を考える女性だと思ってた。

姉一家がちょっと家を空けているだけで大阪の我が家にまで「行ってない?」と電話が入る。孫や姉の動静が気になるようだ。娘の進学にも就職にも結婚にも冷静であまりタッチしなかった人間がである。淋しいようで誰かと常につながっていたいのだ。自分は余計者ではないのかと被害妄想になっている。

老人とはそんなものなのだろうか。もちろん自分の母親であるので、相手にはしてあげたいがなかなかそうもいかない。周りに娘も孫たちも、おまけにひ孫までできて、配偶者を亡くしたこと以外は境遇的には幸せとしか思えないのに。

「あなたねぇ。私をご覧よ。旦那が死んだら1人きりよ。愚痴をこぼせる相手もいないのよ。贅沢だわ本当」とつい電話で意地悪なことを言ってしまう。もちろん、その境遇は自分が選んだことだからそんなことを言っても仕方がないのは重々承知しているのだけれど。

でも、やっぱり思う。所詮誰も人は孤独なのだ。環境がどうあれ、その孤独を受け入れるしかないのだ。十分幸せと思う母もその孤独をもてあましているのだ。可哀想に思うが、毎日毎日電話をしたらその孤独が癒されるとも思えない。

ああ、とりあえず私は旦那より早く死のう。俺より先に死んではいけない。逆関白宣言(笑)


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/10 10:32 】 | つれづれ |
元カレ&元ダン歓迎です
友人のPちゃんが「男女間の7不思議」と題してブログを書いていた。

その一つ
・離婚した人や別れた恋人同士が、
どうして未だに前夫や前恋人と仲良くというか、付き合いができるのか?
がである。

永遠繰り返されるテーマ「男女間の友情は成り立つか」である。

田辺聖子さんの作品に舞台化も何度もされている「もと夫婦」では、別れた後も奥さんが困ったことがあればなんだかんだと元旦那を呼び出し、元旦那も面倒なやっちゃなと言いつつも駆けつける。

昨日、帰宅して録画していた「踊る!さんま御殿」を見ていたら(録画までするなよと言いたいだろうが、チェックしておきたい人が出ていたのだ)、ちょうどバツ1(2)特集だった。芸能人ならこんなことまで売りになる。まあ様々な葛藤やら苦労やらあったのだろうが、特に女性群はキラキラしてる(照明さんのおかげ?笑)。離婚後、プチ整形を大幅に施した三原順子は確かに若返ってる。雛形ちゃんや広田れおなはきっと2度目(3度目)も近かろう。小朝はさすがに離婚話ももうネタの1つに練り上げてる。

そして、先のPちゃんの答えは、
*私だったら、一度区切りをつけた関係なら
顔も見たくないし、友達としても付き合えないけど。

だった。

私も昔はそうだったかも。別れた人は他人でしょ、という感覚だった。でも、年を取るごとにそういう意識は薄らいでいる。人に言わせれば、枯れたってことか(笑)。寝る寝ないなどはさておき(いや、寝たから恋愛などというと世の中恋愛だらけで大変でしょ)、友情を感じる相手に性別はあんまり関係なくなってもいる。幸いに(?)かどうか、こちらも年齢から男性からまず「女!」という目で見られにくくなったせいもあろう。注:年齢と男女の魅力との関係うんぬんの話ではない。さすがに人間対人間の付き合いがしやすくなってきたということだ。それでも元カレと会って楽しくお茶を飲むには諸般の理由によりもう10~20年程度必要だろうか。

離婚は当人にとっては結婚よりも数段大きな心身ともにダメージとなるであろう。もちろん一般的には軽々にお勧めしない、結婚も。個人の選択の自由。だけど、個人的には結婚・離婚を繰り返す生き方も少し面白そうに思う。シングルの魅力も十分知ってるけど、寝食を他人とともにするってことはものすごい価値観の転換を要する。私のように独身時とさほど生活に変化がない人間でもそう思う。だからこそ面白い。人の人生もごく近くで垣間見て、時にはどっぷり参加させてももらう。出産・育児が追加すればそれが2倍3倍に膨らむ。

