スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
盛者必衰の理
あけましておめでとうございます♫

さて、運動もしなくて飲んだり食べたりで身体が随分重い。心も体も少しずつ通常営業に持っていかなくちゃ。


帰省はいつも車。途中の休憩等で車に置き去りにされるたび、私たちが帰ってくるまで待機姿勢はこのまま。

2016non2.jpg

心配しなくても戻ってくるからのんびり寝ておけばいいんだけど。


2016non1.jpg


外から見ると運転してるみたいなので、通り過ぎる人々は驚くか苦笑。


今年は初めて実両親がいない場所への帰省。姉一家や姪一家たちが集まって賑やかだったけれど、何だかぽっかりと心に穴の空いた感じがする。歓迎はしてくれても心から私を迎えてくれる人はもういないのだ。お墓参りにいって二人の墓に手を合わせる。来年からは温泉や海外で過ごすのもいいかなぁ。

いやいやまだ義実家への年始訪問は欠かせないだろう。義父は元気だけれども、義母は施設でお正月を迎える。頭はクリアでしっかりしている義母だが、身体は少しずつ弱っていっているのが分かる。脳梗塞で倒れて以来、もう何年もほぼ寝たきりの状態だ。


「キョウコさん、今年は淋しいわねぇ」


とたどたどしく声をかけてくれる。母が死んだことをちゃんと覚えているのだ。不謹慎な話だが、さよならを言うのは義母が先だと思っていた。義母の言葉が心に滲みる。

いつも帰省した折に訪れていた夫の叔父さんが、母と同じく脳内出血で倒れて入院していることを知る。その脚で叔父さんのお見舞いにも向かう。元気いっぱいで矍鑠としていた叔父さんが話すことができなくなっていた。こちらが語りかける内容は分かっているというのだが、言語中枢がやられたのか、アウアウと判読できないしゃべりを繰り返す。ぐっと握りしめる握力は強いので少し安心する。


生まれたばかりの姪っ子の子供と遊んだ一方で、自分の身近だった人々が去っていく、あるいは正常な機能を失っていく。どちらがどちらというのでもなく同等に悲しい。当たり前のことだと分かってはいるけれど。義母や叔父が病床から見つめる側からは、こちら側の世界はどのように映っているのかなと想像する。私もふつうにいけば何十年か後には似たような立場に立つはずだ。そのときは今日のことを思い出すだろうか。


2016おみくじ

今年は末吉。まあこれくらいがイイ感じ。末吉の割に書いている内容がとっても良い。

「相場」 見込みあり、買え(嬉)

駄目だ、やっぱり懲りてない。



スポンサーサイト
【2016/01/04 08:55 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
淋しさと、楽しさと、やっぱり楽しさと
仕事はとりあえず放り出して三連休は完全オフ。

初日は異国の地へ旅立ってしまう友達の壮行会。

RIKAsoubetukai1.jpg


お造り盛り合わせも当分は食べられないかも、ということで私のお気に入りの和食屋を予約しました。

RIKAsoubetukai2.jpg


今年も銀杏の季節。秋が来たなと実感します。


集まった7名はもう10年以上のお付き合い。主役とはしょっちゅう顔を合わせていたから、気軽に会えなくなるのは淋しいけれど、それぞれの道を歩んでいくのです。逆に子供の手が離れつつあったり、会社でも割と自由のきくポジションに着いたりと、残りの皆とは交流の機会も増えそうな予感がします。


2日目からは、わたくし実家から姉と姪っ子家族、長女Mちゃん、生後三ヶ月の長男H君とが我が家を訪問。

hayate.jpg


ノワとほぼ身長は同じ?

