スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
視力って上がるのか
同世代や少し上の友達と買い物や食事に出かけると、小さな文字に困っている場面で、

「あ、私、読んであげる」

とドヤ顔で言ってのける。

でも実は遠近両用コンタクトを装着しているのだ。隠してないけど。

私が愛用しているのはメニコンの遠近両用ハードコンタクト、バイフォーカル。メニコンで遠近両用コンタクトはこれしかないからだ。最近2weekのソフトも開発されたようだが、乱視も矯正できるのでハードの方が矯正力も高く、おそらく眼にもいい。

メニコンにこだわるのは、月々の定額制でコンタクトレンズを使える「メルスプラン」のためだ。以前は別メーカーのハードを使っていて、結構調子が良かったのだが、悲しいことにすぐ曇ってきて、どんな洗浄剤を使っても汚れが取れなくなる。最近の化粧品やクリーム類の性能が劇的に向上して、どうしてもガラス面にしっかり付着してしまうせいもあるらしい。1年間補償が付いていてその間にスペアは1枚5000円で買えるのだけれど、1回しか購入できない。大抵の遠近両用等のハードは両目で3万円近くかかるので度々買い換えるのは実に痛い。

一方、メルスプランは遠近タイプだと月額2100円で年間25200円。1年間に1回リニューアルサービスがあるが、その間でも汚れや破損、視力の変化があれば何度でも変えられる。価格的には結構高額である。何年も同じコンタクトを着用中という方は高すぎると映るだろう。私も最初は微妙な額だな・・・と思っていた。

*遠近両用コンタクトの使い心地についてはまたゆっくりと書いてみたい。


さて、最近、視力が落ちた気がして、ほぼ1年間経ったので検査がてらコンタクトの交換に出かけてきた。肉眼では全く分からないが、ガラスに微少な傷が入っており、そのために曇っているらしい。実際に視力を測ってみたら少し上がっていた! 近視というものは若い内に下げ止まりがあって、そこからはほとんど進まず、かえって上がることもあるという(老眼はいつまでも進む(悲))。以前は0.1は見えなかったが、最新の検査では微妙に0.1が見えるようだ。

「1年間に1回が交換サイクルですけど、結構皆さん半年に1回くらい交換されますよ」

とスタッフさんの弁。通っている店舗の方がものすごく感じが良いので、これからはもう少し頻繁にレンズを変えてみようと思った。まっさらのレンズはやはり気持ちがいい。そう思うと、年間25000円も悪くないかもしれない。これから増えるであろう眼のトラブルにもいち早く気づけるのではないかとも思う。なにせ眼は大事な商売道具だ。


しかし、眼も歯も髪も、歳を取る度にメンテナンスの費用が嵩んでくる。最近周りで某エステが流行っており、法令線が随分消えたでしょ!と見せてくれる。確かに実際に若返ってるなと感じる。逆にいきなり止めたらそのぶり返し?で一気にたるむんじゃないかとちょっと怖い。また、同年代の多くの人々は整体等にも定期的に通っている。肌や身体まで定期的なメンテナンスを加えたら、いったい毎月の固定費はどのくらいになるものか。

やっぱり仕事が辞められない・・・。



スポンサーサイト
【2015/12/17 10:18 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
康煕帝の時代なら
何となく最近奥歯辺りが滲みるなぁと念入りにフロスをかけていたら、

ころっ

と小さな金属片が飛び出した。

銀の詰め物が取れたようだ。知覚過敏だと信じていたけれど、このせいだったのかもしれない。慌てて歯医者の予約を取って翌日に駆け込んだ。

詰め直して終わりだといいけれど・・・という淡い期待も崩されて、詰め物の下で虫歯が進行していたことを知る。虫歯菌とはゴキブリなみのしぶとさを持つものなのだな。定期検診・定期予防処置をしていても、二次う蝕(詰め物の下で虫歯になっている状態)は起きるものらしい。確かに3ヶ月に1回検診に通っているのに見つけてもらえなかった。