だから、人恋しさからだけでなく、何度も結婚を繰り返す人もいれば、何度も出産を繰り返す人もいるのではなかろうか。家の姉も訳あって3人で打ち止めとしたが、何人でも子供を生みたいという橋元知事嫁のような女だ。誰にでも当然だが個性があってそれを見たいのだという。

今のところ、予定はないが、離婚した後も、よっぽどの事情がなければ、今のだんなさんは元旦那としてすごくいい友人(親友)になれる気がする。向こうが嫌がるか?(涙)。新たな人生に踏み出してもなんだかんだと悩み事を相談しにいきそうだ。自分のことを十分知ってて、しかも1度は大好きだった、そして多分愛されたであろう人。そんな人間なかなかいない。

「元旦那」-すごくいい響きじゃない?


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/09 10:13 】 | つれづれ |
雨中大奮闘-官民つれづれ
昨日は雨の中、大奮闘した。郵便局→銀行→市役所と午前中に走り回ったのだ。しかもすべての駐車場を出し入れするのが面倒ですべてチャリ。

銀行窓口は割と活用する方だ。月に2,3度か(全然多くない?笑)。オレオレ詐欺のせいかATMで現金振込みできるのは何と上限わずか10万円である。確かキャッシュカードでの現金引き出しも50万円だったと思う。お給料の振込も手数料のことを考えて毎月窓口で済ませている。

そのせいだけかどうかは分からないが、本当にオレオレ(他)のおかげで厄介極まりない。ところが昨年の振込詐欺の被害額はいまだに27億円超だという。これだけマスコミで注意を喚起され、銀行での上記のような対策があっても騙される人間は後を絶たないようだ。もちろん、小銭(笑)稼ぎに立ち行かず振込詐欺稼業から足を洗う輩も減ったらしいが、小額詐欺で意外と払う方も払いやすくなるのであろうか。翻訳詐欺の話をちょっと前にしたように、本当に悪賢いヤツは世の中にいるものだ。他山の石ではない。注意注意。

で、久々にお役所に顔を出して、意地悪な目で公務員の仕事を観察してみた。さすがに昨今の公務員たたきの風潮で、公務員の接客態度はぐんとよくなっている。戸籍等住民担当の窓口に4名(20代男女、30代女、50代男)が配置され、50代に当ると嫌だなぁと順番を待っていた。偏見で申し訳ないが、この世代の役人の横柄さになんどか閉口したことがあるせいだ。やっぱり予想通り50代男性に当ってしまった。ところが、この職員、実に腰が低く、面倒な手続を懇切丁寧に説明してくださる。アドバイスも的確だ。嫌がってすまなかった(謝)。

郵便局もしかり。民営化との関連性の有無はしらねど、窓口女性は笑顔で挨拶とともに迎えてくれる。この当たり前のことが徹底されなかったところがこれまで郵便局という場所だったのだ。元々大阪人は愛想がいい人間は多いが、その一方で横柄なタメ口上等の中年男女もけっこういる。

しかし、それでも銀行VS郵便局&市役所の違いは明白だ(金融機関と役所とは性格が違うのはさておき)。この4月、新入社員もいるし、もちろんその前からも経験不足の社員は必ずいる。銀行の場合、お客には最上級の対応を崩さないまま、そうした慣れない行員には先輩や上司がきちっと見えにくい場所でフォローと注意&叱責を行っている。窓口裏からは私語らしきものはほとんど聞かれず、ややピリピリしたムードすら伝わる。あくまで私がよくいくM銀行の話だが。