ハロウィン2
(写真はイケメンパパと)

ハロウィンって何なの?という人も日本人にはたくさんいると思いますが、処処の営業戦略にはまりイベントとしては随分根付いてきたように思います。私もハロウィン限定ケーキを買ってきて振るまい、ハロウィンセールで子供服を買ってあげ、お金を落としています。しかし、子供服と犬服ってなぜあんなに購買欲をそそる可愛さなのでしょう。


数日前から腰を痛めているので、子供たちとの外遊びは夫が担当してくれました。ジャングルジムにおんぶに抱っこ、アラフィフにはキツい試練だったかもしれません。自分の子供は人の子供より欲目で何倍も可愛いとはよく聞きますが、彼が、

「何人も女の子が遊んでいたけど、Mちゃんは特に顔が可愛いね」と。


全く血のつながりのない姪っ子の子供という関係ながら、そんな身内アゲ発言が飛び出すとは。私の場合、ノワが他のトイプードルと比べて際立って可愛い顔をしていると思えてなりません(笑)。その感情が生まれるからこそ、大変な子育てができるわけです。

Mちゃんは、私がまだ学生だったときの姪っ子と瓜二つです。ふとした瞬間、何十年かタイムスリップした気がします。


【2015/10/13 08:53 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
みなしごになった日
先週の懇親会では同世代でテーブルを囲んだ。A嬢とは久方ぶりの再会で話が弾んだ。

この春に亡くなった母親の話をして、A嬢からもお父様の話をうかがった。この年代になると、状況は異なるにつれ、似たような体験を持つ人が増えてきて、お互いに心情を吐露しつつ心を慰められる。

Aさんが自分の母親の話をしてくれた(今もお元気)。母親がまだ50代そこそこのころ、自分の母(つまりAさんにとってはおばあさま)を亡くしたとき、

「お母さん、孤児(みなしご)になった」

というようなことを言ったそうだ。A嬢も変なことを言うと思ったという。


冷静に考えると、当時のAさんのお母さんも私もほぼ半世紀を生きて、もう既に立派な大人で、みなしごも何もあったものではないのだが、「みなしご」という言葉が本当に胸にすとんと来る。

朝起こしてくれたり、ご飯を作ってくれたり、身の回りの世話をしてくれたり、そんなことのためには母親はずっと前から必要ではない。でも、ふと何かに行き詰まったとき、心の底から信頼できて味方になってくれる存在はもうどこにもいないのだ。(まあ夫も信頼しているけれど所詮は他人(笑))。


なぜかある単語をググッていたら自分のブログがヒットした。「永遠の味」という日のブログ。

帰省したときにお母さんがちらし寿司を作ってくれて、帰りに手造りのおかずをタッパーで持たせてくれた日のこと。

母親を思い出すと少し泣きたくなる。でも、父親を思い出すと少し笑いたくなる。なんでだろう。


【2015/09/04 08:31 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
花火と大宴会と故郷と
お盆には帰れそうにないので、少し早めの帰省を済ませてきました。ちょうど実家辺りでは夏祭りのラッシュ。二日続けての花火を満喫することができました。

花火1


父親に引き続き母親も亡くなったので、実家に帰ってもアウェイ感満載で淋しいかしら・・・と少し不安に思っていたのですが、姉夫婦の歓待と共に、姉のお友達たち十人以上が集まった宴会に混ぜてもらえました。我が家からは花火が真正面でこんなに綺麗に見えるのです。


花火2


フリーランス稼業も長くなり、大阪という土地柄にも随分慣れて、私も自分比でかなり社交的になってきた気がします。それでも、PTAの係をいつでも引き受け、家業のお客様やご近所の人々との付き合いをこなし、どこに行っても友達をすぐに増やしてしまう根っからの社交的気質を備えた姉とは段違いです。

若い頃は、どうも合わないわ・・・と思わないこともなかったけれど、大人になるにつれ、良きも悪きも、長女という責任感の元で妹を庇護し、○○家の将来を考えて一家を仕切ってきた姉に感謝する機会が増えてきました。