もう少しで神経に届くところまで進んでいたらしく、深く削られて今も少し滲みる状態が続いている。ネットを調べてみると、ここからいろんな治療法があるようだ。結構最新治療を取り入れている歯科医院なので、明日の治療時に少し先生に相談してみようと思う。


最近、タイムスリップものの華流ドラマを見ている。癌や心臓病など重篤な疾患はもちろん、結核や肺炎なんかでも何百年か前なら死んでいたろう。診断もほぼ脈をとるだけなのだ。その辺りはまだ我慢というか諦めがつくとしても、現代のような歯医者も目医者もないのはかなり辛いなと思いを馳せる。眼鏡もコンタクトも痛み止めもない時代、歯もボロボロ抜け、カラーリングもないから白髪は延び放題。完全なる老人だ。


冷たいものや熱いものを含む度、ちくちくと痛んでストレス。お誘いを受けた飲み会もキャンセル。忘年会等が始まる12月には快方に向かうといいなぁ。


【2015/11/30 10:32 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
後宮の女たちも
最近はまっているドラマは中国の「宮廷の諍い女」。




2011年中国をはじめ台湾・香港で高視聴率をあげた【宮廷女官 若曦(じゃくぎ)】。「これからの10年間に若曦を超える作品は作られないであろう」とまで言われたが、早くもその「若曦」を上回る作品が登場した。 それが【宮廷の諍い女】である。「若曦」は雍正帝が皇位に就くまでの皇子同士の争いにヒロインの若曦が巻き込まれる姿を描いたが、本作は雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛(しん・けい)の姿を描いた作品だ。中国では放送が始まるやいなや、本作に魅了された視聴者がインターネット上で作品の話題で盛り上がり、瞬く間に「宮廷の諍い女」ファンが急増!そして再放送の度に視聴率がUPするという中国では前例のない現象を巻き起こし、「宮廷の諍い女」は“神劇”(神のようなドラマ)と称されるまでに至ったのである。


後宮、大奥、ハーレム、名前はいろいろですが、一人の男性に対して何人もの女性が傅き、子孫を少しでも多く残そうという体制は歴史上多く見られます。不公平だわ!と思いがちですが、ライオンの群れと同様。ライオンは強い1匹の雄が群れを率い、多数の雌と繁殖し、別の雄の子供は食い殺してしまいます。それがライオンという種族を生きながらえさせる知恵です。そうした中国版大奥のドロドロ感はもちろんのこと、華麗なる衣装とアクセサリに目を奪われます。

イヤリングの豪華絢爛で美しいことときたら。月とすっぽんですが、ふらふらと訪れた阪急百貨店で新しいピアスを衝動買いしました。阪急、いや百貨店全般は楽しくも恐ろしい場所です。


バックキャッチピアス


ピアスといっても、バックキャッチピアスの一種なのでしょうか?手持ちのどのピアスに合わせても使用できます。耳の後ろからかすかに揺れるパールが、いつものピアスの表情を変えてくれます。ダイヤや他の石の一粒ピアスを付けることが多いのですが、ちょっとだけ華やかにしたいなというときに活躍しそうです。最近はイヤークリップなど、様々な形態の「耳飾り」が流行っていますね。

「・・・諍い女」では恐ろしい長さの「爪飾り」が目につきます。中国のネイルケアの歴史は紀元前3000年にさかのぼるそうです。西太后の時代、清朝後期后宮では爪を伸ばすだけでなく、爪を保護するために爪カバー(「護指」、「爪飾り」などともいう)を施し、それは金銀や宝石をちりばめた非常に豪華なアクセサリーでした。爪のお洒落は、自らの地位を鼓舞する役割を果たすと共に、どの時代の女性の心も引きつけてやまないものなのでしょう。


201508ネイル2



グレーに少しパープルを混ぜた深グレー(マツコがよく使う色です。注目してます)にバーガンディーの大きめの石を珍しく乗せてみました。やはりちょっと影響されているのかもしれません・・・。