一方で、郵便局&市役所は、ちゃんと仕事は行っているものの、中の人々はぬる~い雰囲気だ。気のせいか立ち居振る舞いすらゆったりしていて、局員(職員)同士も仲良しのお仲間っぽい関係が透けてみえたりする。なぜか郵パックと黒猫さんの配達員までこの図式が当てはまるのだ。

これは単に私の色眼鏡を介した印象に過ぎない気もする。市役所でも残業続きでピリピリ働いている人もいるのかもしれない。いずれにせよ、12時過ぎのご帰宅がここずっと続いているだんなさんよりはましであろう。家族団らんうらやましい。


この後、梅田に出て、オフィス家具を見て、友達を呼び出しアフター5のお茶でもと考えていたが、疲れてしまってギブアップなり。引越し記、まだまだ蟻のように進みます。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/08 10:11 】 | 時事社会 |
楽天サマサマ
ブログはお別れしても市場はいまだご愛用。さて、ちょっとご報告まで。先日皆様からアドバイスを受けたコスメボックス。リアルでも意見を聞き、ちょこちょこ探しておりました。

コスメボックス(決)


楽天市場で発見!約7000円だったものが3000円弱の半額以下のセールとなってるではありませんか。すかさずポチです。水周りのカオスがこれでかなりすっきり解決されるはずです。コスメボックスなど買えばコスメを買い込みたくなるのでは--という声も。確かに物入りの今、デパートのカウンターには近寄るなかれ。

古い口紅が各所からざくざく出てきましたが、あまりに古いものは気になるのでこの際処分。海外旅行のお土産としていただくミニ口紅(&マスカラ)が意外と多いのに気づき、慌てて普段使いへとシフトさせます。固まったシャドウは涙を飲んでこれも処分です。誰もが1つは持っているであろうシャネルの「レ キャトル オンブル」、5個出てまいりました。ブルーあるじゃん!最近はほとんど使ってませんでした。この4色パレット、どうしても1色のみが激減りするのは私だけでしょうか。


すべらないハンガー


もう1つ楽天から届いたものがくだんの「すべらないハンガー」であります。ショップチャンネルで見たときから気になっていた商品です。とりあえず50本お買い上げ。これまたカオスであったクローゼット内も最近の処分ですっきりしつつはありますが、まだまだです。クローゼット内のハンガーをすべてこれに入れ替え、あ~ら不思議、スペース半減となることを期待しています。本当に滑らないのか?キャミもジャケットもスーツも大丈夫かどうかは後日ご報告いたします。

文庫本また50冊ほど処分。単行本とまだ新しい文庫本を除いて、ぼろぼろの文庫本はBOOK OFFでもどうにもなるまいとダンボールに詰め込み中です。まだ後200冊ほど残っています。お気に入りは再度買いなおすつもりです。

ピンポン♪とamazonで本2冊届く~。一体何をやっているのやら。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/07 09:19 】 | お買物 |
2・6・2なら6ですわ
年度替りだ。仕事について考えることが多い。嘘嘘、折につれ、仕事に対する疑問は沸いてくる。SOHOに毛が生えた程度なら、廃業します!と宣言すれば大して人に迷惑はかからない。自分が節約生活を心がければ夫婦2人生きてはいけるだろう。ただし、だんなさんが突然働きたくないと同じように会社を辞めてしまう、あるいは辞めざるを得なくなるときのリスクヘッジがなくなるのではあるが。

もしくは、今辞める辞めないの問題ではなく、勤め人でなければいつかは引退する時期を自分で選ぶ。死ぬまで現役というほど仕事に燃えてはいない。そこまで脳も身体もついてはいくまい。心配しなくとも、依頼がなくなっていき次第にフェードアウトという線が最も高そうに思える。「引退」--なんという一抹の寂しさはあるもののキラキラした響きだろう。