親子と同様、兄弟姉妹の間も、血がつながっているからこそぶつかることや悶々とすることが出てくるものです。他人ならば縁を切ってしまえるものの簡単にはそうはいきません。そういう例を周りでも目にすることが案外と多い中、姉妹と、そして姪たち一家と、程々の距離感を保ちつつ、仲良くやってこれていることは、意識していなかった宝物なのかもしれません。


花火3


若いときは、もしかしたら恋愛や友達の方が大事で、自分のことで精一杯で、血のつながりなどをあまり重く考えることがありませんでした。でも、私の実家、そしてだんなさんの実家を訪れると、必要以上に頼るつもりはないのですが、帰るべき場所があるような何となく穏やかな気持ちになるのも事実です(「ゴッドファーザー」みたい・・・)。


それが「お盆」の役割なのでしょうか。

早めの第1回目?夏休み、もう少し続いています。



【2015/08/04 09:31 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2つのイベント
先週は目出度いのかどうなのか判然としませんが誕生日でした。また1年歳を重ねられたのだからお目出度いのには違いないでしょうか。

shotani2.jpg

地味にジムへ行って、いつものメンバーにおめでとうと言ってもらって週一の筋トレレッスンを終えました。筋肉つかない割に年々苦しくなっていくこのレッスン。かといって止めてしまえば元の木阿弥なのでなんとか続けています。

夜遅くだんなさんが買って帰ってくれたのが「ケーキハウスショウタニ」のケーキとプリン。レッスンの意味がありません!


shotani1.jpg


シヨウタニはプリンも美味しいけれどやっぱり一押しは和風クッキーですね。初めていただいたときから、ホロホロほどける食感のファンになりました。ケーキよりもクッキーがよかったなぁ(笑)。


週末は四十九日でした。お墓に納骨を済ませた後、内輪でお食事会でした。いける口だった母親の分まで、冷酒好きの姪っ子と私で美味しくいただきました。よく冷えた竹が旨みを際立たせ、クイクイ進んでしまうのが日本酒の怖さです。翌日は勿論の二日酔。


四十九日1


人が亡くなった後は喪失の淋しさにかまけてはいられず、葬式/法事などの催事に加えて様々な手続きが目白押しです。公共料金等の口座変更だけでも結構面倒なものです。そして、第1回相続会議?もついでにおこなってきました。どこぞの紅茶王のように莫大な遺産があるわけではないのですが、戸籍謄本や印鑑登録を何通も取り寄せ、とりあえずの書類だけでも十数枚サインしてきました。というのも、相続云々の前に、相続財産の内容を知るだけでも相続人全員の署名捺印が必要となるのです。個人情報が重要視される今、どの金融機関もますますその辺が厳しくなっているのでしょうか。

現金に関しては、母は昔の人に似合わず、箪笥預金や簡単な定期預金は比較的少なく、孫やひ孫まで被保険者とした生命保険などの保険に加入していた他、有価証券や投資信託などにも分散させており、ドル建て、ユーロ建てなども含め、解約タイミングや分割方法も専門家に相談を仰がないとさっぱりです。

義兄含め、姉とは良好な関係を保ってきたので骨肉の争い(怖)にはならないはずです。そんな中でもお金とは不思議で大きな存在で、皆の思惑がぴったりと合うということはないものです。金額の多寡にかかわらず、いざとなってみるとお金は気持ちを少し揺るがせます。我が家は義兄が家業を継いでいるのでその辺も少し厄介です。そして、姉が、将来を見据えて、妹よりも自分の娘たちや孫のことを最優先させたいと考えるのは当たり前でしょう。

結末はここに書くことはできませんが、皆が今まで通り仲良く、それなりに納得のいく相続ができればと思っています。そのためには母との生前の話し合いが重要だったのかもしれません。私も早めにエンディングノートらしきものを書いておくべきかも。人は死ぬ時期が分からないから難しいです。でも、だからこそ平然と毎日を生きていられるのですけど。


【2015/05/18 09:08 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。