お盆休みは見送りました。皆さんが捨てた仕事を拾って、ぼちぼち稼いでます(笑)。




【2015/08/13 13:18 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
千里の道も一歩から
150809_134645.jpg

オーストラリアから友達が帰省中。みんなで集まってランチをしました。今回は娘のRちゃんも参加。子供モデルとして売り込みたいわ!と真剣に思うほどの可愛さでした(黒塗りせずに載せたいなぁ・・・)。姪っ子の子供と同い年の2歳だけど、オーストラリア人の血が入っているだけで随分体格が違います。


さて、今回のネタはそちらではありません。イオンカードのポイントが随分たまっていたので、前から気になっていたタニタの[カロリズム」と交換しました。

「カロリズム」は身に着けるだけで、カラダの動きを計測し、1日の消費カロリーや1日の活動リズムなどを知ることができる活動量計です。歩行はもちろん、仕事や家事、ボーッとしている時間まで、さまざまな活動の消費カロリーを表示。

といろいろな機能が付与されているのですが、私は単なる万歩計として使っています。使い始めて約1週間が経過しました。



タニタ2


1万歩まであと少し!この日はスポーツクラブでレッスンを受けた日です。1時間のダンスレッスンで約6000歩!をマーク。嬉しいところですが、逆を返せばいかに日常生活で歩いていないかということです。このカロリズムの歩数計はきちんと数歩歩き続けないとカウントしないので、トイレに立つ、料理をする程度の歩きではほぼゼロ歩です。自転車もカウントしません。したがって、一日外出しないと、下手すれば1000歩にすら達しません。1日の歩数平均は女性6300歩だそうですが、どれだけ皆さん歩いているのかしら。その代わり、この日は筋トレもして、それはカウントされていないので運動量としてはそこそこかもしれません。


タニタ1


この日は、スーパーにお買い物に行ったくらい。5000歩足らずです。ご同業の皆様、足腰は基本中の基本ですから、散歩でも何でもとりあえず歩きましょう。その目的で仕事場を自宅以外に移した友人もいましたわ。正解かもしれません。

一日一万歩への道は遠し。今日のワイン講座は徒歩だと30分以上、往復すれば優に1時間を超えるので1万歩は達成できるでしょう。でもこの暑さ、酔った勢いでのウォーキングはやっぱり危険でしょうか。



【2015/08/10 09:09 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
爽やかな夏の日
計700枚の原稿に息切れしつつも、何とか前に進んでいます。梅雨はまだ明けませんが、心には日が差し込んでいます。


昨日20代前半のピチピチ(死語?)のインストラクターのレッスンに出たところ、

「先週はお休みして済みませんでした-。

○○子、肺が破れていましたけど-(肺気胸*)

今日からまた頑張りますー♫」


*背が高く痩せ形な男性に多い病気ということでイケメン病という言われているそうです(笑)。家の父親もなりましたが。

とのこと。え、1週間しかレッスンに穴を空けていませんが・・・。若いって素晴らしいですね。つられて踊ったら、途中でこちらが肺が破れたんじゃないかと思う苦しさでした。自分にも遠い日、あんなタフさがあったのです。


本日は同じく若さに溢れたネイリストのAチャンのサロンに。

201507ネイル1


海岸でふと見つけた小さな貝殻--。そんなイメージの淡いピンクのシェルネイル。両手に一本ずつ、下地のクリアを生かして涼しげな波のようなタイダイ柄。

201507ネイル2


姪っ子に長男が産まれた知らせが届きました。姪はAちゃんと同い年です。生まれたての子供も、出産を終えたばかりの母親も、特別なオーラに包まれています。


生き物の生々しい生命力に触れた後は、エナジーが段々と尽きていく私たち世代も、少し何かを注入された気がします。TVで健康を保つ秘訣は「世代の違う友達と交流すること」だと言っていました。年配の先輩方やフレッシュな後輩たちと付き合うことは、何よりのアンチエイジングとなるのかもしれません。




【2015/07/09 13:19 】 | 美容・健康・おしゃれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。