マイミクのりょうさんは、

何せ現代は昔と違い、仕事は選べるハバが多くなって一方でその中身は深化を続けています。 ハバと深さそれぞれが100年前の2倍ずつとして(もっとあるかもしれません) 。それを2軸で掛け算した面積は4倍になります。 でも、人間とか社会とか、100年やそこらではその質を、大きくは変えられないわけです。

こうした中で、自分の仕事が自分とマッチできてる、と自信もって言える人は幸せなのだと思います。現実は精神を強くもって、自分に合ってる! と言い聞かせるひと、または実力や努力で自分に仕事を合わせているひと、 こっちのほうが多数派であると思われますが、 いずれにせよ、職業が人間とマッチしづらい時代は 当分続く気がします。


と書いています。会社が大きくなればなるほど、かえって自分の目的意識がおぼろになってくることも多い。「目的は、見つけた時点で半分解決している」 byカルロス・ゴーン。りょうさんの意見どおり、目的が明確であればまだやりやすい。ところが大抵は目の前の目的というか、目標というか、ノルマというか、与えられた仕事を唯々諾々とこなすか、目的が現実とはかけ離れたところにあるのが現状なのだ。自営業である私ですらそう思う。この「意識」というものは馬鹿にできない存在だ(誰も馬鹿にはしてないか)。だから私の場合、社長としても翻訳者としても飛躍がない(笑)。

人事部なんていらない──。

ユニット型住宅「セキスイハイム」や住宅建材、高機能プラスチックなどで有名な積水化学工業は、2007年1月、人事部を廃止した。同社は人事部撤廃のほかにも、若手リーダー候補の育成や企業DNAの継承を目的にした「変革塾」、幹部候補生などビジネスリーダーを対象にした「際塾」、新事業を創出する事業化型人材を育てるための「志塾」など、この会社ならではの取り組みを続けているのだという。

大久保社長は語る。

人事部は人事部で人事考課をつけたり、異動させたり、社員を管理することが仕事と思っている。でも、僕に言わせれば、そんなのは仕事ではない。本人の持っている能力や可能性は氷山のようなもの。海の上に出ているのは1割程度でしょう。海の下に潜んでいる9割をどう発揮させるか。そういうことをやろうよ、と言っている。

社員がみんないい仕事をすれば業績がついてくると僕は思っている。いい仕事とは、従業員がその仕事に惚れ込んで、その意味をきちっと理解して進めていくことです。従業員をそういう方向に持っていくにはどうすればいいか。それを考えると、人事部が異動や人事評価といった人事管理を行うというのはそぐわないんです。それは、人事部ではなくライン長の責任だからです。

ただ、そうは言いながらも、会社の中で仕事をしていく上で大切なのはその人の意識です。端的に言うと、与えられて仕事をするのか、自分からしたいと思って仕事をするのか。この意識の差。私はそう考えているので、2000年頃から「手を挙げる人事」を基本に据えました。

うちの会社では、本人が手を挙げなければ昇進や異動はできません。僕はね、能力や向き不向きよりも意思がはるかに重要だと思っている。上の人間は、あいつは能力がある、とか分かったようなことを言うけど、そんなものは分からない。大切なのはまず意思です。


2・6・2(だったか)の論理で、会社を動かしているのは実は優秀な2割に過ぎない(6割は普通、下の2割は足引っ張るだけ)はよく聞く言葉。まずは「目的意識」を持つことが上の2割と他を分けている鍵だったりするのかもしれない。2・6・2に入ってくると、話もまた異様に長くなっていきそうなので今日はこの辺で続編に譲る。

実はだんなさんは今、人事部だ。仕事の話は滅多にしないが、実際の人事のお仕事とはけっこうエグイ話も含む。ブログに書けないことがもったいない(笑)。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/04 09:36 】 | お仕事・お勉強 |
主婦の願望-「スイート10・最後の恋人」
多分前にも書いたと思うが、1時は私のランチタイムだ。ようやくお腹も空いてくる。通勤・通学なしになるとそうは早々とお腹も空かない。家でランチの場合はTVが友となる。昼メロ真っ只中の時間帯だ。本来なら10時からの「相棒」が1時であればいいのだが。

毎日見ているわけでもないのでよくストーリーは分からないものの「スイート10」なる番組がついていることが多い。以前、三浦理恵子のファン?だったせいもある。「夜もヒッパレ」という歌番組が昔あり、必ず超ミニスカで出てくる彼女は、私意見ではこれぞ小悪魔と認めていた女性である。彼女がウフフと笑うと、タマオちゃんの10倍男性は転ぶと思っていたが、贔屓の引き倒しか。ともかく脚の美しさは抜群だった。

ところが、彼女はいつのまにかロングヘアもばっさり切って、伊藤美咲の脇のお局風デパガだの、2時間ドラマの3枚目役だの、見事に周りを邪魔しない脇役へとシフトしていったのだ。実は地味めなフェイスとボディは普通のOLや主婦も割りとはまる。使う側も使いやすいのか、バラエティに転進もせず切れ目なく仕事が続いているようだ。何だか隔世の感あり。っつうか少々淋しくもある。当時息をのむ美しさだと思っていた。「青い鳥」の夏川結衣が「結婚できない男」に出てきたときの衝撃に似ている。どちらも今でも好きだけど。

で、話をスイート10に戻すと、三浦理恵子が演じるのは次のような役柄だ。

看護師の関弓子(三浦理恵子)は、結婚して9年。かわいい子供にも恵まれ、優しい夫・保典(葛山信吾)の理解と協力で仕事も順調。トキメキはなくても平和で安定した結婚生活に満足していた。しかし、患者としてやってきた品川圭介(中村讓)との出会いから、心が揺れ始める。「不倫」だの「浮気」だの、そんなものは特別な人がするもの、自分とは違う種類の人がするもの、そう思っていた弓子。最初は憧れのような気持ちだったのだが、次第に抜き差しならない恋愛関係となっていく。まさか自分が、何度もそう思いながら…。
なんともはや・・・

おまけにドラマのキャッチコピーは
結婚してから女として見てくれない夫。私だって女としていつまでもときめいていたいのに…「主婦だって恋したっていいじゃない!!」なのである。

そりゃあまあね、勝手にどうぞ、しかもドラマの中でのことだし。「道ならぬ恋(笑)」というのは昼ドラの一種定番だ。だが、このなんのひねりもない脚本はどうよ。これに同調して「弓子、可哀想!気持ちが分かるわ」とはまる主婦がいるのだろうか。ちなみに相手役の中村某は竹ノ内豊のバッタもんのような俳優だ。この弓子の恋をなぜか、友人3人組は仕方がないわねと応援する。弓子は優しい旦那と可愛い子供に申し訳ないわ、でも彼は好き、ああ(涙)とひたすら行ったり来たりする。

愛しの彼と抱き合って言うセリフ。「今、世界が終わったらいいのに」。こんなセリフがてんこもりだったりする。

そして、その友達役の遠野凪子も旦那とのセックスレスが原因で年下の同僚と浮気に走る一歩手前。一緒に温泉に旅するが、そこでやっぱり駄目と泣き崩れる。相手は僕が悪かったんだと、それでも彼女を諦めない。ええかげんにせえよ、可哀想過ぎやしないか原君。

3人組はまたなぜかそこで、「凪子は人に流されるタイプじゃないから大丈夫よ」などと言ったりして、温泉のアリバイを作ってあげる。残りの1人、当の横山メグミは旦那の不倫に悩んでいる。

という、はまりようもない突っ込みどころ満載のドラマであるのだ(いや、それが狙い?そこにはまりつつある?)。しかし、世の若い奥様方にとってはこんなの既に常識で弓子型が主流(憧れ)であったりするのだろうか。自分と重ね合わせて涙目になるTVの前の奥様も多そうだ。

しかし、人の恋愛はよっぽどのことがない限り往々にして陳腐な(に思える)ものだ。当人(自分含む)にとっては一世一代のロマンスであるのは言うまでもなく。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/03 09:52 】 | 映画・お芝居・TV |
四次元を浮遊する君たちへ
ゴミ袋2個分の洋服を昨日は捨てた。一気にいけばいいのだが、もったいないお化け(死語?)が時に現れて遅々として進まない。それでも計5袋は捨てるに至った。あとは春・夏服の整理だ。少々まともなものはまとめて姪にやる。オークションに出せばもしかして売れるのかもしれないが、ネットチェック、梱包包装、質問&お金のやり取りなどを考えると面倒だし、利益どころか損が出るかも。

何年前だ、のX'mas、恐ろしく可愛げのあった私がおしゃれしてケーキを持参で新幹線改札で現だんなさんと待ち合わせた(長距離恋愛である)。今も変わらず時間に超ルーズな彼は、仕事がなかなか切り上げられず私は4時間延々と待たされた。携帯電話はない。本当、いつの時代だ。信じられなかろうが平成だ。彼は激高した私を「何でも買ってあげるから」と必死でなだめた。時はボーナス支給直後。

「じゃコートにするわ」とその足で10万弱!のコートを入手した私である。MATERIAL GIRLここにあり。しかも機嫌が直っている。

その思い出の水色のコート、と言っても私だけがいい思い出の水色のコート。十数年を経て、そのコートだけはクローゼットの片隅で平和に眠っていた。だがその平穏も終わった。遠い日の思い出とともにゴミ袋行き。ああ、指輪にでもしとけばよかった(まだ言うかMATERIAL GIRL)。

しかし、物にはさほど思い入れがなく、エコには悪いが捨てることに躊躇せず、ご存知の通り整理下手の私の元からはいろいろな物が消えていく。時に(時にかよ!)ベッドの下を掃除すれば街で落としたはずのピアスの片割れが現れる。本格的お引越しの後には、私の元を去ったはずの愛するガラクタたちが懐かしい顔を見せてくれるのか。

不思議なもので、大事なものほどいきなり消える。買物に行って顧客カードを要求され、探してみるとそのカードだけ財布にない。馬鹿みたいにカードで膨れ上がった財布の中に。書類の山で埋もれた部屋。シュレッダーにかけて処分しなくてはならない用済み書類はデンとして退かないくせに、税理士さんから出してくださいと言われた大事な領収書だけが鬼のように探しても見当たらない。この服にぴったりだと思いついたピアスだけがジュエリーケースから忽然と姿を消す。

消えるのならせめて永久に消え去ってくれ。男と同じ。忘れた頃にひょっこり顔を出す。まるで何事もなかったかのように。それも何度も探したはずの場所から、あるいは絶対にあるはずがない場所から。すごく嬉しいような、時機を逸した今となっては空しいような気持ちに襲われる。

今も、このマンションのどこかで浮遊する君たち、ここを去るときに一気に私の上に舞い降りてくるのであろうか。そのとき、静かに言おう。「永久にさようなら」あるいは「一緒に来るか?」と。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/02 10:15 】 | つれづれ |
自己紹介♪
ソフィー


こんにちは、皆さん、ご機嫌いかが?

実は、今日は大阪ではなく、別宅の1つモナコでこのブログを書いているの。ここが今の私の1番のお気に入りの場所なのよ。だってもうすぐモナコグランプリのシーズンだもの。今からワクワクしているわ。アロンソは今では主人の親友よ。

そうそう、夜は大公主催の小さなカクテルパーティに招かれてるの。今メイドとお支度でおおわらわよ。やっぱりシックにアルマーニの黒にしようかしら。それとも、ヴァレンティノの新作?久美子もアレジと一緒に招待されているようだから、かぶらないように打ち合わせておかなくっちゃ。

翻訳の仕事は?ですって。ええ、実は最近、メインのお仕事の慈善ボランティアと、パトロンの仕事で手一杯なの。才能ある若い芸術家を育てるって何物にも変えられない喜びだわ。主人も大賛成で、いつも応援してくれているの。NYに1つ画廊を持たせてくれるっていうのよ。

でも、翻訳の仕事も大好きだわ。以前の訳書が評判になって世界中で増刷がかかったらしいの。クリスマスまでにはシリーズ「愛されるセレブ妻」の最新作が日本でも手に入れられてよ。みんなも楽しみにしていてね。

あら、大変。もうこんな時間だわ。ネイリストが来る頃ね。キーボードを打つのはこの辺でおしまい。

yumiさん、近況報告嬉しかったわ。日本に帰ったらまた練馬でお茶をいたしましょ。

では皆さま、ごきげんよう。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/01 12:36 】 | つれづれ |
メタボの妻はメタボ
4月ですよ、4月。新年度で心を入れ替える日です。今日から頑張ります(何を?)。

何だか最近ジムに中年男性の姿が目に付きます。そうか、正式には今日から特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)(すなわち、メタボ検診)が始まるわけです。ちなみに「日本肥満学会」が唱えるメタボの定義はこうです。

腹囲男性85cm、女性90cm以上が必須。かつ
血圧130/85mmHg以上。
中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満。
血糖110mg/dL以上。
の3項目中2項目以上。


該制度では、40歳から74歳までの中高年保険加入者を対象に健康保険者に特定健診の実施を義務化すると共に、メタボリックシンドローム該当者、または予備軍と判定されたものに対して特定保健指導を行うことを義務づけます。5年後に成果を判定し、結果が不良な健康保険者には財政的なペナルティを課す事によって実行を促します。

厚労省は、中年男性では二分の一の発生率を見込むなど、約2000万人がメタボリックシンドロームと予備軍に該当すると考えており、これを平成24年度末までに10%減、平成27年度末までに25%減とする数値目標を立てており、これにより医療費2兆円を削減を目指しています。

確かに、糖尿病などの生活習慣病は早めに手を打って予防しておくのが大事。重症化すれば、本人だけでなく周りの人間も巻き込んで大変な生活管理が必要となってきます。危機を理解し、注意を促すきっかけとしてはいい取り組みだと言えるでしょう。

でも、その一方では落とし穴もあり。厚生労働省が提唱するメタボ対策に熱心に取り組まなかった場合、保険者(国民健康保険、政府. 管掌健康保険、健康保険組合、共済組合)に対して最大10%の診療報酬がカットされる法案であるようです。つまり、厚生労働省の立てた具体的な目標数値に達しなければ(これがあえて高い数値に設定されれば)、診療報酬は自動的にカットされてしまうわけです。制度の内容は詳しく調べてませんが、医療崩壊の叫ばれる中、医師にとって、ひいては我々患者にとってもますます困った事態にならなければよいのですが。

また、会社側も必死でしょう。メタボ社員を多く抱えれば、それだけ負担も増えてきます。メタボ手当てを与えたり、特別なメタボ改善プロジェクトに取り組んだりしている会社の様子もTVでいくつか見ました。今後、太鼓腹を抱えつつ業績を上げないヘビメタ社員は、冷た~い視線を浴びせられるようになるかもしれません。

ちなみに、我が家の場合、だんなさんは一応、結婚時からの体重をほぼキープ(胃下垂です)。しかし、どう見てもメタボ間違いなしが1匹。「つちのこ」と称されるボテ腹を抱えたミタ。ローカロリーフードに変え、餌の量も制限しているはずが一向にやせません(でも、そのお腹に顔を埋めるのが幸せなのだ!)。引き続きメタボ改善に取り組みたいと思います。


クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
【2008/04/01 09:02 】 | 美容・健康・おしゃれ |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。